ローソン フランス パン。 ローソン「あんことバターのフランスパン」が売切れ続出の大ヒット…「完全にハマる」

ほどよいカリッと感が!ローソン「ミルクとバターのフランスパン」の口コミとカロリーです♪

ローソン フランス パン

コンビニブロガーのハルチカ )が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ! 今回は、ローソンの『 マチノパン あんことバターのフランスパン』を食べてみることに。 価格は150円 税込。 こだわりのフランスパン専用粉を使用した香りのよいパン生地に、粒感のある餡子と、コクのあるグラスフェッドバターをサンドしたとのこと。 (1食あたり281kcal) さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。 実食レビューについて: 個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み 、すべての方に当てはまる内容ではありません。 あくまでも 筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。 ローソンの『マチノパン あんことバターのフランスパン』を食べてみた 長さ12cmほどの小さめのフランスパン。 生地は、フランスパンにしてはソフトな歯ごたえ。 とはいえ、強めに顎を使うくらいには硬く、表面はカリッと中身はふっくらとジューシー。 噛めば噛むほどに、生地の香りと旨味が、餡子とバターと味わいと一緒に口の中で溢れ出す。 生地の端から端まで、餡子とバターがたっぷり詰まっているから嬉しい。 粒感のある餡子と、コクのあるバターが抜群に相性が良く、とっても美味しい。 とにかくバターがすごく濃厚。 バターのさりげない塩気で、粒あんの甘さが惹き立っているね。 脂っぽいバターではなく、わりとサラッとした口当たりでクセがなく、餡子をうまく活かした上質な甘しょっぱさだ。 小麦の香り、バターのコク、餡子の甘味、すべてが絶妙な組み合わせ。 名古屋名物の小倉トーストは餡子とマーガリンが主流だけど、同じように餡子とバターも最高に合うんだなぁって実感。 しかも、フランスパンに餡子とバターをサンドしてくるなんて、なかなか粋じゃないか。 熱々のホットミルクや、ほろ苦いブラックコーヒーなんかを用意して食べたいね。 価格は150円 税込 なので、小さいパンにしてはちょっとお高めなのが気になる。 食べてみれば、バターや餡子のコダワリ感が伝わってくるので、損した気分にはならないけど、もう少しお安いと気軽に手が出しやすいかな。 それ以外は何も文句のつけようがなく、小倉トースト好きな人にとっては、夢のような美味しさになっているはずだ。 『マチノパン ミルクとバターのフランスパン』も同時発売! こちらもおすすめ!ぜひチェックしてみてね!.

次の

ローソン「あんことバターのフランスパン」が売切れ続出の大ヒット…「完全にハマる」

ローソン フランス パン

ローソンは2月18日から順次、2019年3月に発売を開始したベーカリー新シリーズ「マチノパン」の新商品12品を、全国のローソン店舗 「ローソンストア100」除く で販売する。 ミルクとバターのフランスパン 税込150円 「マチノパン」は、"脱・コンビニ袋パン"として素材や製法にこだわり、食感と具材の美味しさを追求したベーカリーシリーズ。 2月18日には、「ミルクとバターのフランスパン」「あんことバターのフランスパン」「ふわふわやわらかミニブレッド」を発売。 「ミルクとバターのフランスパン」 150円 は、フランスパン生地に、ブルターニュ産バター・練乳・アーモンドリキュールなどを入れたミルククリームをサンドした。 「あんことバターのフランスパン」 150円 は、フランスパン生地に、小豆の食感と風味を活かしたあんと、コクがありながらもすっきりとした味わいのバターをはさんだパン。 「ミルクとバターのフランスパン」「あんことバターのフランスパン」とも、フランス産小麦の小麦粉を使用。 女性にも食べやすいように、フランスパンらしい噛 か みごたえの生地を、女性でも食べやすいよう細い形状に仕立てている。 新作パンの一部 「ふわふわやわらかミニブレッド」 180円 は、バターや生クリーム、はちみつの自然な甘みが感じられる食パン。 食べきりやすいミニサイズとなっている。 ふんわりとやわらかなしっとり・しなやかな舌触りが特長とのこと。 沖縄県での発売はなし。 2月25日には、塩気のあるデニッシュ生地に、バター・砂糖・練乳などを使用した生キャラメルのような味わいのあんをトッピングした「焦がしバターのクイニーアマン」 150円 、フランスパン生地に、トルコ産乾燥いちじくを練り込み、クリームチーズ入りのクリームをサンドした「いちじくとクリームチーズ」 150円 を発売する。 3月3日には、「フランスチョコのチョコフランス」「ラムレーズンのフレンチトースト2個入」「発酵クリームのデニッシュ」を発売。 「フランスチョコのチョコフランス」 150円 は、チョコ味のパン生地に濃厚なフランス産チョコレートを練り込んだ。 「ラムレーズンのフレンチトースト2個入」 165円 は、フランスパン生地に、ラム酒に漬けたレーズンを練り込み焼き上げている。 「発酵クリームのデニッシュ」 150円 は、バター風味のデニッシュ生地に、サワークリームやマスカルポーネが入った発酵乳入りクリームをトッピングした。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

【ローソン】マチノパンシリーズから、あんことバターのフランスパンがでたー!

ローソン フランス パン

このページの目次• ガーリックバターフランスパンの詳細 まず最初に、ガーリックバターフランスパンのカロリーや消費期限などについてまとめておきますね。 E)、カロテノイド色素、酵素、(一部に乳成分、卵、小麦、大豆を含む) 消費期限 約2日(商品購入が9月18日の午前12時頃で消費期限が9月20日) 保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存する 製造者 山崎製パン(株) 東京都千代田区岩本町3-10-1 TEL:0120-811-114 栄養成分表示 熱量 310kcal たんぱく質 5. 5g 脂質 19. 9g 炭水化物 27. 2g 食塩相当量 1. 1g 開封と食べてみた感想 こちらが今回紹介していくガーリックバターフランスパンです。 袋の裏側には、原材料名、保存方法、カロリーなどの詳細が載っていました。 すぐに食べる場合は、ギザギザの部分を縦に引いて袋を開封していきましょう。 後はトースターで1200wで1分程度温めるだけですね。 菓子パンにしてはカロリーが特別高いものではないので、そういった意味では比較的気軽に食べれると思いますよ。 ということで実際に食べてみました。 今回はトースターで温めてから食べた訳ですが、やはりこれは温めずに食べたらあまり美味しくないと思います。 オーブントースターが家にない。 という人は無理して買う必要はないかと。 コンビニにもトースターは置いていないでしょうしね。 また、ガーリックの香りや風味がとても強いため、外で食べるパンにはおすすめできませんね。 特にお仕事の休憩中に食べたりしたら、ガーリック臭くなって周りの人を不快な気持ちにさせてしまうかもしれませんし。 これだけ強いと歯を磨いてもお洋服などにも染み付きそうなので食べるタイミングはよく考えた方が良そうです。 ものとしては、普通に美味しく食べやすいものでしたので、家にトースターがあり、すぐに人と会う予定がない人にはおすすめです。

次の