あつ森 カブトムシ 島。 『あつ森』の7月は海水浴での“うみのさち”集めや、カブトムシやクワガタ捕りで夏を満喫しよう!【あつまれ どうぶつの森】(ファミ通.com)

あつ森攻略|あつまれどうぶつの森

あつ森 カブトムシ 島

苦手な方はご注意ください! 夏だね~。 暑いね~。 毎日うだるように暑いね~。 でもテンション上がるね~。 早起きをしてスズメバチに怯えながら、クヌギやコナラの木を見て回るのはさながら宝探し。 小さな冒険でした。 ちなみに『あつ森』でもカブトムシは採れますが、やはりあの存在感?オーラ?はゲーム画面内でもひときわ輝いています。 ニンテンドースイッチの小さなディスプレイを通しても「スペシャルな昆虫」感は溢れんばかりに伝わってきます。 そのつもりがなくても見かけるとつい採っちゃいます。 ……しかし、なぜヒトはあんなにもカブトムシという存在に惹かれるのでしょう? 汗だくになってまで、貴重な睡眠時間を削ってまで、なぜ彼らを捕まえるのでしょう? なぜ子どものみならず、いい歳こいた大人までもが夢中になるのでしょう? なんでなんですかね哀川翔さん? ……まず第一に、やはりあのシルエットは言わずもがな魅力でしょう。 分厚いボディーにトゲトゲした脚。 そしてあの長いツノ!! 「兜虫」というだけのことはある。 あんなもの……かっこいいに決まっているじゃないですか。 語源となった甲冑の兜しかり。 サイしかり。 ガンダムしかり。 リザードンしかり。 デーモン小暮閣下しかり。 ツノが生えてりゃだいたいカッコいいんです。 カッコいいものにはだいたいツノが生えてるんです。 これは宇宙の真理です。 でもそれだけじゃないですよね?やっぱりあの「大きさ」がいいんです! カブトムシ類は甲虫としては並外れたサイズです。 たとえば日本のカブトムシは全長(ツノの先端からおしりまでの長さ)80mm以上に達し、本州、四国、九州、北海道でもっとも大きな甲虫として知られています。 そりゃああのオーラにも納得ですね。 巨大がゆえにパワーも半端ではありません。 不用意につかめばトゲトゲの脚でグイグイと指を押しのけられ、強い痛みを覚えるほど。 と、ここまで日本のカブトムシについてお話ししてきました。 しかし世界には何百種類というカブトムシが分布しており、その中には日本産のものをはるかに凌ぐ巨大な種もいます。 その中でも飛び抜けて大きなものが『あつ森』にも登場する「ゾウカブト」なのです。 もう名前からしてデカそう!強そう!ゾウカブト! ちなみに『あつ森』に登場するゾウカブトの学名は「Megasoma elephas (メガソマ エレファス)」。 胴体のボリュームではゾウカブトが一歩リードか。 人間に例えるならヘラクレスがNBAプレイヤー、ゾウカブトがヘビー級レスラーといったところでしょうか。 まぁ……。 どっちもデカすぎてもうどうでもよくなっちゃいますよ。 特に日本産のカブトムシと比べるとね……。 また、デカいのは成虫だけではありません。 幼虫の頃から巨大!なんと幼虫時代は餌をお腹いっぱい食べた状態だとその体重は130g以上になります。 太い!!重い!! ちなみに、ゾウカブトは尋常じゃなく力が強いです。 その太い脚でしがみつかれると、日本のカブトムシの比でないほど痛く、引き剥がすのがなかなかたいへん。 ……リアルでゾウカブトを捕まえるシチュエーションに陥った場合は十分に注意しましょう。 また、胸と胴体のジョイント部はエッジがやたらシャープになっており、指を挟まれたりすると出血を伴う怪我をすることもあるとか。 さながら天然の爪切りってとこですね。 ……やっぱりリアルでゾウカブトを捕まえるシチュエーションに陥った場合は十分に注意しましょう。 現在は「公益財団法人 黒潮生物研究所」の客員研究員として深海魚の研究にも取り組んでいる。 著書に「(主婦と生活社)」「(地人書館)」など。 《平坂寛》.

次の

【あつ森】「レアな虫が全然捕れない」の巻 / 第14回「あつまれ どうぶつの森」日記

あつ森 カブトムシ 島

ロケットニュース24のP. サンジュンです。 ニンテンドースイッチ専用ソフト「 あつまれ どうぶつの森」が発売されて、早いもので4カ月が経とうとしています。 典型的な「熱しやすく冷めやすい」性格の私が続けていられるのですから、やはりあつ森はすごいゲームですよね。 少々マンネリ気味だった人も、先日の 海水浴アップデートでかなり熱が戻ったのではないでしょうか? ロケッ島(ろけっとう)で暮らす私の化身「サンチェル少年」も、どうやらその1人のようです。 ・水中で過ごす日々 理想の島作りをメインにするならば、あつ森は「シミュレーションゲーム」ですよね。 ただ私の場合は「魚」「虫」「花」などを集める「 コレクションゲーム」としての要素が強く、実は6月の時点で捕れる魚や虫、花はほぼ全て揃ってしまいました。 「やべえ、もう集めるものがない……」と思っていたところ、つい先日の神アップデートですよ。 新たなコレクション要素として「 うみのさち」が追加されたサンチェル少年は、モチベーションも急回復! 最近では陸よりも水中で過ごす時間が長くなっています。 ただ、悲しいかな、やはりまだ素潜りは得意じゃないんですね。 魚や虫はほぼ逃がすことは無いんですが、特に夜の素潜りは 獲物を見失うことが結構あります。 ほら、泳ぐ速度って決まってるじゃないですか。 視界が悪い中ですばしっこい獲物に旋回されると、サンチェル少年はほぼついて行けません。 真面目な話、結果的には捕れたんですが、初めてのロブスターは 15分近く追いかけっこしていましたから。 15分ですよ、15分。 釣りってどんな大物でも秒ですよね? 途中から「こういうバグなのかな?」と思ったほど、まだまだ素潜りは未熟です。 超楽しいけど。 ・レアな虫が欲しい で、サンチェル少年は海中で過ごす傍ら、夜は妻の住む北半球の島に入り浸っています。 ロケッ島のある南半球は雪も降り始め、いよいよ冬本番って感じなんですが、正直「魚」と「虫」は先月とほぼ変わらないんですね。 ところが 北半球の7月は激アツ! 特にカブトムシやクワガタなどの虫は、1年で1番アツいのではないでしょうか? 「ヘラクレスオオカブト」や「オオクワガタ」など、耳にするだけで少年魂に火が付くレアな虫を求め、毎晩のように北半球の島に出没しているサンチェル少年ですが、結論から言うと 成果は芳しくありません。 ぶっちゃけ、1~2時間がっつりやっても1匹捕れるかどうかって感じです。 というのも、そもそも南半球のプレイヤーが北半球に行くと出現する生き物の数がガクッと減っちゃうんですよ(逆も同じ)。 これはおそらく仕様なんですが、南半球に住む私が北半球でエサを撒いても、魚は出現しません。 それくらい 違う半球の生き物は捕まえにくいんです。 ただし、その島に住むプレイヤー(私の場合は妻)がエサを撒くと魚は現れます。 なので、これまで私は1人で妻のプレイヤーもコントロールしながら、自分の島にはいない魚を釣っていたんですね。 その甲斐あって魚に関しては、 さほど苦労することなくほぼ全ての魚を釣り上げました。 ・虫は本当に難しい ところがどっこい、虫ですよ……。 魚と違って虫はエサがないので、 出会うかどうかは完全に運次第。 それなりの頻度で出現する「カブトムシ」「ミヤマクワガタ」「ノコギリクワガタ」あたりはすぐに捕まえましたが、レアな生き物は「オオクワガタ」を捕まえたくらいですかね。 あとは1度も巡り合ってさえいません。 7月の北半球には「ニジイロクワガタ」「オウゴンオニクワガタ」「コーカサスオオカブト」などという、名前だけで昇天ものの虫が出現すると聞きます。 そんなの絶対捕まえたいやん……! 少年の本能呼び覚ますやん……!! フータさんに寄贈したいやん……ッ!! というわけで、どれだけ捕まえづらかろうと今日もサンチェル少年は北半球の島に繰り出すのでした。 ロケッ島でカブトムシが出るのは1月ですからね。 半年なんて待っていられません。 おそらく、生き物に全く興味がない人もいらっしゃることでしょう。 島作りメイン、住人メイン、服装メインの方だっているハズです。 それが許される自由度の高さことが、あつ森の魅力ですよね。 しばらくはレア虫ハンターな日々が続くであろう、今週のサンチェル少年でした。 参考リンク: Report: ScreenShot:あつまれ どうぶつの森(Nintendo Switch).

次の

『あつ森』の7月は海水浴での“うみのさち”集めや、カブトムシやクワガタ捕りで夏を満喫しよう!【あつまれ どうぶつの森】(ファミ通.com)

あつ森 カブトムシ 島

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。 ロケットニュース24のP. サンジュンです。 ニンテンドースイッチ専用ソフト「 あつまれ どうぶつの森」が発売されて、早いもので4カ月が経とうとしています。 典型的な「熱しやすく冷めやすい」性格の私が続けていられるのですから、やはりあつ森はすごいゲームですよね。 少々マンネリ気味だった人も、先日の 海水浴アップデートでかなり熱が戻ったのではないでしょうか? ロケッ島(ろけっとう)で暮らす私の化身「サンチェル少年」も、どうやらその1人のようです。 ・水中で過ごす日々 理想の島作りをメインにするならば、あつ森は「シミュレーションゲーム」ですよね。 ただ私の場合は「魚」「虫」「花」などを集める「 コレクションゲーム」としての要素が強く、実は6月の時点で捕れる魚や虫、花はほぼ全て揃ってしまいました。 「やべえ、もう集めるものがない……」と思っていたところ、つい先日の神アップデートですよ。 新たなコレクション要素として「 うみのさち」が追加されたサンチェル少年は、モチベーションも急回復! 最近では陸よりも水中で過ごす時間が長くなっています。 ただ、悲しいかな、やはりまだ素潜りは得意じゃないんですね。 魚や虫はほぼ逃がすことは無いんですが、特に夜の素潜りは 獲物を見失うことが結構あります。 ほら、泳ぐ速度って決まってるじゃないですか。 視界が悪い中ですばしっこい獲物に旋回されると、サンチェル少年はほぼついて行けません。 真面目な話、結果的には捕れたんですが、初めてのロブスターは 15分近く追いかけっこしていましたから。 15分ですよ、15分。 釣りってどんな大物でも秒ですよね? 途中から「こういうバグなのかな?」と思ったほど、まだまだ素潜りは未熟です。 超楽しいけど。 ・レアな虫が欲しい で、サンチェル少年は海中で過ごす傍ら、夜は妻の住む北半球の島に入り浸っています。 ロケッ島のある南半球は雪も降り始め、いよいよ冬本番って感じなんですが、正直「魚」と「虫」は先月とほぼ変わらないんですね。 ところが 北半球の7月は激アツ! 特にカブトムシやクワガタなどの虫は、1年で1番アツいのではないでしょうか? 「ヘラクレスオオカブト」や「オオクワガタ」など、耳にするだけで少年魂に火が付くレアな虫を求め、毎晩のように北半球の島に出没しているサンチェル少年ですが、結論から言うと 成果は芳しくありません。 ぶっちゃけ、1~2時間がっつりやっても1匹捕れるかどうかって感じです。 というのも、そもそも南半球のプレイヤーが北半球に行くと出現する生き物の数がガクッと減っちゃうんですよ(逆も同じ)。 これはおそらく仕様なんですが、南半球に住む私が北半球でエサを撒いても、魚は出現しません。 それくらい 違う半球の生き物は捕まえにくいんです。 ただし、その島に住むプレイヤー(私の場合は妻)がエサを撒くと魚は現れます。 なので、これまで私は1人で妻のプレイヤーもコントロールしながら、自分の島にはいない魚を釣っていたんですね。 その甲斐あって魚に関しては、 さほど苦労することなくほぼ全ての魚を釣り上げました。 ・虫は本当に難しい ところがどっこい、虫ですよ……。 魚と違って虫はエサがないので、 出会うかどうかは完全に運次第。 それなりの頻度で出現する「カブトムシ」「ミヤマクワガタ」「ノコギリクワガタ」あたりはすぐに捕まえましたが、レアな生き物は「オオクワガタ」を捕まえたくらいですかね。 あとは1度も巡り合ってさえいません。 7月の北半球には「ニジイロクワガタ」「オウゴンオニクワガタ」「コーカサスオオカブト」などという、名前だけで昇天ものの虫が出現すると聞きます。 そんなの絶対捕まえたいやん……! 少年の本能呼び覚ますやん……!! フータさんに寄贈したいやん……ッ!! というわけで、どれだけ捕まえづらかろうと今日もサンチェル少年は北半球の島に繰り出すのでした。 ロケッ島でカブトムシが出るのは1月ですからね。 半年なんて待っていられません。 おそらく、生き物に全く興味がない人もいらっしゃることでしょう。 島作りメイン、住人メイン、服装メインの方だっているハズです。 それが許される自由度の高さことが、あつ森の魅力ですよね。 しばらくはレア虫ハンターな日々が続くであろう、今週のサンチェル少年でした。 参考リンク: Report: ScreenShot:あつまれ どうぶつの森(Nintendo Switch) 《ロケットニュース24》.

次の