テプレノン 市販薬。 エンタメ・キャンペーン|詳細ページ(弱った胃を粘液のベールで整える)

テプレノンカプセル50mg「サワイ」の効果・用法・副作用

テプレノン 市販薬

セルベックス50mgカプセルと言えば、胃酸から胃の粘膜を守る薬としてよくお世話になっています。 なので、似た市販薬があればなぁと思っていました。 そこで、だいぶ前に調べてみたら売っていたので購入し、いざ胃もたれがしんどいと感じたときに飲んでいます。 ただ、成分は同じものですけど、しっかり説明書を確認したことがなかったので量が気になりました。 しかも最近の市販薬でよく目にするシリーズ化もしていますし、何が違うのか?どれが自分にとって必要なものなのか判断するために調べてみました。 スポンサーリンク 胃薬セルベックスに似た成分の市販薬を知る前に。 処方せんがないともらえないセルベックスから先に調べてみると、 テプレノンという成分が入っていて、1カプセルに50mgを1日3回食後1回1カプセル。 大人量の場合は 1日量で考えると、 150mgを飲むことになります。 で、シリーズ化しているセルベールは、新セルベール整胃錠、新セルベール整胃細粒、セルベール整胃錠、セルベールの4種類。 成分のテプレノンは4種類すべて量が同じ 112. 5mg(1日量飲んだ場合。 )が入っています。 そうか、市販薬になると量が少なくなってしまうのか…。 それを補うかのように、他にも成分が入っているようで。 新セルベール整胃錠、新セルベール整胃細粒だったら、胃の運動を高める漢方が2種類と消化の働きを助ける成分が1種類入っていますし。 セルベール整胃錠とセルベールの場合、もう少しシンプルになって胃の運動を高める漢方が2種類に減っていますね。 あとは粉の方が飲みやすいのか、粒の方が飲みやすいのか好みが分かれるところ。 今までセルベール一択で飲んできましたが、お肉を食べると胃もたれするときに飲む機会が多いんだよなぁ…。 と考えると、脂肪の消化を助ける新セルベールの方があってるんじゃないかと思い始めました。 しかも粉はむせることがあるので、粒の方が個人的に助かります。 スポンサーリンク 関連記事.

次の

名医20人が自分で買って飲んでいる「市販薬」実名リストを公開!(週刊現代)

テプレノン 市販薬

セルベックスと同じ成分が配合されている市販薬はあります セルベックスの成分はすでに上述している『テプレノン』という名称です。 このテプレノンが配合されている市販薬が存在するということです。 最近の処方せんは商品名ではなく、成分名で記載する傾向にあるので、テプレノンという名称の医薬品を服用したことがある人も多いと思います。 セルベックス=テプレノンと考えてOKです。 セルベックスとは? まずは、セルベックスをご存じない方に簡単に説明します。 効果と副作用 セルベックスのメインの効果は 『胃の粘膜を守る』働きです。 胃の不調の原因を大きく2つに分けることができます。 敵の激しい攻撃にさらされているか、味方の防御力が落ちているかです。 敵の攻撃とは胃酸、味方の防御とは胃粘膜です。 つまり、胃への攻撃を抑えるか、胃の防御力を上げるかどちらかすれば胃の不調は解決しやすいです。 今回のセルベックスは後者であり、胃の粘膜を保護・強化して胃酸の刺激を防ぎます。 ちなみに前者の胃への攻撃を抑える市販薬は、H2ブロッカーであるガスターが最も有名です。 ガスターついては下の記事で解説しています。 また、セルベックスの重篤な副作用はほとんどありません。 もちろん医薬品なので、リスクはありますが、比較的安全性が高い医薬品だと思います。 実際の処方せんでの使い方 セルベックスは胃の粘膜を守る作用を期待して処方されます。 しかしセルベックスは病院で処方される胃薬の中だとマイルドな効果なので、胃潰瘍などにおいては、それ単独で治療するようなケースは見ません。 胃潰瘍の治療では、H2ブロッカーやPPIなどの胃酸を抑える薬が主役です。 それではセルベックスの出番はどこにあるのでしょうか。 セルベックスは胃の副作用予防のために、痛み止めなどとセットで処方されます。 胃への副作用が報告されている痛み止めを処方する際、例えばロキソニン 一般名:ロキソプロフェン 、ブルフェン 一般名:イブプロフェン などの医薬品と併用されることが多いのです。 しかし、セルベールはテプレノン単味ではなく、それ以外にもソウジュツとコウボクという生薬が配合されています。 どちらも胃の調子を整える生薬です。 ただし、生薬なので独特のにおいがあります。 セルベックスは生薬も配合されておらず、カプセルタイプの薬です。 セルベールは錠剤と粉薬ですので、匂いが苦手な人は服用しづらいかもしれません。 市販のセルベールは1日量としてテプレノン112. 5mgしか配合されていません。 処方せん薬の75%ほどの量です。 セルベールには先ほど申し上げた通り、生薬が配合されているので、効果の程度を単純には比較できませんが、 テプレノンの用量は市販薬の方が少ないです。 これは脂肪を消化する酵素です。 まとめ 今回は、処方せんでよく出るセルベックスという胃薬について解説しました。 セルベックスが欲しい方は市販薬として購入できることを知ってもらえたと思います。 セルベックスとは全く同じということではありませんが、必要と思っている方に少しでも参考になったのであれば、嬉しいです。 私は他にも 皆さんの日常生活の役に立つ市販薬について紹介していますので、興味がある方はご覧になってください。

次の

テプレノン‐胃腸に作用する薬の胃の薬‐登録販売者「医薬品」

テプレノン 市販薬

ムコスタのジェネリックレバミピド 胃の薬には大きくわけて2通りあります。 ロキソニンとともに医者で処方される薬は、粘膜を保護する薬が多いですね。 安全性が高く副作用が非常に少ないためだと思います。 よく処方されるのは、ムコスタ、セルベックスか、そのジェネリックだと思います。 ムコスタ 成分: レバミピド 成人1回100mg、1日3回 ロキソニンといっしょに処方される薬でいちばんポピュラーかもしれません。 胃の粘液を増やしたり、胃粘膜の血流を良くします。 ムコスタのジェネリック名は「レバミピド」です。 セルベックス 成分: テプレノン 成人1回50mg、1日3回 セルベックスも、胃の粘液を増やし、胃粘膜の血流を良くする薬です。 セルベックスのジェネリックも数多く発売されています。 薬品名は「テプレノンカプセル」のように「テプレノン」が入っています。 アンタゴスチンの名前で処方される場合もあります。 市販薬で似ている薬 ムコスタの成分が入った市販薬 市販薬でムコスタと同じ成分(レバミピド)はありません。 代わりに、セルベックス(テプレノン)と同じ成分の市販薬をするのがよいでしょう。 ムコスタはOTC(Over The Counter)薬として、薬局で発売されるという噂はありますが、今のところ決定されていません。 セルベックスの成分が入った市販薬 セルベックス(テプレノン)と同じ成分が入っているのは、 セルベールと ピーマTP健胃薬です。 どれも、処方箋薬のセルベックスが50mg(1回分)なのに対して、市販薬は37. 5mgです。 セルベール、セルベール整胃錠(エーザイ) セルベールが細粒、セルベール整胃錠は錠剤です。 成分:テプレノン 37. 5mg(一日112. 5mg) その他、胃の運動を活発にする生薬を配合 新セルベール整胃、新セルベール整胃(エーザイ) 細粒と錠剤があります。 成分:テプレノン 37. 5mg(一日112. 5mg) その他、脂肪の消化を助けるリパーゼAP6、胃の運動を活発にする生薬を配合 ピーマTP健胃薬(三宝製薬) 細粒タイプです。 成分:テプレノン 37. 5mg(一日112. 5mg) その他、胃の働きを整える生薬配合 胃粘膜を保護するその他の市販薬 ムコスタやセルベックスの成分とは異なりますが、胃粘膜を保護する成分が含まれる市販薬はいろいろあります。 スクラート胃腸薬( 錠剤/顆粒)(ライオン) 成分:スクラルファート1500mg:粘膜保護薬 その他、患部を修復する:アズレンスルホン酸ナトリウム、L-グルタミン、などを配合 スクラート胃腸薬S( 錠剤/散剤)(ライオン) 成分:スクラルファート1500mg:粘膜保護薬 その他、胃の働きを回復する生薬配合 アバロンS(大正製薬) 成分:ソファルコン 100mg:胃粘膜修復剤 その他、3種類の制酸剤配合 新センロック (散剤、錠剤)(第一三共) 成分:セトラキサート塩酸塩 200mg(胃粘膜の血流改善、修復) その他、制酸剤を配合、胃液の分泌も抑える コアブロック散剤(第一三共) 成分:セトラキサート塩酸塩 200mg(胃粘膜の血流改善、修復) その他、胃酸の分泌を抑える、2種類の制酸剤を配合 胃腸薬チェロ(ダンヘルスケア) 成分:ゲファルナート 50mg(胃粘膜保護修復剤) アズレンスルホン酸ナトリウム、L-グルタミン(胃粘膜の保護・修復) その他、胃酸の分泌を抑える成分、生薬配合 まとめ 市販薬は、いろいろな成分が含まれているので、処方薬のムコスタやセルベックスと比較することはできませんが、ここで紹介した市販薬は、どれも胃の粘膜保護が主な働きに含まれています。 胃の薬の効き目は個人差があるので、自分に合ったものを見つけるといいかもしれません。

次の