エクス パンダー クロス。 三菱が7人乗りの新型クロスオーバー「エクスパンダー クロス」を世界初披露 【ニュース】

クロスを追加 三菱 新型エクスパンダー 2020 Xpander 【新型車情報・発売日・スペック・価格】XMコンセプト XM 7

エクス パンダー クロス

インドネシアは、急激な国の発展を得て、車の需要が高まりました。 三菱がインドネシアの新工場(西ジャワ州ブカシ県)を建設。 2017年の秋に発売する予定です。 肝心の日本発売は今のところ未定ですが、ミニバンのようなSUV車です。 走りの機動性と室内空間と外観のデザイン性しかも7人乗りですので人気が出れば、日本発売も無理な話ではありません。 しかも三菱は日産と提携しています。 排気量は今のところインドネシア仕様で1. 5Lのみとなっています。 MIVICによってエンジンの燃焼をよくしています。 日本仕様では、 おそらく1. 5Lと2. 0Lの2種類のエンジンではないかと推測します。 しかもターボ付ですね。 税金の差別化もできますし、走り重視と操作性が売りです。 また、日本仕様では、 5速MTではなく4速ATのみとなると推測します。 なぜなら、日本でのMT車の人気がありません。 車を運転してる実感がほしいかたにはちょっと物足りないかもしれまん。 しかし、大人数での移動やロングドライブだとMT車は疲れます。 やはり、運転しやすいと考えれば、4速ATのみと考えると思いますね。 燃費は、1. 5Lクラスでデミオだと19. 2-24. 0-20. 大人数が乗っても実燃費で15. 0-18. 内装では7人乗りのゆったりとした室内空間となっています。 内容は不明ですが、シート色も選択があると思われます。 ハンズフリー通話や音楽のワイヤレスストリーミングもできます。 ただ、5ドアです。 スライトドアではありません。 日本仕様では、ちょっと敬遠されるかもしれません。 日本ではスライド・ドアが人気です。 横にずらすだけで乗り降りが楽だと聞きますからね。 外装では、ほぼ日本ではミニバンの感じを受けます。 見方を変えますとSUV車のデザインとミニバンのデザインを混ぜた感じがあります。 ようは、外観が気に入るかどうか。 走って、燃費がよくて、室内空間が充実している、デザインもかっこいいくらいで丁度いいと思います。 これから、発売日が近付けば内装や外装に具体的な情報が出てくると思われます。 また、運転席・助手席SRSエアバッグ、全席3点式シートベルトにより、乗員すべての安全性を確保。 優れたパッシブセーフティを実現しています。 滑りやすい路面などでのタイヤのロックを防ぐABS、ブレーキとエンジン出力を自動で調整して車両の不安定な挙動を安定させるアクティブスタビリティコントロール(ASC)、急な坂道での発進時に車両のずり下がりを防止するヒルスタートアシスト(HAS)、急ブレーキをかけた時やABSが作動した際に自動でハザードランプを高速点滅させて後続車に注意を促すエマージェンシーストップシグナルシステム(ESS)により、アクティブセーフティでも万全を期しています。 価格では、インドネシア通貨のルピアで計算しています。 日本円で換算していますが、 日本仕様では、もうすこし高くなる感じがします。 インドネシア仕様では、上記のような感じで安全性能となります。 特に安全性にはうるさい日本ですので、もし日本仕様が発売されるのであれば 三菱アウトランダーに搭載されているe-Assistを搭載すると思われますので、この分だけも値段が高くなると思われます。 金額としては、10-20万円は高くなるのではないでしょうか。 インドネシア仕様とはいえ、かなりの出来です。 名前は差別化をしているようですが、ほぼSUV車に近いです。 ですが、7人乗りと言うことなので、もしインドネシアで販売をうまく行けば、日本でも発売になると思います。 その上、日産のとの提携もしていますので、もしかしたら日産から発売されるかもしれません。 遊び心と運転の操作性と居住性を兼ね備えています。 今後の動向が楽しみですね。

次の

【三菱エクスパンダークロス発表!!】人気のクロスオーバーミニバン&ワゴン 6選

エクス パンダー クロス

三菱の新型MPV「エクスパンダー」の秘密に迫る 三菱自動車が2016年のインドネシア国際オートショーで世界初披露した「XMコンセプト」を、 2017年のインドネシア国際オートショーで、市販化モデル「エクスパンダー」として世界初披露し、2017年10月から販売開始しています。 エクスパンダーは、MPV(Multi-Purpose Vehicle)の名のごとく、色々な使い方が出来るよう7人乗りかつSUVのスタイルになっています。 普段の買い物やドライブの他にもアウトドアやウィンター・サマースポーツに使える1台です。 インドネシアの子どもがいる家庭をターゲットにしていて、最低地上高が205mmと高めに設定されているので、郊外の未舗装道路を走行する時や、突然のスコールにも対応できます。 日本では、雪の降る地域において、エクスパンダーのその地上高の高さを十分に活かせると思います。 2017年のインドネシア国際オートショーに出品され市販化された「エクスパンダー」のエクステリアやインテリア、搭載エンジンなどを紹介していきます。 三菱エクスパンダークロスがタイとフィリピンで販売スタート! 三菱新型エクスパンダークロスのエクステリア 三菱自動車が新型エクスパンダークロスの販売をタイやフィリピンで開始しました。 エウスパンダークロスはエクスパンダーをベース車両とするMPVで、ダイナミックシールドを備えた過激なエクステリア、さらに実用性と広さを両立したインテリアが特徴です。 2020年2月時点でエクスパンダーシリーズの販売台数は約25万台を突破。 三菱自動車は今後もASEANを中心にエクスパンダーの輸出を増やしていくとのことです。 ジャカルタでエクスパンダークロスがついにワールドプレミア エクスパンダークロスのフロント・リア エクスパンダーシリーズの新ラインナップとして、「エクスパンダークロス」が発表されました。 ワールドプレミアはインドネシア・ジャカルタで行われ、2019年11月13日より発売されます。 今後はアセアン地域を中心に投入される見込みです。 パワートレインはエクスパンダーと共通しており、1. 5リッターガソリンエンジン(4A91型)を用意。 トランスミッションは4速ATと5速MTを設定します。 7人乗りの新型クロスオーバーMPVとして登場したエクスパンダークロスは、エクスパンダーをベース車両としています。 SUV特有の堅牢なエクステリアデザインで、三菱の新アイコンであるダイナミックシールドを装備。 ブラックのホイールアーチやテールゲートフィニッシャーで引き締まった印象を際立たせています。 ランプはLEDを採用し、明るく運転しやすい視界を確保。 ボディカラーは新色として「サンライズオレンジメタリック」「グラファイトグレーメタリック」が追加。 サンライズオレンジメタリックはエクスパンダークロスの専用カラーとなります。 エクスパンダークロスのコックピット インテリアにはブラウンとブラックを採用し、シックで高級感あふれるスタイリングに。 クルーズコントロールやチルト・テレスコピック機構つきステアリングホイールを装備するほか、視認性に優れたハイコントラストメーターと高効率エアコンシステムを搭載。 各シートにはスマートフォンやタブレット端末の充電に便利なUSB端子を設置しています。 エクスパンダークロスのシート エクスパンダークロスのセカンドシートは60:40分割式、サードシートは50:50分割式で、多彩なシートアレンジを実現。 セカンドシートの中央席を倒せばアームレストとして使用可能で、長さのある荷物もスマートに積載できます。 7人がフル乗車した状態でも十分な荷室スペースを確保します。 新型クロスオーバーMPVが2019年11月12日にジャカルタでワールドプレミア!ベースはエクスパンダーか? 三菱から発表された新型クロスオーバーMPVのティーザーイメージ 2019年11月5日、三菱の新型クロスオーバーMPVのティーザー画像が公式サイトにて公開されました。 新型クロスオーバーMPVは2019年11月12日、インドネシア・ジャカルタでワールドプレミアを迎えます。 新型クロスオーバーMPVは、三菱のインドネシア市場での人気車エクスパンダーを意識したスタイリング・デザインとなると言われています。 エネルギッシュなSUVらしいデザインと、実用的で居住性の高い車内空間を実現したクロスオーバーMPVで、価格は200万円以下に抑えられると予想。 日本市場での販売はありませんが、三菱エクスパンダーとともに今後の動向にも注目したいところです。 ベトナム市場には2018年10月より投入されました。 MMV(ミツビシ・モーターズ・ベトナム・カンパニー・リミテッド)はエクスパンダーの生産開始とともに生産能力の向上を目指します。 新型エクスパンダーがインドネシアで大ヒット!2020年までに22万台の増産を決定し世界にデリバリー 三菱は、インドネシアで2017年10月から販売している三菱のエクスパンダーの生産を拡大すると公式発表しました。 2017年8月の受注開始から10か月目に2018年6月までに8万台以上を受注し異例の大ヒットになったエクスパンダーは、2018年4月からフィリピンやタイやベトナムなど東南アジアの10の地域へデリバリーを開始しました。 インドネシアのカーオブザイヤー2018も受賞、2018年3月には販売台数ランキングで1位を獲得したことから、今東南アジアでNo. 1の人気車種といっても過言ではないでしょう。 東南アジアからの受注に対応するために2018年7月に1万台に増産することを決定したエクスパンダーですが、さらなる生産強化を行うため、2018年に計画していた10万台を上回る12万台に増産すると発表しました。 また2019年の計画に掲げた生産台数15万台を継続して目指すこと、2020年までに22万台まで生産力を強化することを公式に発表しました。 東南アジアにはエクスパンダーと同じカテゴリーで競争するスズキのエルティガやホンダのBR-Vがありますが、これらのライバルを抑え今後も販売台数を伸ばせるのか注目されています。 エクスパンダーの日本導入について三菱が2017年10月18日に発表した中期経営計画では、アセアン地域や米国や中国など、各地域にエクスパンダーを投入する可能性を示唆しています。 日本ではエクスパンダーのような車がラインナップされていないため、発売される可能性は高いと考えます。 しかし日本導入は確定していないため今後の三菱からの発表に期待しましょう。 エクスパンダーのエクステリアは三菱のダイナミックシールドを採用した大胆なデザイン エクスパンダーのフロントマスクは、グリルデザインがXMコンセプトから変更はありませんが、ウィンカーデザインの変更やフォグランプの追加など、少しの変更が行われています。 また、リアビューはL字型のリアテールを装備してどっしりとした頼もしい雰囲気があります。 マフラー付近の樹脂パーツがSUVらしいルックスへと変化させていて、XMコンセプトには無かったリフレクターが2枚装着されています。 また、ポジションランプを点灯したパターンでは、エンブレムから伸びているライトが「ポジションランプ」、フロントバンパー内に配置されている2つのライトが「ヘッドライト」と「ウィンカー」になっています。 他には、XMコンセプトで装備されていた大き目のルーフレールが装備されていないところを見ると、オプション設定になっていると考えます。 エクスパンダーのインテリアは3列シートを備えた家族みんなが楽しめる仕様 三菱の新型MPVエクスパンダーのインテリアは3列シート7人乗りのシート配列で、ワイドボディになっているのでフル乗員すると窮屈になりがちな3列目でも快適に過ごせるようになっています。 比較的大き目なステアリングがSUVらしい力強いイメージがあり、パーキングブレーキも大き目サイズになっています。 シフトノブはフロアに設置されていて、PからDまで真っすぐな配置のストレートタイプになっています。 キーレスエントリーが装備されていて、携帯している時にドアのスイッチを押すだけでカギの開け閉めができて、プッシュスタートボタンも装備されています。 リモコンで開けた時には、 ポジションランプが30秒間点灯するウェルカム機能も備えているのが嬉しいポイントです。 XMコンセプトモデルでは、2:3:2の7人乗り配列になっていて、ルーフが傾斜していないデザインなので3列目の頭上空間も十分に確保しています。 エクスパンダーのパワートレインは1. 5LのMIVEC4気筒ガソリンエンジンを搭載 新型MPVのエクスパンダーに搭載されるエンジンは、MIVEC機構付きの1. 5Lガソリンエンジンを搭載していて、トランスミッションは5速マニュアルと、4速オートマの2種類が用意されています。 また、日本導入は未定ですが、もし発売になるとするならば日本仕様はエクリプスクロスに搭載されている1. 5Lダウンサイジング直噴ターボエンジンが搭載されると予想します。 燃費は公表されていませんが、1. 8Lエンジンを搭載しているRVRの燃費14. 4~15. 新型エクスパンダーの販売価格一覧(2018年8月) グレード ミッション 販売価格 GLX MT Rp 199. 100. 000(日本円で約1,535,333円) GLS MT Rp 217. 600. 000(日本円で約1,677,993円) AT Rp 228. 600. 000(日本円で約1,762,818円) EXCEED MT Rp 224. 600. 000(日本円で約1,731,973円) AT Rp 235. 000. 000(日本円で約1,812,171円) SPORT MT Rp 237. 200. 000(日本円で約1,829,136円) AT Rp 247. 200. 000(日本円で約1,906,087円) ULTIMATE AT Rp 255. 400. 000(日本円で約1,969,315円) スモールSUVとミニバンが融合した市場が今後拡大する可能性がある 世界中で流行っているボディタイプのSUVですが、中でも特に売れているのがホンダのヴェゼル、トヨタのC-HRなどの小型SUVです。 北米では日産インフィニティのQX30やレクサスからはUXが控えていて、日本でも三菱のエクリプスクロスが2018年に発売されました。 新型エクスパンダーは小型SUVのサイズながら、7人乗りで居住空間や荷室空間を広くとっていて、突然のスコールにも対応できる205mmの最低地上高を備えた新型MPVで、インドネシアで爆発的な人気を得ています。 日本でもエクスパンダーがラインナップされる可能性が高く、もし発売になるのならエクリプスクロスはSUVカテゴリのRVRより1つ上のクラス、エクスパンダーは、ミニバンカテゴリのデリカD5の弟分としてラインナップし、7人乗りミニバンのエントリーグレードとして発売になると考えます。 インドネシアでの発表後、日本でも販売が行われるのか新型MPVのエクスパンダーの動きから目が離せません。

次の

クロスを追加 三菱 新型エクスパンダー 2020 Xpander 【新型車情報・発売日・スペック・価格】XMコンセプト XM 7

エクス パンダー クロス

インドネシアは、急激な国の発展を得て、車の需要が高まりました。 三菱がインドネシアの新工場(西ジャワ州ブカシ県)を建設。 2017年の秋に発売する予定です。 肝心の日本発売は今のところ未定ですが、ミニバンのようなSUV車です。 走りの機動性と室内空間と外観のデザイン性しかも7人乗りですので人気が出れば、日本発売も無理な話ではありません。 しかも三菱は日産と提携しています。 排気量は今のところインドネシア仕様で1. 5Lのみとなっています。 MIVICによってエンジンの燃焼をよくしています。 日本仕様では、 おそらく1. 5Lと2. 0Lの2種類のエンジンではないかと推測します。 しかもターボ付ですね。 税金の差別化もできますし、走り重視と操作性が売りです。 また、日本仕様では、 5速MTではなく4速ATのみとなると推測します。 なぜなら、日本でのMT車の人気がありません。 車を運転してる実感がほしいかたにはちょっと物足りないかもしれまん。 しかし、大人数での移動やロングドライブだとMT車は疲れます。 やはり、運転しやすいと考えれば、4速ATのみと考えると思いますね。 燃費は、1. 5Lクラスでデミオだと19. 2-24. 0-20. 大人数が乗っても実燃費で15. 0-18. 内装では7人乗りのゆったりとした室内空間となっています。 内容は不明ですが、シート色も選択があると思われます。 ハンズフリー通話や音楽のワイヤレスストリーミングもできます。 ただ、5ドアです。 スライトドアではありません。 日本仕様では、ちょっと敬遠されるかもしれません。 日本ではスライド・ドアが人気です。 横にずらすだけで乗り降りが楽だと聞きますからね。 外装では、ほぼ日本ではミニバンの感じを受けます。 見方を変えますとSUV車のデザインとミニバンのデザインを混ぜた感じがあります。 ようは、外観が気に入るかどうか。 走って、燃費がよくて、室内空間が充実している、デザインもかっこいいくらいで丁度いいと思います。 これから、発売日が近付けば内装や外装に具体的な情報が出てくると思われます。 また、運転席・助手席SRSエアバッグ、全席3点式シートベルトにより、乗員すべての安全性を確保。 優れたパッシブセーフティを実現しています。 滑りやすい路面などでのタイヤのロックを防ぐABS、ブレーキとエンジン出力を自動で調整して車両の不安定な挙動を安定させるアクティブスタビリティコントロール(ASC)、急な坂道での発進時に車両のずり下がりを防止するヒルスタートアシスト(HAS)、急ブレーキをかけた時やABSが作動した際に自動でハザードランプを高速点滅させて後続車に注意を促すエマージェンシーストップシグナルシステム(ESS)により、アクティブセーフティでも万全を期しています。 価格では、インドネシア通貨のルピアで計算しています。 日本円で換算していますが、 日本仕様では、もうすこし高くなる感じがします。 インドネシア仕様では、上記のような感じで安全性能となります。 特に安全性にはうるさい日本ですので、もし日本仕様が発売されるのであれば 三菱アウトランダーに搭載されているe-Assistを搭載すると思われますので、この分だけも値段が高くなると思われます。 金額としては、10-20万円は高くなるのではないでしょうか。 インドネシア仕様とはいえ、かなりの出来です。 名前は差別化をしているようですが、ほぼSUV車に近いです。 ですが、7人乗りと言うことなので、もしインドネシアで販売をうまく行けば、日本でも発売になると思います。 その上、日産のとの提携もしていますので、もしかしたら日産から発売されるかもしれません。 遊び心と運転の操作性と居住性を兼ね備えています。 今後の動向が楽しみですね。

次の