いみじく意味。 「いみじくも」とは?意味や使い方を解説!

古文の「あさましき」と「いみじく」の意味を教えてください

いみじく意味

「いみじくも」とは? 「いみじくも」の意味と使い方について紹介します。 「いみじくも」の意味 「いみじくも」は、 「まことにうまく」 「適切」 「巧みに」になります。 「いみじくも」の使い方 「いみじくも」は、要点をきちんと抑えて上手くできることを言います。 「いみじくも」は動詞 「忌む」の形容詞である 「いみじ」の連用形 「いみじく」に、系助詞の 「も」が付いた言葉です。 元々の意味は 「忌み避けたい」でしたが、そこから転じて 「忌むほど程度が甚だしいさま」になり、更にポジティブな意味で 「とにかく程度が甚だしい」 「素晴らしい」 「うまい」として使われる様になりました。 語源から 「いみじくも」は漢字で 「忌みじくも」と表記するのですが、ネガティブなイメージになってしまいますので、平仮名表記されることも多くあります。 尚、 「恐れ多くも」という意味で使っている人もいますが、間違いですので注意しましょう。 「いやしくも」とは? 「いやしくも」の意味と使い方について紹介します。 「いやしくも」の意味 「いやしくも」は 「かりそめにも」 「もしも・万が一」 「いいかげんに」 「不相応にも」 「まことに」という意味があります。 「いやしくも」の使い方 「いやしくも」は古語で、漢字で 「卑し」 「賤し」と書く形容詞でした。 本来は 「身分が低い」 「地位が低い」という意味で、ここから転じて 「身分不相応にも」 「柄にもなく」 「勿体ないことに」という意味で使われる様になりました。 「いやしくも」は文語表現であり、日常会話で使われることはまずありません。 もしも使う時には 「もったいないことに」という意味であることを踏まえて、 「身分をわきまえる様に」など警告の意味が含まれることを理解しておきましょう。 「いみじくも」と「いやしくも」の違い! 「いみじくも」は 「非常にうまくやること」です。 「いやしくも」は 「かりそめにも、見分不相応にもの意味」です。 まとめ 今回は 「いみじくも」と 「いやしくも」の違いをお伝えしました。 「いみじくもはうまくやること」と 「いやしくもはかりそめにも」と覚えておきましょう。

次の

「いみじくも」とは?意味や使い方を「いみじ」との違いを含めてご紹介

いみじく意味

「いみじくも」の意味と語源とは? 「いみじくも」の意味は「適切に」と「非常にうまく」 「いみじくも」は「適切に」や「非常にうまく」という意味の副詞です。 誰かの行動を認めたり、褒めたりするときに使われることが多い表現です。 後ろに過去形の動詞をつなげて使うことが多く、例えば「いみじくも言った」という文は、「非常にうまく表現して言った」という意味になります。 「いみじくも」の語源は「忌む」 形容詞の「いみじ」に助詞の「も」をつけた言葉が「いみじくも」です。 「いみじ」は、嫌ったり避けたりする意味の「忌む」という動詞が、穢れなどを意味する「忌み」という名詞になり、さらに形容詞である「いみじ」になったとされています。 「穢れとして避けなければならないくらいひどい」という意味から、「程度がはなはだしい」という意味として使われるようになりました。 善悪関係なく「はなはだしい」という意味で使われ、現代語では「非常にうまく」という良い意味だけが残りました。 「いみじくも」の使い方と注意点 「偶然にも」を「いみじくも」と使うのは誤用 「いみじくも」は「偶然にも」という意味で誤用されることがあります。 例えば、「偶然にも結婚記念日に亡くなられた。 」という文を、「いみじくも結婚記念日に亡くなられた。 」と表現するのは間違った使い方で、正しくは「奇しくも結婚記念日に亡くなられた。 」になります。 「いみじくも」は漢字にしない 「いみじくも」の語源は「忌む」だとされていますが、「いみじくも」を「忌みじくも」と表現することは一般的にはありません。 基本的にはひらがなで使われる言葉です。 「忌」という漢字は、穢れなどのネガティブな印象を持っています。 「適切に」や「非常にうまく」など前向きな意味の言葉が、ネガティブに受け取られてしまう可能性もありますので注意しましょう。 「いみじくも」の同意語と類語は? 「いみじくも」の同意語は「巧みに」 「いみじくも」の同意語に「巧みに」があります。 「非常にうまく」という意味を、「いみじくも」と同じく一言で表現できますので、使いこなせるようにしておきましょう。 「巧みに」は「いみじくも」と同じ意味ですので、言い換えて使うこともできます。 例えば「この絵は、いみじくも真実を表している。 」は、「この絵は、巧みに真実を表している。 」という文に言い換えることができます。 「いみじくも」の類語は「上手に」 「いみじくも」の類語には、「上手に」や「見事に」などがあります。 どれも非常にうまくいくという意味を表しています。 「上手に」や「見事に」よりも「いみじくも」の方が、要点を捉えることがうまいという意味合いで使われることが多いです。 いみじくもの用例をチェック 「いみじくも」を使った短文 ・「猿も木から落ちる」とは、いみじくも言い得たものだ。 「猿も木から落ちる」とは、本当にうまく表現したものだ。 ・2つの違いをいみじくも表現している。 2つの違いをとても上手に表現している。 ビジネスで使う「いみじくも」の例文 ・いみじくもお客様が指摘してくださった通りです。 とても適切にお客様が指摘していた通りです。 ・課長はいみじくも私のミスを指摘した。 課長は非常にうまく私のミスを指摘した。 「いみじくも」は古文で使う? 古文では「いみじ」を使う 「いみじくも」を古語と感じる人もいますが、基本的に現代語です。 古文では「いみじ」という表現の方が使われることが多いので覚えておきましょう。 「いみじ」は、「はなはだしくひどい」という意味の言葉です。 紫式部日記に書かれた文で、紫式部が清少納言のことを「いみじうはべりける人」と表現して批判した文章が有名です。 「いみじくも」を英語で表現すると? 「いみじくも」は英語で「quite appropriately」 「非常にうまく」という意味の「いみじくも」を英語で表現すると、「quite appropriately」となります。 「quite」は「かなり」、「appropriately」は「適切に」という意味の単語で、「quite appropriately」を直訳すると「かなり適切に」となります。 「それはいみじくも表現された」を英語で表現すると、「It was quite appropriately expressed. 」となります。 まとめ 「いみじくも」は、日常で使うことが少ない表現ですので、正しい意味を知らない人も多いかもしれません。 しかし、全く使われない言葉ではありませんので、意味を理解しておいた方がよいでしょう。 「いみじくも」は誤用の多い言葉でもあります。 間違って使わないように気をつけることも大切です。

次の

「いみじくも」の意味と使い方・例文・語源・敬語・類語|古語

いみじく意味

公開日: 2019. 30 更新日: 2019. 30 「いみじくも」の意味と使い方!漢字、語源・由来とは?類語、英語表現も解説 「いみじくも」という言葉をご存知でしょうか。 古典の授業で習ったという方が多いのではないでしょうか。 やや古めかしい言葉ということもあって、「いみじくも」は普段はなかなか使われることはありませんが、ビジネスシーンでは時々使われることがあります。 では、「いみじくも」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 知っていたという人もいれば、今まで知らなかったという人も多いと思います。 正しく使えば評価されるかもしれませんが、間違った使い方をすると恥をかいてしまいます。 そこで今回は「いみじくも」の意味や使い方、類語、「いやしくも」との違いについて解説していきます。 「いみじくも」の意味と語源 「いみじくも」の意味は「まことにうまく、適切に」 「いみじくも」の意味は「 まことにうまく、適切に」です。 「いみじくも」は「要点をちゃんと捉えて上手に表現できる」というニュアンスで使う言葉です。 「いみじくも」の語源は古語「忌む」が由来 「いみじくも」は、形容詞「いみじ」の連用形「いみじく」+係助詞「も」で成り立っています。 「いみじ」は動詞「忌む(いむ)」が由来です。 古語「いみじ」は、「忌み避けたい感じ」を表すのが原義ですが、そこから転じて「不吉なほど程度が甚だしいさま」を表します。 元々はネガティブな意味でしたが、「ポジティブにも程度が甚だしい」=「素晴らしい、上手だ」という意味でも使われるようになりました。 よって、副詞「いみじくも」は「素晴らしく」=「巧みに」という意味で使われるようになりました。 「いみじくも」の漢字は「忌じくも」「微妙くも」 「いみじくも」は、動詞「忌む」が語源なので、漢字では「 忌じくも」となります。 「微妙くも」と書く場合もありますが、これは当て字です。 「微妙なり(みようなり)」が古語では「素晴らしい」という意味で、「いみじ」と同義語であることから、「微妙」という感じが使われる場合もあります。 しかし、現代では「微妙」は「びみょう」としか読まないため、ほとんど使われません。 「いみじくも」の類語 「いみじくも」の同義語は「巧みに」 「いみじくも」の同義語は「巧みに」になります。 厳密には「いみじくも」は、「巧みに」をより強調した表現で、「非常に巧みに」という意味です。 「いみじくも」の類義語は「上手に」「見事に」など 「いみじくも」の類語には「上手に」「見事に」などがあります。 「上手に」「見事に」などの言葉の方が広い意味で様々な動詞を修飾して使うことができますが、「いみじくも」は「論理的に整理し要点を伝えることが巧みだ」というニュアンスが強いです。 「いみじくも言い得る」「いみじくも論破する」などと使います。 その他にも「首尾よく」「的確に」「美しくも(いしくも)」「ばっちり」「立派に」「適切に」なども類語にあたります。 「いみじくも」「いやしくも」「くしくも」の違い 「いやしくも」の意味は「仮にも」 「いやしくも」の意味は「 仮にも、かりそめにも」です。 漢字は「苟も」です。 「いみじくも」と「いやしくも」は音は似ていますが、意味は全く違います。 例文 ・いやしくも男子に生まれた者は、一番を目指さないといけない。 ・不平不満を言うのはいやしくも上に立つ者がすべきことではない。 「くしくも」の意味は「偶然にも」 「くしくも」の意味は 「ふしぎにも、偶然にも」です。 漢字は「奇しくも」と書きます。 上記でも触れましたが、「いみじくも」と「くしくも」は混同している人が多いですが、意味が全く違います。 「くしくも」は普通では考えられないようなこと、想像していなかったことが起きたときに使います。 例文 ・奇しくも先生は誕生日に世を去った。 ・大規模な事故に巻き込まれたが、奇しくも一命をとりとめた。 ・奇しくも今日の講演は第1000回目の記念講演である。

次の