ワイヤレス イヤホン おすすめ メーカー。 【2020年最新】ワイヤレスイヤホンのおすすめランキングTOP13

音質重視で徹底比較!完全ワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング【2020最新】|Besme [ベスミー]

ワイヤレス イヤホン おすすめ メーカー

イヤホンを選ぶときに覚えておきたい4つのポイント! ひとくちにイヤホンと言っても、 形状や ドライバーユニット、 再生周波数帯域などによって、さまざまな違いがあります。 イヤホンを選ぶときにチェックするべき4つのポイントを以下でまとめました。 ポイント 解説 イヤホンの形状 カナル型と インナーイヤー型の2種類があります。 遮音性が高く、音漏れが少ないカナル型が人気です。 ドライバーユニット イヤホンの音作りにおいて核となる機構で、 ダイナミック型と バランスドアーマチュア型(BA型)に分かれます。 再生周波数帯域 「低音と高音がどこまで出るか」をHz(kHz)で数値化したものです。 この幅が広ければ広いほど、音に深みが出ると言われています。 音の傾向 音の特徴を表す言葉として、 「ドンシャリ」、「かまぼこ」、「フラット」の3種類があります。 低音が効いたドンシャリサウンドと、クリアで原音に近い音が楽しめるフラットが人気です。 イヤホンを選ぶときは、これらの項目を基本にして比較していきましょう。 各項目についての詳細は、以下の記事を参考にしてください。 Bluetoothイヤホンを選ぶならこの4つもチェック! Bluetoothで接続するタイプのイヤホンも、最近ではポピュラーになってきています。 とはいえ、 対応コーデックや Class、 Bluetoothのバージョンなどについて、まだまだ見慣れない、聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。 専門用語が多くなってしまいましたが、ひとつずつ見ていけば難しいことはありません。 Bluetooth接続のイヤホンを選ぶ場合は、上述した4つのポイントとあわせて、以下の4項目もチェックしましょう。 ポイント 解説 イヤホンのタイプ 長時間の装着に適した 「左右一体タイプ」、運動時に最適な 「ネックバンドタイプ」、ケーブル不要の 「完全独立型」の3種類に分かれます。 Bluetoothのバージョン Bluetoothは ver1. 1以降、現在では ver5. 0までバージョンアップされています。 互換性はありますが、 低いバージョンに合わせて接続されるため注意が必要です。 コーデック 基本的には 「SBCコーデック」が搭載されています。 AACや aptXなどの、より高音質なコーデックに対応しているイヤホンもあります。 Class Classとは、Bluetoothの通信有効距離のことで、1~3の等級に分かれます。 スマホ、イヤホンともに、 現在はClass2(10m程度)がポピュラーです。 Bluetoothイヤホンを選ぶときは、以上の項目をベースにして比較していきましょう。 各項目についてもっとくわしく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 共通項目として、追加機能にも注目しよう! 有線イヤホン、Bluetoothイヤホンに共通する項目として、 とくに注目したいのが追加機能です。 ネットショップや店頭を見てみれば、 ノイズキャンセリング、防水・防滴、ハンズフリー通話など、さまざまな機能を備えたイヤホンが並んでいます。 つい目移りしてしまいそうになりますが、 イヤホンを購入する際には、自分に合った機能を選ぶことが重要です。 たとえば、運動をしながら音楽を聴く方であれば防水・防滴機能がピッタリです。 カフェやコワーキングスペースなどで仕事をする方ならば、ノイズキャンセリング機能が活躍することでしょう。 また、追加機能がなくとも、そのぶん音質にコストを割いているイヤホンも多くあります。 イヤホンに求められるもっとも重要なポイントは「音のよさ」ですから、 機能の多さに釣られずに、自身のライフスタイルに合った機能をチョイスしてください。 メーカーを選ぶときに注意したいこと!ブランド名だけで決めない! イヤホンを選ぶときは、 メーカー名やブランドに釣られて購入するのは避けるべきです。 なぜかというと、各メーカーには得意としている音の傾向や特徴などがあり、曖昧なイメージで購入すると「想像していた音と違う」となってしまう可能性が高いからです。 たとえば BOSEは、独特と言っても過言ではない低音とドンシャリ感が特徴です。 いっぽう JBLであれば、パワーがありつつも、原音に比較的忠実なフラットサウンドが特徴です。 このように、 メーカーによって得意とする音や特徴は違います。 イヤホンを購入するときには、イヤホンの選び方で説明した項目に、メーカーごとの特徴を加味して選ぶようにすると失敗がありません。 あなたにおすすめのメーカーはこれ!おすすめランキングTOP10! それでは、おすすめのイヤホンメーカー10選をランキング形式で紹介していきます。 メーカーごとの 音の傾向や 価格帯、 デザイン性に関しても評価しているので、ぜひ参考にしてみてください。 また、メーカーのイチ押し商品もそれぞれ紹介しているので、あなたにピッタリなイヤホンを見つけましょう! プライム会員なら『Amazon Music Unlimited』が断然おトク [PR] タイプ 左右一体型 ドライバーユニット - Bluetooth規格 ver. 0 コーデック AAC Class Class1(通信距離:100m) 連続再生時間 約12時間(充電:5分充電で1時間再生可能) 音の傾向 ドンシャリ 追加機能 耐汗・防沫仕様 急速充電 マイク付きリモコン搭載 Siri起動 ノイズアイソレーション Micro-USBケーブル充電 ダイナミックなBeatsサウンド iPhoneとシームレスに連携し、機能もApple製品向けに特化したイヤホンです。 多機能なことはもちろんですが、音質も申し分なく、ワイヤレスながらクリアでドンシャリよりのサウンドが楽しめます。 また、イヤーフックの装着感がよく、耐汗・防沫機能も備えていますので、ワークアウト時の使用にピッタリです。 日常的にジム通いやジョギングなどの運動をするiPhoneユーザーにはとくにおすすめのBluetoothイヤホンです。 形状 カナル型 ドライバーユニット ダイナミック型 再生周波数帯域 21Hz〜17kHz 音の傾向 ドンシャリ 追加機能 着脱式ケーブル 騒音カットイヤーパッド 音楽を楽しく聴くことに注力したスペシャルモデル ダイナミック型MicroDriverを搭載し、 力強い低音域を感じるドンシャリサウンドを実現したイヤホンです。 高音域もしっかりと出ますがうるさくなく、聴き疲れしないのも嬉しいポイントで、とくにロックやポップスによく合います。 メーカー紹介では「音質の傾向:ドンシャリ」と評価しましたが、低音から高音までバランスよく出力されますので、 フラットとドンシャリを合わせたような、ハイブリッドな音質が体感できます。 騒音をカットするイヤーパッドを採用しているため、より音楽を聴き込めるとともに、周囲の騒音も気にならない設計になっています。 ドンシャリ系が好きだけれども、程よい高音域も楽しめるイヤホンを探している方におすすめです。 タイプ インナーイヤー型 ドライバーユニット ダイナミック型 Bluetooth規格 ver. 0 コーデック SBC Class Class2(通信距離:10m) 連続再生時間 約6時間(充電:約2時間) 音の傾向 フラット 追加機能 マイク付きリモコン搭載 JBLのサウンドを手軽に楽しめるエントリーモデル 手ごろな価格のエントリーモデルながらも、 本格的なJBLサウンドを楽しめるイヤホンです。 また、音量レベルの調整、通話、再生・停止などの曲操作は、すべて搭載されたリモコンでおこなえます。 そのため、デバイスをカバンから出す必要もありません。 この価格帯にしては、非常に高機能なイヤホンです。 耐久性に優れ、 絡まりにくいフラットケーブルを採用しているので、運動をしながら音楽を聴く方におすすめです。 形状 カナル型 ドライバーユニット ダイナミック型 再生周波数帯域 17Hz〜20kHz 音の傾向 フラット 追加機能 マイク付きリモコン搭載 カナルタイプイヤフォンCXシリーズのエントリーモデル SENNHEISERのエントリーモデルながらも、 イコライザーが不要なほどクリアなサウンドを楽しめるイヤホンです。 安価なイヤホンを使用している人が乗り換えると、驚くべき違いを感じることでしょう。 ソリッドなボディデザインも美しく、 低価格帯にありがちな色味や素材のチープさを感じさせません。 音をとってもデザインをとっても、非常にバランスが取れた良品です。 いい音のイヤホンを探しているけれど、そこまでお金はかけられないといった方に、ぜひ試していただきたいモデルです。 形状 カナル型 ドライバーユニット ダイナミック型 再生周波数帯域 5Hz~28kHz 音の傾向 フラット 追加機能 - 強磁力設計と技術の結晶が織り成す先進の重低音再生。 「デュアルマグネティックフィールド・ドライバー」という機構を採用し、 audio-technicaらしいフラットな音色とともに、パワフルで粘り強い低音を合わせもったイヤホンです。 特筆すべき追加機能はないものの、音を生み出すドライバー部分にさまざまな工夫が施されており、とにかく音にこだわったモデルといった印象を受けます。 機能を省いてシンプルにしたぶん、 サウンド面でのコストパフォーマンスはかなり優れていますので、低音域が効いたイヤホンが欲しい方にはイチオシです。 タイプ 左右一体型 ドライバーユニット - Bluetooth規格 - 対応コーデック - Class 最大9m 連続再生時間 約6時間(充電:2時間) 音の傾向 ドンシャリ 追加機能 防滴仕様 アプリ連携 マイク付きリモコン搭載 動きやすさを追求したデザイン BOSE製イヤホンのなかでも、 とくに動きやすさを追求した設計思想のもと制作されたイヤホンです。 専用の無料アプリと連携することで、タイマー設定や音量調節、バッテリー残量の確認など、さまざまな機能を連携させることが可能です。 音質はまさにBOSEサウンドといった雰囲気で、 期待を裏切らないドンシャリサウンドが楽しめます。 運動用に特化したモデルであり、タフに使えることから アウトドアが好きな方や、日常的にハードなトレーニングをする方におすすめです。 長時間装着しても疲れないなどの工夫がされていることから、普段使いにもおすすめです。 形状 カナル型 ドライバーユニット ダイナミック型 再生周波数帯域 20Hz~40kHz 音の傾向 フラット 追加機能 ハイレゾ対応 マイク付きリモコン搭載 ハイレゾ対応デュアル・ダイナミック型カナルイヤホン 「デュアル・ダイナミックドライバー」を採用し、高音質で迫力のあるサウンドを実現したイヤホンです。 中高音域用と低音域用のドライバーを各1基ずつ用意することにより、 イヤホンとしては破格の音質を表現することが可能となっています。 すべての音域がバランスよく出力されますので、どんな音楽にもマッチします。 そのため、 ライブラリにさまざまなジャンルが入っているような、音楽好きの方におすすめです。 タイプ 完全独立型 ドライバーユニット ダイナミック型 Bluetooth規格 ver. 雨や汗にも強いアクティブノイキャンワイヤレス SONYが販売する、完全独立型の高機能イヤホンです。 ノイズキャンセリング機能やハンズフリー通話機能など、便利な機能を揃えたうえで、さらなる高機能化を図ったモデルです。 特筆すべき機能としては、 イヤホンをしながらでも人の声や周囲の音を取り込めるアンビエントサウンドモードです。 周りの音が聞こえれば、野外でトレーニングをするときでも安全ですね。 アプリ連携もでき、イコライザーや音質モードの切替などもプリセットで搭載済みのため、自分好みの音を作ることも可能です。 平均価格帯より値が張ってしまいますが、まさにハイエンドな万能イヤホンですので、購入を検討するに値します。 新しい物が好きな方や、完全独立型のイヤホンを検討している方におすすめです。 人気急上昇中のVOD(ビデオ・オンデマンド)から、おすすめサービスを厳選。 映画やドラマ、バラエティ、アニメ好きは必見です! 最新映画からアニメ、海外ドラマ、韓流ドラマまで、 見放題作品数NO. 1!18,000本以上の成人向け動画が見放題で、密かに男性人気も高い。 毎月1,200円分のポイントが貰える ドラマ好きに大人気の高コスパVOD!最新作だけでなく、過去のフジテレビ放送ドラマも見られる。 「独占」見放題タイトルが豊富。 イヤホンは、まず形状やドライバーユニット、再生周波数帯域、音の傾向に注意して選びましょう。 そして、Bluetoothイヤホンを選ぶときには、上記に加えてバージョンやコーデック、Classを確認しましょう。 また付加機能は、 ライフタイルに合っているかといった観点から選ぶと失敗がありません。 メーカー名で購入するときも、 自分の好みに合った音の傾向であるブランドを選びましょう。 以上のポイントや、今回ご紹介したおすすめ商品なども参考に選んでいただけたなら、きっとあなたにピッタリのイヤホンが見つかるはずです。

次の

おすすめのイヤホンメーカー17社を徹底比較!それぞれの特徴は?

ワイヤレス イヤホン おすすめ メーカー

・バッテリー、連続再生時間を確認 ・装着感をチェック ・使い勝手の良さ ・音質を確認 しっかり合うBluetoothイヤホンを見つけるために、ぜひご確認ください。 バッテリー、連続再生時間を確認 現代人にとって、イヤホンは必須のアイテムかと思います。 あまりバッテリーの容量が少なかったり、連続再生時間が短いと、帰り道にイヤホン使おうと思ったら電源が切れてたということになりかねません。 いつも電源の近くにいる生活をしているのであればいいですが、充電できない時間がある、旅行などでもよく使うという方は、必ず確認しましょう。 装着感をチェック Bluetoothイヤホンには、 完全に独立していて、耳にはめる部分しかないものもあり、装着感が非常に大切です。 重量や、形を確認して、ぜひご自分に合うBluetoothイヤホンを見つけてください。 使い勝手の良さ Bluetoothイヤホンには、ボタンで曲送りができたり、マイクがついていたりなど、便利機能が色々あります。 使い方に合わせて、機能面もしっかりチェックしていきましょう。 使い勝手の面でチェックしたいポイント• ボタンで何ができるか• マイクが付いているか• Bluetoothの接続は途切れないか• 防水、防塵機能はついているか• ケースを含め、重かったり大きかったりしないか 音質を確認 音質もBluetoothイヤホンを選ぶ上で、非常に重要なポイントでしょう。 イヤホンには色々なスペックが書かれていますが、音質を判断する際に主にチェックするポイントは、以下の3つです。 ・再生周波数帯域 再生周波数帯域とは、どれくらい高い音と低い音が出るかということで、広いと音質が良い可能性が高いです。 音質を見る際にまずチェックしたいポイントでしょう。 ・インピーダンス インピーダンスが大きければ大きいほど、音が小さくなり音量を大きく設定しなくてはなりません。 ただ、その分ノイズが減り音質が良くなります。 ・スピーカー径 これはそのままスピーカーの大きさで、大きければ大きいほど、迫力のある音になります。 迫力がある音が好きな方は、できるだけ大きめを選んでいきましょう。 おすすめのBluetoothイヤホン13選• Premium Style ワイヤレス イヤホン PG-BTE4S01 参考価格 4,378円• 使いやすさにとことんこだわったとにかく使いやすいBluetoothイヤホン!• 『ワイヤレス イヤホン PG-BTE4S01』は、使いやすさにとことんこだわったコスパ抜群のBluetoothイヤホンです。 付けていることを忘れるような軽量設計になっていて、気にせず音楽を楽しむことができるでしょう。 また滑りにくい素材を使っていたり、ヘッドをマグネットでつけて収納できたりなど、細かい部分まで使いやすさにこだわっています。 音質もナチュラスな印象がある音で、音楽はもちろん、ラジオを聴いたり、通話をしたりなどの話している内容も聞き取りやすいです。 非常に便利で、価格もかなり抑えめなので、初めてのBluetoothイヤホンにもおすすめです。 タイプ 首掛け 連続再生時間 最大約6時間 重さ 20g 音域 20Hz ~ 20,000Hz マイク あり• LEPLUS ワイヤレスイヤフォン「極の音域」 3,218円 税込• 初心者でも使いやすい日本語ガイド機能付き• 初めてBluetoothイヤホンを使うという方には、LEPLUSの『極の音域』がおすすめです。 操作がシンプルでわかりやすく、日本語ガイド機能も搭載されています。 ケーブルがフラットになっているので絡みにくく、便利なリモコンと音声マイク付き。 音質についても、劣化しにくい「AAC規格」を採用しているため、綺麗なサウンドを楽しめます。 また連続再生時間は、最大4. 5時間と言われているので、通勤・通学の途中で切れてしまう心配もないでしょう。 6種類のカラーバリエーションの中から、自分好みのワイヤレスイヤホンを探してみてください。 タイプ 首掛け 連続再生時間 最大4. 5時間 重さ 約11. 5g(ケーブル部分除く) 音域 20Hz ~ 20,000Hz マイク あり• オーディオテクニカ ATH-DSR5BT 参考価格 42,000円• 劣化の少ない音転送技術を用いた首掛け型イヤホン!• 大手イヤホンメーカー・オーディオテクニカから販売されているワイヤレスヘッドホン「ATH-DSR5BT」。 高品質な音声データ転送を実現するPure Digital Driveを搭載した製品で、ワイヤレスにもかかわらず劣化の少ない音質で楽しむことができます。 この技術によって音楽デバイスから発信されたデジタル信号をドライバーまで高純度転送、空気振動によって音声へとダイレクトに変換。 他にもダイナミックレンジを拡張するバーチャルコイルテクノロジーによって広大な冴え冴えとしたサウンドを再現しています。 連続再生時間は最大8時間。 劣化の少ない良い音をできるだけ長く楽しめる製品です。 タイプ 首掛け ネックバンド 連続再生時間 最大8時間 重さ 約63g 音域 5~45,000Hz マイク なし• SHURE SE215 WIRELESS Special Edition 参考価格 16,700円• 高遮音のイヤーパッドでクリアな音質を!• 迫力あふれるクリアなサウンドで通勤時間をコンサートに変える、SHURE発売のワイヤレスイヤホン「SE215 WIRELESS Special Edition」。 シングルダイナミックドライバーで、いつでもどこでも使いやすいパッケージになっています。 高遮音性の設計で周囲の騒音を最大37dbまでカット。 車内や人混みの中の騒がしいところでも鮮明でクリアなサウンドを楽しめます。 ワイヤレスモデルにはリモート&マイク機能を搭載しているため、通話やSiriなどの音声アシスタントも着用しながら操作可能。 音楽の再生・停止やボリュームコントロールなどもラクラクです。 充電ケーブル、3サイズのイヤーパッド、装着用クリップのほかジッパー式キャリングポーチが付属します。 遮音性が高く、ワイヤレスイヤホンに通話も兼ねたい方におすすめです。 アンカー・ジャパン Soundcore Spirit Pro ワイヤレスイヤホン ブラック 4298円 税込• コスパ第一でBluetoothイヤホンをお探しの方に!• 「Soundcore Sprit Pro」は、さまざまな電子機器を発売する中国発のメーカーであるアンカーから発売のワイヤレスイヤホン。 有名ブランドとは違い、比較的安価に手に入れられるのがポイントです。 この「Soundcore Sprit Pro」は、アンカーの「Soundcore Spirit」モデルの最新版。 連続再生時間が長く、音声コーデックも新たに高音質なaptXに対応するなど大幅にスペックアップした上位モデルという位置づけになっています。 イヤホンとしては低価格ながらも、高音質な再生に対応していることかられなりの体裁を整えた音楽を楽しめることは確かです。 ちょっとワイヤレスを試してみたいという方やイヤホンにそれほどお金をかけられないという方におすすめです。 タイプ 首掛け 連続再生時間 10時間 重さ 16g 音域 - マイク あり• Beats by Dr. Dre BeatsX 9800円 税抜• 「BeatsX」は街中でも見かけることの多いイヤホンの一つ。 「BeatsX」にはApple W1テクノロジーが搭載されており、Appleデバイス間でのシームレスな切り替えはもちろん、豊富なバッテリー駆動時間が保証されています。 バッテリー面で更に注目なのがFasu Fuel機能。 バッテリー残量が少なくなった際でも、たった5分間の充電で2時間の再生が可能になります。 さらにSiri搭載のRemoteTalkをイヤホンに内蔵。 電話の応答や音楽再生時のトラック切り替えも軽快です。 選べるカラーは3種類。 タイプ 首掛け 連続再生時間 最大8時間 重さ 約18g 音域 - マイク あり• AIR by MPOW X5. 1J 8,250円• 日本人に合わせたワイヤレスイヤホンで使いやすく聴きやすい!• AIR by MPOWの「X5. 1J」は、日本人のサウンドエキスパートが監修していて、日本人に好まれる音質になっています。 日本人の需要に合わせて作ったことにより、比較的お求めやすい価格ながらも音質が非常に心地よく、幅広く使うことができます。 優れた装着感と遮音性で、音漏れも防ぐことができます また連続再生時間6時間と、よほど長時間使わない限り、丸一日持たせることができるでしょう。 さらには、非常に高い性能のマイクを搭載していて、雑音を相手に伝えないので、通話用としてもおすすめです。 この価格帯では、音質、装着感ともに非常に良いBluetoothイヤホンなので、ぜひ検討してみてください。 タイプ 完全独立型 ワイヤレス 連続再生時間 6時間 重さ 5. BOSE SOUNDSPORT FREE WIRELESS HEADPHONES 参考価格 21,500円• スポーティなデザイン、屋外使用が多い方におすすめ!• BOSE初の完全ワイヤレスイヤホン「SOUNDSPORT FREE wireless headphone」。 BOSE独自の技術で実現した、クリアでパワフルなサウンドに加え、BOSEの多くのイヤホンがそうであるようなスポーティなデザインが印象的です。 「SoundSport Free」はその名の通り、快適なスポーツシーンを想定して作られたもので、運動時も気にならない軽量なつけ心地と外れにくさに重きをおいています。 また雨や汗に強い防滴仕様。 外れにくく長時間つけても疲れないといった屋外の使用に最適なイヤホンです。 タイプ 完全独立型 ワイヤレス 連続再生時間 最大5時間 重さ 本体 18g ケース 80g 音域 - マイク なし• SONY WF-SP900 26,880円 税抜• まるで小さなウォークマン、SONYの放つプレイヤー一体型イヤホン• 音楽デバイスにおいて国内外問わず有名なSONYから販売されている「WF-SP900」。 一般的なbluetooth製品のように外部プレイヤーからの音を再生することもできますが、機器そのものでの音楽再生も可能なワイヤレスステレオプレーヤーとしての役割も兼ねています。 保存できるメモリーは4GB、約920曲分。 ヘッドホン本体だけで音楽を楽しむことができるため、スマートフォンなしでも音楽を楽しむことができます。 内蔵メモリーに保存した楽曲を再生するプレイヤーモードと、一般的なbluetooth機器として扱うヘッドフォンモードは簡単に切り替えが可能で、プレイヤーモード時は最大6時間・ヘッドフォンモード時は最大3時間の連続再生が可能です。 音楽メーカーだからこそ出せる、プレイヤーとの一体型イヤホン。 多様な楽しみ方がしたい方におすすめです。 タイプ 完全独立型 ワイヤレス 連続再生時間 6時間(プレイヤーモード時)・3時間(ヘッドフォンモード時) 重さ 14. Zeeny Lights 4,000円 税抜• スタイリッシュながら使いやすいくコストパフォーマンス抜群なモデル!• すっきりしたデザインながらも、使いやすく、コストパフォーマンスが高い「Zeeny Lights」。 軽く触れるだけで操作できるタッチ機能、ワイヤレス充電も可能など、便利なポイントが満載です。 さらには、LINEやメール、アプリの通知を声で読み上げてくれる「音声読み上げ機能」がついていて、忙しい日々をサポートしてくれます。 デザインもスタイリッシュで、白黒のカラーバリエーションがあり、デザイン性も高いと言えるでしょう。 価格、デザイン、性能すべて兼ね備えた質の高いヒアラブルデバイスなので、Bluetoothイヤホンを探している方にまずおすすめできる商品です。 Apple AirPods 22,800円 税抜• iPhoneユーザー必見のapple純正Bluetoothイヤホン• 「AirPods」は、Apple純正の完全独立型イヤホン、Apple製デバイスとの組み合わせでより快適な音楽ライフを実現することができます。 iPhoneはもちろん、MacやiPad、Apple Watchなど幅広く使うことができるでしょう。 ワンタップのシンプルな設定で接続が可能になり、耳への着脱を感知して、自動で音声の再生停止を行ってくれます。 またApple端末間での切り替えは非常にシームレス。 使いたい端末で選択することでいつでもAirPodsから音楽を再生することができます。 充電はWireless Charging Caseで、充電マットに置くだけで充電することができます。 さらに完全独立型で最も心配なイヤホンの紛失も、「iPhoneを探す」機能で接続済みの「AirPods」を探すことができるため慣れていない方でも安心です。 普段からApple製品で音楽を聞くことが多い方におすすめです。 タイプ 完全独立型 ワイヤレス 連続再生時間 5時間 重さ 本体 4g ケース 38g 音域 - マイク あり• JVCケンウッド HA-XC70BT 16,070円 税込• 重低音へこだわりが強い方におすすめのBluetoothイヤホン• JVCケンウッド発売のワイヤレスイヤホン「HA-XC70BT」は、JVCのXXシリーズのイヤホンの一つです。 特徴は重低音とボディへのこだわり。 XXシリーズの最大の特徴である重低音は、ドライバーユニットの性能をフルに引き出すため、独自の音響構造 Extreme Deep Bass Portを採用しています。 低音を増強するバスブーストモードを搭載していて、本体のスイッチひとつでオンオフが可能です。 ボディは落下などの衝撃から本体を守る Tough rubber protectorを採用していて、衝撃に強いことも特徴です。 HA-XC70BTでは、ボディ全体にプロテクターを配置することで本体に掛かる衝撃を和らげています。 他にもスマートフォン向けアプリとの連携でサウンドモードの切り替えやバッテリー残量の確認もでき、非常に便利でしょう。 イヤホンのサウンドは重低音にこだわりたいという方や頑強なデザインのイヤホンがほしいという方におすすめです。 NUARL NT01AX 19,440 税込• 完全ワイヤレスイヤホンでも上質なサウンドを!• NUARL「NT01AX」は、完全ワイヤレスイヤホンの新時代を謳った製品です。 最上位の「NURAL NT01AX HDSS TRUE WIRELESS STEREO EARPHONES」はアドバンスモデルと呼ばれ、連続10時間以上の長時間再生や通信性能や音質など従来の完全ワイヤレスイヤホンが抱えていた問題点を改善しています。 ドライバーにはダイヤモンドよりも硬い炭素素材のグラフェンを振動板にコーティングした、フルレンジダイナミック型シングルドライバーを採用。 また、特許技術HDSSにより、カナル型イヤホンとは思えないほどの厚みと立体感のある自然な音の広がりを再現します。 使いやすいデザインに加え、充電ケースは最大35時間使用可能となっています。 最新技術による新しい完全独立型イヤホンの性能を試してみたい方、スペックが高く長時間の使用にも耐えるものをお探しの方におすすめです。 商品画像• 商品名• タイプ• 連続再生時間• マイク• 商品リンク• Premium Style• ワイヤレス イヤホン PG-BTE4S01• 使いやすさにとことんこだわったとにかく使いやすいBluetoothイヤホン!• 参考価格 4,378円• 首掛け• 最大約6時間• 20g• 20Hz ~ 20,000Hz• LEPLUS• ワイヤレスイヤフォン「極の音域」• 初心者でも使いやすい日本語ガイド機能付き• 3,218円 税込• 首掛け• 最大4. 5時間• 約11. 5g(ケーブル部分除く)• 20Hz ~ 20,000Hz• オーディオテクニカ• ATH-DSR5BT• 劣化の少ない音転送技術を用いた首掛け型イヤホン!• 参考価格 42,000円• 首掛け ネックバンド• 最大8時間• 約63g• 5~45,000Hz• SHURE• SE215 WIRELESS Special Edition• 高遮音のイヤーパッドでクリアな音質を!• 参考価格 16,700円• 首掛け• 最大8時間• 30g• アンカー・ジャパン• Soundcore Spirit Pro ワイヤレスイヤホン ブラック• コスパ第一でBluetoothイヤホンをお探しの方に!• 4298円 税込• 首掛け• 10時間• 16g• Beats by Dr. Dre• BeatsX• 9800円 税抜• 首掛け• 最大8時間• 約18g• AIR by MPOW• 日本人に合わせたワイヤレスイヤホンで使いやすく聴きやすい!• 8,250円• 完全独立型 ワイヤレス• 6時間• BOSE• SOUNDSPORT FREE WIRELESS HEADPHONES• スポーティなデザイン、屋外使用が多い方におすすめ!• 参考価格 21,500円• 完全独立型 ワイヤレス• 最大5時間• 本体 18g ケース 80g• SONY• WF-SP900• まるで小さなウォークマン、SONYの放つプレイヤー一体型イヤホン• 26,880円 税抜• 完全独立型 ワイヤレス• 6時間(プレイヤーモード時)・3時間(ヘッドフォンモード時)• Zeeny• Lights• スタイリッシュながら使いやすいくコストパフォーマンス抜群なモデル!• 4,000円 税抜• 完全独立型 ワイヤレス• 8時間• 41g ケース込み• Apple• AirPods• iPhoneユーザー必見のapple純正Bluetoothイヤホン• 22,800円 税抜• 完全独立型 ワイヤレス• 5時間• 本体 4g ケース 38g• JVCケンウッド• HA-XC70BT• 重低音へこだわりが強い方におすすめのBluetoothイヤホン• 16,070円 税込• 完全独立型 ワイヤレス• 3時間• 本体 11g ケース 65g• NUARL• NT01AX• 完全ワイヤレスイヤホンでも上質なサウンドを!• 19,440 税込• 完全独立型 ワイヤレス• 7~10時間• 10g• 関連記事.

次の

【2020年最新】ワイヤレスイヤホンのおすすめランキングTOP13

ワイヤレス イヤホン おすすめ メーカー

イヤホンを選ぶときに覚えておきたい4つのポイント! ひとくちにイヤホンと言っても、 形状や ドライバーユニット、 再生周波数帯域などによって、さまざまな違いがあります。 イヤホンを選ぶときにチェックするべき4つのポイントを以下でまとめました。 ポイント 解説 イヤホンの形状 カナル型と インナーイヤー型の2種類があります。 遮音性が高く、音漏れが少ないカナル型が人気です。 ドライバーユニット イヤホンの音作りにおいて核となる機構で、 ダイナミック型と バランスドアーマチュア型(BA型)に分かれます。 再生周波数帯域 「低音と高音がどこまで出るか」をHz(kHz)で数値化したものです。 この幅が広ければ広いほど、音に深みが出ると言われています。 音の傾向 音の特徴を表す言葉として、 「ドンシャリ」、「かまぼこ」、「フラット」の3種類があります。 低音が効いたドンシャリサウンドと、クリアで原音に近い音が楽しめるフラットが人気です。 イヤホンを選ぶときは、これらの項目を基本にして比較していきましょう。 各項目についての詳細は、以下の記事を参考にしてください。 Bluetoothイヤホンを選ぶならこの4つもチェック! Bluetoothで接続するタイプのイヤホンも、最近ではポピュラーになってきています。 とはいえ、 対応コーデックや Class、 Bluetoothのバージョンなどについて、まだまだ見慣れない、聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。 専門用語が多くなってしまいましたが、ひとつずつ見ていけば難しいことはありません。 Bluetooth接続のイヤホンを選ぶ場合は、上述した4つのポイントとあわせて、以下の4項目もチェックしましょう。 ポイント 解説 イヤホンのタイプ 長時間の装着に適した 「左右一体タイプ」、運動時に最適な 「ネックバンドタイプ」、ケーブル不要の 「完全独立型」の3種類に分かれます。 Bluetoothのバージョン Bluetoothは ver1. 1以降、現在では ver5. 0までバージョンアップされています。 互換性はありますが、 低いバージョンに合わせて接続されるため注意が必要です。 コーデック 基本的には 「SBCコーデック」が搭載されています。 AACや aptXなどの、より高音質なコーデックに対応しているイヤホンもあります。 Class Classとは、Bluetoothの通信有効距離のことで、1~3の等級に分かれます。 スマホ、イヤホンともに、 現在はClass2(10m程度)がポピュラーです。 Bluetoothイヤホンを選ぶときは、以上の項目をベースにして比較していきましょう。 各項目についてもっとくわしく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 共通項目として、追加機能にも注目しよう! 有線イヤホン、Bluetoothイヤホンに共通する項目として、 とくに注目したいのが追加機能です。 ネットショップや店頭を見てみれば、 ノイズキャンセリング、防水・防滴、ハンズフリー通話など、さまざまな機能を備えたイヤホンが並んでいます。 つい目移りしてしまいそうになりますが、 イヤホンを購入する際には、自分に合った機能を選ぶことが重要です。 たとえば、運動をしながら音楽を聴く方であれば防水・防滴機能がピッタリです。 カフェやコワーキングスペースなどで仕事をする方ならば、ノイズキャンセリング機能が活躍することでしょう。 また、追加機能がなくとも、そのぶん音質にコストを割いているイヤホンも多くあります。 イヤホンに求められるもっとも重要なポイントは「音のよさ」ですから、 機能の多さに釣られずに、自身のライフスタイルに合った機能をチョイスしてください。 メーカーを選ぶときに注意したいこと!ブランド名だけで決めない! イヤホンを選ぶときは、 メーカー名やブランドに釣られて購入するのは避けるべきです。 なぜかというと、各メーカーには得意としている音の傾向や特徴などがあり、曖昧なイメージで購入すると「想像していた音と違う」となってしまう可能性が高いからです。 たとえば BOSEは、独特と言っても過言ではない低音とドンシャリ感が特徴です。 いっぽう JBLであれば、パワーがありつつも、原音に比較的忠実なフラットサウンドが特徴です。 このように、 メーカーによって得意とする音や特徴は違います。 イヤホンを購入するときには、イヤホンの選び方で説明した項目に、メーカーごとの特徴を加味して選ぶようにすると失敗がありません。 あなたにおすすめのメーカーはこれ!おすすめランキングTOP10! それでは、おすすめのイヤホンメーカー10選をランキング形式で紹介していきます。 メーカーごとの 音の傾向や 価格帯、 デザイン性に関しても評価しているので、ぜひ参考にしてみてください。 また、メーカーのイチ押し商品もそれぞれ紹介しているので、あなたにピッタリなイヤホンを見つけましょう! プライム会員なら『Amazon Music Unlimited』が断然おトク [PR] タイプ 左右一体型 ドライバーユニット - Bluetooth規格 ver. 0 コーデック AAC Class Class1(通信距離:100m) 連続再生時間 約12時間(充電:5分充電で1時間再生可能) 音の傾向 ドンシャリ 追加機能 耐汗・防沫仕様 急速充電 マイク付きリモコン搭載 Siri起動 ノイズアイソレーション Micro-USBケーブル充電 ダイナミックなBeatsサウンド iPhoneとシームレスに連携し、機能もApple製品向けに特化したイヤホンです。 多機能なことはもちろんですが、音質も申し分なく、ワイヤレスながらクリアでドンシャリよりのサウンドが楽しめます。 また、イヤーフックの装着感がよく、耐汗・防沫機能も備えていますので、ワークアウト時の使用にピッタリです。 日常的にジム通いやジョギングなどの運動をするiPhoneユーザーにはとくにおすすめのBluetoothイヤホンです。 形状 カナル型 ドライバーユニット ダイナミック型 再生周波数帯域 21Hz〜17kHz 音の傾向 ドンシャリ 追加機能 着脱式ケーブル 騒音カットイヤーパッド 音楽を楽しく聴くことに注力したスペシャルモデル ダイナミック型MicroDriverを搭載し、 力強い低音域を感じるドンシャリサウンドを実現したイヤホンです。 高音域もしっかりと出ますがうるさくなく、聴き疲れしないのも嬉しいポイントで、とくにロックやポップスによく合います。 メーカー紹介では「音質の傾向:ドンシャリ」と評価しましたが、低音から高音までバランスよく出力されますので、 フラットとドンシャリを合わせたような、ハイブリッドな音質が体感できます。 騒音をカットするイヤーパッドを採用しているため、より音楽を聴き込めるとともに、周囲の騒音も気にならない設計になっています。 ドンシャリ系が好きだけれども、程よい高音域も楽しめるイヤホンを探している方におすすめです。 タイプ インナーイヤー型 ドライバーユニット ダイナミック型 Bluetooth規格 ver. 0 コーデック SBC Class Class2(通信距離:10m) 連続再生時間 約6時間(充電:約2時間) 音の傾向 フラット 追加機能 マイク付きリモコン搭載 JBLのサウンドを手軽に楽しめるエントリーモデル 手ごろな価格のエントリーモデルながらも、 本格的なJBLサウンドを楽しめるイヤホンです。 また、音量レベルの調整、通話、再生・停止などの曲操作は、すべて搭載されたリモコンでおこなえます。 そのため、デバイスをカバンから出す必要もありません。 この価格帯にしては、非常に高機能なイヤホンです。 耐久性に優れ、 絡まりにくいフラットケーブルを採用しているので、運動をしながら音楽を聴く方におすすめです。 形状 カナル型 ドライバーユニット ダイナミック型 再生周波数帯域 17Hz〜20kHz 音の傾向 フラット 追加機能 マイク付きリモコン搭載 カナルタイプイヤフォンCXシリーズのエントリーモデル SENNHEISERのエントリーモデルながらも、 イコライザーが不要なほどクリアなサウンドを楽しめるイヤホンです。 安価なイヤホンを使用している人が乗り換えると、驚くべき違いを感じることでしょう。 ソリッドなボディデザインも美しく、 低価格帯にありがちな色味や素材のチープさを感じさせません。 音をとってもデザインをとっても、非常にバランスが取れた良品です。 いい音のイヤホンを探しているけれど、そこまでお金はかけられないといった方に、ぜひ試していただきたいモデルです。 形状 カナル型 ドライバーユニット ダイナミック型 再生周波数帯域 5Hz~28kHz 音の傾向 フラット 追加機能 - 強磁力設計と技術の結晶が織り成す先進の重低音再生。 「デュアルマグネティックフィールド・ドライバー」という機構を採用し、 audio-technicaらしいフラットな音色とともに、パワフルで粘り強い低音を合わせもったイヤホンです。 特筆すべき追加機能はないものの、音を生み出すドライバー部分にさまざまな工夫が施されており、とにかく音にこだわったモデルといった印象を受けます。 機能を省いてシンプルにしたぶん、 サウンド面でのコストパフォーマンスはかなり優れていますので、低音域が効いたイヤホンが欲しい方にはイチオシです。 タイプ 左右一体型 ドライバーユニット - Bluetooth規格 - 対応コーデック - Class 最大9m 連続再生時間 約6時間(充電:2時間) 音の傾向 ドンシャリ 追加機能 防滴仕様 アプリ連携 マイク付きリモコン搭載 動きやすさを追求したデザイン BOSE製イヤホンのなかでも、 とくに動きやすさを追求した設計思想のもと制作されたイヤホンです。 専用の無料アプリと連携することで、タイマー設定や音量調節、バッテリー残量の確認など、さまざまな機能を連携させることが可能です。 音質はまさにBOSEサウンドといった雰囲気で、 期待を裏切らないドンシャリサウンドが楽しめます。 運動用に特化したモデルであり、タフに使えることから アウトドアが好きな方や、日常的にハードなトレーニングをする方におすすめです。 長時間装着しても疲れないなどの工夫がされていることから、普段使いにもおすすめです。 形状 カナル型 ドライバーユニット ダイナミック型 再生周波数帯域 20Hz~40kHz 音の傾向 フラット 追加機能 ハイレゾ対応 マイク付きリモコン搭載 ハイレゾ対応デュアル・ダイナミック型カナルイヤホン 「デュアル・ダイナミックドライバー」を採用し、高音質で迫力のあるサウンドを実現したイヤホンです。 中高音域用と低音域用のドライバーを各1基ずつ用意することにより、 イヤホンとしては破格の音質を表現することが可能となっています。 すべての音域がバランスよく出力されますので、どんな音楽にもマッチします。 そのため、 ライブラリにさまざまなジャンルが入っているような、音楽好きの方におすすめです。 タイプ 完全独立型 ドライバーユニット ダイナミック型 Bluetooth規格 ver. 雨や汗にも強いアクティブノイキャンワイヤレス SONYが販売する、完全独立型の高機能イヤホンです。 ノイズキャンセリング機能やハンズフリー通話機能など、便利な機能を揃えたうえで、さらなる高機能化を図ったモデルです。 特筆すべき機能としては、 イヤホンをしながらでも人の声や周囲の音を取り込めるアンビエントサウンドモードです。 周りの音が聞こえれば、野外でトレーニングをするときでも安全ですね。 アプリ連携もでき、イコライザーや音質モードの切替などもプリセットで搭載済みのため、自分好みの音を作ることも可能です。 平均価格帯より値が張ってしまいますが、まさにハイエンドな万能イヤホンですので、購入を検討するに値します。 新しい物が好きな方や、完全独立型のイヤホンを検討している方におすすめです。 人気急上昇中のVOD(ビデオ・オンデマンド)から、おすすめサービスを厳選。 映画やドラマ、バラエティ、アニメ好きは必見です! 最新映画からアニメ、海外ドラマ、韓流ドラマまで、 見放題作品数NO. 1!18,000本以上の成人向け動画が見放題で、密かに男性人気も高い。 毎月1,200円分のポイントが貰える ドラマ好きに大人気の高コスパVOD!最新作だけでなく、過去のフジテレビ放送ドラマも見られる。 「独占」見放題タイトルが豊富。 イヤホンは、まず形状やドライバーユニット、再生周波数帯域、音の傾向に注意して選びましょう。 そして、Bluetoothイヤホンを選ぶときには、上記に加えてバージョンやコーデック、Classを確認しましょう。 また付加機能は、 ライフタイルに合っているかといった観点から選ぶと失敗がありません。 メーカー名で購入するときも、 自分の好みに合った音の傾向であるブランドを選びましょう。 以上のポイントや、今回ご紹介したおすすめ商品なども参考に選んでいただけたなら、きっとあなたにピッタリのイヤホンが見つかるはずです。

次の