トリア ケノン 比較。 どっちがいい? トリアとケノンどちらがおすすめ?脱毛効果や口コミで徹底比較!

【ケノン】【ブラウン シルクエキスパート】【トリア】の違いを比較 VIOは? ヒゲは?

トリア ケノン 比較

ケノンとトリアを比較しました。 何かと比較される事が多いケノンとトリア。 純粋に人気だけならケノンの方が上ですが、トリアはレーザー脱毛器という事もあり、 どちらが良いのか迷って人も多いようです。 そこでケノンとトリアを機能や実際に使って感じた事を踏まえて比較していきます。 ケノンとトリアの性能や機能を比べてみる まずはケノンとトリアの機能と性能を比較してみますので、 以下の表をしっかりとご覧ください。 脱毛器 種類 フラッシュ レーザー 価 格 69,800円 54,800円 脱毛効果 高い 高い 照射範囲 9. 25m 1m カートリッジ価格 9,800円 本体価格の半額(バッテリー交換) 重さ 120g 584g ショット数 最大1,000,000発 最大200,000発 1ショット コスト 0. 0185円 0. 137円 痛み あまり痛くない 痛い 脱毛部位 全身 全身(顔は口周りのみ・I・OラインはNG) 連射機能 6連射 なし 美顔器 あり なし 詳細 上記の表をみてわかるようにケノンの方が若干本体価格は高くても、 それ以外はほぼケノンの方が上だと思います。 重要な部分をそれぞれ解説していきます。 脱毛効果 脱毛効果はどちらも高いので簡単には比べられませんが、 管理人の実体験としては、剛毛はトリア、産毛はケノンの方が効果は高い印象です。 ただ、それでも優劣を付けなければいけないとすればケノンです。 確かにトリアは剛毛に対して脱毛効果は高く、少ない回数で綺麗にすることが出来ます。 ですが毛が薄くなって産毛の状態になってから効果はほとんど感じられません。 対してケノンはトリアに比べ剛毛を綺麗にするには少し脱毛回数が必要でも、 毛が薄くなってからも脱毛効果が高いです。 つまり、 ケノンは最後までしっかりとムダ毛を脱毛出来ますが、 トリアは効果を感じるのが早くてもムダ毛を全て処理しきれいないという事です。 照射面積 ケノンはトリアの9倍以上も照射面積が広くなっております。 これは 単純に9回も多くのショット数が必要になるということです。 ショット数が多くなるという事は時間も手間もかかり、 カートリッジやバッテリーを消耗するのでランニングコストが高くなります。 狭い範囲の脱毛だけならまだしも全身脱毛をするとなると、 照射範囲が狭いのは大変です。 重さ ケノンのハンドピースは120gと軽くて操作もしやすく使いやすい脱毛器です。 対してトリアは584gと重さがあり、操作のしにくさがあります 特にトリアで広範囲を照射するとなると照射面積が狭くショット数も時間も必要で、 長い時間持つことになりますから結構腕が疲れます。 また、腕が疲れると誤った個所を照射する恐れもあります。 カートリッジとワンショットコスト ケノンはカートリッジ交換でトリアはバッテリー交換です。 ケノンはカートリッジを使い切れば9,800円で最大100万発照射できるカートリッジに交換し、 トリアは最大20万発照射できるバッテリーを使い切れば 本体価格の半額(約27,000円)で新品の本体と交換してくれる仕組みです。 そして、それを比較するのがワンショットコストで、 ケノン(0. 0185円)はトリア(0. 137円)の約7分の1のランニングコストになります。 痛み ケノンはあまり痛くないとはいってもレベルMAXで照射すれば多少なりとも痛みはあります。 ただ、全然我慢できるレベルというだけです。 対してトリアはレーザー脱毛器なだけあり、痛みが強く、 敏感肌や痛みに弱い人は耐えられない可能性もあります。 実際に痛くて使えないという人も沢山います。 トリアのようなレーザー脱毛器は脱毛効果は高くても痛みが強いのがデメリットです。 その他の機能 トリアの機能は照射させるというシンプルな機能だけで、 ケノンは様々な機能が搭載されています。 具体的には、ケノンはお肌への負担を軽減させるためのが付いています。 この連射機能はワンショットの光を数回に分けて照射することで、 脱毛効果を出来るだけ下げずお肌への負担を少なくすることが出来ます。 また、 ケノンにはフォトフェイシャル美顔器として使える機能も付いています。 このフォトフェイシャルは美容外科がシワやニキビ跡などの治療で使うのと同じ機能で、 肌治療ができるようになっております。 当然、美容外科よりも出力は弱いですが、 それでも普通の美顔器では得られない効果を感じられます。 ケノンとトリアを実際に使ってみて 管理人はケノンとトリアを含む14種類以上の脱毛器を使ってきて ケノン中心に全身しました。 複数の脱毛器を使ってこれらの理由を全て網羅できるのはケノンだけでした。 上記の画像はケノンで脱毛したビフォーアフターで脱毛前と比べ全然綺麗になり、 脱毛後1年以上経ってもカミソリでムダ毛の処理をすることはほとんどありません。 多分、トリアの性能を考えるとトリア中心で脱毛しても ケノンほど綺麗には出来なかったですし、 そもそも途中で止めてた可能性があります。

次の

家庭用脱毛器の2トップ「ケノン」と「トリア」どっちを選ぶべき?機能比較表を作ってみました

トリア ケノン 比較

もくじ• 光脱毛器を選ぶ基準と商品の比較一覧 光脱毛器について調べると、現在販売している商品は30種以上あります。 あまりにも安すぎる商品はあやしいので除外すると、光脱毛器は、以下の20種類くらいの商品になりました。 ブラウン ヤーマン ローワン・ビューティー(株) ホームスキノベーションズ アイリスオーヤマ (株)グランミュール (株)ビューティフルエンジェル サイデン社 サイデン社 トリア・ビューティ (株)COSBEAUTY JAPAN (株)セドナエンタープライズ (株)itsube 光脱毛器を選ぶ際のポイントそしては 一般的に以下の5つがあげられます。 フラッシュ式かレーザー式か• 照射面積とチャージ速度• 照射可能回数• 安全性(製造国) 特に重要なポイントや、それほど気にしなくていいポイントなどもあるので、順に説明します。 レーザー式の代表は「トリア」、フラッシュ式では「ケノン」が有名です。 詳しい説明は省きますが、レーザー式とフラッシュ式では レーザー式のほうが脱毛効果が高いです。 (フラッシュ式とレーザー式の光脱毛器の詳しい違いはで説明しています。 ) そして、家庭用の レーザー式脱毛器は、「」としかありません。 これは、製造元のトリアが家庭用レーザー脱毛機についての特許を取得しているからです。 ただ、レーザー式は効果が高い分、痛みも強いのがデメリット。 一方フラッシュ式は、レーザー式に比べると効果が出るのに時間がかかりますが痛みはほとんどありません。 (個人差あり) なので、 はやく脱毛効果を得たい人はレーザー式を、 痛みに弱い人はフラッシュ式を使用することをおすすめします。 製品名 照射面積 9. 25cm2 7. 04cm2 6. 0cm2 9. 24cm2 12. 0cm2 8. 3cm2 4cm2 4cm2 7. 4cm2 3. 0cm2 4. 5cm2 6. 0cm2 2. 7cm2 2. 7cm2 3. 9cm2 3. 9cm2 3cm2 3cm2 1cm2 4. 5cm2 4. 16cm2 4. なので、照射回数が多ければ多いほど、コスパが高いとも言えます。 とは言っても、レーザー式のように効果が出るのが速い脱毛器もあるので、 回数だけが多ければ良いとは一概には言えません。 実際のところ10万回照射できれば、全身のケアを何十回もできることになるので、それほど気にする必要はありません。 最近の家庭用脱毛器は、30万回以上のものがほとんどです。 その点でいえば、大手家電メーカーのパナソニックの「光エステ」や美容機器メーカーのヤーマンの「レイボーテシリーズ」、レーザー脱毛器メーカーの「トリア」などは機器への信頼感があります。 精密機器ですから、メイド・イン・ジャパンであればなおさら安心です。 合わせて、 利用ユーザーの数や口コミの評判なども確認しておくことをおすすめします。 光脱毛器では、レーザー式の「 」がおすすめです。 トリアは、 世界唯一のレーザー式の光脱毛器。 実は、いわゆる 「永久脱毛」と言えるのはレーザー式を使っている医療機関の脱毛だけ。 脱毛サロンのフラッシュ式には、永久脱毛の効果はありませんし、効果が出るのにも時間がかかります。 トリアのレーザーは、 皮膚科で推奨されているものと同じレーザー技術を家庭用に調整したものなので、フラッシュ式の他の光脱毛器に比べると高い効果が期待できます。 ただ、レーザー式は効果が高い分、フラッシュ式に比べて痛みが強いという欠点もあります。 ですが、トリアは 30日間返金保証があり、どうしても痛みに耐えらえれない場合は返品することができます。 万が一の故障のときには 2年間の保証(公式サイトのみ)やもあり、アフターサービスが充実している点も見逃せません。 はやくつるつるにしたい人、永久脱毛に近いケアをしたい人、フラッシュ式では満足できなかった人におすすめです。 まずは 30日の返金保証期間の間、トリアを試してみてください。 関連 人によっては痛みが出ることもありますが、ケノンは10段階のレベル調整ができるので、痛みと効果のベストなバランスにレベル調整できます。 照射面積も9. 25cm2と業界トップクラスなので、全身のケアもわずか数分で完了。 手動照射だけでなく高感度センサーによる自動照射によって、初心者でも簡単にサロンレベルのケアができます。 持ち手が本体と分離しているので軽くて使いやすいというのも高ポイント。 50万人以上という圧倒的なユーザー数と、 12万件を超えるレビュー数、更には 日本製ということで安心感もあります。 複数のカートリッジがついてきて、部位によって使い分けもでき、 最大照射回数は驚愕の300万回! フラッシュ式で迷うならこれ、という製品です。 レーザーは痛いので、時間をかけて気軽にケアしたいという方には、ケノンのほうがおすすめです。 「」は、日本の美容機器大手メーカーのヤーマン社の製品です 旧モデルの「レイボーテR フラッシュダブル」が2020年にリニューアルしたモデルです。 魅力は何と言ってもケアの速さ。 肌の上を転がりながら移動距離を自動で感知する「インテリジェントローラー」が搭載されていて、照射漏れや2重照射を避けることができ、素早く全身をケアできます。 本体を転がすだけで自動でフラッシュを連続照射できるので、 使いやすさという点ではNo. 1です。 こちらも通常カートリッジとは別に細かい部分をケアするスポットカートリッジがついているので、男性の髭でも簡単にケアできます。 しかも、今なら 90日間返金保証あり(2021年2月28日まで)なので、気軽に試してみてはいかが?.

次の

トリアVSケノン Vライン脱毛比較

トリア ケノン 比較

赤外レーザー光は、皮下に存在するメラニン色素に対して選択的に吸収され易く、良性の色素性疾患治療に有効である。 また、人毛もメラニン色素を多く含むため、レーザー脱毛にも応用が可能である。 出典元:「」 トリアは家庭用脱毛器の中で唯一のレーザー式の脱毛器です。 トリアが特許を取得しているため、他社はレーザー式の家庭用脱毛器を製造することができないからです。 ポイント ワキのような太い毛にトリア効果がありました。 カミソリみたいに毛根が肌の中に残らない• 毛抜きみたいに肌の中に埋まってしまう埋没毛ができない。 なので、 脱毛後の仕上がりがとてもきれいでツルスベ肌になれます。 腕・スネ・鼻下のヒゲ: 細い薄い毛や産毛へのトリアの効果と痛み レーザー式のトリアは産毛の脱毛効果が高いといわれています。 脱毛原理と口コミのとおり、産毛への脱毛効果はケノンよりもトリアの方が効果は高いです。 特に鼻下のヒゲは、ケノンでは細かい箇所で上手に照射できないためか「毛抜け…てる?」といった感じでしたが、トリアを使うと鼻下の産毛のようなひげも手で引っ張るとするっと抜けるので、効果を実感。 トリアの脱毛原理 トリアの脱毛原理 光脱毛につかわれる光はメラニンを含む黒いものにだけ反応する性質があります。 はダイオードレーザーの原理上、選択的に毛の細胞に脱毛のエネルギーを与えられるため、 刃で肌を傷める可能性のあるカミソリや刺激の強い毛抜きよりも、レーザー脱毛の方が肌への負担が少なく脱毛ができます。 レーザー脱毛の原理は高度に物理的である.すなわち,同治療の最終的な標的は毛包幹細胞であるが,それ自体を選択的に破壊することはできないため(特異的な光吸収体がない),毛のメラニンにレーザーを吸収させて加熱し,その熱伝導により毛包幹細胞を加熱して破壊する必要がある.標的とする光吸収体はメラニンであるが,メラニンはレーザーの通り道となる表皮にも存在するため,その加熱が避けられない.このため,レーザー脱毛には表皮の冷覚が不可欠である. 出典元: 「」 とにかくトリアを照射する前によく冷やすのが、ヤケドを防いでや肌に負担をかけないポイントです。 レーザー脱毛の原理は高度に物理的である.すなわち,同治療の最終的な標的は毛包幹細胞であるが,それ自体を選択的に破壊することはできないため(特異的な光吸収体がない),毛のメラニンにレーザーを吸収させて加熱し,その熱伝導により毛包幹細胞を加熱して破壊する必要がある.標的とする光吸収体はメラニンであるが,メラニンはレーザーの通り道となる表皮にも存在するため,その加熱が避けられない.このため,レーザー脱毛には表皮の冷覚が不可欠である. 出店元::「」 トリアは痛い?しっかり冷やせばそこまで痛くはないよ とにかくしっかり冷やせば、痛みはそこまで強くありません。 レーザー脱毛は医療行為じゃないの?家でやっていいの? レーザー脱毛は自分以外の他人に行う場合には医療行為となりますが、自分が自分自身にレーザー脱毛する場合は医療行為にはあたりません。 なので、トリアを使って家で脱毛するのは問題ありません。 トリアは永久脱毛なの? とりあわ一休脱毛ができる医療脱毛と同じレーザー脱毛ができる家庭用脱毛器です。 レーザー照射ができる家庭用脱毛器はたくさんある家庭用脱毛器の中でもトリアだけです。 トリアは痛くないの?保冷剤で冷やす必要はあるの? トリアは脱毛効果の高いレーザー照射なので、フラッシュ照射の家庭用脱毛器と比較すると、効果がある分やはり少し痛いです。 公式サイトには「照射前に保冷剤で必ず冷やす」とは書いておりませんが、レーザー照射の原理から考えても、痛みを低減させるためにも、保冷剤で冷やしたほうが絶対いいです。 法令罪でしっかり冷やせば、照射の痛みはそこまで強くはありません。 照射する部位とレベルによってはほとんど痛みを感じないこともあります。

次の