タランティーノ。 【ネタバレ】「ワンハリ」 徹底解説!タランティーノ新作を楽しむために知っておきたい時代背景や隠されたトリビアも紹介

これだけ見とけばOKなタランティーノ監督作品のおすすめランキングと関連作品13作品を一挙紹介

タランティーノ

ここ数年、映像と音楽がマッチした映像作品が世界中で再び脚光を浴びている。 映画『LA LA LAND』の大ヒットを始め、日本でもアニメ『君の名は。 』がその主題歌とともに社会現象を起こしたのは記憶に新しい。 洗練された物語と、その空気感を作り出すいい音楽。 それがうまく繋がりあったとき、多くの人々に届くような作品が生まれるのだ。 以前から、音楽と映像がマッチした作品は多く存在してきた。 そのような名作を多数生み出しているのが、世界的映画監督クエンティン・タランティーノである。 彼の作品のほとんどは音楽と切り離せない。 彼は『レザボア・ドッグス』で1992年にデビューして以降、奇想天外で斬新な作品を世に送り出してきた。 そしてどの作品も、音楽へのこだわりが強く伺える。 タランティーノは映画音楽にオリジナルのスコアは滅多に作らず、自分が長年集め続けたレコードコレクションから、楽曲を選んで作中で使う。 その理由はタランティーノの創作の過程にある。 彼は脚本を書き始める前、自分のレコードコレクションの部屋を歩き回り、その中から気分に合わせたものを聴きながら構想を練るのだという。 脚本の中の言葉は音や歌から派生するんだ。 脚本を書き始める時、僕は真剣に音楽のことを考えるんだ。 音楽を聴きながらカンヌ国際映画祭にいるみんなが気に入っている様子を想像するんだよ。 構想段階から彼の作品には音楽がある。 だから、オリジナルのスコアよりも自分がインスピレーションを受けた楽曲を作中に使うのである。 彼の映画で印象的なのはオープニングの時に使用される音楽である。 物語が始まる前からその作品の世界に引き込まれてしまうような、魅力的な楽曲から彼の映画は始まる。 そんなタランティーノ作品の中から、印象的なオープニング音楽を5つ選んでみた。 1 「Little Green Back」ジョージ・ベイカー タランティーノのデビュー作『レザボア・ドッグス』に使用された楽曲。 オランダ出身のシンガーソングライターであるジョージ・ベイカーが1969年にリリースしたデビューシングル。 元々彼の代表作として知られていたが、映画に起用されたことにより20年もの時を経て再評価された。 6人の黒スーツの男たちが歩く姿とブルージーなこの楽曲はとても印象的であり、今でもドラマからバラエティまで様々な作品でパロディにされている。

次の

クエンティン・タランティーノとかいう映画監督「最高傑作が処女作のレザボア・ドッグスな模様」「は?パルプフィクションだろ?」 2chタランティーノ映画まとめ

タランティーノ

本格的な劇場用長編としては『ブロンドと棺の謎』 01 以来、およそ13年ぶりとなるピーター・ボグダノヴィッチによる新作は、往年のスクリューボール・コメディにオマージュを捧げた文句なく楽しい傑作である。 当人たちの意図せぬところで繋がっていく人間関係が笑いを誘う脚本が秀逸であり、転がるように進行する物語を淀みなく流れに乗せ、90分にまとめるボグダノヴィッチの熟練の技が冴えて素晴らしい。 これぞ洗練の極みであり、ボグダノヴィッチ75歳にして新たな黄金期の到来を期待させてしまうほどである。 オーウェン・ウィルソンやイモージェン・プーツ、脇を固めるジェニファー・アニストンやリス・エヴァンスなどのキャスティングも完璧。 映画への愛が溢れ出る必見の1作である。 第27回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門にて「シーズ・ファニー・ザット・ウェイ」の題名で上映された。 監督 出演キャスト 5月11日 18:45 世界中に熱狂的なファンを持つ映画監督、クエンティン・タランティーノ。 昨年は、約4年ぶり監督第9作となる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 19 が公開され、賞レースでも話題となった。 そんな本作が、本日からW… 3月28日 21:30 ダリオ・アルジェント監督の『サスペリア』 75 やルチオ・フルチ監督の『サンゲリア』 79 など、70年代に世界的ブームを巻き起こし数多の傑作が生まれたイタリアン・ホラー。 その先駆者であるマリオ・バーヴァ監督の、没後40… 2月10日 10:15 現地時間2月9日 日本時間10日 、ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催中の第92回アカデミー賞授賞式。 見事、助演男優賞に輝いたのは、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 19 のブラッド・ピットだった。 オスカー・アイザック、アントニオ・バ… 9月7日 16:45 レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットを初共演させ、2人の友情と絆を軸にハリウッド黄金時代の光と闇に迫ったクエンティン・タランティーノ監督の長編映画9作目となる「ワンハリ」こと『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリ… 8月31日 13:45 いよいよ公開となった『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。 クエンティン・タランティーノ9作目の監督作となるこの話題作で、何よりも注目を集めているのが、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットというハリウッド… 8月30日 15:29 クエンティン・タランティーノ監督の長編9作目となる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が本日8月30日 金 より公開。 そこで、タランティーノが脚本を務めた『トゥルー・ロマンス』から最新作『ワンス・アポン~』ま… 8月29日 12:05 映画好きで知られるお笑い芸人のアルコ&ピースが、独自の目線で作品解説をする「『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』徹底解説やっちまいな!」の動画がMovie WalkerのYouTubeチャンネルにて公開とな… 8月28日 05:00 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 8月30日公開 で来日中のクエンティン・タランティーノ監督が、インターネットテレビ局「AbemaTV アベマティーヴィー 」で放映される稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾による….

次の

クエンティン・タランティーノの映画作品

タランティーノ

ここ数年、映像と音楽がマッチした映像作品が世界中で再び脚光を浴びている。 映画『LA LA LAND』の大ヒットを始め、日本でもアニメ『君の名は。 』がその主題歌とともに社会現象を起こしたのは記憶に新しい。 洗練された物語と、その空気感を作り出すいい音楽。 それがうまく繋がりあったとき、多くの人々に届くような作品が生まれるのだ。 以前から、音楽と映像がマッチした作品は多く存在してきた。 そのような名作を多数生み出しているのが、世界的映画監督クエンティン・タランティーノである。 彼の作品のほとんどは音楽と切り離せない。 彼は『レザボア・ドッグス』で1992年にデビューして以降、奇想天外で斬新な作品を世に送り出してきた。 そしてどの作品も、音楽へのこだわりが強く伺える。 タランティーノは映画音楽にオリジナルのスコアは滅多に作らず、自分が長年集め続けたレコードコレクションから、楽曲を選んで作中で使う。 その理由はタランティーノの創作の過程にある。 彼は脚本を書き始める前、自分のレコードコレクションの部屋を歩き回り、その中から気分に合わせたものを聴きながら構想を練るのだという。 脚本の中の言葉は音や歌から派生するんだ。 脚本を書き始める時、僕は真剣に音楽のことを考えるんだ。 音楽を聴きながらカンヌ国際映画祭にいるみんなが気に入っている様子を想像するんだよ。 構想段階から彼の作品には音楽がある。 だから、オリジナルのスコアよりも自分がインスピレーションを受けた楽曲を作中に使うのである。 彼の映画で印象的なのはオープニングの時に使用される音楽である。 物語が始まる前からその作品の世界に引き込まれてしまうような、魅力的な楽曲から彼の映画は始まる。 そんなタランティーノ作品の中から、印象的なオープニング音楽を5つ選んでみた。 1 「Little Green Back」ジョージ・ベイカー タランティーノのデビュー作『レザボア・ドッグス』に使用された楽曲。 オランダ出身のシンガーソングライターであるジョージ・ベイカーが1969年にリリースしたデビューシングル。 元々彼の代表作として知られていたが、映画に起用されたことにより20年もの時を経て再評価された。 6人の黒スーツの男たちが歩く姿とブルージーなこの楽曲はとても印象的であり、今でもドラマからバラエティまで様々な作品でパロディにされている。

次の