サイレン 2 ネタバレ。 映画『サイレン SiREN』ネタバレ感想 リリスが惑わす洋画ホラー

映画サイレン(SIREN)のあらすじ・ネタバレ感想

サイレン 2 ネタバレ

5巻冒頭の一瞬の回想シーンが どのような状況か分かりませんが、玄石の鈴木が絡んでいることなのですよね? バッテリーの信頼関係について悩んだ時期があったから、修二の質問に守屋も少し戸惑っていたように見えます。 左投げでも通用するかという話は、技術的な課題はあっても修二の表情で問題はないと安心できました。 しかし、やっぱりバッテリーの仲が悪いというのは不安要素だらけで、こればかりは守屋からのアドバイスも無意味なのですね・・・。 ただ空は関係なくても、修二を突き動かす感情は悔しさや怒りだったりするので、それは それで修二の個性なんじゃないのかなぁ・・・なんて思いたくなりましたが・・・。 部活休みの期間もグラウンドで練習したり、強くなると決めた修二の熱意は本当にスゴイです! 守屋に教えて貰ったトレーニングを黙々と こなしていました。 通常の練習に戻って、「今日から、一緒にキャッチボールするぞ」と空に歩み寄った修二を褒めたい・・・!!! 一瞬だけだけど空は嬉しそうな顔を隠せていなかったですし、一番しっくりするキャッチボールだと感じてるのは、修二だけではなく空も同じだと思いたいです。 笑顔もないし会話もないけれど、バッテリーとして少しずつ噛み合ってきていると感じました。 とはいえ それは守屋が言っていたことを守り、立場的にキャッチャーがピッチャーに合わせていくべき、と野球に勝つために歩み寄っているだけにすぎなくて・・・、身構えながら向き合っていたのですね・・・。 空は そのことを分かっているから、修二の変化を受け入れようとしないのでしょうか。 監督も、今 気にかけてあげた方がいいのは空だと、心配していましたね。 シュートを覚えたのは修二のため、というのは空にとって触れられたくない図星で、空は野球の勝敗よりも「嫌い」と言われた悲しみで いっぱいなんだなぁと思います。 なぜか角々谷の不調が酷くなっていき、1年メンバーの暗さに戸惑ってましたけど、でも この作品の主要キャラは全員 何かしら胸に抱えた思いがあるのですよね・・・。 県大会が近づき3年生は最後の夏、自分だけの問題ではないという責任感、成長しましたよね! 空を嫌っていることを、空本人が確信していると知った修二は、今までの態度についても後悔しています。 しかし、だからといって距離を縮めることはできないバッテリー・・・。 試合に勝ったのに、負けた相手校のバッテリーが まぶしく見えるなんて、切ないですね・・・。 遠回りでも頑張ろうとして、自分の弱さを自覚しようとしていた修二は、空と信頼関係を築こうとしていました。 空に勝つために野球をやっていたのに、空に負けてなかった、なんで今さらと思う修二の気持ちが とてもよく分かる気がします。 だけど、あんなに震えながら苦しそうに打ち明けた空の姿を見ると、打ち明けずにはいられなかったのだろうし、これからのことを考えれば必ず打ち明けなければいけないことだったんだなぁと感じました。 ますますバラバラになってしまった2人・・・、バッテリーとして向き合える日は近いのでしょうか?遠いのでしょうか? 6巻が待ち遠しいです・・・!!! カテゴリー•

次の

【ゲーム】SIREN2 ネタバレ解説や考察。堕慧児や母胎、模倣体って?前作との繋がりは?

サイレン 2 ネタバレ

男子高校生の嫉妬や苦悩とかめっちゃドロドロの心情を描いた野球漫画『群青にサイレン』の感想・見所。 キラキラ爽やかな野球漫画が多い中、スポーツは爽やかなだけじゃないんだ。 凡百な我々は表面しか見れないけど、そこには万百の思いが、苦しみが、とドロドロしたものを突きつけられる作品です。 それでは『群青にサイレン』のあらすじに、登場人物、見所を僕の感想を添えて紹介していくので最後までお付き合い下さい。 『群青にサイレン』のあらすじ アニメ化してほしいマンガランキング2019で3位を受賞している人気作、『群青にサイレン』の設定やあらすじについて紹介していきます。 吉沢 修二 出典:『群青にサイレン』 幼少期キャッチャーとして活躍した父とバッテリー組むためにピッチャーを目指すが、小学生時代のトラウマから中学で野球から遠ざかってしまう。 高校でトラウマの原因である従兄弟の吉沢空に再会し、彼への対抗心から野球部の門を叩く とても精神不安定 周りに気を使って浮き沈みが激しい でとても人間らしい。 吉沢 空 出典:『群青にサイレン』 入試トップ。 野球部エース 玄石高校入学理由が『吉沢修二が行くから』 身長は157cmとかなり小柄で華奢な体型をしている美男子 最初修二に嫌われてたけど、本人あんま気づいてなくて、ぴょこぴょこ犬みたいについてくの可愛い、小柄で不利だけどそれでもめちゃめちゃ頑張ってる。 魔性の少年。 角ケ谷 尚志 出典:『群青にサイレン』 眼鏡をかけていて人見知りな性格をしており、クールツンデレみたいな見た目なのにマジで性格が良い 中学生の時にクラスメイトだった吉沢修二と仲が良く、見れば見るほど吉沢のことを、本当に大事に思っているんだなというのが端々から伝わってくる。 ドロドロ『群青にサイレン』の見所について(ネタバレ含む) 熱血・努力・爽快……従来の野球漫画の概念を壊し続ける『群青にサイレン』には、これまでの野球漫画にはない見所がたくさんあります。 そんな数ある見所の中からおすすめのポイント絞って紹介していきます。 訳ありな登場人物 出典:『群青にサイレン』 登場人物がそれぞれ重すぎる過去を背負っている人間臭いキャラばかり。 過去や背景がしっかり描かれていて、様々なトラウマエピソードを披露してくれるので、あなたが実際に遭ったトラウマもきっとある 主人公2人ですら、まともに会話できるようになるまでめっっっっちゃくちゃ時間かかったし、読者までも本当にしんどい。 緻密な心理描写 出典:『群青にサイレン』 野球漫画だが、野球の話より人物のメンタル面の方が中心、細かい人間関係の心理描写が緻密、裏切り、嫉妬、後悔、喧嘩もう本当に人間の綺麗さと汚さが出てる 人が死なない進撃の巨人というほどに、何度も主人公が地獄に突き落とされては這い上がり、突き落とされまくる苦しみの連鎖に加え、ほぼ男しか出てこないのに本質は少女漫画的で、三角、四角関係へと拗れていて作者の細かく鋭い心理描写故の面白さがある 持たざる者が嫉妬や苦悩を煮詰めた感情に押しつぶされながら 思春期・ポジション争いの嫉妬や、こんな筈じゃない自分への苛立ちとか丁寧に描かれていて登場人物たちと一緒にとても苦しくな。 出典:『群青にサイレン』 桃栗先生(いちご100%)の画力 出典:『群青にサイレン』 作者は「いちご100%」の河下水希先生で以前より画面が整理されて読みやすいし絵も上手くなっている(と思います。 )しさすがの一言。 作者特有の整った美形ぞろいのキャラが多いと、見分けがつかなくなる事態がおきるけど、群青にサイレンの少年達はみんな個性がありつつ綺麗に描かれている。 読めば読むほど桃栗先生の美麗とマッチした作品の世界観に引き込まれると思います 『群青にサイレン』はこんな人におすすめしたい 僕が読んできた野球モノの中で一番爽やかじゃない野球漫画… 執着と嫉妬をはじめ殺しきれない負の感情をじっくりコトコト煮込んで神画力で爽やか風味に描いたらこうなるのかと言った作品 スカッとするような野球の試合場面のほぼない野球漫画なので、いわゆる従来のスポコン爽やか野球漫画に飽きた人は是非読んでみて下さい。

次の

SIREN(サイレン)のネタバレ解説まとめ (2/9)

サイレン 2 ネタバレ

Contents• 祖母の家にやって来て、空を整体に連れていってくれるよう頼む修二。 そして、祖母に父は何歳の時にキャッチャーを始めたのか尋ねる。 少し考えながら、5年生の時だと言う祖母。 6年のキャッチャーが怪我をしてしまい、父がやってみたいと言ったらしい。 それがどうしたのかと尋ねる祖母。 祖母の言葉に、6年の間、自分の父はそれだけ練習し、試合し、キャッチャーに不利な左投げでもレギュラーになれたのか、と思う修二。 片山だって同じくらいの年からキャッチャーをしている。 修二は振り返る。 今思えば愚かだけど、空には勝てると思っていた。 自分の方が体格もいいし、野球経験も同じくらい。 だから良くも悪くも熱くなれた。 しかし片山は自分と比べれば比べるほど、片山の凄さがわかり、呑み込まれそうになるのだった。 監督、先輩、家族。 一人一人の言葉を思い出し、頭を抱え、苦悩する修二。 その日の夜、角ヶ谷に電話を掛けた修二。 文句を言いながらも修二の話を聞く角ヶ谷。 自分は修二の親友だから、と。 その言葉にホッとした表情を浮かべ、話し出す修二だった。 次の日、妹の亜子が修二の寝癖を見て、そのまま学校へいく気か、と蒸しタオルを作りだす。 そんな修二に蒸しタオルを持ってきた亜子。 修二が泣いていることに気づき、なぜ泣いてるのかと少し焦りながら尋ねるが、素っ気なく返す修二だった。 学校で角ヶ谷に声をかける片山。 修二は教室だと言う角ヶ谷にお前に話があると言う片山。 どうやら修二をピッチャーにするため、外堀を埋めに来たようだった。 特に何も、と言いつつ、片山のせいでだいぶまいっていると言う角ヶ谷。 角ヶ谷も、昨日の試合の牽制球が怖いくらい早くていい球だったと感じていたが、修二本人には言えなかったらしい。 なんか色々煮えきらないやつだったからと答える片山に、それでは生きづらくないか、と言う角ヶ谷。 とある日、部活にやって来た修二が見たのは、新品の防具を着けた片山の姿だった。 どうやらOB達が片山のためにと購入したらしい。 盛り上がる部員達。 それを見た修二は、どんどん片山が正捕手の座に落ち着き、自分は取り残されていくように感じていた。 それでも、もっと部員の多い野球部だったら補欠になることも大変だし、そう考えれば自分はまだ恵まれているのだろうと無理矢理納得しようとする修二。 すると、引退した3年生がやって来た。 文句を言いながらも喜ぶ部員達。 すると、鈴木が修二に声をかける。 その言葉に困惑した表情を浮かべる修二だった。 スポンサーリンク [ad02] 群青にサイレン 第38-2話 の感想! 修二と角ヶ谷の場面、何だかんだ言いながらも修二の話を聞く角ヶ谷は本当にいいヤツですよね。 だから無意識のうちに修二も甘えられるのでしょう。 それはきっと角ヶ谷も。 一方、学校での角ヶ谷と片山の場面、どうやら角ヶ谷、内心は修二がキャッチャーのままなのは勿体ないと思っていたようです。 しかし、修二を前に言わないところが片山との大きな違いですよね。 そして監督への暴言も少しスッとしたといっていますし、もしかしてこの二人、以外と気が合うのでしょうか? そして片山が新しい防具を着けているのを修二が見た場面、修二、どんどん片山にコンプレックスを抱いてきました。 しかも空の時とは違って相手に負けても仕方がないのでは、と思ってしまうぐらい片山って凄いキャッチャーなんですよね。 空も片山も修二を追い詰める気はないのでしょうが、知らないうちにどんどんどつぼにはまっていってますよね。 これはかなり不味い状態です。 そして最後、引退した3年生が現れた場面、他の二人はわかりませんが、鈴木の台詞から、部の現状を知り、修二を心配して来てくれたのでしょう。 鈴木、本当に頼りになる男です。 さて、鈴木の球を受けることになった修二ですが、心の中の葛藤は解消されるのでしょうか? 続きが気になりますが次回の更新は3月とのこと。

次の