プランダラ ペレ。 本日放送のTVアニメ『プランダラ』最終話に向けて、中島ヨシキ・本泉莉奈らキャスト陣のコメントが到着

プランダラのペレの正体は撃墜王!本名や能力の強さとリィンとの関係まとめ

プランダラ ペレ

本名:ゲシュペンス=ゼレーゲン• カウント:相手を疑った数• カウント数:不明• バロット:不明 ペレは崖の町ホムホォのリリィのもとで軍曹として働いています。 「~ッス」という話し方に特徴がある脱力系男子。 ホムホォは犯罪が少ない平和な街なので、ペレの上司に当たるリィンはボランティア活動や街の人達との交流に力を入れています。 ペレはそんなリィンを「デブ」「やせろ」などといつもバカにしています。 いつもとぼけていてやる気があるのかないのかわからないペレですが、ペレはとんでもない人物であることが判明します(12巻)。 ペレの強さや能力 7人目の撃墜王は実はペレだったことがわかります。 ペレは主に相手の要人の殺害を担当していました。 そんな ペレの能力は相手の心を読み取ること。 「 識撃の撃墜王」であるペレは、心を読み相手より少し早く動くことで敵の攻撃を受けず、自分の攻撃を当てることができます。 彼がいかに強いかは12巻で「閃撃の撃墜王」リヒトーを打ちのめしたことからわかります。 バロットやカウント、カウント数は不明が、もしバロットを使わずあれだけ強いのなら、その能力はかなりのものです。 ただリヒトーを倒したとはいえ戦闘シーンが少なく、評価がむずかしいためこの順位としました。 もう少し戦いの場面で相手を倒す様子を見せてくれたら、評価が上る可能性は十分にあります。 6位 ジェイル=マードック ジェイル=マードックのプロフィール• 本名:ジェイル=マードック• カウント:信念の数• カウント数:325,000• バロット:手袋+指輪(義父のアランから譲り受けたもの) アランからカウントとバロットを受け継いだ後の数字です。 ジェイル=マードックはアルシア王国の軍人です。 ゲフェングニスという部隊の隊長をしていますが、第8巻で義父であるアレクサンドロフ=グリゴローヴィッチ上級大将に戦いを挑み、軍をクビにされました。 その後アレクサンドロフ(アラン)とは和解し、単行本15巻58話で アランから「爆撃の撃墜王」のバロットを引き継ぎ、カウント数は325,000になります。 硬派で堅物、いつもクールなメガネ野郎。 心には熱い信念を持っており、軍人としての責任感も強い人物です。 当初軍のお尋ね者だったリヒトーと軍人のジェイルは敵対する関係でした。 のちに現在のアルシアと地上(アビス)の関係を変えるいう共通の目的をもつ同士になります。 ジェイル=マードックの強さや能力 ジェイルは撃墜王ではありません。 しかしリンデンでシュメルマンの殺意に支配されたリヒトーといい勝負を演じたことから、かなりの能力と強さを持っていることがわかります。 ジェイルの能力はバロットを使い 鉄を自在に操ること。 巨大な鉄の柱で相手を攻撃したり、鉄の盾で身を守ったりします。 また彼は強い信念の持ち主で、カウントは信念です。 信念が強いと相手が放った銃弾も寄せ付けないほどです。 5位 道安武虎 道安武虎のプロフィール• 本名:道安武虎(どうあんたけとら)• カウント:屈服させた数• カウント数:122,546• バロット:不明 道安武虎(どうあんたけとら)は軍学校時代からいじめっ子でした。 大柄な体とインパクトのある風貌で、回りを威圧する雰囲気がありました。 誰ともつるむことなく、気に入らない相手はいじめたり乱暴をふるとったりしていました。 弱みを握っていた時風からは、むりやり星を奪ったことがありました。 園原もいじめてはいましたが、実は愛情の裏返しだったようで、園原のような気持ちが弱い子が戦場に行くとすぐやられてしまうため、あえていじめて軍学校から追い出そうとしていました。 また戦争中子どもが殺せない リヒトーに変わり、敵の子どもの殺害を引き受けていました。 嫌われるタイプの人間ですが、人の心に寄り添う面もある人間です。 道安武虎の強さや能力 道安の異名は「 重撃の撃墜王」。 体が大きくもともと運動能力が高かった道安は、 重力を自在に扱う能力があります。 それにより相手にダメージを与えることができます。 「閃撃の撃墜王」リヒトーが苦手とするタイプです。 カウントは屈服させた数で、カウント数は122,546で、バロットは不明。 道安の強さは、単行本14巻でAクラスの新型撃墜王と戦った時にわかります。 実際の戦争を経験しているだけあり、道安はカウント数こそ新型撃墜王に劣りますが、戦いでは相手を圧倒していました。 4位 リヒトー=バッハ リヒトー=バッハのプロフィール• 本名:リヒトー=バッハ• カウント数:300,000• カウント:仲間の代わりに敵を殺した数• バロット:太刀 14巻でオリジナルバロットを取り戻した「 閃撃の撃墜王」リヒトー=バッハが4位です! 坂井時風とは義兄弟として育ったため、もともとは坂井離人でしたが、軍学校でシュメルマン=バッハの養子になったため名前が変わりました。 普段の彼はやさしくひょうきんでエロい男性で、女性に人気があります。 戦争前は「殺さない軍隊」を目指していましたが、いざ戦争が始まると仲間に人を殺させないように自ら戦って相手を殺していました。 時風も殺してしまい、300年間ずっと仮面を着け悩み続けることになります。 しかし陽菜と出会うことで自分らしさを取り戻したのか仮面を取り、素顔を見せるようになりました。 リヒトー=バッハの強さや能力 リヒトーは「閃撃の撃墜王」です。 能力は 音速のスピードで動けること。 リヒトーより速く動ける人間は世界にいないと言われるほどのスピードがあります。 本人はゆっくり動いているつもりでも、閃光が出るほどの速さで移動します。 そのスピードを生かし、自分の背の丈より長い太刀を使って相手を斬りつけます。 またその跳躍力を生かし、高高度から相手を攻撃することも得意です。 13巻までは、カウント5,700の性能が劣る代用の太刀で戦っていましたが、14巻で カウント300,000のオリジナルバロットを取り戻しました! 3位の時風と互角に力があると思われます。 本名:坂井時風• カウント数:507,025• カウント:愛するものを斬った数• バロット:太刀 剣術の達人である坂井時風が3位に! 時風は主人公リヒトー(離人)の義兄で、いっしょに軍学校に通いました。 その頃から時風は剣術にすぐれていました。 小さいころから祖母の道場で稽古していたためだと思われます。 時風は一度リヒトーに殺されますが、死んではおらず、廃棄戦争後は地上(アビス)の人たちのために尽くします。 そして力を蓄え、アルシアにアルシアに侵攻する時を待っていました。 14巻終了時点ではリヒトーと対立する時風ですが、今後2人が手を結ぶ可能性が考えられます。 坂井時風の強さや能力 撃墜王の手術を受ける前から剣術が得意だった時風の能力は 目にも留まらぬ速さで剣撃を繰り出すこと。 「 瞬撃の撃墜王」の異名を持つ時風は、空間も切り裂くことができるほど素早く剣を操ることができます。 リヒトーが見えないほどですから、いかに時風の剣術が速いかがわかります。 オリジナルバロットを取り戻したリヒトーとの順位に迷いましたが、カウント数も507,025であることを考えて、時風を3位にしました。 2位 アレクサンドロフ=グリゴローヴィッチ(アラン) アレクサンドロフ=グリゴローヴィッチのプロフィール• 本名:アレクサンドロフ=グリゴローヴィッチ• カウント:不明• カウント数:280,000• バロット:指輪 アレクサンドロフはアルシア王立軍総司令で、王立軍の最高責任者でした。 しかし特務部隊の陰謀でシャルル国王暗殺の濡れ衣を着せられ、王立軍総司令の座を追われてしまいます(10巻)。 その後はシュメルマン率いる特務部隊と対立する関係になります。 アレクサンドロフは300年前は アランという名前で軍学校の教官をしていました。 いわゆる鬼教官で、生徒たちを厳しく指導していました。 それ以前はロシアの将校でした。 廃棄戦争を終わらせるため他の教官とアルシアを作りましたが、結果として教え子たちを見捨てることになってしまいます。 アレクサンドロフ=グリゴローヴィッチのプロフィール 「 爆撃の撃墜王」の異名を持つアレクサンドロフの能力は 炎を自在に操ること。 義理の息子のジェイルと戦ったときは、ジェイルの作り出した鉄の盾を簡単に溶かすほどの威力がありました。 バロットは指輪で、カウント数は280,000。 数字自体はそれほど高くありませんが、軍学校の教官や王立軍総司令を歴任しただけあり実力は確か。 そのため7人の撃墜王の中では最上位にしました。 1位 シュメルマン=バッハ シュメルマン=バッハのプロフィール 「プランダラ」キャラクターの強さランキング1位はシュメルマン! これには多くの方は異論がないかと思います。 300年前は軍学校の教官でした。 そのころは生徒たちの「殺さない軍隊」を目指す考えに理解を示しめしており、リヒトーたちはやさしい人物と考えていました。 しかしその時からすでにアルシアの「選民」が始まっており、「殺さない軍隊」を目指す生徒たちは必要ないと考えていたようです。 廃棄戦争後はアルシアの特務部隊を率いており、いつかは王立軍を乗っ取りアルシアを支配しようと考えていたようです。 現在ではリヒトーやジェイルの最大の敵がシュメルマンです。 シュメルマン=バッハの強さや能力 シュメルマンは議会(アルシング)の能力と同期できる遺伝子の持ち主で、撃墜王は彼の遺伝子を移植することで生まれました。 それだけ強い力と能力を持っている考えられます。 彼の能力は 氷を自在に操ること。 銃弾も炎も一瞬で氷漬けにして停止させることができます。 さらに剣術は時風より速く、身体能力は道安を上回ります。 カウントやカウント数、バロットは不明で、能力は底を見せていません。 シュメルマンは現在考えられる最強のキャラクターと言えます。 まとめ 2020年1月から放送開始のTVアニメ「プランダラ」をいっそう楽しむためのラジオ番組「プランダラジオ」スタート!リヒトー役の さん、陽菜役の さんの2人が「数字 カウント 」をテーマに、プランダラを盛り上げます。 — インターネットラジオステーション<音泉> onsenradio 今回は「プランダラ」最強ランキングベスト7をまとめました! 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

【プランダラ】キャラクタープロフィール&アニメ版声優まとめ【プランダラ】

プランダラ ペレ

陽菜のエロシーンまとめ 陽菜は母が探し求めていた撃墜王を探すために旅に出ていた少女。 貧乳キャラとして定着していが短いスカートを履いている&カウントが太ももの内側にある。 1話 はい、2回目見ちゃいましたねぇ 桜井智樹・真鍋義久の様に、欲望に忠実な主人公リヒトー やっぱり自分はこういう主人公好きです 水無月先生の作品なら、エロコメ挟みつつ、シリアス展開もあるのかな? "そらおと"は本編のシリアス具合も含めて大好きなんだよね — ヨーテル youteru8457 エロい手が — シッタカ三世 shittaka3rd 「プランダラ」1話。 90年代を思わせるエロくてひょうきんな主人公が、本領を発揮してヒロインを救うという定番のストーリーだが、これが案外メリハリがあってテンポがよく、ルックも含めて古臭い割に、落ち着いて描けているので楽しみやすい。 それゆえ数字支配の世界観の説明がさほど退屈にならない。 — メ之助 japanoff エロいふとももばかり目がいってたけど陽菜ちゃん健気で応援したくなるし数字が全てを決めるという設定も面白い。 2度見るぐらいには結構気に入ってきた。 アビス送りがほんと謎すぎる現象。 リヒト-と一緒にいた女性。 ナナの正体はリヒト-と同じ撃墜王のひとり。 巨乳で胸を露出している。 アルシングの手が陽菜のところにだけ手を出さず、胸の小ささを気にししてる陽菜に「ドンマイ」って示したところがちょっと笑えた。 ナナのとっておきの意外ない力で5人が過去に転移させられ園原とリヒトーを目撃。 活発で元気な女の子。 リヒト-に助けられ好きになっていく。 冒頭から今回はサービス回でいく!という強い意志を感じる…。 — 鳴神 seimei7777 エロい — 井田ともき アニメ 369Sho369 「プランダラ」ギャグとエロで無双してます。 — 井田ともき アニメ 369Sho369 「プランダラ」第3話。 新たにチョロ過ぎるヒロイン追加でさらに作品の知能指数が下がってしまった…。 リィンちゃんのおかけでパンツは飛ばなかったけどエロ指数は上がりっ放し。 お尋ね者と気付いて敢えて遊んでたペレくんもなかなかいいキャラしてます(笑)。 — 鳴神 seimei7777 相変わらずエロいな — 井田ともき アニメ 369Sho369 スカートも胸元もエロいんだよなぁ — 神猫 LOVE71323795 プランダラ14話 なんと言っても今回はお風呂シーンがとても良かった。 ジェイル中尉に裸を見られたリィンちゃんの恥ずかしそうな顔とても可愛かったです! アニメ画像を編集したので、少しつなぎ目が変かもしれないです。 しかし、真実を知った陽菜はリヒトーに想いをぶつけるのだが…。 撃墜王のひとり。 薬で操られていたが正気に戻る。 リヒト-の後輩の様子。 11話。 エロコメに戻ったかと思ったが違った。 ジェイルはカウンターのせいで嘘をつけないから辛いな。 ナナが只者でないのは伏線あったね。 そして最後は現世に逆異世界転移!次回から学園物に。 でも突然学園物になるアニメって意外と結構あったりする。 Pha(略)とか神さ(略)とか。 おっとりとした性格でかなり深いスリットのスカートを履いている。 プランダラのフィレンダさん水着姿やっば! — taka mama1031fgo その他キャラのエロシーンまとめ 14話。 離人「女湯でも自然に溶け込めば問題無い」なるほど!…なわけあるか!でもジェイルはセーフだったwリィンちゃん別に太ってないよ!…あれ…俺バトル物を見てたはずなんだが…。

次の

プランダラのエロシーンまとめ/陽菜・ナナ・リィン・園原水花・フィレンダ

プランダラ ペレ

【あらすじ】 リヒトーを裏切ったペレを連れ戻すために一人敵地に残って立ち向かったリィン。 三百年前の訓練により向上した戦闘技術で抗うが、ペレを連れ戻せずに負けた。 (48話 玩具) アルシアに反逆した時風は、シュメルマン元帥によりアビスの子供たちを皆殺しにされかける。 だが、ジェイル率いるゲフェングニスが助けにきたことにより、子供たちの命は助かった。 (49話 裏切り) リヒトーたちを裏切ったはずのペレはリヒトーの本物のバロットを取り戻し、園原に託す。 ペレの本当の裏切りが判明し、シュメルマンに殺されかけたペレだがリィンに助けられた。 (50話 唯一人) リィンにこれまでの経緯を説明している途中で、ペレは園原を追う閃撃を見る。 強化クローンである新型撃墜王たちに追いつかれた園原は以前とは違い、自ら戦う。 しかし、大勢の新型撃墜王たちによって窮地に追い込まれる。 (51話 迎撃) 【感想】 希望と絶望、興奮と平穏が乱高下する『プランダラ』十三巻。 今回のメインは表紙のペレ軍曹とリィン曹長でした。 ようやく六巻から裏切りフラグを立ててばかりのペレがきちんと裏切ってくれて、そのあとにリィンのところに戻ってきてくれて、不安だった心も落ち着きました。 よかったよかった。 ペレの人を信じられなくなる過去を塗りつぶして恋をさせたリィンは本当に強い。 作中ではよくからかわれていますが、十三巻では素直で、嘘をつけなくて、自分の悲しみは抱え込んで理不尽にふるまわない。 その強さがはっきりと書かれていました。 特に印象的なのは、ホムホゥでボランティア活動を手伝ってもらいたいリィンのお願いをペレは拒否しますが、リィンはめげずに怒らずに、悲しい気持ちもあったのにそれも隠して、ペレを怒らなかったところ。 ペレはずっと、リィンが自分に対して信頼を向けてくれていたことに救われていたのでしょう。 痛ましい展開が続きますが、そうしてあんまり早くに終わってほしくはないのですが、またリィンとペレに穏やかな日が訪れますように。 あとは、久しぶりの登場! 私の一番の推しキャラクターであるジェイルが出てきてくれて本当に嬉しい格好良い! ジェイル率いるゲフェングニスは姿を見せてから三秒で「これは危ない」と思わせる人ばかりでしたが、アセル=リュボーヴィー少尉がとても好みでどうしよう。 しかもジェイルを慕っている蜂蜜系とろとろ女子。 四つくらい好みを撃ち抜かれましたね。 いつかジェイルさんとのべたべたが見たいです。 そうして最後に園原さん。 自分から戦うことを選び、毅然と戦う姿がこれまでになく、格好良い。 怯えがちだった頃も良い子でしたが、ジェイルさんに信念をもらって立ち上がった姿も好きです。 新型撃墜王との戦闘シーンは、正確な乱れ撃ちの連発で、ページをめくる手も勝手に早くなりました。 プランダラはもう、考察を挟む余地がないほど話が進んでいます。 二つの人格を持っているらしいシュメルマン元帥の真実とは。 リヒトーは本当の自分のバレットを手にすることができるのか。 かつての撃墜王たち、さらにジェイルやリィンなどとも力を合わせて、何をすべきなのか。 議会(アルシング)の正体や、どんな未来をアビスとアルシアは手にするのか。 謎の女性、フィレンダさんは一体。 意外と伏線は残っていますが、ここまできたら終わりまで見届けたい。 大好きな作品です。 毎回希望と絶望の連続で揺さぶられすぎますが! 『プランダラ』は2020年1月からアニメ化もします。 楽しみです!.

次の