公式 ライン ログイン。 スマホから公式LINEのパソコン版(Web版)にログインする方法

LINE公式アカウントのログイン方法とログインできない時の対処法

公式 ライン ログイン

スマホ同士の同時ログインはできない LINEは他のSNSよりもアカウント管理が厳しいことで有名です。 そのため、アカウントを作った際には、いくつか決まりがあります。 電話番号でアカウントが認識されるため、1つの番号に対してLINEアカウントは1つしか作れない• 同じLINEアカウントは複数端末でログインできない• 同じ端末で複数のLINEアカウントを運用することはできない 上記のような厳しい縛りが存在します。 しかし、こうしてきちんとアカウント管理されているからこそ、安全に利用することができるというメリットもあるのです。 例えば、すでにLINEアカウントを登録している電話番号で、違うLINEアカウントを作りたいと思っても、電話番号で同じアカウントだとみなされて、以前のアカウント情報は抹消されてしまいます。 ただ、これは「スマホ同士」だからこその話です。 複数端末でログインできるケース 「複数端末でログインはできない」というのは基本ですが、実はログインできるケースもあります。 ただし、使用できる条件が少しだけ複雑なので、その点をしっかり抑えておく必要があります。 スマホ以外の複数端末でログインできるケースは、以下の通りです。 PC版Chrome• PC版LINE• iPad これらはそれぞれ、スマホ版のLINEとは独立した位置にいるので、それぞれの端末からログインしたとしても問題がないと見なされています・ さらに、PC版のLINEだと、複数のPCから同一アカウントでログインすることもできます。 複数端末でログインするメリット 複数端末でログインできれば便利かな、と漠然とは思うかもしれません。 しかし、実際にLINEが複数端末でログインできるメリットとは、一体なんでしょうか。 筆者が最もメリットだと感じるのは、「スマホを紛失してしまった時」です。 スマホを紛失してしまうと、LINEも使えない、ということになります。 通常、スマホはしっかりとパスコードロックされているという人がほとんどですが、それでも知らない間に連絡がきていても、どうにも確認することができません。 そこで、複数端末でログインすればスマホに届いたLINEメッセージも、別の場所から確認することができます。 複数端末でログインするための前準備 複数端末でログインする前に事前に設定しなくてはいけないことがあります。 それは、 LINEアカウントを別の端末でログインできるように設定をしなくてはならないことです。 その設定は、スマホ版のLINEで行う必要があります。 まず、スマホ版のLINEの友達画面から、左上の歯車 設定 アイコンをタップします。 設定画面では、「アカウント」を選択します。 アカウント設定の中にある、「ログイン許可」をオンにすると、PC版やiPad版のLINEに同じアカウントでログインすることができるようになります。 この設定を怠ると、PCやiPadからログインできないので、必ず設定するようにしてください。 事前準備さえできれば、あとの操作手順は簡単です。 PC版Chromeでのログイン方法 まずは、PC版Chromeのログイン手順から説明します。 PC版Chromeを使用する良さは、別のPCを使用する場面でもGoogleアカウントへログインするだけで、LINEをインストールすることなく使うことができる点です。 まず最初に、ChromeブラウザからGoogleアカウントにログインします。 次にChromeストアで「」をインストールします。 アクセス権限を確認し、追加します。 すると、ブラウザ右上に追加確認の画面が現れますので、そこからLINEが使用できるようになります。 その後、既存のLINEアカウントでログインする場合は、メールアドレスかQRコード、電話番号のどれかでログインができます。 試しにメールアドレスとパスワードを入力すると、6桁の認証番号が表示されます。 認証番号がブラウザ上に表示されたらスマホ版のLINEを起動し、認証番号を入力しましょう。 初回のみ、この認証操作が必要になりますが、それ以降は必要がありません。 認証が通るとスタートアップ画面に移動し、きちんとログインが完了されていることを確認してください。 友達リストやトーク履歴までもが同期されます。 PcからChrome版LINEにログインすると、LINE公式アカウントとのトーク画面に、下記のようなメッセージが表示されます。 万が一、自分がログインしていないのにトークが送られてきた場合は、メッセージにあるURLをクリックして、相手を強制的にログアウトさせましょう。 PC版LINEでのログイン方法 次にPC版LINEでのログイン方法ですが、こちらも手順はChromeとほぼ変わりはありません。 まずは、「」へアクセスして、LINEをPCにインストールしてください。 インストール完了後クライアントを開くと、ログイン画面が表示されます。 PC版LINEの場合も、メールアドレスか電話番号、QRコードのどれかを使ってログインすることができます。 本人確認の認証番号が届きますので、スマホ版LINEで認証番号を入力しましょう。 本人確認が完了すると自動的にPC版LINE上で同期が行われて、ログインが完了します。 ログインが完了した際には、Chrome版同様スマホ版LINEにも通知が届きます。 この作業が完了した後は、スマホとPCどちらからでもリアルタイムで内容が同期されてくれるので、同時に閲覧することも可能になります。 iPadでのログイン方法 iPadでも同時ログインすることが可能です。 iPadの場合もメールアドレスや電話帳、QRコードからログインできます。 iPadでも本人確認のための認証番号が表示されるので、時間内にスマホで番号を入力しましょう。 きちんと認証された後にiPad上でログインした後、スマホに通知が届いたら完了です。 複数端末のログインで注意したいこと 複数端末でログインする際の大きな注意点は、「 iPadではログインできますが、Androidのタブレットではログインできない」ということです。 Androidタブレットの場合、スマホと同一と認識されてしまいログインができない仕組みになっています。 その他にも、今回紹介した各種ログイン方法に関する注意点があるので、順番にご説明していきます。 PC版Chromeの注意点 2018年2月20日にChrome版LINEはサービスが終了しています。 なので、今後はアップデートがされないままの状態になります。 しかし、拡張機能をダウンロードしておけばLINEを引き続き利用することができます。 ただし、不具合等があったりスマホでは使える機能が使えなかったりという残念な所も。 例として、Chrome版LINEだと通話や絵文字、タイムラインなどは使用することができません。 PC版LINEの注意点 PC版LINEでは、スタンプを購入したり、ノート機能を使用することはできません。 購入済みのスタンプは使用することができるので、欲しいスタンプがある場合は、スマホ版で購入しておきましょう。 また、LINEと提携している公式コンテツもPC版では使えません。 さらに言えば、複数のパソコンでログインをすることはできないですし、一旦ログアウトした場合は当然もう一度ログインしなくてはいけません。 iPad版LINEはほぼスマホと一緒 iPadの場合はLINEを使用することにほとんど不便がありません。 そのため、複数端末でLINEをログインしようと思った場合は、 iPadが最も使いやすいかもしれないです。 筆者がおすすめする順番は、次の通り。 iPad• PC版LINE• Chrome版LINE どの方法が自分に合っているのかを、全部一度試してみるのも良いかもしれません。

次の

スマホから公式LINEのパソコン版(Web版)にログインする方法

公式 ライン ログイン

スマホ同士の同時ログインはできない LINEは他のSNSよりもアカウント管理が厳しいことで有名です。 そのため、アカウントを作った際には、いくつか決まりがあります。 電話番号でアカウントが認識されるため、1つの番号に対してLINEアカウントは1つしか作れない• 同じLINEアカウントは複数端末でログインできない• 同じ端末で複数のLINEアカウントを運用することはできない 上記のような厳しい縛りが存在します。 しかし、こうしてきちんとアカウント管理されているからこそ、安全に利用することができるというメリットもあるのです。 例えば、すでにLINEアカウントを登録している電話番号で、違うLINEアカウントを作りたいと思っても、電話番号で同じアカウントだとみなされて、以前のアカウント情報は抹消されてしまいます。 ただ、これは「スマホ同士」だからこその話です。 複数端末でログインできるケース 「複数端末でログインはできない」というのは基本ですが、実はログインできるケースもあります。 ただし、使用できる条件が少しだけ複雑なので、その点をしっかり抑えておく必要があります。 スマホ以外の複数端末でログインできるケースは、以下の通りです。 PC版Chrome• PC版LINE• iPad これらはそれぞれ、スマホ版のLINEとは独立した位置にいるので、それぞれの端末からログインしたとしても問題がないと見なされています・ さらに、PC版のLINEだと、複数のPCから同一アカウントでログインすることもできます。 複数端末でログインするメリット 複数端末でログインできれば便利かな、と漠然とは思うかもしれません。 しかし、実際にLINEが複数端末でログインできるメリットとは、一体なんでしょうか。 筆者が最もメリットだと感じるのは、「スマホを紛失してしまった時」です。 スマホを紛失してしまうと、LINEも使えない、ということになります。 通常、スマホはしっかりとパスコードロックされているという人がほとんどですが、それでも知らない間に連絡がきていても、どうにも確認することができません。 そこで、複数端末でログインすればスマホに届いたLINEメッセージも、別の場所から確認することができます。 複数端末でログインするための前準備 複数端末でログインする前に事前に設定しなくてはいけないことがあります。 それは、 LINEアカウントを別の端末でログインできるように設定をしなくてはならないことです。 その設定は、スマホ版のLINEで行う必要があります。 まず、スマホ版のLINEの友達画面から、左上の歯車 設定 アイコンをタップします。 設定画面では、「アカウント」を選択します。 アカウント設定の中にある、「ログイン許可」をオンにすると、PC版やiPad版のLINEに同じアカウントでログインすることができるようになります。 この設定を怠ると、PCやiPadからログインできないので、必ず設定するようにしてください。 事前準備さえできれば、あとの操作手順は簡単です。 PC版Chromeでのログイン方法 まずは、PC版Chromeのログイン手順から説明します。 PC版Chromeを使用する良さは、別のPCを使用する場面でもGoogleアカウントへログインするだけで、LINEをインストールすることなく使うことができる点です。 まず最初に、ChromeブラウザからGoogleアカウントにログインします。 次にChromeストアで「」をインストールします。 アクセス権限を確認し、追加します。 すると、ブラウザ右上に追加確認の画面が現れますので、そこからLINEが使用できるようになります。 その後、既存のLINEアカウントでログインする場合は、メールアドレスかQRコード、電話番号のどれかでログインができます。 試しにメールアドレスとパスワードを入力すると、6桁の認証番号が表示されます。 認証番号がブラウザ上に表示されたらスマホ版のLINEを起動し、認証番号を入力しましょう。 初回のみ、この認証操作が必要になりますが、それ以降は必要がありません。 認証が通るとスタートアップ画面に移動し、きちんとログインが完了されていることを確認してください。 友達リストやトーク履歴までもが同期されます。 PcからChrome版LINEにログインすると、LINE公式アカウントとのトーク画面に、下記のようなメッセージが表示されます。 万が一、自分がログインしていないのにトークが送られてきた場合は、メッセージにあるURLをクリックして、相手を強制的にログアウトさせましょう。 PC版LINEでのログイン方法 次にPC版LINEでのログイン方法ですが、こちらも手順はChromeとほぼ変わりはありません。 まずは、「」へアクセスして、LINEをPCにインストールしてください。 インストール完了後クライアントを開くと、ログイン画面が表示されます。 PC版LINEの場合も、メールアドレスか電話番号、QRコードのどれかを使ってログインすることができます。 本人確認の認証番号が届きますので、スマホ版LINEで認証番号を入力しましょう。 本人確認が完了すると自動的にPC版LINE上で同期が行われて、ログインが完了します。 ログインが完了した際には、Chrome版同様スマホ版LINEにも通知が届きます。 この作業が完了した後は、スマホとPCどちらからでもリアルタイムで内容が同期されてくれるので、同時に閲覧することも可能になります。 iPadでのログイン方法 iPadでも同時ログインすることが可能です。 iPadの場合もメールアドレスや電話帳、QRコードからログインできます。 iPadでも本人確認のための認証番号が表示されるので、時間内にスマホで番号を入力しましょう。 きちんと認証された後にiPad上でログインした後、スマホに通知が届いたら完了です。 複数端末のログインで注意したいこと 複数端末でログインする際の大きな注意点は、「 iPadではログインできますが、Androidのタブレットではログインできない」ということです。 Androidタブレットの場合、スマホと同一と認識されてしまいログインができない仕組みになっています。 その他にも、今回紹介した各種ログイン方法に関する注意点があるので、順番にご説明していきます。 PC版Chromeの注意点 2018年2月20日にChrome版LINEはサービスが終了しています。 なので、今後はアップデートがされないままの状態になります。 しかし、拡張機能をダウンロードしておけばLINEを引き続き利用することができます。 ただし、不具合等があったりスマホでは使える機能が使えなかったりという残念な所も。 例として、Chrome版LINEだと通話や絵文字、タイムラインなどは使用することができません。 PC版LINEの注意点 PC版LINEでは、スタンプを購入したり、ノート機能を使用することはできません。 購入済みのスタンプは使用することができるので、欲しいスタンプがある場合は、スマホ版で購入しておきましょう。 また、LINEと提携している公式コンテツもPC版では使えません。 さらに言えば、複数のパソコンでログインをすることはできないですし、一旦ログアウトした場合は当然もう一度ログインしなくてはいけません。 iPad版LINEはほぼスマホと一緒 iPadの場合はLINEを使用することにほとんど不便がありません。 そのため、複数端末でLINEをログインしようと思った場合は、 iPadが最も使いやすいかもしれないです。 筆者がおすすめする順番は、次の通り。 iPad• PC版LINE• Chrome版LINE どの方法が自分に合っているのかを、全部一度試してみるのも良いかもしれません。

次の

LINE公式アカウントのログイン方法とログインできない時の対処法

公式 ライン ログイン

スマホ同士の同時ログインはできない LINEは他のSNSよりもアカウント管理が厳しいことで有名です。 そのため、アカウントを作った際には、いくつか決まりがあります。 電話番号でアカウントが認識されるため、1つの番号に対してLINEアカウントは1つしか作れない• 同じLINEアカウントは複数端末でログインできない• 同じ端末で複数のLINEアカウントを運用することはできない 上記のような厳しい縛りが存在します。 しかし、こうしてきちんとアカウント管理されているからこそ、安全に利用することができるというメリットもあるのです。 例えば、すでにLINEアカウントを登録している電話番号で、違うLINEアカウントを作りたいと思っても、電話番号で同じアカウントだとみなされて、以前のアカウント情報は抹消されてしまいます。 ただ、これは「スマホ同士」だからこその話です。 複数端末でログインできるケース 「複数端末でログインはできない」というのは基本ですが、実はログインできるケースもあります。 ただし、使用できる条件が少しだけ複雑なので、その点をしっかり抑えておく必要があります。 スマホ以外の複数端末でログインできるケースは、以下の通りです。 PC版Chrome• PC版LINE• iPad これらはそれぞれ、スマホ版のLINEとは独立した位置にいるので、それぞれの端末からログインしたとしても問題がないと見なされています・ さらに、PC版のLINEだと、複数のPCから同一アカウントでログインすることもできます。 複数端末でログインするメリット 複数端末でログインできれば便利かな、と漠然とは思うかもしれません。 しかし、実際にLINEが複数端末でログインできるメリットとは、一体なんでしょうか。 筆者が最もメリットだと感じるのは、「スマホを紛失してしまった時」です。 スマホを紛失してしまうと、LINEも使えない、ということになります。 通常、スマホはしっかりとパスコードロックされているという人がほとんどですが、それでも知らない間に連絡がきていても、どうにも確認することができません。 そこで、複数端末でログインすればスマホに届いたLINEメッセージも、別の場所から確認することができます。 複数端末でログインするための前準備 複数端末でログインする前に事前に設定しなくてはいけないことがあります。 それは、 LINEアカウントを別の端末でログインできるように設定をしなくてはならないことです。 その設定は、スマホ版のLINEで行う必要があります。 まず、スマホ版のLINEの友達画面から、左上の歯車 設定 アイコンをタップします。 設定画面では、「アカウント」を選択します。 アカウント設定の中にある、「ログイン許可」をオンにすると、PC版やiPad版のLINEに同じアカウントでログインすることができるようになります。 この設定を怠ると、PCやiPadからログインできないので、必ず設定するようにしてください。 事前準備さえできれば、あとの操作手順は簡単です。 PC版Chromeでのログイン方法 まずは、PC版Chromeのログイン手順から説明します。 PC版Chromeを使用する良さは、別のPCを使用する場面でもGoogleアカウントへログインするだけで、LINEをインストールすることなく使うことができる点です。 まず最初に、ChromeブラウザからGoogleアカウントにログインします。 次にChromeストアで「」をインストールします。 アクセス権限を確認し、追加します。 すると、ブラウザ右上に追加確認の画面が現れますので、そこからLINEが使用できるようになります。 その後、既存のLINEアカウントでログインする場合は、メールアドレスかQRコード、電話番号のどれかでログインができます。 試しにメールアドレスとパスワードを入力すると、6桁の認証番号が表示されます。 認証番号がブラウザ上に表示されたらスマホ版のLINEを起動し、認証番号を入力しましょう。 初回のみ、この認証操作が必要になりますが、それ以降は必要がありません。 認証が通るとスタートアップ画面に移動し、きちんとログインが完了されていることを確認してください。 友達リストやトーク履歴までもが同期されます。 PcからChrome版LINEにログインすると、LINE公式アカウントとのトーク画面に、下記のようなメッセージが表示されます。 万が一、自分がログインしていないのにトークが送られてきた場合は、メッセージにあるURLをクリックして、相手を強制的にログアウトさせましょう。 PC版LINEでのログイン方法 次にPC版LINEでのログイン方法ですが、こちらも手順はChromeとほぼ変わりはありません。 まずは、「」へアクセスして、LINEをPCにインストールしてください。 インストール完了後クライアントを開くと、ログイン画面が表示されます。 PC版LINEの場合も、メールアドレスか電話番号、QRコードのどれかを使ってログインすることができます。 本人確認の認証番号が届きますので、スマホ版LINEで認証番号を入力しましょう。 本人確認が完了すると自動的にPC版LINE上で同期が行われて、ログインが完了します。 ログインが完了した際には、Chrome版同様スマホ版LINEにも通知が届きます。 この作業が完了した後は、スマホとPCどちらからでもリアルタイムで内容が同期されてくれるので、同時に閲覧することも可能になります。 iPadでのログイン方法 iPadでも同時ログインすることが可能です。 iPadの場合もメールアドレスや電話帳、QRコードからログインできます。 iPadでも本人確認のための認証番号が表示されるので、時間内にスマホで番号を入力しましょう。 きちんと認証された後にiPad上でログインした後、スマホに通知が届いたら完了です。 複数端末のログインで注意したいこと 複数端末でログインする際の大きな注意点は、「 iPadではログインできますが、Androidのタブレットではログインできない」ということです。 Androidタブレットの場合、スマホと同一と認識されてしまいログインができない仕組みになっています。 その他にも、今回紹介した各種ログイン方法に関する注意点があるので、順番にご説明していきます。 PC版Chromeの注意点 2018年2月20日にChrome版LINEはサービスが終了しています。 なので、今後はアップデートがされないままの状態になります。 しかし、拡張機能をダウンロードしておけばLINEを引き続き利用することができます。 ただし、不具合等があったりスマホでは使える機能が使えなかったりという残念な所も。 例として、Chrome版LINEだと通話や絵文字、タイムラインなどは使用することができません。 PC版LINEの注意点 PC版LINEでは、スタンプを購入したり、ノート機能を使用することはできません。 購入済みのスタンプは使用することができるので、欲しいスタンプがある場合は、スマホ版で購入しておきましょう。 また、LINEと提携している公式コンテツもPC版では使えません。 さらに言えば、複数のパソコンでログインをすることはできないですし、一旦ログアウトした場合は当然もう一度ログインしなくてはいけません。 iPad版LINEはほぼスマホと一緒 iPadの場合はLINEを使用することにほとんど不便がありません。 そのため、複数端末でLINEをログインしようと思った場合は、 iPadが最も使いやすいかもしれないです。 筆者がおすすめする順番は、次の通り。 iPad• PC版LINE• Chrome版LINE どの方法が自分に合っているのかを、全部一度試してみるのも良いかもしれません。

次の