ダイハツ タント 新型 車。 【公式】タント トップページ|ダイハツ

ダイハツ新型タントついに王座奪還!! 賢い買い方はこれだ!!!

ダイハツ タント 新型 車

今の国内販売の1位は、暦年や年度で見ると一貫してN-BOXだ。 2013年/2015年/2016年は軽自動車の販売1位で、2017~2019年には、小型&普通車も含めた国内販売の総合1位になった。 そして2017年9月以降は、月別販売ランキングでも、2年以上にわたり一貫して1位を取り続けている。 年間や年度だけでなく、月別の1位も譲らない販売実績は凄い。 ところが2019年11月は、この安定した販売ランキングに変動があった。 国内販売の総合1位がタントになり、N-BOXは2位に下がったからだ。 今わかっている範囲では、タントのトップは2019年11月のみだ。 これでN-BOXの優位が揺らぐわけではないが、タントが注目を集めることは間違いない。 タントはニーズに合わせていろいろなグレードを用意しているが、最も買い得感が高いのはどれなのか? コストパフォーマンから考察していく。 文:渡辺陽一郎/写真:DAIHATSU、HONDA、平野学、奥隅圭之 11月にN-BOXを抜いて軽販売トップに躍進!! スーパーハイトワゴン軽自動車のパイオニアであるタントは2019年7月にフルモデルチェンジで新型に切り替わった。 2003年に初代が登場して現行が4代目 ダイハツの販売店に人気の理由を問い合わせると、「タントは最近になって生産と納車が軌道に乗ってきた」という。 現行タントは2019年7月に発売され、届け出台数は8月が1万6838台、9月は2万1858台、10月は台風の影響で1万1071台に減り、11月に2万1096台で総合1位となった。 11月の2位はN-BOXで1万8806台だ。 この推移を見ると、10月が9月に比べて約半減した反動で、11月が増えた可能性もある。 「タントが好調に売れて、N-BOXはユーザーを奪われた」と判断するのは早計だが、タントが好調に売れる資質を備えていることは確かだろう。 軽自動車の売れ方はスポーツカーとは正反対 また軽自動車やコンパクトカーなど、実用性の高い車種は、人気車でもフルモデルチェンジを行った直後に売れ行きが急増することはない。 ユーザーの買い方が冷静で、現在使っているクルマの車検期間が満了するなど、購入に最適なタイミングを見計らって乗り替えるからだ。 従って販売台数が急増しない代わりに、商品力の高い車種は、発売から時間を経過しても安定的に売れ続ける。 今の販売ランキングの上位車種は、すべて実用指向だから、時間を経過しても順位の入れ替わりは少ない。 ホンダ車の食い合いが激化しているから素直に喜べない N-BOXはその代表だ。 現行型の発売は2017年だから、2016年や2017年の前半はモデル末期だったが、売れ行きを下げていない。 2019年7月に発売されたタントも同様で、買い得な特別仕様車のVSシリーズを設定したこともあり、2019年1~6月の国内販売ランキング順位は、モデル末期なのにN-BOXとスペーシアに次ぐ総合3位だった。 ちなみにかつて人気の高かった時代のスポーツカーは、発売直後にユーザーが購買意欲を刺激されて売れ行きを伸ばし、需要が一巡すると急速に下降した。 軽自動車の売れ方は、クルマの性格と同様、スポーツカーとは正反対だ。 コンフォータブルパックが無料!? 標準(写真左)は歴代タントのイメージを踏襲するが、カスタム(写真右)は大胆にフロントマスクを変更してきた そこで改めて、好調な売れ行きが注目されるタントの買い得グレードを考えてみたい。 2019年12月23日には、新グレードのセレクションシリーズも加わり、選ぶべきグレードが変化した可能性もある。 タントには標準ボディとエアロパーツを装着したカスタムという2つのタイプがあり、エンジンはこの両タイプに、自然吸気のノーマルタイプとターボを設定している。 機能や装備に対して価格の割安な買い得グレードを選ぶなら、12月に追加されたXセレクションを推奨する。 セレクションシリーズは、NA、ターボともにラインナップされているが、価格が変わらないNAのXセレクションの買い得感が光る Xセレクションは、標準ボディにノーマルエンジンを搭載しており、装備は従来のXをベースに、コンフォータブルパックを加えた。 その内容は、運転席の上下調節機能、チルトステアリング、運転席と助手席のシートヒーター、360度スーパーUVカットガラス、格納式シートバックテーブルなど多岐にわたる。 コンフォータブルパックの価格は3万8500円だが、Xセレクションは149万500円だから、ベースグレードのXと同額だ。 つまりコンフォータブルパックが無料で装着されている。 軽自動車の価格設定は特殊 軽自動車は価格競争が激しく、ライバル車を横目で見ながら開発を進め、価格も決める。 従って後から発売された車種ほど、価格が割安になっていく。 タントも同様で、価格をほとんど高めずに安全装備などを充実させた。 この影響で現行タントは、先代タントが標準装着していた運転席の上下調節機能とチルトステアリングを前述のセットオプションに変更した。 苦渋の決断で運転席の上下調節機能とチルトステアリングをオプションとしたが、Xセレクションは標準装備となっていてしかも価格アップゼロ!! 開発者に理由を尋ねると、「標準装着することを繰り返し検討したが、どうしてもコストが合わずオプションにした」と述べている。 軽自動車の場合、機能や装備の結果として価格が決まるのではない。 最初から逸脱できない価格が決められていて、そこに機能と装備を合わせるのだ。 ただし今は安全装備の水準が急速に高まり、ライバル車に見劣りすれば販売競争に負ける。 装備が充実したことで価格を高めても、販売競争に負けてしまう。 その結果、苦渋の選択として、現行タントは運転席の上下調節機能とチルトステアリングをオプションに変更した。 通常であれば不自然なこの装備変更は、軽自動車が高コストな機能や装備を採用しながら価格を下げられない買い得感を突き詰めた裏返しなのだ。 より快適性を追求するオーナーに向けて、ウェルカムオープン機能などが盛り込まれたミラクルウォークスルーパッケージなども用意されている Xセレクションはこの苦渋の選択を飲み込み、コンフォータブルパックを無料装着した。 これは発売後数か月を経過しながら、届け出台数がN-BOXを超えられない結果、買い得グレードとして計画された。 従って推奨度が最も高い。 Xセレクションで従来の不利を払拭 タントXセレクションをライバルのN-BOX G・Lホンダセンシング(154万3300円)と比べると、タントXセレクションには車間距離を自動調節できるクルーズコントロールなどの運転支援機能は装着されないが、サイド&カーテンエアバッグやシートバックテーブルを備えて価格は5万2800円安い。 N-BOX G・Lホンダセンシングも相当に買い得だから、装備と価格の勝負にタントXセレクションが勝ったとはいえないが、従来の不利は払拭されている。 前述のようにN-BOXは安定的に売れるだけあって、高機能で価格も割安だ。 そこに対抗するのは容易ではない。 タントカスタムRSのターボモデルは価格設定は高いが、安全装備なども充実しているため満足感は高い。 セレクションシリーズも買い得感がある いっぽう、上級シリーズのタントカスタムを買うのであれば、ターボエンジンを搭載したカスタムRSセレクションを選ぶ。 これも新グレードのセレクションシリーズだ。 Xセレクションのコンフォータブルパックに加えて、カスタムRSにオプション設定される車間距離を自動調節できるクルーズコントロールなどの運転支援機能、LEDフォグランプなどを加えた。 カスタムRSセレクションの価格は185万3500円で、カスタムRSに比べると7万1500円高いが、セットオプション価格にして総額11万9900円の装備が加わるから、カスタムRSよりは4万8400円割安だ。 最上級の軽自動車を求めるユーザーにはメリットがある。 今の軽自動車は安全装備、快適装備をケチると販売に大きく影響するため、各社とも精力的にH外発を進めている。 ユーザーにとっては歓迎すべきことだ セレクションシリーズはタントをたくさん売るダイハツの意思表示 以上のようにタントの買い得グレードは標準ボディのXセレクション(149万500円)、高い満足度を求める個性派グレードはカスタムRSセレクション(185万3500円)になる。 販売店に納期を尋ねると「セレクションシリーズは、メーカーも売れ筋になると考えているから生産台数も増やしている。 従って契約から1カ月で納車できる。 逆に以前から設定されているセレクションシリーズ以外のグレードに、メーカーオプションをたくさん装着すると、納期が2カ月に延びることも考えられる」という。 スーパーハイトワゴン軽自動車の広い室内はハイトワゴン軽自動車を凌駕。 このゆったりした余裕が今のユーザーのニーズに合致して大ヒットしている つまりセレクションシリーズは、予めメーカーオプション装備を標準装着しているから、ユーザーがオプションを注文することに伴う受発注や生産の面倒を避けられる。 効率が高いから、価格も割安にできた。 セレクションシリーズは、今後タントをたくさん売る意気込みの表現でもあるわけだ。 果たしてタントは、年間販売ランキングのトップをN-BOXから奪えるだろうか。

次の

【ダイハツ タント 新型】試乗で分かった良い点・悪い点!おすすめグレードは!?

ダイハツ タント 新型 車

新型タントは大人気のN-BOXに勝てるのか!? 新型タント vs N-BOX 今の日本で、最も好調に売れているカテゴリーは、全高が1700mmを超える背の高い軽自動車である。 運転がしやすく、高い天井によって空間効率も優れているから、4名で乗車しても快適だ。 後席側のドアはスライド式だから、狭い場所でも乗り降りしやすい。 これらのメリットにより、全高が1700mmを超える軽自動車は、子育て世代を筆頭に実用性を重視するユーザーの間で人気を高めた。 その結果、2019年上半期(1~6月)の国内販売ランキングは、総合1位がホンダ N-BOX、2位はスズキ スペーシア、3位はダイハツ タントになった。 いずれも全高が1700mmを超えるスライドドアを備えた軽自動車だ。 この中のダイハツ タントが2019年7月にフルモデルチェンジを受けた。 最強のライバル車となる販売ナンバーワンのホンダ N-BOXと比べたい。 >>[24枚] ボディサイズはほぼ同じだ。 軽自動車だから全長の3395mmと全幅の1475mmは等しい。 全高はタントが1755mm、N-BOXは1790mmだから、N-BOXが35mm上まわる。 ホイールベース(前輪と後輪の間隔)はタントが2460mm、N-BOXは軽自動車で最長の2520mmになり(ホンダのNシリーズは全車が同じ数値)、ボディの四隅にホイールを配置した。 外観は両車とも水平基調のデザインで、視界が優れている。 今のクルマは日本車、輸入車を問わず後方視界が悪化したが、この2車種は周囲が見やすいから安全だ。 最小回転半径は、タントの14インチタイヤ装着車が4. 4m、15インチは4. 7mになる。 N-BOXは14インチが4. 5mで15インチは4. 7m、さらに4WDは14インチも含めて4. 7mに拡大する。 小回り性能はタントが優れている。 ・ 勝者: タント 両車とも後席のドアはスライド式で、乗降性が優れている。 スライドドアの開口幅はN-BOXも640mmと十分にワイドだが、新型タントでは従来型と同様、左側のピラー(柱)をスライドドアに埋め込んだ。 従って左側の前後ドアを開くと、開口幅が1490mmに拡大する。 助手席の背面にはアシストグリップも装着され、体を捩らずに乗車してスムーズに後席に座れる。 またタントでは大きな乗降用グリップ(ラクスマグリップ)、左側の電動サイドステップもオプション設定され、お年寄りなど体が不自由な同乗者にも優しい。 新型タントはワイドに開く左側のドアを含めて乗降性を向上させ、福祉車両の性格も持たせた。 新型タントは後席の左側にチャイルドシートを装着する時も便利だ。 助手席を前側にスライドさせると、チャイルドシートの足元に広い空間ができるので、電動スライドから乗り込んで子供を座らせる作業もしやすい。 さらに運転席に540mmのスライド機能を備えるから、後方に寄せると、助手席の脇を通って運転席に着座できる。 雨が降っている時などに便利だ。 ・ 勝者: タント ダイハツ 新型タント vs ホンダ N-BOX|動力性能&エンジンフィーリング比較 車両重量は新型タント X(グレード)が900kg、N-BOX G・Lホンダセンシング(グレード)は890kgに達するから、両車ともノーマルエンジンでは登坂路などで動力性能が不足しやすい。 その上で比べると、N-BOXは幅広い回転域で動力性能を高めた。 2000~3000回転付近の駆動力に余裕があり、なおかつ高回転域の吹き上がりも少し活発だ。 新型タントはプロトタイプの試乗だったが、動力性能が幅広い回転域で大人しい。 タントの最高出力は52馬力(6900回転)、最大トルクは6. 1kg-m(3600回転)となり、N-BOXは58馬力(7300回転)・6. 6kg-m(4800回転)だ。 加速感には最大トルクの違いが影響した。 ターボは両車ともに最大トルクが10kg-mを上まわり、実用回転域で発生するから、1リッターのノーマルエンジンを積んでいる感覚で運転できる。 両車の優劣が分かりやすいのはターボを装着しないノーマルエンジンで、N-BOXに少し余裕がある。 N-BOXは歩行者と衝突しそうになった時、電動パワーステアリングを制御して、衝突を避ける機能も備わる。 障害物に向けてアクセルペダルを強く踏み込んだ時に作動する誤発進抑制機能は、新型タントではエンジン出力を抑え、必要に応じてブレーキも作動させる。 N-BOXはエンジン出力の制御のみだ。 運転支援機能の車間距離を自動制御できるクルーズコントロールは、新型タントが全車速追従型とした。 停車時まで制御が続くが、パーキングブレーキが足踏み式だから、電動式と違って長時間にわたる停車はできない。 停車して2秒後には再発進してしまう。 N-BOXもパーキングブレーキは足踏み式だ。 機能的にはN-BOXをやや上回る新型タントだが、クルーズコントロールなどの運転支援機能は、ターボエンジン搭載車のみにオプション設定される。 ノーマルエンジン車には装着できない。 その点でN-BOXの運転支援機能は、緊急自動ブレーキとセットで、全グレードに標準装着されている。 ・ 勝者: N-BOX 軽自動車はライバル同士の競争が激しい。 そのために全高が1700mmを超えるスライドドアを備えた軽自動車は、スズキ スペーシアや日産 デイズルークスを含めて、標準ボディの買い得グレードを全車が140~150万円に設定している。 新型タントではX(146万3400円)、N-BOXはG・Lホンダセンシング(149万9040円)が買い得だ。 新型タントでは運転席の上下調節機能とチルトステアリングがオプションになり、クルーズコントロールなどの運転支援機能は、ターボ車でないとオプション装着できない。 N-BOXのG・Lホンダセンシングはこれらを標準装着した。 その代わり新型タントは、N-BOXがオプション設定しているサイド&カーテンエアバッグ、運転席のロングスライド機能などを標準装着している。 機能と価格のバランスは同レベルだ。 ・ 勝者: 引き分け タントは新型になって、後席の座り心地やカーブを曲がる性能など、先代型の欠点を解消した。 しかし特に新しい魅力は見られない。 例えばワイドに開くスライドドアを左側だけでなく右側にも装着するなど(これは相当に無理のある要求だが)、新たな注目点が欲しかった。 従って新型タントのN-BOXに対するセールスポイントは、従来と同じくワイドに開くスライドドアなどの優れた乗降性だ。 新型では運転席のロングスライド機能も備わり、雨の日に子供を抱えて出かけるような場面では、利便性と快適性を向上させる。 従って子育て世代のユーザーにはタントを推奨したい。 乗降性が優れているから、高齢者のいる世帯も使いやすい。 一方、N-BOXは大人4名の乗車に適する。 前後席ともに座り心地が優れ、乗り心地にも良い影響を与えてノイズも低減させたからだ。 つまりN-BOXはクルマの基本性能にこだわり、価値観がセダンに近い。 新型タントは使い勝手を重視して、ミニバン的な価値観を備える。 両車の性格と読者諸兄の使い方に応じて選びたい。 実力が拮抗しており、優劣は付け難い。 ・ 勝者: 引き分け [筆者:渡辺 陽一郎].

次の

【ダイハツタント/タントカスタム新型試乗】カタログだけでは伝わらないことをレポート

ダイハツ タント 新型 車

出典:ダイハツ 新型タント まずは、運転中の乗り心地についての率直な意見は以下の通りです。 静粛性は比較的良く、段差による突き上げも昔に比べればかなり抑えられており、乗り心地が大きくレベルアップしている。 前方の視界がとても広いという印象。 気になっていたデジタルメーターがとても良い位置にセットされており、ドライバー目線で見やすくていい車。 静かで乗り心地はいい。 柔らかすぎず路面の凹凸もあまり伝わってこなかった。 足回りは、N-BOXを超えてます。 シートは、N-BOXの方がいいですね。 新型タントのドライバーの乗り心地は、 「突き上げが少なく前方視界が広い上、静かで運転しやすい」といったところになります。 口コミにもあるように、このあたりは ダイハツの開発への努力があったからだと思います。 新型タントの乗り心地が良い理由 口コミで評価されていたポイントでは段差の突き上げが少なく足回りが良いことで、これには理由があります。 出典:ダイハツ 新型タント レイアウト 運転時によく気にするのが各種のメーター部分ですよね。 そのほかにもステアリング操作(ハンドル操作)やエアコン、シートの高さなども気にする部分が多いと思いますが、これらが 運転疲れの原因になります。 新型タントではドライバー席のレイアウト構造に着目して運転中の 視線移動を少なくすることを実現しました。 その結果、運転時の疲労や負担が軽減され以下の口コミのように高評価につながったのだと思います。 前方の視界がとても広いという印象。 気になっていたデジタルメーターがとても良い位置にセットされており、ドライバー目線で見やすくていい車。 乗り心地は魅力と欠点がそれぞれある 新型タントのインテリアはどのような評価になっているでしょうか。 乗り心地の良し悪しはインテリアによるものが大きいのでオーナーの口コミを見てみましょう。 質感が高いという印象はありませんが、「運転席ロングスライドシート」と「ミラクルオープンドア」が「新型タント」の大きな魅力の1つだと思います。 パノラマウォークスルーということで車内で動きまわるには便利に工夫されている。 横に長いメーターはデジタルディスプレイで見やすいが、常時タコメーターが表示できるようにして欲しかった。 シンプルにまとまっていますが、NBOXと比べるとタコメーターも選択表示で見辛いし、如何にも軽自動車という仕上がり タントの魅力と欠点がそれぞれ見えてきましたね。 具体的に見てみます。 スライドやドアの機能が乗り心地をUPさせる タントの一番の特徴は、 運転席のロングスライドと ミラクルオープンドアですよね。 出典:ダイハツ タント ミラクルオープンドア ミラクルオープンドアでは、Bピラー(車の真ん中の柱)をなくしたことによって 最大で1490mmの開口幅を実現したため、後部座席側から運転席へのウォークスルーが可能になりました。 子育ての夫婦を主体に人気を集めています。 タントの欠点もある 口コミであったように、 タントの欠点もいくつかあります。 横に長いメーターはデジタルディスプレイで見やすいが、常時タコメーターが表示できるようにして欲しかった。 シンプルにまとまっていますが、NBOXと比べるとタコメーターも選択表示で見辛いし、如何にも軽自動車という仕上がり 新型タントは上級グレードにした タコメーターがついていないところをネックと評価するオーナーがいます。 タコメーターはエンジン回転計のことでエンジンが力を発揮しやすい回転数で走行できたりエンジンの不調などの指針にもなります。 燃費の維持にも役立てることができるのであると便利なんですが新型タントは上級グレードのみ装備のようですね。 ちなみにN-BOXだと常時、標準のタコメーター表示になります。 N-BOXのメーター周り 以下のようにN-BOXはタコメーターが標準装備でついています。 出典:ダイハツ 新型タントのエンジン 新型タントのエンジン性能についてはオーナーからどのように評価されているのか見てみましょう。 NAエンジンでも加速はすごく良かったです。 街乗りだったらNAで充分だと思います。 ノンターボだったが平地ではなんのストレスもなく走った。 NAエンジンで問題ありませんが、燃費にも差がないので、ターボもありです NA 自然吸気 エンジン、ターボエンジン 共に評価は良いといえますね。 一方で悪い評価もあったので紹介しておきます。 エンジン性能はある程度まで良い反面、加速の乗り心地は概ね満足 エンジン性能についてはどのような評価になっているでしょうか。 7、80km辺りであればエンジン回転数は2,000rpm程で静粛性も良好です。 ただ、ここまで速度が上がるとロードノイズが気になります。 追越車線からぶち抜くのも出来なくは無いですが…間違い無くそういう車ではありません。 さすがの新型タントといえど、やはり全て満点評価ではなさそうですね。 N-BOXの方がエンジン性能は若干高い=乗り心地が良い エンジン性能で車を選ぶ方も多いので、エンジン性能が高い=乗り心地が良いと評価されます。 そのエンジンについてN-BOXと比較しました。 60[6. 以下の記事で新型タントとN-BOXの比較もしているのでぜひご覧ください。 安全機能面での乗り心地は不満が残る? 安全機能においては新たな機能が加わりましたが、オプションでないとつけれない機能があるなどして 市場での評価は若干不満が残るものになっています。 安全装備は、全車速追従機能付ACC、アダプティブドライビングビームやサイドビューランプなど、「N-BOX」や「スペーシア」にはない先進装備が搭載されているため、長距離ドライブ時の負担軽減や夜間の安全性が高くなっています。 これだけの装備が付いてれば高いとは思わないが、前車追従の自動運転がノンターボには付けれないのが残念だ。 これだけのボディだとターボ車でないと前車に置いていかれるのが理由だと思われる。 口コミにあるように、N-BOXになかった装備が新たに加わった点はとても魅力的ですよね。 出典:ダイハツ 新型タント スマートアシスト 口コミにもあるように、 前車追従の自動運転がノンターボ(NA車)には付けれないのが痛いポイントですね。 ホンダのN-BOXにはホンダセンシングの安全機能がありますが、あれは緊急自動ブレーキやクルーズコントロールなどをセットにして標準しているのに対して、新型タントの場合だとスマートクルーズパックという オプションをつけなければいけません(5. 5万円〜6万円) また、日産のデイズにはパーキングブレーキを踏めば長時間停止できますが、新型タントだと先行者に追従して 停止後、2秒たつと自動発進してしまうようです。 この辺りの細かい部分が、オーナーの不満が残る点になっているようです。 本記事のまとめ.

次の