クリストフ 歌 いらない。 アナ雪2クリストフの歌いらない、長いと不評?歌の元ネタやネットの反応

【アナ雪2】見た感想とネタバレ 内容は難しい?結末は?クリストフに笑える!1よりつまらないor面白い?突っ込みどころとラスト

クリストフ 歌 いらない

こんにちは!ヨウコママです。 アナと雪の女王2(アナ雪2)が公開されて2週間たち、多くの人が映画館に足を運んでいますね! ヨウコママも先週家族で見に行ってきました! いやー!ほんと!よかったです! アナ雪といえば、映像だけでなく、歌の素晴らしさにも定評がありますよね! 今回のアナ雪2の歌も本当に素晴らしくて、どの場面も素敵だったねーと主人や子供達と話していたのですが、1つ意見が割れる場面が・・。 あの場面はいらなくない?という主人と、あの場面で恋心が伝えてるんじゃない?という私。 なんでみんな大人しく観賞できるのか。 — メルツ🍳 grayishdog 昨日のアナ雪2の中でクリフトフが歌う場面があったけど、妙にダサい90年代MV風な仕上がりに笑いそうになった。 トナカイのスベンも一緒に歌うくらいですから・・。 また、いらないでしょ、という意思に近い評価の方も。 いらないという意見にも頷けます。 ちなみに一緒に見た主人は「男のソロはなぁ。 女の人と一緒なら聞きがいがあるけど・・」なんて言っていました。 結構な長さだったので、男性の歌声は印象に強かったということもあるかもしれませんね。 まとめ 今回「 アナ雪2|クリストフの歌シーンはいる?いらない?世間の声を調査!」と題しまして、アナ雪2のクリストフの歌シーンはいる?いらない?世間の声を調査しましたが、いかがでしたでしょうか。 いらない!とはっきり述べている人は少ないかな?という印象ですが、いる!という人も少ない印象です。 どちらかといえば、いらないっということなのかなぁと私は感じましたが、みなさんはいかがでしたでしょうか? 人それぞれクリストフの単独歌シーンは思うところがあったようですが、私が1つ言えることは、とにかくアナ雪2は映画の域を超えた舞台のような、素晴らしい作品だったということです! 見た人はきっと共感してもらえると思います! また、これから見る人もぜひ楽しんで、クリストフの歌の感想を聞かせてもらえると嬉しいです。 それでは今回はここまでとさせていただきます。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

アナ雪2|クリストフの歌シーンはいる?いらない?世間の声を調査!|ヨウコママの情報アンテナブログ

クリストフ 歌 いらない

この記事の目次• アナと雪の女王2の良かった点 映像がピカイチ!氷の表現や火・風そして水の生き生きさが素晴らしい 前作でも雪の表現が素晴らしいと高評価でしたが。。。 今作は前作を軽く抜いています! 雪の表現も氷の表現も、前作はまだCGな感じが出ていましたが、今作は見事にリアリティに表現されていました。 周りの風景なども良かったんですが。。。 特に水の精霊で馬の形をした「ノック」の描写が素晴らしかったです。 馬の颯爽と力強く走る表現と、水という液体の表現。 この2つが重なり合って、「こんな描き方があったのか!」と 感動するレベルで美しいです。 見ているだけでも美しさにハッとさせられる出来栄えになっていますよ~ お父さんとお母さんのエピソードが素晴らしい! お父さんアグナルはアレンデールの国王。 そしてお母さんイドゥナは実は敵対したノーサルドラの人間。 アレンデールとノーサルドラが戦い精霊が怒る中、 お母さんイドゥナはアレンデールの王子として来ていたアグナルを助け、アレンデールに脱出。 そして2人は恋に落ちて結婚し、アナとエルサが生まれます。 前作で海難事故で亡くなった2人ですが、 実はエルサの魔法の力を解決するために全ての過去が分かるアートラハンへ向かう最中だった事が判明。 エルサの魔法で少し過去を見た時に、最後の最後までエルサとアナを心配していたセリフには子を持つ親ならグッとくるはずです! オラフは声優が変わっても良い味出してる! ピエール瀧さんの逮捕でどうなるかと思いましたが、今作では声優は武内駿輔さん。 これがまた良い味を出していました。 そして劇中のオラフはやはり良い。 陽気な所も、しゃべりまくる所も、悲しい所も、まさにマスコットキャラクターとして堂々とした活躍でした。 特に霧の森の中で出会ったアレンデールの兵士たちとノーサルドラに前作のあらすじを説明するところはグッド。 さらに映画の最後は今作のあらすじをマシュマロウとスノーギースにユーモアたっぷりに説明するシーンもあるので、最後まで席を立たずに見ましょう(笑) アナと雪の女王2 悪かった点 クリストフとスヴェンがいらない子になっている(涙) 前作ではトナカイの子として孤独だったクリストフがアナに惹かれていくストーリーが良かった。 が、今作はクリストフがアナにどうプロポーズするか?がスポットライトが当たるタイミング。 でもね。。。 古代の魔法が目覚めて、エルサも声に誘われてドンドン行ってしまうというシリアスシーンでプロポーズは話が軽すぎる。 しかも途中で退場になって、ラストにヒョコッと再登場。 一応歌のシーンもあるんだけど。。。 ストーリーが悪い。 クリストフとスヴェンの歌のシーンは正直「いやいや、それよりエルサとアナどうなったの!?」とそっちが気になって集中できませんでした(汗) ストーリーが難解 今作のキーワードは「 精霊とすごすノーサルドラ」「 過去を全て記憶しているアートハラン」「 エルサに聞こえる歌声」。 これがかなり難解で、初見で全て理解できる人はいるんでしょうか? おそらく2回観ないと全ては理解できないんじゃ。。。 なのに最後はエルサはノーサルドラの女王として、アナはアレンデールの女王として離れて暮らす事となります。 精霊の力を借りて手紙のやり取りとかはできるみたいですが、正直離れて欲しくなかったですね。 エルサとアナ、2人でノーサルドラとアレンデールを1つの国としてまとめ仲良く暮らすエンディングが良かったです。。。 しかもアナの近くにはオラフ、クリストフ、スヴェンがいて、エルサ側には特にアレンデールで共に過ごした人がいないんですよ。 ここもモヤモヤしちゃう所ですね。。。 期間限定でエルサになっているので、アナ雪好きならぜひ写真を取りに行きましょう!.

次の

『アナと雪の女王2』の結末が納得できない!いらない話か考察してみた

クリストフ 歌 いらない

冒頭のジェスチャークイズで、オラフがミッキーの真似をしている• アナとオラフの初登場シーンで、周囲の葉っぱがミッキーの形• エルサが『イントゥ・ジ・アンノウン』を歌うシーン。 魔法の形がミッキーの横顔そっくり。 ブルーニ(火の精霊)の背中のマーク• アースジャイアント(地の精霊)の足の裏の形 他にも隠れミッキーがいるかもしれないので、ぜひ探してみてくださいね。 例えば冒頭で、アレンデールの人々が歌うシーン。 切ない歌詞と歌声を聞いて、本来なら涙するはずなのですが… なぜか 80年代歌番組のようなカメラワークなので、笑った人は多いでしょう。 歌いだすトナカイ。 分身するクリストフ。 管理人は爆笑でした(笑) このシーンの元ネタですが、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」でしょう。 カメラワークがそっくりです。 特にエルサとアナに関しては、心の深い部分まで描かれていますよね。 制作スタッフは『アナ雪2』を作るために心理学者やトラウマの専門家と話をしたそうです(『アナと雪の女王2』パンフレットより) そして各キャラクターについて診断していくうちに「彼女たちには解決されていない問題がある」と気づいたそうです。

次の