鶏肉 冷凍 下味。 一度の仕込みで二度おいしい♪「やみつきチキンソテー」「鶏の唐揚げ」 鶏もも肉の下味冷凍法と活用レシピ二選!|OMUMOG

作り置きより簡単!? 肉の「下味冷凍」レシピ。そのままゆでる・焼く・煮るだけでOK

鶏肉 冷凍 下味

食品を長持ちさせるために冷凍は欠かせませんが、肉や魚は解凍後の臭みが気になるところ。 そこで料理家が実践しているのが、生の肉や魚などの素材に調味料で下味をつけ、保存袋に入れて冷凍する「下味冷凍」テクニックです。 「冷凍」と「冷凍食品」に関する食のライフハックメディア「ほほえみごはん(ニチレイフーズ提供)」から、と野菜の保存テクニックに続き、料理の時短になり味も染みこんでおいしくなる、肉と魚の下味冷凍について3つご紹介します。 その1. 活用度ナンバー1、豚肉の下味冷凍 料理研究家・栄養士の阪下千恵さんがリピートするのは、豚薄切り肉と鶏もも肉の下味冷凍です。 お弁当や晩ごはんの主役になる肉の下味冷凍は、仕込んでおくと頼りになる一品。 価格が安いときに多めに購入して作っておけば、買い出しの頻度を減らすことにもつながります。 混ぜ合わせたAを、(1)の肉全体にかけるようにして少量ずつ流し入れる。 (2)の空気を抜いて肉を平らにし、密封する。 平らな状態のまま冷凍する。 【保存のポイントと賞味期限】・Lサイズの冷凍用密封保存袋に、肉を重ならないように入れる。 ・1回分は肉160〜200g。 ・冷凍庫で2週間保存可能。 リーズナブルで使いやすい豚薄切り肉。 醤油ベースの甘辛味にしておけば応用自在! 下記は肉を凍ったまま加熱して、生野菜と和えるだけのスピードレシピです。 食べ方例……「豚のしょうが焼き」香味野菜和え <材料2人分>下味冷凍肉(豚薄切り肉のしょうが焼き味)…1袋分(160〜200g)サラダ油…小さじ1豆苗…1パックみょうが…2個青じそ…10枚A ごま油…大さじ1A 酢…大さじ1/2A 塩…少々 <作り方> 豆苗は根を切り落として5cmの長さに切り、みょうがと青じそは千切りにして、混ぜ合わせたAで和える。 フライパンにサラダ油、凍ったままの豚肉を入れてから中火にかける。 最初は肉に触らず、表面の色が変わってきたら裏返し、菜箸でほぐしながら肉全体に火を通す。 火を止め、肉が大きければフライパンの中で調理用ばさみを使って食べやすく切り、(1)を加えて余熱でさっと和える。 その2. 鶏肉の買い置きは「香味野菜漬け」に 阪下さんいわく、大きめの鶏肉も下味冷凍におすすめの食材。 酒と香味野菜で風味をつけておくと、野菜の香りが染みこみ肉もしっとりジューシーに仕上がるそう。 肉の下味冷凍……鶏肉の香味野菜漬け <材料3〜4人分>鶏もも肉…2枚長ねぎ(青い部分)…1本分しょうが…1片分A 酒…1/4カップA 塩 …小さじ1/4A Lサイズの冷凍用密封保存袋…1枚 <作り方> 鶏もも肉は余分な脂と皮を除き、半分に切る。 厚みのある部分に包丁を入れて開き、均一な厚さにする。 長ねぎは5cmの長さのぶつ切りにする。 しょうがは千切りにする。 冷凍用密封保存袋に(1)、(2)の順番に入れ、混ぜ合わせたAを全体にかかるように少量ずつ流し入れる。 (3)の空気を抜いて、密封する。 平らな状態のまま冷凍する。 【保存のポイントと賞味期限】・Lサイズの冷凍用密封保存袋に、香味野菜と肉が重ならないように入れる。 ・1回分は鶏もも肉2枚。 ・冷凍庫で2週間保存可能。 長ねぎとしょうがの香りが食欲をそそる鶏肉の下味冷凍。 袋の中身をお米と一緒に炊けば、エスニックなチキンライスが簡単にできます。 肉と野菜の旨みが染みこんだごはんと、蒸気でふっくら蒸し上がった鶏肉が絶品のレシピです。 下味冷凍肉は袋ごと流水に30秒〜1分当てて、表面を少し解凍する。 (1)にナンプラーを入れて混ぜ、(2)の鶏肉の皮目を下にして米の上に並べる。 しょうが、長ねぎもできるだけ重ならないよう並べて、普通に炊飯する。 炊きあがったらすぐに鶏肉、長ねぎ、しょうがを取り出し、ごはんを混ぜる。 鶏肉は食べやすい大きさに切る。 器にごはんと鶏肉を盛りつけ、2cm幅に切った香菜、くし形切りにしたトマトをつけ合わせ、混ぜ合わせたつけダレを添える。 その3. 臭みが取れる&味が染みこむ「魚」の下味冷凍 臭みが出たり、身がパサパサしてしまったりと、肉よりも難しいイメージがある魚の冷凍。 料理研究家でフードコーディネーターの吉田瑞子さんによると、切り身を調味料につけて下味冷凍すると、臭みが出ず身もしっとりとして、さらに調理もラクになるといいます。 おすすめは切り身の味噌漬け。 凍ったまま水を加えて煮れば味噌煮に、解凍してから焼けば味噌焼きになります。 さばが定番ですが、たらやたいなどの白身魚にも合う味付けです。 魚の下味冷凍……切り身の味噌漬け <材料2人分>魚(切り身)…2切れ(さばの場合は小4切れ)A 味噌…大さじ2A 砂糖…大さじ1と1/2A みりん…大さじ1と1/2A しょうが(うす切り)…4切れ <作り方>切り身の表面の水分をペーパータオルで拭く。 冷凍用保存袋の中でAを合わせ、切り身を入れてよく絡める。 煮込みに使うため、砂糖はこの段階で入れてOK。 空気を抜くように袋の口を閉じ、金属製のバットにのせて冷凍する。 【賞味期限】冷凍庫で1か月程度保存可能。 食べ方例……さばの味噌煮 <材料>下味冷凍したさば…小4切れ水と酒…各1/2カップ長ねぎ…1/2本 <作り方> 魚の切り身を凍ったままフライパンに入れる。 保存袋に残った調味料やしょうがも入れる。 水と酒(各1/2カップ)を加え、落としぶたをして強火にかける。 落としぶたがない場合はアルミホイルを円形にして穴を開け、代用する。 沸騰したら強火のままで、ぶつ切りにした長ねぎ(1/2本)を加える。 落としぶたを外して、おたまで煮汁を魚にかけてから、再び落としぶたをする。 煮汁をかけるのは味をしっかり染み込ませるため。 強火のまま5分煮て、火を通しながら煮汁が1cm程度(お皿に盛ったとき、切り身すべてにかけられる程度)になるまで水分を飛ばす。 途中で煮詰まりすぎてしまったら、水を足して調節する。 魚の切り身を冷凍用保存袋から出しにくいときは、電子レンジの解凍モードで少し解凍するとよいと吉田さん。 鮮魚は悪くなりやすいので買うタイミングに悩みがちですが、下味冷凍のレシピをおぼえておけば、食卓に上る機会も増えそうです。 吉田瑞子(よしだみずこ)さん 料理研究家&フードコーディネーター。 おもちゃメーカーから料理研究家に転身し、オリジナリティ溢れる美味しいレシピを開発。 「冷凍保存の教科書ビギナーズ」「1日がんばって1カ月ラクする 手作り冷凍食品の365日」など著書多数。 [ほほえみごはん] あわせて読みたい 冷凍庫で日持ちする野菜はこれ! 冷凍保存の簡単テクニックも 冷凍王子に聞く、冷凍庫を活用した時短調理レシピ&テクニック 冷蔵庫のスペースを節約。 食材を3秒で真空パック化できるキッチングッズ【今日のライフハックツール】 Image : Shutterstock. com マイロハスより転載(2020. 10) 外部サイト.

次の

一度の仕込みで二度おいしい♪「やみつきチキンソテー」「鶏の唐揚げ」 鶏もも肉の下味冷凍法と活用レシピ二選!|OMUMOG

鶏肉 冷凍 下味

鶏肉の常温保存は? 鶏肉は常温保存できません。 菌の増殖は、10度から次第に活発化し、 特に35度くらいが最も増えやすいので、 常温化で保存すると、例え火を通した後や 濃い味付けをした後であっても お勧めできません。 特に傷みやすい鶏肉は、 サルモネラ菌やカンピロバクターなどによる 食中毒が怖いです。 通常腐ると腐った臭いや味の変化などで 見分けがつくのですが、食中毒菌の場合、においの変化も なければ、見た目ではわからないことも多くあります。 下味をつける時間くらいは問題ないかと思いますが、 数時間~半日常温で放置するというのは、 避けた方が良いでしょう。 特に夏場は鶏肉を購入したら 寄り道をせずに帰って、冷蔵もしくは冷凍した方が無難です。 もし帰るのに時間がかかるようでしたら、 ドライアイスを入れて冷やしながら持って帰られると 良いかと思います。 鶏肉の冷蔵保存は? 鶏肉をパックから取り出して、 表面をキッチンペーパーなどで包んで、水気を取ります。 次に、空気に触れないようにするため、ラップできっちりと 包んで、さらにジップ付袋に入れて、空気を抜いて冷蔵庫で 保存します。 チルド室やパーシャル室がある場合は、 そちらで保存すると良いでしょう。 なお、表面の水気を取る前に少量のお酒を ふることで保存性が高まります。 冷蔵保存の賞味期限は、 2日以内• 鶏ひき肉の場合は、 当日• 下味をつけた場合は、 2~3日程度 基本的には表示されている消費期限を目安にしてください。 鶏肉の冷凍保存は? 鶏肉の冷凍保存は、まずパックから取り出して キッチンペーパーなどで水気をとります。 次に、1回に使用する分量に分けて、 一つ一つラップにきっちりと包んでいきます。 それをフリーザーバッグに入れて、できるだけ 平らになるようにし空気を抜いて、冷凍庫に入れます。 できれば、フリーザーバッグに入れる前に、 金属製のトレイの上に乗せて凍らせてから フリーザーバッグに入れて冷凍保存した方が鮮度は保たれます。 また、冷蔵保存同様下味をつけたり、酒蒸しにするなど 下処理をして冷凍した方が使い勝手がよくなります。 鶏ミンチの場合は、ラップに平たくなるように包んで 金属トレイの上で凍らせます。 凍ったらフリーザーバッグに入れて空気を抜いて冷凍保存します。 解凍法について 解凍は、使用する半日くらい前に 冷蔵庫に移して自然解凍します。 低温化でゆるやかに解凍することによって、 肉のうまみがドリップとともに流れることを抑えられます。 急いでいる場合は、 常温に出して解凍でも構いませんが、 できるなら流水につけて解凍した方が良いでしょう。 鶏肉は、牛や豚と比べて水分が多いため傷みやすい• 塊よりもひき肉(ミンチ)の方が空気に触れる面が多くなるため傷みやすい• 常温保存は基本的には避けた方が良い• 冷蔵保存の場合水気を取ってから空気に触れないようラップで包む• 冷凍保存は、小分けにしてできるだけ平らにして冷凍するのがポイント 下味をつけておくと、調理の時に便利• 解凍は、低温化でゆっくりと解凍するとドリップが出にくい• 腐ると、やばいかな?と気づく(危ないと思ったら無理しないでください) 鶏肉は水分が多く傷みやすいため、消費期限内であっても 腐る時は腐ります。 ですので、目で見て鼻で見て 確かめるようにすることと、 調理の際はしっかりと中まで火を通すようにしてください。

次の

鶏肉の冷凍保存方法と保存期間、レシピ5選!【写真付きで解説!】

鶏肉 冷凍 下味

1つ目の豚肉の下味冷凍レシピは、さっぱりとした味わいが癖になる、お弁当にもおすすめな梅味噌漬けです。 ご飯との相性もぴったりなので、いくらでも食べられてしまいますよ。 梅味噌漬けの材料(2人ぶん)• 豚肉(こまがおすすめ)200g• ネギのみじんぎり適量• 梅干し1つ• 料理酒大1• みりん大1 梅味噌漬けのレシピ• 梅干の種を取り、箸でつぶしてペースト状にしてジップ付きの袋に入れます。 豚肉を加えてもみ、袋の空気を抜いて冷凍保存すればOKです。 食べる時は冷蔵庫で解凍してフライパンで炒めます。 下味冷凍は、炒め物だけではなく煮物も下ごしらえが簡単にできます。 時間が無いけど本格的な味噌煮が食べたい方におすすめのレシピです。 サバの味噌煮の材料(4人ぶん)• 半身のサバ4枚• 味噌30g• チューブの生姜4cm• 酒30cc• 砂糖大1• 醤油大半分 サバの味噌煮のレシピ• サバを水で洗って水気をキッチンペーパーで取っておきます。 よく混ぜた調味料とサバをジップ付きの袋に入れて軽くもみます。 空気を抜いて冷凍保存します。 食べる時は、だし汁50ccで5分間冷凍のまま鍋で煮込めばOKです。 こちらのレシピはカレー風の味付けなので、サバが苦手な方やお子様におすすめですよ。 カレー粉で青魚の臭みが無くなるので、とても食べやすいんです。 サバのチーズカレー焼きの材料(4人ぶん)• 塩サバ4切れ• 塩こしょう適量• 粉チーズ大2• カレー粉大1• すりおろしたしょうが小1• すりおろしたにんにく小1 サバのチーズカレー焼きのレシピ• 塩サバの水分をキッチンペーパーで拭き取ります。 ジップ付きの袋に混ぜた調味料と塩サバを入れてもみます。 空気をよく抜いて冷凍保存します。 食べる時は解凍して焼きます。 こちらのレシピは、魚を洋風で食べたい時に便利ですよ。 簡単なのに見栄えがいいので、パーティーで大き目の耐熱皿に入れて焼いてそのまま出してもいいでしょう。 タラのパン粉焼きの材料• タラ200g• 中華だしのもと小2• 酒小2• ごま油小2• パン粉大6• マヨネーズ大2• 黒こしょう適量• オリーブオイル小2 タラのパン粉焼きのレシピ• タラの皮と骨があれば取り除いて、食べやすい大きさにカットします。 ジップ付きの袋にタラと全ての調味料を入れてもみ、冷凍保存します。 食べる時はまず冷蔵庫で解凍します。 耐熱皿にオリーブオイルをひき、解凍したタラを並べていきます。 タラにパン粉をかけ、上からマヨネーズをかけます。 上から適量のオリーブオイルを回しかけ、ブラックペッパーをかけます。 レンジに入れて600Wで3分加熱します。 トースターに入れて焼き目がつくまで焼けば完成です。 豚ミンチ400g• にんにく・しょうが各1かけずつ• しょうゆ大1• オイスターソース大2• 味噌大2杯半• 豆板醤大1• 豆腐1丁• 長ネギ2分の1• 酒大1• 水溶き片栗粉適量• 鶏がらスープのもと(水150cc、鶏がらスープ小1) 麻婆豆腐のレシピ• ジップ付きの袋に、豚ミンチとしょうゆ大1、オイスターソース大2、味噌大2杯半、豆板醤大1と、にんにくとしょうがを入れてもみます。 空気を抜いて、半分に袋を折って2等分にして冷凍保存します。 調理する時は袋の半分をフライパンに入れ、酒大1をふって蓋をして2分蒸します。 蓋を取り、中火にして炒めて長ネギ2分の1と鶏ガラスープ150ccを入れます。 煮立ったら豆腐1丁を入れて混ぜ、中火で3分間煮ます。 弱火にして水溶き片栗粉を入れてとろみがつけば完成です。 肉と材料を漬け込むので、中までしっかりと味が浸透しますし、肉も柔らかくなります。 簡単にボリューム満点なレシピを食べたい時に最適ですよ。 牛丼の材料(4人ぶん)• 牛のこま切れ500g• 玉ねぎ半分• 酒大4• 砂糖大3• しょうゆ大4• みりん大2• 好みで七味と紅しょうが適量 牛丼のレシピ• 玉ねぎを串切りにしておきます。 ジップ付きの袋に全ての調味量と肉を入れて、軽くもんで吸い込ませます。 続けて玉ねぎを入れて、空気を抜いて冷凍保存します。 食べる時は、半日前に冷蔵庫移して解凍させます。 フライパンに袋の中身を入れて火をつけます。 煮立ったらアクを取って、蓋をして1分蒸し煮にします。 煮汁が半分になるまで煮て、ご飯にかけていただきます。 好みで七味や紅生姜を乗せましょう。 合いミンチ250g• 玉ねぎ半分• ピーマン2個• 赤・黄のパプリカ各半分ずつ• ケチャップ大3• カレー粉大1• 中濃ソース大1• 塩・コショウ適量 キーマカレーのレシピ• 全ての野菜を粗みじんにカットします。 ジップ付きの袋に合いミンチ、野菜、調味料を入れてもみます。 空気を抜いて冷凍保存します。 食べる時は、フライパンにそのまま袋の中身を出し、蓋をして中火で蒸します。 蓋を外したら5分中火で炒め、ご飯とともに盛り付ければ完成です。 こちらの冷凍作り置きレシピの本は、栄養士の手によって出されたもので、美味しいだけではなく栄養面もきちんと考えられていると人気です。 わかりやすい内容になっているので、初心者にもおすすめですよ! 下味冷凍でいつでもできたての味を楽しもう! 今回は、楽して美味しい料理が手早く味わえる下味冷凍のレシピを紹介してまいりました。 作ってみたい作り置き冷凍保存レシピはありましたか?お買い得の時を狙ってまとめて冷凍保存をしておけば、疲れて帰宅した時でも料理が苦になりませんね!人気の下味冷凍をマスターして、楽しい食生活を送りましょう!•

次の