ハイ キュー ネタバレ 380。 『ハイキュー!!』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

【ハイキューネタバレ最新話390話速報】第三セットが始まり宮が三刀流快進撃!|ワンピースネタバレ漫画考察

ハイ キュー ネタバレ 380

パッと読むための目次• ハイキュー285話のネタバレの要点まとめ 「ハイキュー285話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ! 稲荷崎高校のマッチポイント 今回のハイキュー285話は前回の稲荷崎高校がマッチポイントとなり、稲荷崎高校24点。 烏野高校22点の段階から始まります。 マッチポイントでの稲荷崎高校のサーブは尾白アランが打ちます。 それを烏野高校はなんとかレシーブに成功し、影山が田中にトスを上げます。 ちょうどいい高さで上がったトスを田中は、超インナーに狙ってスパイク!! しかし、稲荷崎高校もそれを読んでいて、ブロック!! ブロックしたボールがコートに落ちると、東峰や澤村は固まりますが、すかさず西谷がフォローに入ってボールをつなぎます。 西谷の上げたボールを影山がなんとか拾い、それを日向が速攻で打ち込みます。 しかし、そんな不意打ちの攻撃にも稲荷崎高校は対応して、尾白アランが拾います。 宮侑 「マトモな攻撃は無理」 「古館春一「ハイキュー」285話より引用」 一瞬の判断で宮侑は、体勢を低くしながらトスを上げてスパイクを打ち込みました。 実況 「高校トップクラスの両校セッター互いにハイレベルな配球を展開! 」 「打つ方も凄いですね」 「古館春一「ハイキュー」285話より引用」 田中の一番の武器 前回のハイキュー284話で田中は、影山に少しの間、自分に上げるボールを減らしてくれと頼みました。 しかし、影山はその頼みをあえて田中の攻撃が必要だと断っています。 その影山の信頼してくれているからこその拒否に、田中は試合をしながら考えます。 田中 「あれは励ましなんかじゃねぇ」 「古館春一「ハイキュー」285話より引用」 そして、影山も試合をしながらも冷静に分析します。 影山 「1セット終わり以降、田中さんの調子は絶対に悪くない」 「今までなら勢いでブッ放す様なところも冷静だし、超クロスはすげえ」 「でも、田中さんの一番の武器は本当にそれか?」 「いや一番は俺が決めることじゃない」 「古館春一「ハイキュー」285話より引用」 瞬時に田中のことを考えて、影山は高めのちょうどいいトスを田中に上げます。 影山 「もっとギリギリもっと広く」 「スパイカーに選択肢を」 「古館春一「ハイキュー」285話より引用」 田中は、時間の猶予とあらゆる攻撃の選択肢が与えられた絶妙なトスに飛び込みます。 養烏コーチ 「超インナークロス相手が脅威に思わないわけがない 警戒しないわけがない」 「超インナーを見せてから僅かに・でも確実にクロスに引っ張られてきたブロック」 「田中が抉じ開けたもう1つの道」 「古館春一「ハイキュー」285話より引用」 田中 「励ましなんかじゃねえこの脅迫 しんらい に応えて見せろ」 「古館春一「ハイキュー」285話より引用」 田中はギリギリのラインショットをストレートに打ち込むことに成功します。 ボールがコートに弾み、全員が息をのむ・・・。 そして、会場が一気に沸き立ちます。 」 「古館春一「ハイキュー」285話より引用」 このストレートの一本に田中のお姉ちゃんも涙ぐみながら見守ります。 吠える田中に大喜びする烏野高校のメンバー達。 しかし、そこに影山の姿はなく、影山は1人手を合わせて集中します。 「古館春一「ハイキュー」285話より引用」 「この短期間に何があった」と、影山の成長スピードに驚く宮侑。 そして「iパッド」越しに影山の成長を見る青葉城西高校の及川は、「ハンッ」と悔しがりながら、ランニングを再開します。 実況 「勢いを落とさない烏野高校ですが依然稲荷崎のマッチポイント」 「サーブは烏野ここでミスしても甘いボールを入れても待っているのは敗北です・・・! 」 「古館春一「ハイキュー」285話より引用」 全ては影山のサーブに委ねられて、ハイキュー285話は終わります。 スポンサーリンク ハイキュー285話のネタバレの考察 ハイキュー285話を読んだ上での考察をまとめておきます。 田中の超インナースパイクを囮とした極上ラインショット 今回のハイキュー285話では、田中がギリギリのコースであるストレートをブチ抜いてポイントをゲットしました。 今までは調子が良いこともあり、超インナースパイクのクロスが決まっていたりもしましたが、警戒されてブロックに捕まることも多くなってきていました。 田中にとっては、調子がいいのにもかかわらず止められてしまうことから、一度冷静になろうとして、影山に「ボールを上げるのを少なくしてくれ」と頼みました。 しかし、影山はそんな田中の感情や今の状況、調子も考えたうえで、その頼みを断っています。 その結果、田中は後輩の影山のこれまでにないくらいの「脅迫」に近いような信頼を実感したことで、立ち上がれたのだと考えられます。 また、インナースパイクは、稲荷崎高校としても警戒せざるをえないひとつの攻撃なため、仏用以上にブロックしていました。 しかし、それが逆に仇となって、ストレートのコースがわずかながら開いてポイントにつながったのだと言えます。 影山のサーブ 現在のポイントは稲荷崎高校が24点のマッチポイントであり、烏野高校が23点です。 ここで烏野高校はサーブ権が回ってきます。 中途半端なボールでも、入らなくても即ゲーム終了なため、サーブを打つ影山の緊張度は計り知れません。 しかし、影山は烏野高校のメンバーの中でもトップクラスのコントロールと威力があることから、十分にサービスエースをねらえる可能性もあるので、稲荷崎高校に追いつくことでしょう。 また、烏野高校が追いついたとすれば「デュース」となり、2点差がつくまで試合は終わりません。 準決勝ということもあるので、おそらくここからがさらに大きな戦いとなるでしょう。 間違いなくこのままあっさりと終わる試合ではないと予想できます。 ハイキュー285話ネタバレのまとめ 今回はハイキュー285話のネタバレ記事を紹介しました。 長かった稲荷崎高校との試合もまさしく終盤です。 もうすでにメンバー全員が実力以上の力を発揮できているので、あとは気持ちの強い方が勝つのではないでしょうか。 次回は影山のサーブから始まる緊張の一瞬なので見逃せません。

次の

ベルセルクネタバレ最新360話確定【戦士キャスカの復活】

ハイ キュー ネタバレ 380

スポンサーリンク ベルセルクネタバレ最新360話「戦士キャスカの復活」 ベルセルク速報 リアルタイムで22年ぶりに正気に戻るキャスカ — もちもちナカメさん クレメンス meganetorunayo 舞台が再び妖精島になっており、目覚めたキャスカとガッツとの新しい関係という形で展開されます。 目覚めたキャスカですが、これまでのキャスカとは違ってガッツ組に新しいヒロインが加わったという解釈でも問題ないと思います。 気になるのは、やはりキャスカとガッツとの恋物語とその行方ではないでしょうか。 また、恋愛模様が始まるのか?それともベルセルクが狂戦士のような終わりのない戦いをするのか? 個人的には、戦士という意味から想像すると、新たな敵が登場して、蝕のときと同じようにガッツは味方を失うような展開になってしまうのでは?と危惧しています。 イメチェンしたキャスカ キャスカは、ダナンに髪を切ってもらっていたようです。 キャスカは女王陛下自らありがとうございますと礼を言い、妖精王という身分を気に掛けることなく、「いーのよいーのよ、私が好きでやっているのだから」と言い、優しく微笑んでいました。 ダナン曰く、女性の髪を綺麗に整えるということは楽しいことだそうです。 これまではドレスもとても似合っていた髪型だったんで少しもったいないような気もしました。 しかし、服はキャスカの希望通りに、動きやすい森の守人のものと剣を用意されていました。 髪を整え、剣を手渡し、キャスカは見た目はかつてのような戦士に戻っていたのです。 戦士キャスカの誕生 扉を開いて、キャスカは仲間たちの前へと改めて現れ、戦士として第一歩を踏み出しました。 キャスカは、軽装ながらも剣を持った凛々しい姿で、紛れもなくかつての戦士キャスカと同じ雰囲気を醸し出していました。 ファンの方も、これまでのキャスカよりもこっちのほうがしっくりと思ったことでしょう。 しかしながら、そこにガッツの姿はなく、彼女はつらい記憶を受け入れきれずにいたことも事実のようですね。 イシドロは、変わったキャスカをみて感慨深げですね。 イシドロ達が知ってるキャスカといったら、手のかかるみそっかすの赤ん坊だったということですね。 キャスカは助けてもらったときのことをお礼すると、イシドロは照れくさそうに笑っていましたね。 キャスカは、あの聖地で私を拾い、匿ってくれた娘たちは今も、無事でいるだろうかとふと考えていました。 キャスカはファルネーゼを恨めしく思ってなどいなかったのです。 キャスカはぼんやりとした幼少期の記憶を辿りながら、彼女を諭していました。 キャスカにとって、あなたは本当に母であり、姉であったのだと言いうと、ファルネーゼが涙を流していました。 ファルネーゼはこのような扱いには慣れておらず、そのせいで、自然と涙が流れてきたみたいです。 スポンサーリンク ベルセルクネタバレ最新360話「キャスカとガッツはどうなる?」 たむらんあんてな : 【ベルセルク】359話感想 キャスカがショートヘアに!昔みたいに剣術もできるぞ — トヒトヒ ththtklp やっと正気を取り戻したキャスカを見られました! そして、髪を切ったキャスカは、どこか懐かしい気持ちになり、これからの展開が楽しみでなりません。 恐らくキャスカ自身も「やはりこっちのほうがしっくり来る」と思っていることでしょうね。 やっと、ファンの人たちがよく知るあの戦士キャスカがついに戻ってきたのです。 キャスカが髪を切ってしまって残念と思った方もいるのではないでしょうか? 戦士の姿になったことで、これまでのキャスカとは違った本来の美しさを取り戻しました。 個人的にもキャスカが髪を切ってしまったことを少し寂しい、惜しいと感じており、皆さんもそうではないでしょうか。 とはいえ、キャスカの立場に立って考えると、キャスカが髪を切るのは仕方のないことのように感じます。 キャスカはこれまで仲間たちに世話になっていたので、たくさん恩を返したいと思っているでしょう。 なので、剣士として活躍する決意の表れだったのかもしれません。 それで、髪を切ったのだと思います。 戦闘においては、長い髪は邪魔ですからね。 キャスカとガッツの関係は? もしキャスカが正気に戻った状態で、今の仲間たちとどのようなやり取りをするのでしょうか? エーレンの姿を見ていた頃から、ずっと気になっていました 笑 前回の話でそれが実現したことによって、正気のキャスカはやはり美しいと思いましたね。 特に理由としては、キャスカがファルネーゼへの感謝の気持ちを述べるシーンについては、とても素晴らしいと思います。 まっすぐで屈託のないキャスカの言葉というのは、ファルネーゼだけでなく、ファンの心にも響いたのではないでしょうか。 キャスカの剣の腕前も見事で、全く衰えていないですね。 キャスカが主役のような展開ですが、迫力よりも洗練さを重視したような描写で、画も綺麗でしたよね。 その綺麗な描写が、キャスカの美しさをより一層美しくしていると思います。 しかし、同時に思うことはやはりガッツではないでしょうか? 読んでいる最中にずっと思っていましたので、皆さんも思っておいたことでしょうね。 「ガッツとはどうなったんだよ……!?」 ガッツといえば、キャスカにとっての過去のトラウマでもあります。 さらに、キャスカにはガッツを見るたびに『蝕』のことを思い出し、激しい動悸に包まれてしまう為、会うことができないという理由がありました。 もっと言うと、姿を見るだけでなくて声を聴くだけでも動悸がしてしまうようですから、完全に拒絶反応ですね。 なので、せっかくキャスカは正気に戻ったのに、二人は触れ合えないのです。 この状況が、読者をどこまでももどかしくさせます。 ガッツとの復縁はあり得るのか? 個人的には再びガッツとキャスカが話し合う姿を早く見たいと思っています。 皆さんも同じように思ってきたはずです。 しかし、上記で紹介した通り、ここにきて尚も二人は引き離されてしまう状況に・・・ 前回のタイトルは『障壁』 これは、ガッツとキャスカを阻むという意味だけではないような気がします。 これから先、キャスカは克服するまで何度も、このガッツのトラウマに悩まされそうです。 ちなみに、ジュドーやガッツ、グリフィスのことだけではありません。 ピピンのことを思い出しても苦しみますし、コルカスのことを思い出しても苦しみますからね。 もっと言えば、鷹の団の部下や、仲間たちを思い出しても苦しむという状況にあります。 なので、キャスカはこれから立ちはだかる途方もない試練を乗り越えていかなければならないのです。 しかし、今いる仲間たちの協力や、今後の展開ではガッツの力も借りれるようになることでしょう。 キャスカが本当の意味で、立ち直って復活する日がきっとくるはずです。 スポンサーリンク 「ベルセルク ネタバレ 最新 確定」まとめ ベルセルクは単行本派なんだけど、実に20年以上ぶりにキャスカが戦っている姿が見られると聞いてヤングアニマルを購入してしまった。 — バケツ・J・ヘッド@9月14日甲冑戦闘訓練会。 グリフィスやガッツとの関係も見どころになりそうですが、まずはキャスカの戦士としての活躍を見たいですよね。

次の

【ハイキュー】288話のネタバレでついにクライマックス!!烏野高校のマッチポイント

ハイ キュー ネタバレ 380

2020年4月13日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のハイキュー本誌390話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 ハイキューの では、再び影山にスポットが当たった回となりましたね。 周りを信頼することによって迷いがなくなった影山は、変人速攻を使わずに、昼神との連携で次々と得点を決めていきました。 そんな影山の姿はまるで王様で、王冠とマントを付けているかのような風格を漂わせていました。 これからも白熱するであろう第二セットですが、これからの展開はどうなっていくのでしょうか? 今回は「【ハイキュー本誌ネタバレ390話最新話確定速報】第二セットはアドラーズ側の優勢で終了する?」と題し紹介していきます。 これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を電子書籍でお得に読みましょう。 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐに無料で読むことができます。 さらには無料で今までのハイキューのアニメもイッキ見できてしまいますよ。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 第二セットはアドラーズの独壇場になる? 第一セットでは日向の成長具合が描かれて、それらを強調したうえで、ブラックジャッカル優勢の状態で終了しました。 そして現在、第二セットでは影山がフューチャーされ、過去編や成長具合が描かれています。 このことから察するに、第二セットはシュヴァイデンアドラーズが有利な状態で終了するのではないでしょうか? また、第二セットに入ってから試合展開が少し早くなりました。 なので、あと1~2話ほどで第二セットは終了してしまうかもしれませんね。 及川や岩泉の進路が明らかになる? 387話での影山の過去編では、影山の思う強い人たちの中に及川の後ろ姿が映っていました。 これは及川が今後姿を現すことへの伏線になるのではないでしょうか? さらに、影山の過去編でたびたび姿を現していた岩泉もどのような道を歩んだのか気になるところです。 是非とも及川には何かしらの形で影山や日向とぶつかって欲しいものですね。 ただ、岩泉はバレーを続けていない可能性があることも否定できません。 というのも、試合が始まってからの各々の進路は、西谷や影山の姉などの「やりたいことの為にバレーを続ける道を選ばなかった人たち」が目立ちました。 つまり、「バレーを続けることだけが正しいわけではない」と言っているようにも捉えられます。 この流れですと、これから登場する人物たちは「バレーを続けなかった人」として登場する可能性も高いです。 そのため、岩泉も「やりたいことの為にバレーを続ける道を選ばなかった人」として登場するのではないでしょうか? 日向はまだ力を隠している? で牛島は、現在でもパワーだけで日向を圧倒するほどのポテンシャルがあることを見せつけました。 日向はそれに対して受け切れることが出来ず、「すまない」と顔で伝えた牛島に対して笑っていましたが、内心イライラしているのが伝わる顔をしていました。 現在第二セットに突入したばかりですが、日向は牛島にやり返そうとする気持ちが沸々と湧いてきていると思います。 日向は高校の時のように焦っている様子がまだ見られません。 そのため、まだまだ日向は力を隠していて、これからも驚くようなファインプレーを見せてくれる可能性は大いにあります。 日向にはこれから、牛島や影山が驚くようなプレーをどんどん見せて欲しいですね。 佐久早の攻略法 佐久早は382話で異常な手首の柔らかさで回転をかけることが出来ることが判明しました。 そしてまだシュヴァイデンアドラーズはその技を攻略している描写はありません。 ブロッカーにとって脅威とも言えるべきプレーですが、果たしてシュヴァイデンアドラーズはこのプレーをどうやって攻略していくのでしょうか? 考えられる方法としては「取る角度を調整する」という方法があります。 ボールが回転する方向を見極めて、角度を変えてボールを捉えることが出来れば攻略できる可能性が高いです。 この方法はかなりの動体視力を持っていることが前提条件になります。 そのため、この役目は星海の方に渡ってくるかもしれません。 感動した。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 第二セット終了 影山の活躍によって勢いがついたアドラーズは、どんどんブラックジャッカルを突き放します。 そして21-25とアドラーズがリードした状態で第二セットが終了しました。 ネット越しから誇らしげな顔で見下ろす影山に対し、日向は「王様を倒してやる」と意気込みながら影山を見つめていました。 そして日向だけでなく、その後ろを歩く宮侑も、しっかりと影山に目線を合わせていました。 読まれる速攻 第三セットも影山のサーブからスタートしました。 影山のサーブを何とか上げる日向。 その日向からのレシーブを宮は明暗に繋ごうとトスをしますが、ブロックしようとする昼神の存在に気づいて「まずい!」と感じます。 ですが、もうボールは明暗に繋いでしまったため、どうにもできずに明暗のスパイクは昼神に防がれてしまいました。 ブラックジャッカルは速攻を使用する場面が多かったため、ベンチから指示がでていたのでした。 影山と宮、2大セッターの争い 影山の2回目のサーブはサービスエースとなり、3回目のサーブへ移ります。 3回目のサーブは犬飼が拾い、「速攻が多いと気づかれても勝負してやる!」と思った宮は、再び明暗との速攻を行い、今度は決めることができました。 次は宮のサーブとなり、6歩ほど下がった宮はスパイクサーブを放ちます。 そのサーブは牛島のスパイクによって戻され、そのボールを上げた宮は「また真ん中で勝負する」と背中で語りかけます。 ところが、そのボールをトスしたのはレフトにいた木兎であり、ブロックは振り回されたことで木兎のスパイクが決まりました。 影山と宮という2大セッターが、お互いに意識してバチバチと火花を燃やしていました。 ハイキュー390話ネタバレ最新話確定速報まとめ ハイキュー本誌の では、影山の迷いないプレーによってブラックジャッカルが翻弄される回となりました。 王冠とマントを翻す影山はとてもかっこよかったですね。 そしてハイキュー本誌390話では、宮にスポットが当たった回となりましたね。 宮は影山に対抗しうるセッターであるため、今回の活躍はとても見ごたえのある回となりました。 二刀流でも強い宮ですが、三刀流になることで、まさに鬼に金棒といった存在になりました。 このまま宮の快進撃が続いていくのでしょうか? それとも、アドラーズの誰かが成長を見せつけていくのでしょうか? 引き続きハイキュー本誌に注目していきたいと思います。 391話の内容がわかり次第最新確定速報としてお届けしていきますので、ご確認ください。 以上「【ハイキューネタバレ390話最新話確定速報】第二セットはアドラーズ側の優勢で終了する?」と題しお届けしました。

次の