たった ひとり の 私 の 味方 キャスト。 【たった一人の私の味方】韓国ドラマのあらすじ全話一覧 最終回まで感想や放送情報

たった一人の私の味方 キャスト・登場人物紹介

たった ひとり の 私 の 味方 キャスト

カン・スイル(キム・ヨンフン) チェ・スジョン 本名キム・ヨンフン 50代ドランの実父。 生まれるとすぐ孤児院の前に捨てられ、両親が誰なのか分からない。 幼いころから優しくて情が厚かった。 同じように保育園の前に捨てられたドンチョルを実の弟のように世話して本当の兄弟よりもっと可愛がった。 そうしているうちにドンチョルが犯した窃盗罪を被って少年院に行ってきた。 その後から人生は簡単でなかった。 それでも彼を愛する妻に会って美しい娘も産んで、真っ当に生きてみると熱心に仕事をした。 そのような幸福もしばらく、予想できなかった大きい試練が訪ねてきた。 妻ヨニが急性心臓病で倒れたのだ。 妻の手術費を工面しようとしたが偶発的に犯罪を犯してしまい、刑務所に行くことになる。 27年後、出所したヨンフンはスイルと名前を変えて新しい人生を始める。 誰も自身が誰なのか分からないことを、特に実の娘であるドランが自身が誰なのか分からないことを望むだけだ。 キム・ドラン ユイ 28歳。 キム・ドンチョルとソ・ヤンジャの長女。 ミランの姉。 ソウルの師範大学英語教育学科卒業。 高1の時、中小企業管理部長だった父ドンチョルがリストラされたせいで本来豊かな方ではなかった家がさらに傾いた。 休学とバイトと復学を繰り返して2年前にやっと大学を卒業した。 現在はアルバイトをしながらロースクール受験のために勉強している。 ワン・デリュク イ・ジャンウ 32歳。 パク・クムビョンの孫。 ワン・ジングクとオ・ウンギョンの長男。 ワン・イルクの兄。 ポムエンフード本部長。 祖母と父親の教えに外れないように生きてきた。 学生時は勉強を誠実にしたし、他の財閥2世のように小細工しないで適時に軍隊も行ってきたし、除隊後アメリカ留学に行ってMBAまで終えてきたエリートだ。 ハンサムで優しいうえに合理的であり経営手腕まで良い、家族の頼もしい息子。 自らも公正で合理的だと考える。 ポムアンドフード後継者として会社を大きく育てたいという夢と野望がある。 だから女も誰でもとは付き合わない。 チャン・ダヤ ユン・ジニ 28歳。 ナ・ホンシルの娘。 イリュクの恋人。 フローリストで小さなフラワーショップを運営している。 父親なしで育った欠乏と傷が大きい。 物質的には豊かだったが父親が居ないという欠乏は何でも満たされなかった。 ママの友達であるオ・ウンギョンの次男イリュクとは幼い時から親しく、自然に恋人同士になったし結婚も当然な流れだった。 だが、結婚はNo! 恋愛だけを望むイリュク。 色んな女と会うイリュクに結婚を要求するが、予想できないイリュク家の反対に合う。 そしてその容易ではない結婚過程の中で、父親の死亡理由を知るようになる。 ワン・イリュク チョン・ウンウ 30歳。 デリュクの弟。 アメリカの有名料理学校出身、現在小さなフュージョンレストランを経営。 キム・ミラン ナ・ヘミ 27歳。 ドンチョルとヤンジャの次女。 ドランの妹。 アナウンサー志望。 チャン・ゴレ パク・ソンフン 32歳。 ナ・ホンシルの息子。 ダヤの兄。 歯科医。 江南にある母親のビルで歯科を運営している。 キム・ドンチョル イ・ドゥイル 50代前半 ソ・ヤンジャの夫。 ドランとミランの父親。 ドランを愛で育てたお父さん。 だが、ドンチョルはドランの本当の父親ではない。 一生の恩人と考えるヨンフンが殺人罪で収監され、娘ドランを孤児院に送ろうとするとすぐにドランを自身の娘として育てることにする。 ドランの父親に対する秘密を27年間守ってきたが、突然事故に遭うことになる。 ソ・ヤンジャ イム・イェジン 50代前半。 キム・ドンチョルの妻。 ドランとミランの母親。 貧しい家で生まれ、無知な両親にわだかまりができて上京した後で実家とは縁を切って生きた。 紡織工場で働いてドンチョルと出会って恋に落ち、まもなく身ごもる。 このドンチョルとなら息子や娘を産んで幸せに暮らすことができると考えた。 だがある日、突然ドンチョルが赤ん坊のドランを抱いてやって来た。 生まれて初めて感じた幸福をドランが破ってしまった。 夫のためにやむを得ずドランを育てるが、ずっとドランを嫌って虐待する。 パク・クムビョン チョン・ジェスン 80代前半。 デリュクとイリュクの祖母。 ポムアンドフード名誉顧問。 ワン・ジングク パク・サンウォン 50代後半。 デリュクとイリュクの父親。 ポムアンドフード代表理事。 オ・ウンギョン チャ・ファヨン 50代半ば。 デリュクとイリュクの母親。 ナ・ホンシル イ・ヘスク 50代半ば。 ゴレとダヤの母親。 オ・ウンギョンの友達。 ナ・ホンジュの姉。 アパレルショップ経営。 ナ・ホンジュ ジンギョン 40代半ば ホンシルのただ一人の年の離れた妹。 ゴレとダヤの叔母。 心変わりした恋人を探して行ったアメリカで、25才年上のアメリカ人と出会って慰められ勇気も得て結婚する。 だが、突然夫が亡くなり、残した遺産で百万長者の未亡人になった。 ユジン イム・ジヒョン 28才。 就活中。 アルバイトで知り合ったドランと親友になる。

次の

たった一人の私の味方ネタバレあらすじ64話65話最終話!最高潮で迎える結末は?

たった ひとり の 私 の 味方 キャスト

病気の妻の治療費をめぐるトラブルで誤って人を殺害してしまったヨンフン(演:チェ・スジョン)。 無期懲役の判決が下り、ヨンフンは幼い娘ドランを、ともに施設で育ち自分を兄のように慕うドンチョルに預けることにする。 27年後、ヨンフンは模範囚として出所するが、ドランとは関わらずに生きようと名前を変えて大手食品会社「ボム&フード」経営者一族の家で運転手として働き始める。 一方、明るくまじめに育ったドラン(演:ユイ)は、検事になるためロースクール入学を目指していた。 しかし、唯一ドランをかわいがっていたドンチョルが交通事故で亡くなり、さらに養母ソ・ヤンジャから実の子どもではないと家を追い出されてしまう。 苦しい生活の中、思わぬ出会いから「ボム&フード」で働くことになったドランは、会長の長男デリュク(演:イ・ジャンウ)と急接近。 そして運転手として働いていたヨンフンとばったり出会ってしまい・・・。 その結果、殺人・強盗の罪で27年間もの刑務所生活に! その後ドランは、ヨンフンが弟分として可愛がっていたドンチョルに引き取られ大事に育てられます。 しかし、そんな幸せな日々もずっとは続かず突然ドンチョルが事故で亡くなるのです。 それからドランは、ドンチョルが亡くなったことがきっかけでドンチョルの妻・ヤンジャからぞんざいな扱いを受け最終的に家から追い出されることに! 追い出されたドランは、大手食品会社に就職し立派に社会人として働き始めます。 そこで、運命の出会いが!! その相手とはなんと、働く会社の御曹司・デリュクでした。 互いに惹かれ合うのですが、身分違いということでなかなかことが運ばず・・・。 そんな時にさらに驚くべきことが!! それはなんと、改名した実のドランの父親スイルと27年ぶりの再会。 しかし、スイルは「 ドランはもう心を整理した」と言いながら断固として拒否するのです。 結局、デリュクは海外に行き暮らすことを決心。 デリュクが出国する当日。 ウニョンは再びドランのもとを訪れて、「 なんとかデリュクを引き止めて欲しい」とお願いするのです。 ドランはスイルとこのような会話をします。 ドラン:「お父さん、ごめんなさい。 私、デリュクさんのもとに行きます」 スイル:「思うようにしなさい」 と娘の選択を尊重しました。 その後ドランはデリュクが出国する空港へ駆けつけ、再会。 そしてドランは再びデリュクの家に入り、長男の嫁としてデリュクの家族からも愛されることに! 2年後。 ドランは法学大学院で勉強を続けていました。 その間、スイルは保育園を開院。 それだけではなく、再審請求をしてなんと無罪に! そして最後にスイルの保育園に集まってみんなで楽しい時間を過ごす姿描かれ幕を閉じました。 まとめ いかがでしたでしょうか? 約6年ぶりに韓国地上波ドラマの記録を更新した話題作 『 たった一人の私の味方 原題:MY ONLY ONE 』。

次の

たった一人の私の味方 キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ

たった ひとり の 私 の 味方 キャスト

カン・スイル(キム・ヨンフン) チェ・スジョン 本名キム・ヨンフン 50代ドランの実父。 生まれるとすぐ孤児院の前に捨てられ、両親が誰なのか分からない。 幼いころから優しくて情が厚かった。 同じように保育園の前に捨てられたドンチョルを実の弟のように世話して本当の兄弟よりもっと可愛がった。 そうしているうちにドンチョルが犯した窃盗罪を被って少年院に行ってきた。 その後から人生は簡単でなかった。 それでも彼を愛する妻に会って美しい娘も産んで、真っ当に生きてみると熱心に仕事をした。 そのような幸福もしばらく、予想できなかった大きい試練が訪ねてきた。 妻ヨニが急性心臓病で倒れたのだ。 妻の手術費を工面しようとしたが偶発的に犯罪を犯してしまい、刑務所に行くことになる。 27年後、出所したヨンフンはスイルと名前を変えて新しい人生を始める。 誰も自身が誰なのか分からないことを、特に実の娘であるドランが自身が誰なのか分からないことを望むだけだ。 キム・ドラン ユイ 28歳。 キム・ドンチョルとソ・ヤンジャの長女。 ミランの姉。 ソウルの師範大学英語教育学科卒業。 高1の時、中小企業管理部長だった父ドンチョルがリストラされたせいで本来豊かな方ではなかった家がさらに傾いた。 休学とバイトと復学を繰り返して2年前にやっと大学を卒業した。 現在はアルバイトをしながらロースクール受験のために勉強している。 ワン・デリュク イ・ジャンウ 32歳。 パク・クムビョンの孫。 ワン・ジングクとオ・ウンギョンの長男。 ワン・イルクの兄。 ポムエンフード本部長。 祖母と父親の教えに外れないように生きてきた。 学生時は勉強を誠実にしたし、他の財閥2世のように小細工しないで適時に軍隊も行ってきたし、除隊後アメリカ留学に行ってMBAまで終えてきたエリートだ。 ハンサムで優しいうえに合理的であり経営手腕まで良い、家族の頼もしい息子。 自らも公正で合理的だと考える。 ポムアンドフード後継者として会社を大きく育てたいという夢と野望がある。 だから女も誰でもとは付き合わない。 チャン・ダヤ ユン・ジニ 28歳。 ナ・ホンシルの娘。 イリュクの恋人。 フローリストで小さなフラワーショップを運営している。 父親なしで育った欠乏と傷が大きい。 物質的には豊かだったが父親が居ないという欠乏は何でも満たされなかった。 ママの友達であるオ・ウンギョンの次男イリュクとは幼い時から親しく、自然に恋人同士になったし結婚も当然な流れだった。 だが、結婚はNo! 恋愛だけを望むイリュク。 色んな女と会うイリュクに結婚を要求するが、予想できないイリュク家の反対に合う。 そしてその容易ではない結婚過程の中で、父親の死亡理由を知るようになる。 ワン・イリュク チョン・ウンウ 30歳。 デリュクの弟。 アメリカの有名料理学校出身、現在小さなフュージョンレストランを経営。 キム・ミラン ナ・ヘミ 27歳。 ドンチョルとヤンジャの次女。 ドランの妹。 アナウンサー志望。 チャン・ゴレ パク・ソンフン 32歳。 ナ・ホンシルの息子。 ダヤの兄。 歯科医。 江南にある母親のビルで歯科を運営している。 キム・ドンチョル イ・ドゥイル 50代前半 ソ・ヤンジャの夫。 ドランとミランの父親。 ドランを愛で育てたお父さん。 だが、ドンチョルはドランの本当の父親ではない。 一生の恩人と考えるヨンフンが殺人罪で収監され、娘ドランを孤児院に送ろうとするとすぐにドランを自身の娘として育てることにする。 ドランの父親に対する秘密を27年間守ってきたが、突然事故に遭うことになる。 ソ・ヤンジャ イム・イェジン 50代前半。 キム・ドンチョルの妻。 ドランとミランの母親。 貧しい家で生まれ、無知な両親にわだかまりができて上京した後で実家とは縁を切って生きた。 紡織工場で働いてドンチョルと出会って恋に落ち、まもなく身ごもる。 このドンチョルとなら息子や娘を産んで幸せに暮らすことができると考えた。 だがある日、突然ドンチョルが赤ん坊のドランを抱いてやって来た。 生まれて初めて感じた幸福をドランが破ってしまった。 夫のためにやむを得ずドランを育てるが、ずっとドランを嫌って虐待する。 パク・クムビョン チョン・ジェスン 80代前半。 デリュクとイリュクの祖母。 ポムアンドフード名誉顧問。 ワン・ジングク パク・サンウォン 50代後半。 デリュクとイリュクの父親。 ポムアンドフード代表理事。 オ・ウンギョン チャ・ファヨン 50代半ば。 デリュクとイリュクの母親。 ナ・ホンシル イ・ヘスク 50代半ば。 ゴレとダヤの母親。 オ・ウンギョンの友達。 ナ・ホンジュの姉。 アパレルショップ経営。 ナ・ホンジュ ジンギョン 40代半ば ホンシルのただ一人の年の離れた妹。 ゴレとダヤの叔母。 心変わりした恋人を探して行ったアメリカで、25才年上のアメリカ人と出会って慰められ勇気も得て結婚する。 だが、突然夫が亡くなり、残した遺産で百万長者の未亡人になった。 ユジン イム・ジヒョン 28才。 就活中。 アルバイトで知り合ったドランと親友になる。

次の