ニキビ化粧水 おすすめ。 ニキビ予防には化粧水も重要♡ドラッグストア市販からデパコスまで!

大人ニキビを繰り返す方に。おすすめ化粧水12選と正しいニキビケア

ニキビ化粧水 おすすめ

ニキビはお肌の大敵です。 誰もが一度はニキビで悩んだことがあるのではないでしょうか。 ニキビには、思春期の頃に急激に増えてしまう「思春期ニキビ」と、20代になってから出来てくる「大人ニキビ」との2つのタイプに分かれます。 最近では、男性特有の「メンズニキビ」も注目されていますね。 ニキビのタイプは違えど、ニキビが出来てしまうと一日中気になってしまう方もおられるので、出来るだけ肌に合うスキンケアを選ぶ必要が出てきます。 ここでは、ニキビ向け化粧水にスポットライトを当てて、「ニキビ肌の特徴」「ニキビ肌向け化粧水の選び方」「ニキビ対策で重要なのは洗顔!」について説明させていただきたいと思います。 長年ニキビに悩んでいた筆者の経験を基に書かせていただきます。 そして、ランキング形式で「思春期ニキビにプチプラ、ニキビ肌向け化粧水おすすめTOP5」「大人ニキビにデパコス、ニキビ肌向け化粧水おすすめTOP3」「メンズ、ニキビ肌向け憔悴おすすめ2選」をご紹介いたします。 ニキビにお悩みの方、時々ニキビが出来てしまうという方は是非ともチェックしてみて下さい。 ニキビ肌の特徴 ニキビ肌には、「思春期ニキビ」によるもの、「大人ニキビ」によるもの、「メンズのニキビ」によるものの3タイプがあります。 それぞれのタイプ別に、ニキビの特徴、原因、対策等について見ていきましょう。 思春期ニキビ 思春期ニキビの特徴 思春期ニキビは10代の成長期に顔にあらわれてくるニキビのこと。 男女問わず、中学生、高校生の頃に思春期ニキビが出来てしまう方は多いです。 思春期ニキビの原因 思春期ニキビは、成長期に入って成長ホルモンや男性ホルモンの分泌量が一気に増加することが原因です。 成長ホルモンや男性ホルモンの分泌量の増加により、皮脂分泌量も増えるのですが、思春期には皮脂そのものが肌についているような状況が続きます。 そういった皮脂が毛穴に入り込んでしまい、ニキビがあらわれてくることになります。 皮脂が毛穴に詰まった状態を放置しておくと、毛穴の奥でニキビ菌が繁殖するので、ニキビの悪化につながってしまうので、要注意ですね。 成長期のホルモン分泌が安定すると、思春期ニキビも出来にくくなってくるので、それほど心配する必要もありません。 思春期ニキビの対策 出来てしまった思春期ニキビは悪化させないことが重要です。 出来るだけ手で触ったりしない方が良いでしょう。 また、皮脂が顔に浮いてくる程になると、頻繁に洗顔したくなりますが、洗顔は1日に2度で十分です。 洗顔をすることは手で顔を触る事になるので、洗顔して清潔にしたいという気持ちはわかりますが、グッと我慢して洗顔し過ぎないように気をつけて下さい。 洗顔後には、スキンケアをしっかり行い、肌を潤して健やかな状態を保つように心がけていきましょう。 大人ニキビ 大人ニキビは、ある日突然顔にあらわれてしまうことがあります。 思春期ニキビから卒業したと思ったら、今度は大人ニキビ、なんて面白くないので、何とかケアしていきたいものです。 大人ニキビの特徴 20代を過ぎてから、出来てくるニキビが大人ニキビです。 大人ニキビは、思春期ニキビのように次から次へと出来るタイプのものもあれば、たまに1つだけポツンと出来てくるタイプもあります。 大人ニキビの原因がはっきりしていないため、対策がなかなか講じられないので厄介なニキビです。 大人ニキビの原因 大人ニキビの原因には諸説ありますが、「生活習慣の乱れ」「間違ったスキンケア」「女性ホルモンの影響」の3つが主な原因とされています。 生活習慣の乱れには、睡眠不足や運動不足、ストレスや食生活等が考えられます。 日本の女の子は睡眠時間が短いことで知られているぐらい、睡眠が足りていません。 また、仕事上のトラブルや複雑な人間関係等でストレスをため込みがち。 ストレスは色々な面で健康上良くないとされています。 食生活の偏りも大人ニキビの1つの原因かもしれません。 極端なダイエット等は栄養が偏るのでお肌には良くありません。 また、スキンケアのし過ぎにより大人ニキビを引き起こすこともあるので、要注意です。 自分の肌質に合うスキンケアを心がける様にしましょう。 女性ホルモンの影響も考えられます。 生理前後にニキビが出来る方はこのタイプです。 大人ニキビの対策 大人ニキビの対策は様々。 睡眠不足を解消し、ストレスも出来るだけ発散するように心がけ、食生活を改善することで、大人ニキビから解放される方もおられると思います。 食生活もバランスの良い食事を心がけるようにして、無理な食事制限等は行わない方が良さそうです。 美肌に良いとされている「ビタミンB群」「ビタミンC」「ビタミンE」等を含む食べ物を積極的に摂取しましょう。 スキンケアが原因とされるのは、脂性肌だと思っていて洗顔をし過ぎていたけれど、肌内部が乾燥しているインナードライ肌だったというケースです。 実際にはお肌が乾燥しているのに、洗顔することで、どんどんと油分が肌から出て行ってしまいます。 その結果、ますます乾燥が進んでしまい、肌のバリア機能が低下してニキビが出来るという結果になることがあるので要注意です。 メンズのニキビ メンズのニキビは女性の大人ニキビと同様に、生活習慣の乱れ等によって引き起こされます。 最近では、男性も手間を惜しまずスキンケアを行う方が増えているので、以前ほどにはニキビの方はいないように思います。 メンズのニキビの特徴 大人ニキビの中でも、男性特有の肌質や習慣により生じるニキビがメンズのニキビです。 睡眠不足やストレス、食生活の偏りの他、皮脂の過剰分泌や髭剃りの習慣が原因となることがあります。 メンズのニキビの原因 睡眠不足、ストレス、食生活の偏りは言うまでもありませんが、男性ならではの「髭剃りの習慣」と「皮脂の過剰分泌」が主な原因と考えられます。 髭剃りの際に、急いでしまって肌に傷をつけてしまうことはありませんか。 肌にダメージを与えてしまうと、肌のバリア機能が低下するので外的刺激を多分に受けやすい肌になります。 その結果、ちょっとしたことでニキビが出来てしまうことが考えられます。 また、若い男性は皮脂分泌が過剰になることがあるので、毛穴に皮脂が詰まることでニキビが出来る事があります。 メンズのニキビの対策 真っ先に、生活習慣を見直すことが重要です。 睡眠不足やストレス、食事の偏りに心当たりがあったら改善するように心がけると違ってくるかもしれません。 また、髭剃りの際には肌に傷をつけないように、かならず剃る前には肌を濡らしておいてからシェービング剤を使用するようにしましょう。 髭を剃った後には、スキンケアをするようにして下さい。 過剰な皮脂分泌が原因の場合には、思春期ニキビと同様に、丁寧に洗顔をして洗顔後にスキンケアを行って肌を健やかに保つようにしましょう。 ニキビ肌向け化粧水の選び方 ニキビ肌には適した化粧水を選ぶ事がとても重要になってきます。 ニキビ肌の方には、どういった化粧水を選んだら良いのか、チェックするポイントを見ていきましょう。 保湿してくれるもの ニキビ肌は肌状態が弱っていて、あまり健全とは言えないお肌なので洗顔後のスキンケアは欠かせません。 ニキビ肌は、肌のバリア機能が低下していて乾燥しがちな肌質のため、冬場にはしっかりと保湿出来る化粧水を選ぶことが大切です。 乾燥しているお肌やニキビ肌には、セラミド等の保湿成分が配合されている化粧水がおすすめです。 セラミドが配合されている事で、肌の水分保持力が徐々に回復してバリア機能も改善すると期待が出来ます。 また、ヒアルロン酸やコラーゲン、スクワラン等の成分が配合されている化粧水もおすすめです。 刺激の少ないものを選ぼう ニキビ肌には摩擦等の刺激は大敵です。 使用する化粧水も出来るだけ刺激の少ない商品を選ぶことが大切になってきます。 特に、ニキビ肌の方には敏感肌である場合も多いので、成分はしっかりとチェックするようにしましょう。 肌に負担が無い成分や刺激の無い成分だけを配合している化粧水を使うことで、肌の自然治癒力もアップすると考えられます。 具体的には、アルコールフリー、パラベンフリー等の無添加処方の商品が良いと思います。 さっぱりタイプがおすすめ ニキビ肌に向いている化粧水は、さっぱりとしたタイプです。 とろみのある美容液タイプもリッチ感があり人気は高いのですが、さっぱりタイプを選ぶことでコットンパックもしやすくなるというメリットがあります。 ニキビ肌の方は、丁寧に少しずつ肌に潤いを与えていくケアを行うことが望ましいので、コットンにさっぱりタイプのローションを浸して全顔にパックを行うことでしっかりと保湿が出来るようになります。 ニキビ対策で重要なのは洗顔! 思春期ニキビであっても、大人ニキビであっても、ニキビ対策で重要なのは洗顔です。 逆に、正しい洗顔を続ける事が出来れば、しっかりとニキビケアが出来ていることになります。 ここでは、正しい洗顔方法をご紹介致します。 1.洗顔時には、必ず洗顔石鹸や洗顔フォームを泡立てて使うようにしましょう。 たっぷりの泡を使い、顔全体を覆うようにして泡を転がすようにして洗顔を丁寧に行います。 洗い流す時に、手でゴシゴシとニキビの上を擦ったりしないように気をつけて洗いましょう。 タオルで水滴を拭う時にも、決して擦らないように気をつけて下さい。 2.洗顔後には、出来るだけすぐにスキンケアを行います。 化粧水を手で直接つけるか、コットンにとって優しく肌に刺激を与えないようにつけていきます。 乾燥が気になる箇所には重ね付けをして潤いが保てるようにしておきましょう。 寝る前には、スキンケアの最後に必ずクリームを付けて肌から水分が蒸発しないように蓋をしておくことが大切です。 折角、化粧水をつけてケアしていても、水分が肌から蒸発してしまっては台無しになります。 ニキビは洗顔をこまめに行うことが重要ではありません。 皮脂をお肌から除去し過ぎてしまうと乾燥状態が進んだ肌になるので、かえってニキビが出来やすい肌になってしまう可能性もあります。 ニキビが気になって仕方がないかもしれませんが、洗顔は1日に2回で十分なのです。 洗顔時に洗顔フォームを使用する場合は、肌への刺激を避ける事を優先して、スクラブ入りタイプは避けた方が無難です。 to buyインフルエンサーおすすめのニキビ肌向け化粧水をご紹介! 保湿成分 アロエエキス、ハマメリスエキス、ローズマリーエキス 敏感肌 〇(無香料、無着色、オイルフリー、パラベンフリー) 使用感 さらさら アクネ菌をしっかり殺菌してニキビ予防に クレアラシルの薬用ローションです。 医薬部外品という位置付けで、殺菌成分のサリチル酸が配合されています。 毛穴のアクネ菌までしっかり殺菌するサリチル酸を10倍(クレアラシル薬用アクネLM-a比) 引用: 手にとったところはサラリとしていて、使いやすいテクスチャーなのも良いと思います。 男女問わずオールシーズン使える印象です。 お肌をさらっとしてくれるミネラルパウダーが配合されているところも嬉しいですね。 うるおい保湿成分として、植物エキスが配合されています。 アロエエキス、ハマメリスエキス、ローズマリーエキスです。 無香料、無着色、オイルフリー、パラベンフリーとなっています。 内容量は120mlで、たっぷり使えるところも良いと思います。 コットンパックも出来る使用感なのも良いと思います。 コスパも良いですし継続出来るところもありがたいローションです。 4位 DHC 薬用化粧水 アクネコントロール フレッシュ ローション 保湿成分 ホエイ、ドクダミエキス、オウゴンエキス等 敏感肌 〇(無香料、無着色、パラベンフリー、アルコールフリー) 使用感 サラサラ 2ステップでニキビ対策が完了 DHCの思春期ニキビ用のローションです。 こちらは、医薬部外品という位置付けです。 殺菌・角質軟化作用を持つ有効成分サリチル酸がニキビの原因にアプローチし、ニキビのできにくいコンディションへと導きます。 皮脂分泌が多く、皮脂詰まりを起こしやすい思春期の肌は、特にニキビができやすい環境ともいえます。 そんなベタつきやテカり、毛穴が気になる肌をキュッと引き締め、肌にとって必要なうるおいをチャージ。 肌の負担となるアルコールを使用せず、メントール誘導体によるさっぱりとした使用感で、さらさらの肌をキープ。 引用: 洗顔後にこちらのローションを使用、というわずか2ステップでスキンケアが完了するというから、これは時間が無い思春期の方にもぴったりです。 思春期ニキビにアプローチするローヤルゼリーエキス、オウゴンエキス、ドクダミエキスが配合されています。 さらに保湿成分も加えられているのでお肌の潤いもキープしてくれると期待出来ます。 無香料、無着色、パラベンフリー、アルコールフリー。 価格帯も続けやすい範囲なのも良いと思います。 3位 花王 キュレル 化粧水 保湿成分 ユーカリエキス 敏感肌 乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み(全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません) 使用感 しっとり ニキビ肌で敏感肌の方向け 花王 キュレルの化粧水(ややしっとり)で、医薬部外品です。 もともと肌荒れやカサツキを繰り返しがちな乾燥性敏感肌の方向け商品ですが、思春期ニキビの方にも人気の商品です。 消炎剤(有効成分)が配合されているので、ニキビ対策や肌荒れに良さそうです。 しっとりとみずみずしい使い心地なので、オールシーズン快適に使用できるところも良いと思います。 潤い成分のユーカリエキスが配合されており、角層の深部にまでじっくり浸透してくれると期待出来ます。 健やかな肌をキープ出来る化粧水で、一回の使用量目安ポンプ3~4押しで約3ヶ月も持ちます。 150mlの内容量でたっぷり使えるため、意外とコスパが良いように思います。 筆者もアクネケアはノブを使用してからかなり改善したので、非常におすすめです。 こちらは医薬部外品で、肌に潤いを与えるともに、ニキビを防ぐという目的を叶えてくれます。 有効成分として、感光素201号、アラントインが配合されています。 感光素201号は「ピオニン」とも呼ばれており、ニキビケアには欠かせない成分です。 ニキビ肌の方には敏感肌の方も多いのですが、そういった方におすすめのローションです。 無香料、無着色、低刺激性、パッチテスト済み、アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起こらないわけではありません)ノンコメドジェニックテスト済み(すべての方に、にきびが出来ないわけではありません)。 100mlの内容量で、朝晩の使用で一ヶ月程度使用出来ます。 こちらのローションだけでは乾燥が気になるというレビューもありますが、ローションですのでスキンケアの最後に保湿ジェルやクリームを使用することをおすすめしておきます。 医薬部外品という位置付けで、コスパが良いので人気が高い商品です。 イソプロピルメチルフェノールがニキビのもとになるアクネ菌を毛穴の奥まで殺菌し、イプシロン- アミノカプロン酸が炎症を抑えてニキビを防ぎます。 ベタつかず、やさしい使い心地です。 引用: 敏感肌タイプのニキビ肌ではなく、脂性肌よりのニキビ肌の方に向いている商品です。 皮膚にうるおいを与えて、肌荒れやニキビを防ぐと期待出来ます。 同シリーズには、「パウダー化粧水」というローションの用意もあり、こちらは皮脂を吸着してサラサラにしてくれるタイプです。 好みとニキビのタイプによって選ぶ事が出来るところも良いと思います。 内容量は120mlなので、結構たっぷりと使用出来る量が入っています。 コスパに優れいるので、継続して使いやすいところも嬉しいですね。 【大人ニキビにデパコス】ニキビ向け化粧水おすすめランキングTOP3 ランキング形式で、大人ニキビ向けのデパコス化粧水TOP3をご紹介致します。 医薬部外品という位置付けで、有効成分が肌荒れや大人の肌のニキビを防いでくれると期待出来ます。 うるおい成分を抱えた水の層を肌表面につくり、キメを整え、ぷるぷると水をまとったようなみずみずしい感触を持続させる薬用化粧水。 引用: 水分で肌を潤してくれるため、肌の水分と油分とのバランスを整えて健やかな肌へと導いてくれるように思います。 ノンコメドジェニックテスト済み(全ての方にニキビができないというわけではありません)で、アルコール無添加となっています。 ニキビ用ローションとしては、容器デザインも凝っているので、プレゼントにも選んでも良さそうです。 内容量200mlとたっぷりと使用出来るところも嬉しいですね。 コスパは案外と良いように思います。 医薬部外品。 ニキビの原因となる古い角質を穏やかに取り除き、肌を清潔に整えます。 オイル吸収パウダーが、肌を乾燥させずに過剰な皮脂を吸収します。 引用: オールスキンタイプ向けということですが、肌がサラサラになるという特質のため、皮脂が溜まるタイプのニキビに悩んでおられる方におすすめです。 アルコール特有のニオイが若干感じられるので、香りにこだわりのある方は買う前にチェックした方が良さそうです。 中にオイル吸収パウダーが入っているので、ボトルをよく振ってから使用するようになっています。 肌を乾燥させずに過剰な皮脂を吸収してサラサラのお肌に導いてくれます。 内容量は200mlなので、時々しか使用しないという方でも嬉しい使い切れるサイズです。 大人のアクネケアにぴったりな逸品。 価格帯もデパコスとしてはリーズナブルなのも続けやすくて良いと思います。 2(28歳) 最新のコスメを使ったメイク動画を発信中! ブログは過去最大デイリー10万PV。 クリア アクネクールローション 保湿成分 グリセリン 敏感肌 〇 使用感 サラサラ、クール感 クールな感触でベタつきの無い肌へ アルビオンのアクネケアローションで、医薬部外品という位置付けの商品です。 コットンに含ませてパッティングしながらなじませていきます。 ベタつきがちな肌をキュッと整える、クールタイプの化粧水です。 ひんやりクールな使用感ですっきりとひきしめ、キメ細かくみずみずしい肌に整えます。 引用: グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、抗炎症の役割が期待出来るため、ニキビ鎮静化に役立ってくれそうです。 また、D-パントテニルアルコール配合で、新陳代謝を活発にする働きやコンディショニングも期待出来ます。 ニキビ予防が期待出来るドクダミエキスも配合されています。 すっきりクールな使用感なので、男女問わず使用出来るところも良いと思います。 内容量は120mlと使い切れるサイズで、時々大人ニキビが出来てしまうという方に向いています。 価格帯も買いやすく、続けて使用しやすいところも良いと思います。 【メンズ】ニキビ肌向け化粧水おすすめ2選 メンズのニキビケアとして、おすすめの化粧水を2つほどご紹介致します。 皮脂によるテカリやベタつきが気になるメンズの強い味方になってくれます。 2層式のタイプで、中に皮脂吸着パウダーが入っているので逆さまにして振ってから使用します。 皮脂吸着成分は、セリサイトアパダイトという成分が採用されており、肌のカサつきを防いでくれると期待出来る「ハマメリスエキス」「グリセリン」等の潤い成分が配合されています。 肌につけると、クールで爽やかな使い心地で、この感触がメンズに人気となっています。 デイリーケアに、髭剃り後のスキンケアにと大活躍してくれそう。 内容量は100mlと小さめのサイズですが、ジムへも携帯しやすくて良いと思います。 価格も非常に安く、買いやすくて続けやすいところ嬉しいですね。 医薬部外品で、サリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、ニキビの炎症を抑えてくれると期待出来ます。 ニキビを防ぎながら、お肌をしっとりとさせて潤いをキープしてくれるので、肌荒れやカサツキのあるお肌にも向いています。 メンズの肌に合わせて作られており、オイルフリーなところも使いやすいと思います。 内容量は50mlと小さめのサイズなので、勤務先やジム等へも携帯して使えるところも嬉しいですね。 「アルコールフリー」タイプの他、「ライトモイスチャー」「オイルブロック」タイプの用意もあるので、肌質や肌のコンディションによって選べるところも良いと思います。 髭剃り後のアフターシェーブローションとしても使える優れものです。 価格帯は若干高めですが、amazonのレビューでも概ね高評価なので信頼出来るところも良いと思います。 ニキビケアの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、ニキビケアの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 毎日使う化粧水でもニキビケアを! ニキビが出来てしまうと、何となくやる気がでなかったり、メイクも決まらなかったりと、沈み込んでしまいがち。 でも、毎日使う化粧水を選ぶことで、ニキビケアが出来るのは嬉しいですよね。 ニキビ肌は放置や洗顔のし過ぎが一番の大敵です。 毎日、お肌に良いケアをしてあげることで美肌を目指すことも出来るんです。 化粧水はお肌に潤いをもたらす、という意味でスキンケアアイテムの中でも、最も重要なアイテムです。 ランキングでピックアップした化粧水は、ロングセラー商品、話題製品、人気の高い商品を集めてみました。 ニキビ用化粧水を選ぶ際に、少しでも参考にしていただければ嬉しいです。 毎日のケアを丁寧に行うことで、ニキビから卒業できることをお祈りしています。

次の

ニキビケアにおすすめの化粧水人気ランキング15選【大人ニキビ・メンズにも!】

ニキビ化粧水 おすすめ

ニキビができる原因 20歳を過ぎてできるニキビは、「大人ニキビ」といわれます。 思春期ニキビとは原因が異なるんですよ! 主な原因をご紹介します。 不規則な生活• 誤ったスキンケア• 夜更かしは代謝機能を狂わせ、中性脂肪の多い食事は皮脂分泌を高めます。 もちろん原因の1つではありますが、大人ニキビとなると 乾燥からのニキビもできてしまいます。 ニキビができてしまったからと洗顔のしすぎ、強くこすり洗うなどをすると余計に悪化しますよ。 しかし、化粧の洗い残しでの毛穴の詰まりも起こしてしまうのでクレンジングはきちんとしましょう。 また、睡眠不足やストレスでもホルモンバランスは乱れてしまいますよ。 大人ニキビはなぜできるの? A. ホルモンバランスの乱れやストレス ニキビケアのやり方 ニキビができてしまったときのスキンケアはどうしてますか? 基本的なスキンケアの方法をご紹介します。 ていねいな洗顔を心がけましょう。 濃いめの化粧の場合は長くクレンジングを肌に残すよりは、ポイントリムーバーなどであらかじめオフし、素早くていねいに洗い流す。 このとき、手でこすり洗うのではなく、泡をのせ転がすように。 洗顔料を長く皮膚に残しておくと、余分な皮脂まで洗い流してしまうので、素早く洗う。 オイリー肌だからと保湿をせずにいると、肌が乾燥し皮膚内の水分逃さないように、必要以上の皮脂が分泌されてしまいます。 化粧水は、低刺激なものニキビケア専用のものが良いでしょう。 乳液もしっかりとしてください。 オイリー肌の方はオイルフリーを選びましょう。 美容液などで仕上げのスキンケアもしてくださいね。 薬局で買えるものから、病院で処方されるものまでさまざま。 使う順番などが違うだけで、効果が半減する場合もあるので、説明をしっかりと読んで正しい使い方をしてください。 大人ニキビを改善する方法は? A. ストレス解消&ターンオーバーを正常化 ニキビケアの効果を高めるコツ ニキビケアの効果を高めるには、 内面的な見直しも必要です。 少しでも改善することでニキビができにくいお肌になっていきますよ。 食生活の見直す• ストレスを貯めない• 暴飲暴食、間食、欠食をできるだけ避けましょう。 1番はバランスの良い食事です。 ニキビケアに効果的な食べ物といわれるものはありますが、それだけを極端に摂取しても改善には繋がりません。 それぞれをバランスよく食べ健康な身体を手に入れることで、ニキビができにくくなります。 自分なりのストレス発散方法で定期的にリフレッシュをしましょう。 そして大事なことは 睡眠です。 しっかりと睡眠時間を確保することが、1番の美肌つくりの近道です。 積極的にとっていきたいのは ビタミンB群です。 中でもB1・B2・B6などは美肌に導いてくれる効果があります。 ニキビの予防には ビタミンC、ホルモンをバランスを整える ビタミンEもとるとさらに効果的です。 「市販のニキビ化粧水」ではなく「ドクターズコスメ」を使うべき? A. ドクターズコスメの方が市販のアイテムより安心感がある! ニキビケア化粧水の選び方 ニキビケア化粧は、どのように選ぶか悩んでしまいますよね。 ニキビケア化粧水を選ぶポイントを紹介していきます。 保湿成分• 有効成分• 肌が乾燥していると、バリア機能が弱まってしまい毛穴が細くなります。 すると毛穴が詰まりやすくなり、皮脂が溜まりニキビへ変化してしまうのです。 セラミドや コラーゲン、 エラスチンや ヒアルロン酸などの保湿成分が高配合のものを選ぶのがオススメですよ。 ビタミンC ビタミンC配合のものは、余分な皮脂を抑え、炎症を促進する活性酸素を除去する抗酸化作用があります。 ビタミンC配合のものは肌に優しく、敏感肌〜オイリー肌までさまざまな肌質に使えますよ。 たくさんのニキビに悩まされている方は、 消炎成分配合のものを意識して選びましょう。 グリチルリチン酸・サリチル酸 グリチルリチン酸2K配合の化粧水は、ニキビの炎症を鎮める効果があるとされています。 また、 サリチル酸もニキビケアに有効な成分です。 古い角質を柔らかくし、角栓除去を助ける効果があります。 さらに防腐作用があるのでアクネ菌の繁殖を防止する力も! ただし角質が剥がれてバリア機能が弱まり乾燥しがちになるので注意が必要です。 ニキビがひどい状態ののときにのみ使うなど、化粧水の使い分けも効果的ですよ。 アルコールフリー・オイルフリー 敏感肌のかたは、 アルコールフリー・オイルフリーのものを積極的に選びましょう。 必ずしもアルコール・オイルが悪いわけではありません。 しかし敏感肌さんには、お肌に刺激が少ないものの方が安心ですよ。 例えば、乾燥肌の方がサリチル酸配合の拭き取り化粧水を毎日すると、必要な皮脂まで拭き取ってしまい乾燥をより招いてしまいます。 オイリー肌でも本当に皮脂の分泌が多くオイリーになっているか、インナードライのせいでオイリー肌になっているか…… きちんと肌の状態を把握することによって、間違ったスキンケアをしないことが大事です。 自分の肌にあったスキンケアをして、効率の良く美肌を目指しましょう! Q. 市販のニキビ化粧水を買うときに見るべきポイントは? A. 刺激成分が入っていないかどうか.

次の

ニキビに効果的な化粧水のおすすめランキング2019|保湿&有効成分でしつこい大人ニキビを撃退!

ニキビ化粧水 おすすめ

さっと読める目次• 大人ニキビに効果的な化粧水の選び方 いつの間にかできて治りにくい大人ニキビは有効成分が配合された化粧水でケアするのがおすすめ。 ここでは大人ニキビに効果的な化粧水の選び方について調べてまとめました。 ニキビに有効な成分が入っているか まずはニキビに有効な成分が入っていることが第一条件。 主に・グリチルリチン酸・サリチル酸などになります。 これらの有効成分がどのように作用するのかは以下の通り。 ご自身のニキビの症状に合わせて選ぶための参考にしていただければと思います。 また、 これらの成分が配合された化粧水は「医薬部外品」や「薬用化粧水」と記載されているので見分ける際の参考にしてください。 ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導は、ニキビの炎症を鎮める、皮脂分泌を抑制するなどニキビケアに適した作用があります。 また、 ニキビ跡の黒ずみの原因となるメラニン色素の働きを阻害する作用もあり、ニキビ跡の予防にも用いられる成分です。 グリチルリチン酸 グリチルリチン酸は、抗炎症作用があり、赤みやかゆみなどニキビの炎症を抑える効果があります。 サリチル酸 サリチル酸は、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌して予防。 ピーリング作用もあるため、毛穴の汚れや古い角質を取り除き、肌を柔らかくする効果もあります。 低刺激で肌にやさしいか 次に気をつけるポイントは、配合成分の中にニキビを刺激する成分が配合されていないかどうかをチェックすることです。 低刺激処方とはノンコメドジェニック化粧品やオイルフリー、アルコール エタノール フリーと記載されているもの。 ノンコメドジェニック化粧品とは、ニキビの原因のを作ったり、悪化させる可能性のある成分を使用していない化粧品を指します。 アクネ菌の養分が含まれていないので、ニキビができにくなります。 保湿成分が配合されているか 大人ニキビの対策には、に優れた化粧水を使うことが重要ポイントです。 なぜならば、 ニキビは脂質肌にできるイメージがありますが、実は、肌の乾燥も原因のひとつだからです。 乾燥肌になると肌を保護しようと皮脂の分泌が増えて、毛穴に詰まりやすくなります。 ですから、肌をしっかり保湿して潤わせることが大切。 セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、など保湿や保水に優れた成分が配合されている化粧水を選びましょう。 大人ニキビにおすすめの人気化粧水12選 多くの女性が悩まされる大人ニキビにはそれに適した化粧水が数多く販売されています。 ここでは大人ニキビ用の人気化粧水を12種類ピックアップしました。 どんな成分が配合されているか、またどんな特徴があるかなど、化粧水選びの参考にしていただければと思います。 ファンケル 【医薬部外品】FDRアクネケア化粧液 ファンケルが販売する【医薬部外品】FDRアクネケア化粧液は水分と油分のバランスを整えてくれる化粧水。 ニキビの原因である皮脂を抑えつつ、乾燥しないように潤いも与えてベタつかない柔らか肌にする効果があります。 無添加の低刺激処方でノンコメドジェニックテスト済み、敏感肌や大人ニキビを予防したい人におすすめです。 オルビス【医薬部外品】薬用クリアローション オルビスが販売する【医薬部外品】薬用クリアローションは、大人ニキビに絶大なる効果のある化粧水。 顎や口周りに繰り返しできやすい大人ニキビを、肌のコンディションを整えながら原因を断ってニキビを予防します。 富士フイルム ルナメアAC 【医薬部外品】スキンコンディショナー 富士フイルム ルナメアAC【医薬部外品】スキンコンディショナーは、ニキビを予防する独自の有効成分が配合されている化粧水。 グリチルレチン酸ステアリルに、独自技術で3種の保湿成分をミックスさせたアクネシューター R が配合されています。 毛穴に集中して浸透し、肌を健やかにしてニキビをしっかりケアできる化粧水です。 花王キュレル 【医薬部外品】皮脂トラブルケア化粧水 花王キュレル【医薬部外品】皮脂トラブルケア化粧水は、セラミドケアと皮脂対策でニキビ予防のできる化粧水。 皮脂のベタつきを抑える成分とユーカリの保湿成分が、化粧水後の美容液などが浸透しやすい肌に整えます。 肌に近い弱酸性をキープできるので、乾燥性の敏感肌の人で悩んでいる人にもおすすめです。 アルビオン 【医薬部外品】薬用スキンコンディショナーエッセンシャル アルビオン 【医薬部外品】薬用スキンコンディショナーエッセンシャルは、肌のコンディションを整え続ける化粧水。 潤いを与えるハトムギエキス成分を配合し、季節の変わり目など肌のコンディションが崩れやすい時期もしっかり保湿してサポートします。 紫外線の影響を受けやすい人や、乾燥に悩んでいる人の肌を明るく透明感のある肌に導きます。 小林製薬 オードムーゲ 薬用ローション【医薬部外品】 小林製薬 オードムーゲ 薬用ローション【医薬部外品】は、繰り返すニキビや肌荒れなどの肌トラブルをサポートする化粧水。 発売から50年以上とロングセラーとなっていて、ニキビに悩む人々から長く愛され続けているスキンケアアイテムです。 拭き取りの洗浄効果、有効成分による殺菌・抗炎効果、保湿成分による水分保持効果で健やかな肌にします。 ビーグレン クレイローション ビーグレンが販売するクレイローションは、ニキビや肌荒れでスキンケアが十分にできず悩んでいる人に優しい化粧水。 天然クレイが潤いの膜を作り、肌荒れを予防するグリチルリチン酸ジカリウムなどでダメージ肌を安定させます。 さらに、カミツレエキス・ヒアルロン酸・納豆エキス・オウゴンエキスの4つの美容成分で美肌を目指すことができます。 資生堂 【医薬部外品】dプログラム アクネケアローションW 資生堂が販売する【医薬部外品】dプログラム アクネケアローションWは、大人のニキビを予防して美肌へ導く化粧水です。 有効成分が肌のすみずみまで浸透してバリア機能をサポート、使うたびに透明感のあるすべすべの肌にしてくれます。 厳選された成分、アルコール・香料・パラベン無添加の低刺激処方なので、ニキビなどの肌トラブルや敏感肌などデリケートな肌質の人におすすめです。 グリチルリチン酸塩で何度も繰り返す大人ニキビやシミに対して、有効成分を浸透させてツルツルでなめらかな透明感のある肌に。 さらに、持続安定型ビタミンCがメラニン生成の働きを阻害するので、シミやソバカスを防ぎます。 クリニーク 【医薬部外品】アクネクラリファイリングローション クリニーク【医薬部外品】アクネクラリファイリングローションは、すべての肌タイプのニキビを予防できる化粧水です。 ニキビの原因となる古い角質を穏やかに除去して、沈殿するパウダー成分が皮脂を吸収して過剰な皮脂を拭き取ります。 洗顔後にコットンで優しく皮脂をふき取りながら保湿することで、ニキビのできにくい健やかな肌にしてくれます。 桃谷順天堂 【医薬部外品】明色美顔水 薬用化粧水 桃谷順天堂の【医薬部外品】明色美顔水 薬用化粧水は、明治18年発売の日本で1番長く愛されてるニキビ予防の化粧水です。 毛穴の汚れや古い角質を除去するサリチル酸とニキビケア有効成分のホモスルファミン配合で繰り返すニキビを徹底ケア。 皮脂によるテカリを予防してスッキリさらすべの肌にしてくれます。 スーッとした清涼感が魅力的な化粧水ですが、アルコールが入っているので「他のニキビ用化粧水では満足できない」「もっとさっぱり感が欲しい」という人におすすめです。 プチプラがうれしいナチュリエ ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー ナチュリエが販売するハトムギ化粧水 スキンコンディショナーは、肌に潤いを与えてコンディションを整える化粧水です。 浸透力に優れた天然保湿成分ハトムギエキスで角質層までしっかり水分補給、しかもたっぷりつけてもベタつかないのが特徴。 プチプラなのに大容量だから、毎日たっぷり使えてコスパ良し!シンプルケアが可能な化粧水で、海外でも大注目を浴びています。 大人ニキビの原因とは? しつこくて治ってもまたすぐにできてしまう大人ニキビの原因は主に3つ「肌の乾燥」「生活習慣」「ストレス」。 大人ニキビを徹底ケアするには、この3つの原因を知ることが重要ポイントです。 ここでは大人ニキビの原因と、思春期ニキビとの違いについて調べてまとめました。 大人ニキビの原因は主に3つ 大人ニキビの原因は、「肌の乾燥」「生活習慣」「ストレス」に深く関係があります。 この3つの原因によって肌の状態が悪くなり、肌のターンオーバーが乱れて毛穴を詰まらせてしまうからです。 (ターンオーバーはこちらの記事 で詳しく書きました) アクネ菌は日和見菌なので悪さはしないのですが、肌の状態が悪くなると悪玉菌の方に傾いて増殖してしまいます。 ターンオーバーの乱れにより古い角質や皮脂が詰まった毛穴の中は、アクネ菌が増えやすい環境となり、特に口元、アゴに大人ニキビを発生させます。 思春期ニキビとの違い 思春期ニキビは、過剰分泌する皮脂が原因でおでこや鼻にできるのが特徴です。 乾燥が主な原因の大人ニキビとは全く異なるもので、当然ケアの考え方も変わってきます。 思春期ニキビの場合は、ホルモンバランスの変化で過剰分泌しているアクネ菌を抑えるケアが必要です。 ただし、思春期ニキビでも大切なことは肌の保湿ケア。 肌は乾燥するとバリアしようと皮脂を多く分泌するので、さっぱりさせても乾燥させるのはNGです。 ついやりがちな間違ったニキビケア ニキビのために良いと思ってするケアも、実は間違っているというケースも少なくありません。 今はネットで簡単にニキビに関する情報を調べられますが、中には間違った情報も。 もしかしたらニキビに良かれと思って欠かさずやっていたケアもあるかもしれません。 ぜひ、この機会に自身のケアが間違っていないかを確認してみてください。 ・念入りに洗顔して洗いすぎている ・皮脂を流そうと熱めのお湯で洗顔している ・油分を避けるためクリーム等は使わない、またはスキンケアしない ・何も塗りたくないし早く治すためにすっぴんで過ごしている 間違ったニキビケアとは、洗顔し過ぎや皮脂の取り過ぎによる皮膚常在菌のバランスを崩すことにあります。 結果的に肌のターンオーバーが乱れて、ニキビができやすくまた悪化の原因となるからです。 ニキビが治らないと、つい肌をさっぱりさせようと考えますが、1番大切なは保湿してコンディションを整えること。 大人ニキビを繰り返して悩んでいる人は、ぜひこれまでのスキンケアを見直してみてください。 大人ニキビを繰り返さないために 大人ニキビを繰り返さないためには、肌のバリア機能を高めて、肌のターンオーバーを正常に戻すことが重要です。 肌のターンオーバーが正しくされていれば、毛穴の汚れや古い角質は溜まることがなくなるためニキビができにくくなります。 ここでは大人ニキビを繰り返さないために、方法や生活習慣の改善などについて調べてまとめました。 大人ニキビを元からしっかり治したい人に、1日でも早く正しいケアができるよう参考にしていただければと思います。 正しいニキビ肌のスキンケア方法 ニキビ肌を治すためには正しいスキンケアをすることが大切です。 大人ニキビに悩む人は、まず正しいスキンケアの方法や注意点についてよく知っておきましょう。 正しいスキンケア方法 ニキビ肌は洗顔でしっかり肌の汚れを落とすのが第1ポイント。 そして洗顔後はすぐに化粧水で肌を保湿して肌を整えるのが第2ポイントです。 この洗顔と化粧水のセットがニキビ肌のスキンケアには欠かせません。 正しいスキンケアでニキビに対する有効成分や美容成分が浸透しやすくなり、ニキビなどの肌トラブルを集中的にケアしやすくなります。 美容液の後は、乳液、クリームをつけるのが正しいスキンケアの手順です。 スキンケアの注意点 ニキビ肌のスキンケアで注意すべき点は「汚れをきちんと落とすこと」と「保湿を十分に行う」の2つ。 肌にやさしい無添加で低刺激処方の洗顔料を選び、泡をしっかり立てて肌にダメージを与えないように優しく洗います。 すすぎは洗い残しのないように丁寧にし、洗顔後はややツッパリ感がある程度、ツッパリ感がずっと続くようだと洗い過ぎになりますので注意しましょう。 乾燥肌の人はクレンジングして、は朝の洗顔を省いて夜だけの使用でもOK。 肌の状態をみながら行ってくださいね。 どの肌タイプでも洗顔後はできるだけ早く化粧水で肌を保湿しましょう。 特に乾燥しやすい箇所は重ねづけしたり、美容液などで十分に保湿することが大切です。 ニキビ治療薬を使うタイミング ニキビ治療薬を使うタイミングは、「洗顔後のきれいなの状態」が好ましいので化粧水の前に使いましょう。 顔がクリームなどの保湿剤でコーティングされた状態だと、せっかくのニキビ治療薬の有効成分の効力が落ちて十分な効果が得られないからです。 もちろん薬を塗る手も、しっかり洗って雑菌が混じらないようにすることも忘れずに。 使用する治療薬の適量を守り、指定回数をニキビができている箇所に塗るようにしましょう。 ニキビを予防したいからといって、ニキビではないところに使用するのは肌にダメージを与えるのでNGです。 メイク時にも工夫を 大人ニキビがあるとメイクをしていいのかな?と不安になりますが、これは工夫をすればOK! 4つのポイントを押さえて、大人ニキビをカバーしましょう。 メイク前のしっかり保湿 大人ニキビがあるときはメイク前にしっかり保湿をすること。 乾燥している状態は肌のバリア機能が悪くなっているため、保湿を怠ったままメイクをすると肌ダメージにつながります。 メイクの成分が汚れとなって入り込んだり、肌を守ろうと皮脂を過剰分泌するので注意が必要。 ノンコメドジェニックアイテムを使う 大人ニキビの原因となるコメド(白ニキビ)ができにくいノンコメドジェニックアイテムを使うのがおすすめ。 すでにテスト済みのアイテムなので、メイクによってニキビができるのを予防できる可能性があります。 清潔な手やパフでメイクする 大人ニキビの原因は、毛穴に詰まった汚れに雑菌が繁殖することも挙げられます。 メイクをする際には清潔な状態の手やパフを使用したり、雑菌予防に清潔なスパチュラを使うことがおすすめです。 帰宅後はすぐにメイク落とし 長時間のメイクは大人ニキビの原因となるので、帰宅後はすぐにメイクを落としましょう。 最近のメイクアイテムは微粒子のものが多く、毛穴に入り込みやすいため、メイクの成分や皮脂が溜まって詰まりやすくなります。 特にメイクを落とさずに寝るなんてもってのほか!毛穴の詰まりによりアクネ菌を増殖させないためにも、きちんとメイクを落とすようにしましょう。 ニキビ改善におすすめの食生活 大人ニキビを改善するために食生活を見直すことも有効的です。 大人ニキビに良いのはビタミンB1、B2。 皮脂分泌を抑制する作用があり、さらに血流を促進するビタミンEを一緒に摂取すると、肌のターンオーバーの促進につながり、ニキビ跡の予防になることがあります。 ビタミンB1を含む食材は豚ヒレやうなぎ、ピーナッツなど、ビタミンB2は鶏レバーや納豆、ヨーグルトなど。 ビタミンEはアーモンドやかぼちゃ、アボカドなどです。 また、ビタミンエースといわれるビタミンACEを積極的に摂るのも大切。 ビタミンAは人参やかぼちゃ、Bはキャベツやブロッコリー、Eはナッツ類やうなぎなど。 これらの栄養素には抗酸化作用が強く、肌の酸化を防いでニキビ跡の原因を取り除きます。 また、腸内環境を整える食物繊維もバランスよく取り入れるのがポイントです。 生活習慣を正す 大人ニキビの予防やケアをするには生活習慣を正すことも大切です。 生活習慣の中でぜひ見直すべきことは睡眠について。 肌の状態を整えるためにはゴールデンタイムといわれる肌の修復時間がとても大切です。 寝始めて3時間後が最も大切な時間で、良質な睡眠を摂るためには最低6時間以上確保しましょう。 そのためには睡眠前のコーヒーやスマホはNG、眠りになかなかつけない人はストレッチなど軽い運動を取り入れるのがおすすめ。 ストレスを溜めないことも良い睡眠のためには不可欠です。 セルフケアで改善しないニキビは皮膚科へ 大人ニキビのためのセルフケアをしてもなかなか改善しないニキビは皮膚科へ行きましょう。 ニキビの原因を元から断つことが基本ですが、あまりにもひどい場合はまずはニキビを治すこをが優先。 セルフケアでなかなか改善できない場合は、まずはニキビを治す薬が必要です。 塗り薬や内服薬を用いて悪化したニキビを治療し、並行してニキビのできにくい肌環境を整えて行きましょう。 ここではニキビ治療の受診の目安や治療内容について調べてまとめました。 受診の目安 大人ニキビで受診しようと判断する目安は、ニキビが増えている、痛みや赤みがひどい、繰り返している時など。 ニキビとは毛穴で炎症が起きている状態のため、改善するには皮膚科の治療が有効的です。 悪化状態のニキビは見た目にも悪く気分が落ち込むし、そのままにしておくとニキビ跡に色素沈着することも。 心理的にも肌のためにも悪化したニキビは皮膚科での治療がおすすめです。 ニキビ治療の内容 ニキビ治療には、外用薬、内服薬、レーザー治療、ピーリング、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)などの治療があります。 基本的には外用薬と内服薬での治療です。 皮脂が毛穴に溜まっている場合は針で穴を開ける面皰圧出の処置もあります。 美容皮膚科では、古い角質やアクネ菌を除去するピーリングや、毛穴の奥までスッキリさせるレーザー治療も受けられます。 まとめ なかなか治らず繰り返すやっかいな大人ニキビのケアについて、おすすめの化粧水を調べてまとめました。 化粧水でニキビの原因である乾燥を防ぎ、生活習慣やストレスなどを取り除きながら、自分の症状にあったスキンケアで正しくケアしましょう。 ニキビがポツンとできているだけで、人目も気になるし、気分は憂鬱になるものです。 普段から正しいケアを行って、ニキビのできにくい健やかな肌を作りましょう。 Lacy編集部:桜井香織 ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。 美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。 時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。

次の