ワイモバイル 2年後。 ワイモバイルからの乗り換え(MNP)はソフトバンクが一番得!!

ワイモバイル2年後は乗り換えがお得?我が家の契約結果はこうなった

ワイモバイル 2年後

ワイモバイルというのは、格安SIMの一部として見られていますが、実店舗もありますし、初心者でも使いやすい格安SIMになります。 実際には、自社の回線も保有しているので、完全な格安SIMではありませんが、それでも毎月のスマホ料金を抑えやすいので人気です。 しかしワイモバイルのイメージの中に、2年目までは安くでも、3年目に入るとスマホ料金が高くなると思っておられる方が多いのではないでしょうか? 確かに以前の料金プランでは、3年目に入ると急にスマホ料金が高くなっていたので、イメージ通りです。 しかし今の料金プランや割引サービスでは、そうではありません。 実際にワイモバイルを使って3年目に入ると、どんな変化があるのか見ていきましょう。 ワイモバイルの2年後にはどうなる? ワイモバイルと使って2年が過ぎると、スマホの月額料金が変わってきます。 例として、ワイモバイルの一番安い料金プランはスマホプランSというプランで、月額料金は2980円です。 それに対して、契約月の次の月、つまり2か月目から13か月目までは、ワンキュッパ割が適用されるので、毎月1000円の割引が生じます。 それで1年目は1000円が割引かれた1980円でスマホを利用することができ、これが多くの方のイメージしているスマホ料金になります。 それが2年目つまり14日月目になると、2980円という基本使用料が適用されるようになります。 さらに3年目である26か月目以降になると、3980円に基本使用料が変化します。 というのも、スマホプラン割引というのが25か月目まで適用されていたので、2980円という月額料金になっていたからです。 これが実はワイモバイルは3年目に料金が高くなるというイメージを作っていました。 確かに1980円が最終的には3980円になれば、大きな差になるので、高くなったと感じますね。 しかし今では、長期利用割引という割引があるので、26か月目からも1000円割引されます。 それで以前と同じ据え置き価格の2980円で、26か月目以降も利用できます。 実は他にも、26か月目以降に変化があるので、項目別に見てみましょう。 使えるデータ容量の変化 大きな変化として、データ通信の容量の変化があります。 データ容量2倍キャンペーンというものが適用されています。 スマホプランSは1GBが2GB スマホプランMの3GBが6GB スマホプランLであれば7GBが14GB これだけデータ容量が無料でアップされていれば、ユーザーにとっては嬉しいキャンペーンですよね。 でもこのキャンペーンは2年で終了してしまうキャンペーンなんです。 キャンペーンが適用されている時のデータ容量に戻るには、毎月500円のオプションを追加する必要があります。 500円のオプション代が26か月目以降からかかりますが、それでもデータ通信が多い方にとって助けになるオプションです。 学割も終了 ワイモバイルの学割の「ヤング割」も2年目で終了してしまうキャンペーンの一つです。 子供たちのスマホがワイモバイルの場合は、3年目にスマホ料金が高くなるのは痛手になりますね。 機種代金の割引が無くなる 機種代金を分割払いにしているなら、機種代金分が無くなるので、支払額としては安くなります。 もし一括で端末を購入されたのであれば、毎月の支払額としては高くなります。 総支払額で言えば、基本料金に戻るので変わっていないのですが、感覚的に支払額が高くなったと感じます。 乗り換えをするなら格安SIM! こうして考えると、ワイモバイルは3年目に入ると、急にスマホ料金高くなってしまうのは否めません。 どうしてもスマホ料金を安くしたいという方は、他の格安SIMに乗り換えるのもオススメです。 いくつかの格安SIMをピックアップして比較してみましょう。 LINEモバイルはどう? LINEモバイルの大きな特徴は、やはりカウントフリー機能でしょう。 どのプランを選択するかで、変わってきますが、それでもLINEの利用がデータ容量にカウントされなかったり、SNSの利用がカウントされない機能は、LINEやSNSをよく利用する方に、オススメのプランです。 ドコモの回線を利用しているので、つながりも悪くなく、十分満足して利用することができます。 しかし格安SIMであることには変わりないので、お昼の時間など混雑する時間帯には、大手キャリアの通信速度には見劣りします。 それでも使えないという事ではないので、スマホ料金を安くしたい方にはぴったり格安SIMです。 UQモバイルは? UQモバイルは、au回線のMVNOなのですが、ドコモの端末でも使うことができるので、auの端末が無くても安心です。 格安SIMなのに、通信速度やサポートなどを含めたサービスが充実しているので、キャリアと同じように使いたいという方にオススメです。 まとめ ワイモバイルは、3年目になると月額料金が少し高くなりますね。 以前と比べると、それほど高くなるわけではありませんが、それでももっとスマホ料金を節約したい方の場合は、LINEモバイルやUQモバイルに乗り換えるのがオススメです。

次の

ワイモバイルからの乗り換え(MNP)はソフトバンクが一番得!!

ワイモバイル 2年後

mobile ワイモバイル への新規・乗換 MNP によるスマホプラン加入で、2年間のデータ容量が増量してくれるサービスがあります。 契約から2年間は毎月のデータ容量が増量されてお得だけど、3年目以降はどうなるの?と心配されている方へ、このサービスの仕組みをご紹介します。 このサービス、実は本来月額500円の「データ増量オプション」が2年間無料で適用される、という仕組みなんです。 そしてこの「データ増量オプション」をうまく使えば、スマホプランを3年目以降もお得に使い続けることができます。 この記事では、「データ増量オプション」のお得な使い方を詳しく説明しています。 データ増量オプション スマホプラン向けのお得な有料オプション Y! スマホプランSは毎月のデータ容量2GB• スマホプランMは毎月のデータ容量6GB• スマホプランLは毎月のデータ容量14GB ただし、スマホプランの新規契約者は契約から2年間はこのデータ容量がさらに増量される特典があります。 この特典「データ増量オプション無料キャンペーン」によって、スマホプランで毎月使えるデータ容量 ギガ は以下のようになります。 スマホプラン 基本データ容量 増量オプション 毎月使えるデータ容量 スマホプランS 2GB 1GB 3GB スマホプランM 6GB 3GB 9GB スマホプランL 14GB 7GB 21GB これは、スマホプランの契約者に対して「データ増量オプション」という月額500円の有料サービスが2年間無料で提供されているからです。 そして、この「データ増量オプション」はスマホプランの新規契約者特典とは独立した正式な有料オプションなんです。 「新規契約特典」として「2年間無料」となり、毎月使えるデータ容量が増量される仕組みになっています。 スマホプランでは2年間無料キャンペーン スマホプランの新規契約時には、自動的にこの「データ増量オプション」が無料でつけられる仕組みになっていることで、スマホプランは2年間データ容量 ギガ 増量を実現しているわけです。 新規契約時には「データ増量オプション」が自動的につけられる 本来は選択オプション• そして、2年間はオプション料金が無料• 最初の2年契約が終了する時点で、オプションは自動的に取り外される 3年目以降もオプションとして利用可能 スマホプランを3年目以降も使おうと思った場合、スマホプランの本来のデータ容量では足りなくなるでしょう。 しかし、3年目 更新月 に自動的に「データ増量オプション」は取り外されますが、別途月額500円を支払うことで有料オプションとして追加することができます。 つまり、スマホプランは3年目以降も月額500円のオプション料金を払うことで、ずっと「データ容量増量」にすることができるんです。 スマホプランLでの契約であれば、毎月500円で7GBものデータ容量 ギガ を追加購入できることになります。 機種変更によりさらに無料期間延長 この「データ増量オプション」ですが、実は3年目以降も無料にすることができます。 それは、3年目にY! mobile ワイモバイル の「機種変更サービス」を利用して新しいスマホに交換することです。 「機種変更サービス」を利用して機種変更すると、さらに機種変更から2年間「データ増量オプション」が無料となるキャンペーンを実施中です。 機種変更でも月額割引が受けられる Y! mobile ワイモバイル の機種変更サービスは、機種変更であっても新規契約時の端末購入と同様に「月額割引」を受けることができます。 この「月額割引」は毎月の端末代金を補てんしてくれる割引サービスで、この割引のおかげでスマホがとても安く購入できます。 スマホプランを永く使う スマホプランは仕事でもつかえる データ通信料金が劇的に安くなることで人気の格安SIMですが、自営業の方など仕事で使っている携帯・スマホを格安SIMにすることに心配している方も多いようです。 理由の一つは大手キャリアでは一般的な「かけ放題」のプランが格安SIMでは提供されていないこと。 格安SIMでは「5分かけ放題」「10分かけ放題」のオプションは一般的となってきました。 mobile ワイモバイル のスマホプランも標準で「10分かけ放題」です。 スマホプランの強みは、月額1,000円のオプション「スーパーだれとでも定額」をつけることで、大手キャリアと同じ「完全かけ放題」にできることです。 外部リンク 仕事での長電話が多い自営業の方なども大手キャリアにこだわることなく完全かけ放題のサービスを利用することができるのがスマホプランです。 参考 3年目以降の「データ増量オプション」でお得 スマホプランは複数キャンペーンの適用により、最初の一年目が2,000円割引、二年目が1,000円割引、そして二年間のデータ容量が1. 5倍へ増量、と、3年以上長く使うとお得感がなくなっていくように感じされます。 しかし、実際はそうではありません。 スマホプランは3年以上長く使ってもお得な仕組みがあります。 ここまで説明してきたように、三年目以降も月額料金500円の「データ増量オプション」を付けることでデータ通信容量を増量することができます。 スマホプランLであれば、月間で7GBものデータ量を500円で買うことができるわけです。 機種変更でさらにお得 そして大手キャリアと比べたときのもう一つの不安は「機種変更」です。 格安SIM各社では大手キャリアと違って機種変更の仕組みのないものが多いです。 しかし、Y! mobile ワイモバイル ではスマホプランの加入者を対象に、機種変更サービスを行っています。 しかも、スマホの購入がお得になる毎月の機種代金の補てん「月額割引」も新規購入時と同様に補てんされるため、継続利用することでとても安く機種変更ができてしまいます。 参考 そして、Y! mobile ワイモバイル で機種変更を行うとこの月額500円の「データ増量オプション」がさらに2年間無料となります。 mobile ワイモバイル のスマホプランは三年以上の長期利用においても、お得な仕組みが用意されているプランです。 長期利用割引 そして基本料金においても二年目以降は基本料金が変わりません。 最初の一年目は2,000円割引となりますが、二年目は1,000円割引となるスマホプラン。 このスマホプランには三年目以降「長期利用割引」が適用されることで、毎月1,000円の基本料金割引が受けられます。 つまり、二年目以降は基本料金はずっと変わらないのがスマホプランです。 知らないと損!ワイモバイルの割引とキャンペーン Y! mobile ワイモバイル は宣伝広告を撃ったりホームページに大々的に掲載しないけれど、とてもたくさんのキャンペーンを実施しています。 現在実施中のキャンペーンの中から、特にお得度の高いキャンペーンをご紹介します。 データ増量無料キャンペーン データ増量オプションとは 「データ増量オプション」とは、月額500円の有料オプションで毎月使えるデータ通信容量 ギガ を増量してくれるオプションです。 500円払ってどれくらい増量してくるか、というと・・・ ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」に「データ増量オプション」を適用すると以下のようになります。 また、旧プランの「スマホプラン」にも「データ増量オプション」は適用でき、その場合は以下のようになります。 このように月額500円のオプション料金で、通常の追加チャージの2倍~14倍ものギガを増量してくれるお得なオプションが「データ増量オプション」です。 キャンペーンの概要 そして、この「データ増量オプション」を 「2年間無料で提供します!」というのが「データ増量無料キャンペーン」です。 ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」に新規・乗り換え MNP で契約した方全員が対象となります。 ソフトバンクや他社格安SIMからの乗り換え MNP でも対象となります。 ただし、 「データ増量無料キャンペーン」の適用は2019年11月28日までとなります。 下取りプログラム 下取りプログラムとは ワイモバイルでスマホセットを契約する場合、今お使いのスマホや使っていないスマホを下取りしてくれるサービスがあります。 下取りしてくれるのはSIMフリースマホ以外にも他社大手キャリアから購入したスマホなども下取り対象機種になっています。 下取りしてもらった場合、下取り代金は現金等で支払われるのではなく、 毎月の月額料金からの割引となっています。 下取り対象機種や下取り価格は毎月見直されており、3月や9月など通信サービスの需要の高い時期には下取り価格が非常に高くなるようです。 ワイモバイルでスマホセット契約する場合、使わないスマホがある場合はぜひ利用してみましょう。 機種変更サービスでも下取り可能 この「下取りサービス」は、新規での契約時以外にワイモバイルの機種変更サービスを利用する場合にも下取りしてくれます。 ワイモバイルから過去に購入したスマホだけでなく、別に購入したスマホや使わなくなったスマホなどがあれば、機種変更時にも利用してみましょう。 ケータイ・スマホに契約変更で、国内通話ずーっと無料キャンペーン キャンペーン概要 現在Y! mobile ワイモバイル のPHSをご利用の方が、スマホプラン・ケータイプランSSへの契約変更を行った場合、通常月額1,000円の完全かけ放題オプション「スーパーだれとでも定額」を次回機種変更まで無料とするキャンペーンです。 「スーパーだれとでも定額」は国内の固定電話・携帯電話へ掛けた場合の通話料金が回数・通話時間に制限なく無料となるオプションです。 外部リンク 対象者 現在Y! mobile ワイモバイル のPHSをご利用の方が対象ですが、以下の条件がつきます。 契約変更先のプランはスマホプラン・ケータイプランSSであること• スマホ購入を伴う契約変更であること SIMのみ発行は対象外• mobile ワイモバイル では 2018年3月いっぱいをもってPHSの新規契約を終了する、と発表しています。 いつまでPHSが使えるか 停波するか はわかりませんが、サービス終了に向けて動き出しています。 これ以降、 PHSでの料金プラン変更や機種変更なども受け付けられなくなります。 既存のPHSユーザーをスマホ契約に誘導するためのキャンペーンですね。 現在では携帯電話番号にも「070番号」が割り当てられているため、今お使いの PHS番号からは同じ番号でスマホへの移行が可能です 電話番号は変わらない。 なお、現在Y! mobile ワイモバイル では別キャンペーンとしてPHSからスマホへ 契約変更する場合の手数料 通常3,000円 が無料となるキャンペーンも実施中です。 次回機種変更まで、とは この「次回機種変更まで無料」の「次回機種変更」とはいつのことでしょうか? Y! mobile ワイモバイル では既存のユーザーがお得に機種変更できるサービスを提供しています。 「次回機種変更」とはこのサービスを利用して機種変更することを言い、ご自分でSIMフリースマホなどを入手・購入してSIMを差し替えて使う場合は機種変更には当たりません。

次の

ワイモバイルで契約2年後の対応まとめ!料金/データ容量の変化を解説

ワイモバイル 2年後

スマホ代、いつから値上がりしたのっ? そんな経験、貴方にありませんか? 携帯電話やスマホを契約して2年後、ふと利用料金明細を見て「あれ?請求金額が高くなっている…」と思った経験をお持ちの貴方! 通信事業各社は、新規の顧客を取り込むため契約後2年間限定の割引特典を設けていることが多いため、2年経過後に実質的に値上がりしたような印象を持つ顧客も多いと言われています。 しかも契約してから2年経ちますよ~って分かりやすく通知が来るわけでもないので、私もauで契約していた時に 「いつから値上がりしたんだよっっ」って感じになりました。 格安の料金プランで契約数を堅調に伸ばしているY! mobileでは、そのような実質的な値上げはあるのか? 目次• ワイモバイルで2年以上契約すると値上がりする? 数年前まで各キャリアは契約してから2年間限定の様々な割引特典などすることで最初の2年間は支払金額が安くなるプランを押していたところが多いです。 ワイモバイルを契約して2年以上経過した場合、具体的な請求金額はどうなるのか? 貴方がMNP(他社から乗り換え)したと考えてシュミレーションしてみましょう。 MNP乗り換えで2年以上契約した後の金額推移(店舗で聞いてみました) ドコモスマホを使っている貴方は毎月の料金を安くしようとワイモバイルに乗り換えました。 機種はiPhoneSEの32GBで本体代金は分割払い、料金プランはスマホプランS(データ容量1GB<増量で2GB>)を選択しました。 この一般的なモデルケースで考えたとき、毎月の月額料金はどのように変化するのでしょうか? オプションサービスなどには加入してない状態で考えていきます。 貴方に請求される金額を決める要素は 「本体分割代金」と「基本使用料」です。 iPhoneSEの32GBの本体代金は65,340円(税込)で、契約時の頭金として本体代金の一部の金額、540円を払った後の分割金は 2,700円となり、24回払い(2年間)で支払っていくこととなります。 それから基本使用料ですが、スマホプランSは毎月の基本使用料が3,218円(税込)のプランで、10分間以内なら誰にかけても通話料無料の通話定額プランとデータ通信容量として1GB(2年間は無料で2GBへ増量)ついています。 この本体分割金2,700円と スマホプランSの基本使用料3,218円に各種割引特典がついてきます。 このチャートで毎月の料金を考えると、1年目は合計3,218円、2年目は4,298円(「ワンキュッパ割り」がなくなるため)、3年目以降は1年目と同じ3,218円(「月額割引」がなくなっても本体分割金の支払いがなくなるため)となります。 このように見ると、2年目は1,000円程金額が上がりますが、 3年目以降は初年度と変わらない金額で利用できることが分かります。 割引キャンペーンも1年〜2年の期間限定でありながら、本体分割金の支払いスケジュールに合わせて綿密に計算されて展開されているので、各種キャンペーンが終わっても金額が全く変わらないのは嬉しいポイントです。 秘密の一つは長期利用者向けの割引サービス特典が充実している点にあります。 長期利用割引で、どれくらい安くなるか? 先ほどワイモバイルの基本料金の部分で、スマホプランSが月額2,980円とお伝えしましたが、この基本料金は「スマホプラン割引」適用時の金額です。 「スマホプラン割引」は、ワイモバイルスマホを契約した際に自動的に加入となる割引特典で、本来のスマホプランSの月額料金3,980円から2年間にわたって1,000円割引されるキャンペーンです。 3年目以降に月額料金が変わらないのは、この「スマホプラン割引」が終了した後、同内容の割引「長期利用割引」が適用されるから。 他の通信事業社と違って、3年目以降も毎月の金額が変わらず利用できるのは、この長期利用割引特典があるからなのです。 2年契約した後に他のキャリアへ乗り換えた方が良い? 結論から言うと2年契約後に他社へ乗り換えてもあまり条件は良くならないと思われます。 理由は以下の通り。 数年前まで、携帯電話各社が新規顧客開拓に向けて高額のキャッシュバックなどの特典で他社から顧客を奪い合う様相が混迷を極めており、その混迷ぶりに総務省が動きました。 それは乗り換えにともなう、販売奨励金の中止要請で、これまでその販売奨励金を元に可能であったキャッシュバック施策や、MNP転入者への過剰な割引特典が事実上困難となりました。 現在はかつてのように、2年間の周期で他社に乗り換えを行ってもあまりメリットがありません。 その一方で、上記で紹介した長期利用者への特典が設けられ、長く契約すればその分おトクであるのは理解いただけたと思います。

次の