冷凍 ほうれん草 レシピ。 ほうれん草レシピ!つくれぽ1000越だけ【24選】殿堂入り人気1位は?簡単!おすすめ!

ほうれん草の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介

冷凍 ほうれん草 レシピ

1 流水に当てながら根元の土を落とし、全体を洗う 流水を当てながら根元を広げるようにして指で土を落とす。 さらにほうれん草を逆さに持ち、根元から流水に当てて全体を洗う。 POINT 洗う前に根元を3分ほど水につけておくと土に水が馴染んで落ちやすくなる。 2 水けを拭き取り、3~4cmの長さに切る ペーパータオルでしっかりと水けを拭き取り、食べやすい大きさ(3~4cm程度)に切る。 根元は特に栄養価が高くほうれん草の風味も濃いので、捨てずに分けて保存して味噌汁などに使うのがおすすめ。 3 小分けにして冷凍用保存袋に入れ冷凍庫へ 葉は1食分(2茎分ほど)ごとに冷凍用保存袋に入れ、空気を抜くように袋の口を閉じて金属製のバットにのせて急速冷凍する。 茎や根元はラップに包んで分けて冷凍する。 約1ヵ月保存可能。 POINT ほうれん草の葉は凍るとボロボロと砕けやすくなるので、1袋には一度に使う分だけ入れるとよい。 【解凍方法・使い方】 炒めものやスープなら凍ったまま加熱調理、サラダやおひたしなら冷蔵庫で約1時間解凍してそのまま使う。 急ぎ解凍したいときは凍ったまま熱湯を直接かけると時短に。 えぐみが気になる場合は、凍ったまま熱湯で1分程度ゆでてから使用する。 また、凍っている状態にめんつゆを少量かければ、約15分で美味しいおひたしに! 解凍されながらめんつゆが染み込みます。 【ゆでてから冷凍】下ゆでのひと手間で解凍後も甘みたっぷり やわらかく甘いほうれん草がお好みなら、一度下ゆでしてから冷凍するのがおすすめです。 緑色が鮮やかに残るので和え物やスープなどに向いています。 1 流水に当てながら、根元の土を落とし全体を洗う ほうれん草の洗い方の詳しい手順は。 2 かために下ゆでして、氷水にとって色止めする 約1Lの熱湯に塩小さじ1を溶かす。 ほうれん草を根元から入れて茎だけを30秒ゆでたあと、全体を沈めてさらに20秒ゆでる。 ゆであがったら氷水にとって色止めする。 3 水けを絞り、3~4cmの長さに切る 根元を揃えてしっかりと水けを絞り、食べやすい大きさ(3~4cm程度)に切る。 4 小分けにラップで包み、冷凍用保存袋に入れ冷凍庫へ 1食分ずつラップに包んで冷凍用保存袋に入れ、できるだけ空気を抜きながら袋の口を閉じる。 金属製のバットにのせて急速冷凍する。 冷凍庫で約1ヵ月保存可能。 【解凍方法・使い方】 炒めものやスープなどは凍ったまま加熱調理、おひたしや和え物などは冷蔵庫で3時間〜半日ほど解凍して味付けする。 下ゆでした冷凍ほうれん草はえぐみがほとんどなく、甘みが引き立つ。

次の

特集!冷凍ほうれん草お弁当レシピ

冷凍 ほうれん草 レシピ

「いんげん」「ブロッコリー」に続いて12種類の超簡単レシピ第3弾です。 ほうれんそうって、考え出したらまだまだレパートリー増えそうです。 このレシピ一覧を使って、今日も手抜き弁当です。 当ページのホウレンソウ料理一覧(まとめ) 1. おひたし(かつお節) 2. コーン炒め 3. ごまいわし佃煮添え 4. ちりめん添え 5. 胡麻和え 6. チーズ焼き 7. ヤングコーン炒め 8. きんぴらごぼう添え 9. ベーコン炒め 10. 切り干し大根添え 11. 鶏肉ミンチ炒め 12. 油揚げ炒め 材料:冷凍ほうれん草他 例によって、スーパーで簡単に手に入るもので経済的な食材を使っての料理です。 レシピ1 …おひたし(かつお節添え) 使う材料はかつお節だけです。 さっと茹でたほうれん草を冷水で冷やし、固く水気を切って、かつお節としょう油をかけるだけのシンプルさです。 簡単でおいしいのが一番です。 ワンポイント … 醤油がおいしいと、かなりおいしくなります。 レシピ2 …コーン炒め 冷凍ほうれん草に冷凍コーンを使います。 バターは高いので使っていません。 マーガリンも安全性に不安があるので使っていません。 これもお弁当おかずとしては殿堂入りですね。 岩塩がコーンの甘みを引き立てます。 ワンポイント… やっぱり、岩塩を使うとおいしきなりますね。 ちなみに、ゆで時間は10秒くらいでしょうか。 すぐに冷水につけるのがポイントかと。 レシピ3 …ごまいわし佃煮添え いんげんレシピで大活躍した、ごまいわし佃煮が再び登場です。 ほうれん草とのコラボにも期待がかかります。 しっとりしたほうれん草と、ちょっと硬い佃煮の触感に大きな開きがあるためかもしれません。 ワンポイント… 添えるだけなので、特にありません。 レシピ4 …ちりめん添え ちりめんじゃこを使います。 お弁当おかずとしても合格です。 健康にも良さそうですしね。 ワンポイント… ほうれん草の水気を通常よりも切っておかないと、べったりした感じで水っぽくなります。 また、ちりめんの味は意外と淡泊なので、ほうれん草に塩で下味をつけておいた方がおいしいです。 レシピ5 …胡麻和え 胡麻をするのは後片付けも含めて手間がかかるので、包丁で適度にゴマを切ります。 これだけでも香ばしい香りが漂います。 これもお弁当おかずとしては殿堂入りですね。 ゴマもおいしいです。 ワンポイント… ほうれん草の水気を通常よりも切っておかないと、べったりした感じで水っぽくなります。 砂糖や醤油の割合はお好みでいいと思います。 子どもは甘めの方が喜ぶかもしれません。 レシピ6 …チーズ焼き 茹でて水気を切ったほうれん草をボールへ入れ、岩塩で下味をつけます。 意外と簡単なのもいいですね。 ワンポイント… ほうれん草に塩で下味をつけておかないとおいしくできません。 また、オーブンから取り出す時は、小皿だと思って油断してはいけません。 相当熱くなっているので、私はこれでやけどをしてしまいました。 ミトンなどを使って取り出すようにしましょう。 レシピ7 …ヤングコーン炒め ヤングコーンは生のものを使うと調理に時間がかかるので、「サラダクラブ」のヤングコーン(あらかじめ煮てあるものです)を使います。 ほうれん草との相性もまずまずです。 ワンポイント… 塩だけではなく、荒めのペパーミックスを使う方がおいしいです。 中華の素などで味付けしてもおいしそうです。 レシピ8 …きんぴらごぼう添え お惣菜のきんぴらごぼうを混ぜるだけという、超手抜きレシピです。 時間がない時などには役立ちます。 ワンポイント… 特にありません。 レシピ9 …ベーコン炒め 厚切りベーコンをサイコロ状にし、炒めます。 好みで塩少々。 間違いなく、殿堂入りのお弁当レシピです。 ワンポイント… 食感としては厚切りベーコンを使う方がおいしいですが、時短のためには薄切りベーコンの方が役立ちます。 ベーコンは結構味がついているので、調味料を特に使わなくてもおいしく仕上がります。 レシピ10 …切り干し大根添え なんとなく相性が良さそうだったので、切り干し大根を使ってみることにしました。 ただ、大根をもどすのに意外と時間がかかるため、時間に余裕がないとお弁当おかずとしては難ありです。 ワンポイント… お酢を入れすぎると子どもが嫌がると思うので、ほんの僅かな量で。 レシピ11 …鶏肉ミンチ炒め 鶏肉のミンチを炒め、塩少々と、醤油と砂糖で味付けします。 ほうれん草との相性もなかなかで、おいしいです。 ワンポイント… 特にありませんが、味見しながらの方がうまくいくかもしれません。 みりんを入れてもいいかも。 レシピ12 …油揚げ炒め スーパーで売っている刻み揚げを使いました。 水をほんの少し入れ、おあげを入れます。 ワンポイント… 特にありませんが、味見しながらの方がうまくいくかもしれません。 みりんを入れてもいいかも。

次の

業務スーパー冷凍野菜。冷凍カットほうれん草で5分以内に作れる簡単レシピ。

冷凍 ほうれん草 レシピ

冷凍は栄養を逃がさない ほうれん草を冷凍すると、冷凍時の栄養をそのまま閉じ込めることができます。 しかし、これらの栄養素は収穫後日を追うごとに失われていってしまいます。 ほうれん草に含まれるビタミンCは冷蔵庫で9日間保存すると70%減少したが、茹でたほうれん草を冷凍庫で保存した場合、 数ヶ月後にも大きな変化はみられなかったという実験結果もあります。 「旬」の状態をより長く 旬の時期に冷凍保存することで美味しく、そして栄養豊かなほうれん草を長期にわたっていただくことができます。 ほうれん草の旬は冬ですので、冬のほうれん草にはほかの時期よりさらに多くのビタミンが含まれており、甘みも強くなります。 この状態を保存しましょう。 「生」のほうれん草にこだわって無理やり冷蔵庫で保存するより、新鮮なうちに冷凍保存することをおすすめします。 料理の手間をはぶくことができ、健康にも良い ほうれん草を冷凍保存しておくと、下準備にかかる時間と 手間を省くことができることも一つのメリットです。 さらに、冷凍したほうれん草は調味料の味がなじみやすいため、健康のために塩分を控えても薄く感じない、といった効果もあります。 ほうれん草を生のまま冷凍する方法 1. ほうれん草をきれいに洗いよく水けをきります。 そのままフリーザーバックに入れます。 冷凍庫の温度をなるべく下げてフリーザーバッグを入れ凍らせます。 この方法だとフリーザーバッグが冷凍庫の中でかさ張ってしまい、解凍時にはせっかくの栄養素が失われてしまいます。 冷凍時に細胞壁が壊れ、解凍時に細胞の中の水分が栄養素とともに流れ出てしまうからです。 また解凍してから茹でると、さらに栄養素が流れ出てしまいます。 生のまま冷凍したほうれん草は、そのままスムージーや野菜ジュースにしていただくのがベストです。 茹でてから冷凍する方法 1. ほうれん草を洗います。 根のほうの汚れもしっかり落としましょう。 冷凍ほうれん草の解凍方法 流水解凍は栄養素が流れ出てしまうので避けましょう。 スープに入れる場合は凍ったままスープに入れます。 柔らかくなりやすいので、スープがほぼ完成した段階で加えます。 炒めるときには、手でほぐせるぐらいまで電子レンジで解凍し、ほぐしながらフライパンに加えます。 和え物などそのままいただくときには電子レンジで半解凍します。 調味料と合わせているうちに完全に解凍できます。 冷凍ほうれん草の保存期間 一般的には 1ヶ月ほどの保存が望ましいと言われています。 冷凍庫の開け閉めに気をつけたり、ほうれん草を冷凍庫の奥の方に置くなどして温度変化の影響が少ない状態で保存できれば、2,3ヶ月の保存が可能です。 ほうれん草は総合栄養野菜と評されるように、 非常に栄養価が高い緑黄野菜です。 亜硝酸塩が使用されている以下の食品は、食べ合わせが良くないので避けましょう。 ・ハム、ベーコン、ソーセージ ・イクラ、スジコ、タラコ等 シュウ酸はほうれん草独特の えぐみです。 つまり アクの事です。 カルシウムの吸収を妨げたり、カルシウムと結合して結石を引き起こすことがあります。 だからアク抜きするんです。 ただし、普段の食事では問題ありません。 茹でることで含有量を半分ほどに減らすことができますので、 生で食べずに茹でて、流水でさっと洗ってから食べましょう!.

次の