子猫 2 ヶ月 体重。 子猫の体重

子猫の育て方!生まれたてや1ヶ月~3ヶ月までの流れ

子猫 2 ヶ月 体重

com 大体目安は、1キロ前後です。 1,000グラムから1,500グラムの体重なら順調に育っている証拠ですね。 この時期には、あまりダイエットなどを気にせず、必要な体格を作るために餌はキチンと規定通り与えてください。 体重の測り方は、家庭用のキッチンメーターが便利です。 安い電子秤で良いので、適当な箱を用意し、秤に乗せてメモリをいったんゼロにして子猫を入れて測ってみましょう。 体重が平均体重程増えない場合、原因は自分で考えず動物病院などで相談してくださいね。 餌を食べてくれないときは? 子猫の育て方で一番苦労しがちなのは、離乳期からしばらくして急に餌を食べなくなることではないでしょうか?元々猫自体は一度にまとめて餌を食べてくれる方が稀で、絶食も一度抜いたくらいではあまり問題にはなりません。 体重を計測し、平均体重以下なら以下のようなことが無いか思い浮かべてください。 ・餌の匂いが落ちていないか? ・缶詰やお刺身などを与えたことはないか? ・飼い主さんが食べているそばで、子猫に餌を与えてないか? 生後3ヶ月の子猫だけではなく、これらのような育て方は、猫にとっては悪影響です。 猫はちょっとした環境の変化に敏感ですし、早くから母猫とは離れてしまっているので、飼い主さんの生活を参考にしてしまいます。 猫の飼い方の基本は、人間の生活に猫が合わせていくのではなく、猫の生活と人間の生活を切り分けることにあります。 正しい育て方は、猫に適した餌と水を与えることで、猫本来の食性を引き出すことにあります。 「食いつきが良いから」と安易に餌を切り替えるのは、望ましいことではありません。 おやつなども、飼い主さんとのコミュニケーションで利用するなど、使い方を限定してくださいね。 平均体重は、正しい給餌であれば普通に増えていくはずです。 普通のキトンフードを主体に1日3回から5回にわけてこまめに与えてください。 com 生後間もない子猫は、雄雌の判別は難しいものです。 生後2ヶ月未満の子猫のお尻には、雄雌とも穴が2つあります。 雄の睾丸が出てくるのは、3ヵ月くらいが目安です。 それまでは、肛門と尿道の間の長さで判別します。 ちなみに雄の場合は2つの間隔は2センチくらい、雌は1センチです。 雄猫の場合、生後3ヶ月では非常に好戦的な感じに噛みついて来たり、おもちゃの反応も非常に敏感です。 雌の場合はややおとなしめですね。 育て方としては、雄の方はたくさん遊んで猫本来の習性を身に着けさせるのが好ましいでしょう。 雌の場合と雄との育て方はハッキリ違える必要はありませんが、優しく撫でたり、優しく高い声で名前を呼んだりすると良いですよ。 猫は高い声に反応が良いです。 子猫の避妊・去勢の時期はまだ!.

次の

月齢ごとの子猫の大きさ。健康的な体重の推移について

子猫 2 ヶ月 体重

親猫・兄弟がいる場合、成長するまで一緒にしておきましょう。 親猫がいない場合、ミルクを哺乳瓶で与えます。 寝る場所には、たくさんのタオルを置く、ペットボトルの湯たんぽを火傷しないように側に置くなどして暖かく保ちましょう。 ケージにタオルをかけるなどして、薄暗く落ち着けるようにしましょう。 子猫は体調が急変しやすいです。 嘔吐や下痢など異変があったら、すぐに動物病院に連れて行ってください。 スキンシップをとって、人間に慣れさせましょう。 体重は個体差が現れます。 オスの方がメスに比べて、体重が重い場合が多いです。 生後6週 一ヶ月半 以降にはワクチンをします。 そのあと1ヶ月ほどあけて2度目のワクチンが必要です。 生後何週間か?見分け方 生まれたて 100グラム前後 まだ目は開いておらず歩けません。 母乳 子猫用ミルク を飲みます。 お母さんが舐めたりして排泄をさせます。 お母さん猫がいない場合は、ティッシュなどで刺激して排泄させます。 必須! おすすめ 生後1週間 200グラム前後 目が少し開きます。 耳が横になっています。 よちよち動く程度です。 母乳 子猫用ミルク を飲みます。 生後2週間 250~300グラム前後 目が見えるようになります。 キトンブルーと呼ばれる青色の瞳です。 耳はほぼ横向き。 母乳 子猫用ミルク)を飲みます。 生後3週間 350グラム前後 乳歯が生え始めます。 母乳 子猫用ミルク)を飲みます。 ふやかしたフード、パウチなどをお皿から食べます。 少しづつ歩きはじめます。 おすすめ 生後4週間 400グラム前後 ふやかしたフード、パウチなどをお皿から食べます。 お水も自分で飲み始めます。 トイレを覚えさせます。 電源コードなど噛み出す頃なので気をつける。 おすすめ 生後1ヶ月~ 450グラム前後 瞳はまだ青色(キトンブルー) 耳はだいぶ猫らしくなります。 元気に動く頃です。 小さいカリカリが食べられます。 お水も飲みます。 自分でトイレが出来ます。 高いところに登って降りられずに鳴いたり、何でも噛んだりします。 まだ動物病院に行っていない方は、必ず行きましょう。 便検査は必須です。 生後6週(1ヶ月半)以降はワクチンも接種できます。 生後2ヶ月~ 550~750グラム前後 目の色が分かり始めます。 ドライフードを食べ、水を飲み、トイレも出来ます。 離乳食を卒業した、この頃から里親さんへの譲渡も可能です。 生後3ヶ月 1キロ~ 2回目のワクチンも終了している頃です。 次のワクチンからは毎年1年ごとになります。 ここから1歳になる頃までは、とにかく活発です。 家の中のものを倒したり、汚したりなんてことは日常茶飯事!日に日に大きくなり、顔も大人になっていきます。 楽しい場面や可愛い姿の写真・動画をたくさん撮っておきましょう! 1年経つと体重は3~6kgになります。 種類や体格によりかなり差があります。 元気に大きくなりますように!.

次の

子猫のお世話をするときのポイント2〜体重チェック〜|子猫の飼い方|教えて猫ノート 猫のお悩みスッキリ解決!

子猫 2 ヶ月 体重

shutterstock. com 生後生後4ヶ月の子猫の平均体重は2㎏と言われていますが、 猫の種類によっても、 オスかメスかによっても違うのであくまで目安とお考え下さい。 例えば、生後4ヶ月のの平均体重は1780~1950㎏ですが、一方大型のは生後4ヶ月でも平均体重が2100~3200㎏あります。 これもあくまで平均体重なのでこれより小さい個体や大きい個体もいます。 大切なのは大きさより健康かどうか。 食べなくて痩せ過ぎている、もしくは食べ過ぎ(背骨が確認できないくらい太っていて運動もしない)などであれば問題ですが、生後4ヶ月はまだまだ身体が成長する時期ですから、あまり気にすることはないかもしれません。 子猫の体重の量り方 まだ小さいので キッチン秤を使うのが簡単です。 デジタルなら細かく量れてグッド!子猫はじっとしていませんから、秤の上に発泡スチロールを置いてミルクや餌の汁などを垂らし、舐めているスキに素早く計測しましょう。 子猫の間は、できるだけ頻繁に体重を量ってあげるなら、健康状態も管理しやすいですし、子猫の成長を喜ぶこともできますね。 生後4ヶ月の子猫の餌のやり方についての考え方 shutterstock. com 生後4ヶ月頃から、乳歯から永久歯に変わり始める「歯牙脱換期(しがだっかんき)」に入ります。 つまり、この時期に柔らかい食事から 硬めの餌に切り替えることができるでしょう。 野良猫であれば、この生後4ヶ月頃には母猫が子猫に狩りの仕方を教え、独り立ち訓練の最終段階です。 5か月になると歯と顎がしっかり発達することをイメージするといいですね。 餌の量 体重に200カロリーを掛け合わせた分が一日の必要カロリーであるという情報もありますが、これも参考程度にしてください。 普通、猫は犬と違ってあるだけ全部を食べたりしません。 満腹になれば、残すこともします。 生後4ヶ月は 育ち盛りなのでちょっと食べ過ぎなのではないかと思うくらい食べます。 心配ないです。 カロリーも必要とし、その分体もいっぱい動かして消費しているはずです。 逆に食べない方が心配です。 数匹飼っている場合、食べそびれている子がいないかも注意してくださいね。 餌の回数 お腹がペコペコになると一度の食事でガツガツ食べて、食後に吐いてしまうことがありますから、生後4ヶ月頃はまだ 3~4回に分けて与えるのが理想的です。 この場合も、食事の間隔が開きすぎないように気を付けてください。 身体が脂肪をため込みやすい体質になり、肥満の原因になるからです。 生後4ヶ月の子猫についてのまとめ.

次の