ひぐらしのなく頃に あらすじ。 ひぐらしのなく頃に鬼隠し編の解説(考察)とネタバレ!凶変は何故?

染伝し編

ひぐらしのなく頃に あらすじ

アニメひぐらしのなく頃にを、再び見ていて、 やはり謎が多いのが綿流し・目明し編ですよね。 圭一のクラスメイトで、リーダー的存在でもある園崎魅音の双子の妹・詩音と、圭一や、リカ、サトコ、そして魅音も被害に遭うお話です。 謎が多い分、怖さも倍増! そんな、ひぐらしの綿流し編と目明し編について解説・考察したいと思います。 ひぐらしの目明し編・解説と考察 ひぐらしのなく頃にのアニメの目明し編についてネタバレしながら語ります。 目明し編は、謎の多い「綿流し編」の解説にもつながるストーリーになっています。 わかりやすいように、はじめに目明し編のネタバレ含む、考察をしていきますね。 まず、登場人物は、今回の 主役は園崎詩音です。 詩音は、圭一のクラスメイトの園崎家の当主でもある 園崎魅音の双子の妹です。 一卵性の双子として生まれましたが、園崎家の跡継ぎの問題で詩音は園崎家からははみ出し者にされ、離れてくらしていました。 それでも、姉の魅音との仲は良好なんです。 目明し編でのキーパーソンとなるのは、 魅音は圭一の事が好きで、だけど圭一が魅音のことを女として扱っていない。 詩音のほうは沙都子の兄である悟史のことが好きになります。 詩音は悟史に恋をしたことによって、悟史の妹の沙都子を恨むようになります。 さらには 悟史が行方不明になってからは、悟史を守らなかった園崎家の当主の魅音への怒り、さらに園崎家の鬼婆や、村長への怒りをぶつけるようになります。 普段はおっとりして、優しい性格の詩音でしたが、どちらかといえばズボラで男気質な魅音が圭一に「女の子扱いされなかった」という悩みを打ち明けたことにより、 「自分は大好きだった悟史がいなくなって会うこともできないのに」と、そこから恨みを持つきっかけになります。 綿流し編で、魅音になりきった詩音は圭一に「あんたのあの言葉がすべての始まり」とぬいぐるみのときの一連をそのように言ったので、はじめは 魅音が本当は圭一に女の子扱いされなかったことで凶悪化したのか・・と思った人が多いと思います。 しかし、実際の意味合いとしてはそうではないことが、目明し編のこのシーンでわかります。 【目明し編:そのあとの展開】 園崎家が悟史に何かしらの手を加えたのでは?と疑っていた詩音は、 悟史への歪んだ愛情から、魅音を攫って園崎家の牢屋に閉じ込め、鬼婆を消し、村長も葬ります。 さらには異変に気がついたリカを葬り、天敵だった悟史の妹の沙都子、最後には圭一にも手を加えます。 はじめは優しく、ただ悟史を好きになっただけの詩音でしたが、これがまさに ひぐらし最大の凶悪化の原因でもある、 雛見沢症候群にかかったのです。 きっかけは悟史を思う気持ちの強さ故のものになりますが、それにしてもヤンデレっぷりがまさに恐怖でしたw 綿流し編の解説・考察 よく、みなさんが疑問に思うアニメのシーンについてお答えします。 綿流し編の謎がまさに目明し編で解明されます。 綿流し編のときには、すでに詩音と魅音が入れ替わっているときがいくつかあります。 1、ハシゴのシーン 綿流し編でリカと沙都子がいなくなったので、圭一と魅音、レナはリカ達を探しにいくシーンがありますよね。 そのときに圭一がはしごでリカ達の部屋を登ろうとして、下で魅音が抑えていますが、突然凶暴化し 「あいつは呪われてるんだよ!」と沙都子のことを罵倒。 圭一が乗っているハシゴを揺らすシーンがありますが、このときはすでに魅音は詩音にとって捕まっているので、このときの魅音は詩音です。 2、電話のシーン 綿流し編で、オヤシロ様のいるリカちゃんちの神社の古手家の祭壇の中へ入るという禁忌を犯した、圭一、詩音、富竹、鷹野。 圭一が夜に電話で話をしている詩音は、詩音のままですが、魅音として電話をしているのもすべて、詩音です。 3、圭一を刺したのは? 圭一が園崎家の拷問屋敷から助かり、病院で入院していましたが、警察から逃げていた魅音が外にいるのを見つけ、会ったとたんに刺されてしますシーンが綿流しのラストにありますよね? 魅音は直後に「まにあったーー!!」と言って狂ったように圭一を刺したことを喜びますが、このときの魅音は詩音です。 目明し編を見ればわかりますが、魅音は詩音の手によって井戸の中に落とされてしまいますので助かっていません。 生きているのは魅音たちに拷問していた詩音です。 詩音はこの目明し編のときに、「魅音に捕まっていた詩音」として圭一とともに 警察に保護され、 本当は詩音の手によって死んでいるのに 魅音は「逃走中」とされてしまったのです。 そのため、圭一も「魅音は自分を逃したあと逃走したのか」と勘違いをしていたので、病院の外に来たのを逃げている魅音だと思って会ってしまったのです。 本当は、圭一と一緒に保護された犯人の詩音だとも知らずに・・。 しかし目明し編でわかりますが、圭一を刺したあと詩音は再び、病院で入院している詩音を演じないといけないので、病室に戻ろうとベランダを渡っているうちに、転落死してしまいます。 そのため、綿流し編と目明し編では、詩音も魅音も本当は二人とも亡くなっているのです。 綿流し編で圭一のベッドの下にいた魅音は? 綿流し編のラストで、圭一が詩音 魅音の姿をしている に刺されたあとに病院で目を覚ますシーンがあります。 大石が「今回の事件はおかしい。 死体が歩きすぎている」と圭一に言います。 それによって、圭一が再び身の危険を感じ、雛見沢症候群を発症して、 「俺を襲った魅音がまたくるかもしれない」という恐怖から魅音の幻覚をみたのではと言われています。 本当は襲った魅音は詩音なのですが、綿流し編んでも目明し編でも学校のメンバー達はリカ以外にそのことに気がついていないので、全ての仕業が魅音だと思われているんですね。

次の

ひぐらしのなく頃にの綿流し・目明し編の考察と解説!ネタバレ含む!

ひぐらしのなく頃に あらすじ

染伝し編 そめうつし DS版「ひぐらしのなく頃に絆 第一巻・祟」に収録。 漫画版の鬼曝し(おにさらし)編をベースにしているが 新キャラの南井 巴が登場するなど、変更箇所があり、ほぼリメイクのようなものである。 彼女の一家が垣内に移住してから、およそ1年。 都会である垣内での生活は、以前に暮らしていた田舎町よりも多くの刺激に満ちていた。 親しい友達ができた。 互いに想いを寄せ合う異性ができた。 言うまでもなく、家族仲は良好。 幸せな、本当に幸せな日々……。 ある日のこと。 鬼の末裔が住むと伝えられる村。 そして、夏美の祖母が生まれ育った村。 その日を境に、夏美の生活は一変した。 寛容な父、しっかり者の母、優しく信心深い祖母。 かけがえのない大切な家族。 そのはず、だった。 それなのに……。 崩れゆく家族。 壊れゆく心。 オヤシロさまの祟りか? 人の心が招いた災いか? それとも……。 惨劇は拡大し、増殖する。 染伝し編の詩 それは、空気のようなものだと誰かが言った。 目にも見えないし、いつもあるのが当然だから。 それは、水のようなものだと誰かが言った。 甘くも辛くもなくて、何の味もしないから。 当たり前で、味気のない日常の時間。 だからみんな、その幸せに気づかない。 登場人物• 公由 夏美 なつみ CV:水橋かおり … 主人公。 公由家の分家筋。 実は圭一を主人公にしたときも買い物ルートでかつ人生ゲームの景品を魅音に渡した時に登場する選択肢「缶詰」を選択すると登場。 南井 巴 みない ともえ CV:井ノ上奈々 … 垣内署・刑事一課所属の女刑事 階級は警部。 実は「ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び」にてTIPS『レナの過去』にて登場している。 その際の階級は警部補。 立絵はなし。 大石と親しい。 「まどか」という名前の妹がいる。 鬼曝し編第6話にも「まどか」という名前の刑事が登場しているが巴の妹と同一人物であるかは不明• 藤堂 暁 とうどう あきら CV:日野聡 … 夏美の隣のクラスの生徒。 佐伯 千紗都 さえき ちさと CV:喜多村英梨… 夏美のクラスメイト。 牧村 珠子 まきむら たまこ CV:福井裕佳梨… 夏美のクラスメイト。 公由 冬司 とうじ CV:藤原啓治… 夏美の父。 公由 春子 はるこ CV:平松晶子… 夏美の母。 公由 あきCV:谷育子 … 夏美の祖母。 所謂、雛見沢大災害が発生した後のある別の場所での話。 文章化されたので漫画版の鬼曝し編よりも細かい描写がなされている。 鬼曝し編と違い 暇潰し編のネタバレとなるせいか赤坂は出ない。 その代わりが巴だと思われる。 染伝しの名称の由来• お疲れ様会より 伝染。

次の

新【ひぐらしのなく頃に】7月放送。あらすじ、新キャラやキャストは?|sonicブログ

ひぐらしのなく頃に あらすじ

概要 漫画「ひぐらしのなく頃に 皆殺し編」は「竜騎士07(原作)」、「桃山ひなせ(作画)」による大人気ホラーサスペンス漫画である。 2008年から2010年にかけてスクエアエニックス刊の「月刊Gファンタジー」で連載された。 同人サークルである07th Expansionが製作した同人ゲーム「ひぐらしのなく頃に」の第7作目となる表題である。 登場人物紹介 前原圭一 本作品の主人公で、「ひぐらしのなく頃に」シリーズを通じての主要人物である。 髪型はロングショートのボブ。 イケメンで人気の高いキャラクターである。 東京から雛見沢に引っ越してきたが、周りの登場人物ともすぐ打ち解けられる協調性をもっており、頭の回転も速い。 古手梨花 本作のヒロインで「ひぐらしのなく頃に」シリーズでかなり重要な人物の一人である。 アニメでは大人気声優の田村ゆかりさん がキャスティングされている。 見た目は幼い少女だが、精神的には登場人物の中で最も大人びている。 あらすじ 本作品は大人気シリーズである「ひぐらしのなく頃に」の第7シリーズで、「ひぐらしのなく頃に」シリーズの本編から少し離れた内容となっている。 舞台は雛見沢と呼ばれる人口2000人未満の非常に小さな村落。 本作では前原圭一と古手梨花、そして初登場のキャラクターである羽入がメインとなる内容である。 過去6作品すべてにつながる重要な出来事の多くが含まれており、梨花が誰に殺されるか、これまでに起こってきた連続怪死事件の真相が明らかになってきて、ミステリーを紐解くような構成となっている。 今回の作品ではこれまで主要人物であった竜宮レナや園崎魅音、園崎詩音といったキャラはあまりスポットは当てられておらず、圭一と梨花、羽入といったキャラを中心に物語が進行する。 羽入は人間ではなく、初めて非現実的な存在が登場した。 今回はどういう過程であろうと必ず殺される運命にある梨花の運命を打ち破るべく、圭一が奮闘し、その中で真実が少しずつ分かってくるといった内容となっている。 今まで決して覆ることのなかった最悪の運命に直面し、そこからどのようにして逃れるのかということにヒューチャーした作品である。 そして着実に物語の終わりへと近づいていく。 見どころ 本作品の見どころはやはり話の構成がこれまでのシリーズとは一変したということではないだろうか。 シリーズの序盤ではホラーやサスペンスの要素が強すぎて恐怖の念を抱いていたが、今回の読者の立場は一歩引いたところから第三者の目でこれまで起こった出来事を整理していくというものである。 これまでのシリーズとは一味違った楽しみ方があるため、 ミステリー小説を読む感覚で本作を読んでいけば十分に楽しめるだろう。 そして新たに登場した羽入にも注目してほしい。 感想 本作品の感想としては、やるせない感情を抱いてしまうというのが正直な感想である。 というのも、 「ひぐらしのなく頃に」シリーズの物語が完結したわけではなく、謎が少し残った状況で終わるという点がある。 そして、どうやっても梨花が殺されるという運命から逃れられないというもどかしさを感じながら読むことになるだろう。 シリーズ終盤になって羽入という新キャラも登場してますます次回作の展開が楽しみになる内容であったと感じた。

次の