門戸 厄神 厄払い。 門戸厄神東光寺|厄払いと弘法大師が刻んだ厄神明王像のパワー

門戸厄神で厄払い!祈祷料や時間について

門戸 厄神 厄払い

門戸厄神での厄払いは平日がいい? 門戸厄神での厄払いの御祈祷は平日でも 厄除け大祭 1月16~19日 前後まではとても混雑しています。 厄除け大祭の期間中はすべての駐車場は使えず周辺道路は結構な範囲で交通規制がかかるぐらいなんです。 と言っても厄年は1月1日からはじまっています。 1日でも早く厄払いをしたいですよね。 門戸厄神での厄払いの御祈祷は1年中受け付けてくれていますが一般には厄年は節分までに厄払いするといいと言われている ので 混雑は節分までと思って大丈夫だと思います。 門戸厄神での厄払い祈祷は 節分 2月3日 が過ぎてから2月が終わるまでの期間をおすすめします。 節分が終わると参拝者も少なくなり1時間に1回の御祈祷になります。 本堂には1度に80人から100人前後入れるので、それ以上の人数がいない限り長くても1時間の待ち時間ですみます。 受付は 毎日9時~16時まで随時してくれています。 予約はしなくて大丈夫ですので都合のいい日にいって厄払いしてもらってくださいね^^ 門戸厄神での厄払いの値段は? 厄払いの 特別祈祷は1人1万円です。 特別ってあるなら普通もあるの?って思いますよね。 普通もあります。 1人5千円です。 ここで御祈祷の申し込みをする寺務所です。 特別祈祷は直接本堂の中で本人も御祈祷してもらえますが、 普通祈祷は本人の御祈祷はなく、住所、名前、年齢、願い事を記帳して終わりです。 どちらも1年間は毎日御祈祷してもらえます。 普通祈祷も御札をもらって帰りますが厄払いしてもらったーー!という実感は薄くなるような気はしますよね。 ですが料金は倍・・・。 これはどちらか迷うところです。 スポンサードリンク ちなみに特別祈祷も普通祈祷も願い事は2つまで記入できますが、記入用紙には「厄除開運」の文字が印刷されているので もう1つ、願いごとが記入できます。 門戸厄神の厄払いって付き添いはできるの? 門戸厄神の厄払いは厄年意外の付き添いの人も本堂に入って御祈祷を受けられるんです。 いえば、1万円払えば名前や住所、願い事を読まれるのは申し込んだ人だけですが家族全員一緒に御祈祷を受けられます。 これが控室の入り口です。 厄払いは一人で行かないと一緒に行った人に厄が移るって言われているところもあるみたいですがそんなこはありません。 ほとんどの神社やお寺では付き添いはぜひどうぞと言われます。 よくよく考えてみればわかることですが、何組かまとめて御祈祷されるのにその中で厄が移ったりするんだったら全く厄払いの意味がないですもんね。 本堂のおごそかで独特な雰囲気の中での御祈祷なので子どもたちも一緒ならいい経験ができるのでは^^bと思います。 ちなみに表門からは男厄坂と女厄坂があるのですが、 南門から入るとスロープになっているところがあるので、 寺務所まで階段を登らずに行くことができます。 ベビーカーや車椅子でも安心ですよ。 まとめ 厄除けで有名な門戸厄神。 有名ということはたくさんの人が厄払いのご利益を実感してきたということですよね。 混雑を避けて上手にお参りして無事厄年を乗り越えましょうね!! 山の上なので眺めは最高です~^^.

次の

【門戸厄神の東光寺】厄払いのご利益や人形供養で有名な神社の様子とアクセス方法 | こころ参り

門戸 厄神 厄払い

初詣に出かけると「今年の厄年」として男女別に厄年の年齢の一覧が紹介されたりしています。 それを見て「今年私は厄年なんだ〜」と気付くことに… そこから色々調べてみると、大厄なことが分かり... (年齢がバレますね笑) 同い年の友達と厄払いに行こう!となる訳です。 しかし、神社でも「厄除け」を使う場合もありますし、その逆でお寺で「厄払い」を使う場合もあるようです... また、何の根拠もないから厄払いに行かないという人もいます。 門戸厄神のように大きなお寺であれば、祈祷料いくらと提示されております。 また、私達は祈祷料を入れる袋(紅白の水引)も用意して行きましたが、必要ありませんでした! 小さい神社やお寺などで特別に厄払いをお願いするのであれば、必要なのかもしれませんね。 門戸厄神にはご祈祷が2種類あります。 違いは金額と本堂に入ってお祓いをしてもらうかどうか?のみ。 付き添いも同席できるので、家族で受けている人もいました! 翌日から1年間、本堂で僧侶が名前を読み上げてご祈祷をしてくれます。 まずは受付をするために用紙を記入。 住所・金額・氏名・生年月日・数え年の年齢・性別を書いていきます。 記入した用紙とご祈祷料を持って受付へ。 封筒がなくても、新札でなくても問題ありません。 しかし、特別祈祷と同じで翌日から1年間、本堂で僧侶が名前を読み上げてご祈祷をしてくれます。 順番を待って、受付をします。 こちらも 住所・金額・氏名・生年月日・数え年の年齢・性別を書いていきます。 願事は 「厄除開運」と書けばいいでしょう! 前の人にならって書けば、問題ありません。 その場でご祈祷料を払うと、住所などを読み上げられ受け付けましたと言われます。 御札などをもらって終了です! ものの10分程度。 予約などは出来ないので、当日受付しましょう! 特別祈祷は 00分に開始され、 1時間に1回行われます。 空いている時はギリギリに行って待ち時間なくご祈祷してもらうのがいいですが、混雑してる時は定員になると次回のご祈祷になることもあるそうです... 混雑してる時はもう少し入れるそうです。 混雑しているのはいつ? では、いつ混雑してるの?ということですが、 毎年年明けから節分までの土曜・日曜は厄払いのご祈祷を希望する人で相当混み合います… また、 新年1月19日は厄除け大祭の日として特別になるので、毎年数十万人の人が訪れます! この日の前後は 大混雑必至で、長い時は2〜3時間待ち時間があるそうです... 我が家は神棚がありますが1枚しか御札の入らないものなので、門戸厄神の御札は別で立てかけています。 ちょうど壁掛け時計があったのでその上に... 4 NEW ENTRY.

次の

門戸厄神に宿る空海の力!西宮・東光寺で年中出来る厄除け・厄払い

門戸 厄神 厄払い

厄除け大祭の時は、大変混雑するために問い合わせたところ、 8時くらいから17時頃まで、 その日の混雑状況に合わせて時間をずらしているようです。 ただ、確実に受けるためには本来の16時までに行ったほうがいいです。 待ち時間も1時間30分から2時間くらいはかかってしまいます。 1、2月の土日や厄除け大祭の日を避けて、平日の日にも随時行なっているので、 別の日に来ることをおすすめされました。 私の場合、子供を連れて行くので、厄除け大祭の日は露店が門戸厄神駅からズラッと並び、 これが子供の楽しみの一つになっています。 参道でも行列ができるほどの人気があります。 熱々の内に食べるのがいいですよ。 まとめ 厄年は災いという意味だけでなく、 人生の区切りや節目の時期。 大事な時期、この一年を無事に過ごせるように心の準備として厄払いをしておきたいですね。 多くの人でにぎわい混雑しますが、人生の節目と考えると、 日本三大厄神のひとつで、現存する厄神明王像がある門戸厄神が最適だと思います。 行ったことのない方は、ぜひ行ってみてください。 この一年が良い年になりますように!.

次の