仕事 し たく ない とき。 仕事に行きたくない時にするべき3つの対処法|「マイナビウーマン」

暇すぎるのもツラい…職場で仕事がないとき自分でできる対処法 | 女性の美学

仕事 し たく ない とき

仕事に行きたくないと思った人はどのくらいいるの? 朝起きて仕事に行きたくないと感じた理由は? が朝起きて会社に行きたくないと感じた20代の男女に、その理由を聞きました。 早速アンケート結果を見てみましょう。 第1位 男性:休み明けで気分が乗らない時 50. 4% 女性:休み明けで気分が乗らない時 64. 5% 第2位 男性:疲れている時 47. 3% 女性:疲れている時 64. 5%(同1位) 第3位 男性:職場の人間関係に悩んでいる時 35. 9% 女性:天気が悪い時 49. 9% 第4位 男性:自分の仕事に自信を持てない時 35. 9%(同3位) 女性:職場の人間関係に悩んでいる時 47. 0% 第5位 男性:天気が悪い時 33. 6% 女性:自分の仕事に自信が持てない時 38. 1% 理由の第1位は男女とも「 休み明けで気分が乗らない時」で、 男性は50. 4%、 女性は64. 5%とそれぞれ半数以上もいました。 1位の理由を詳しく聞くと、「休み明けは仕事がたまっているので憂鬱」「休み明けが身体がだるい」「休み明けは気持ちも体もすぐに切り替えができない」などの理由が挙がりました。 男性・女性ともに第2位の「 疲れている時」の詳しい理由は、「疲れているとやる気が出ない」「仕事で毎日残業が続き睡眠時間が足りない」などの理由がありました。 男性は第3位、女性は第4位になった「 職場の人間関係に悩んでいる時」の詳しい理由は、「上司に理不尽な叱られ方をしたあと」「ほぼ毎日のように上司からの叱責があった」などがありました。 そして、「 自分の仕事に自信が持てない時」の詳しい理由は、「営業の仕事をしていて、数字が悪い時は行きたくなかった」「何をしてもうまくいかない時」がありました。 「 天気が悪い時」の詳しい理由は、「バイク通勤なので」「雨が土砂降りの時は、雨に合わせた服装を考えないといけないし、足元が濡れて気持ちが悪い」との理由が挙がりました。 それでも会社に行きたいと思うのはどんなとき? 反対に、『会社に行きたいと思う理由はありますか?』の問いには、「翌日が休みだと思うとやる気が起きる」「会社に好きな人ができた」「前日、自慢したくなるようなことが起きた」「上司が出張などでいないと分かっている時」「仕事が終わったら飲み会などの楽しみがある」などの理由が挙がりました。 やはり、プラスな気持ちになることで会社へ行きたいと思えるのですね。 これは甘え?朝起きて仕事に行きたくないと思う理由 休み明けで気分が乗らない 前の項目で、会社に行きたくないと思う理由第1位になった「休み明けなので気分が乗らない」と感じる人はやはり多いようです。 それは休みがながければ長いほど感じてしまいます。 年末年始の休みや、夏季休暇で長く休むと心身共にリラックスできるので、休みが終わりに近づくとだんだん憂鬱になって、休みの最終日はため息が出るほどの人もいます。 身体が疲れている 身体の疲れは、心身共に疲れを感じる場合があります。 仕事が忙しくて残業が続くと、家に帰って気分転換をする時間がほとんどありません。 仕事をしている時は心身共に緊張しているので、仕事が終わったら家でリラックスして気持ちの切り替えをすることで、その日の疲れが癒えていきます。 しかし、リラックスできる時間がほとんどないと、気持ちの切り替えができないまま翌日を迎え、また緊張の1日が始まってしまいます。 この繰り返しをしていると、疲れがたまっていき会社に行きたくないと思ってしまうのです。 職場の人間関係に悩んでいる 人は色々な性格の人がいて、価値観もさまざまです。 仕事に対しての考え方も色々で、どうしても考え方や性格が合わない人もいるでしょう。 社会にでたら、そういう人とも上手くやり過ごして仕事を進めていかなければなりません。 仕事の進め方ややり方で悩む場合は、上司に相談して解決できることもありますが、人間関係の場合は人の相談することでかえって面倒なことになるのではないかと一人で抱え込みがちです。 「あの人がいる会社に行きたくない」と思って、会社に行きたくなくなる理由になります。 仕事をしたくない 業務内容によって、毎日のノルマがあったり月の目標を達成しなければならない場合があります。 どうしても上手くいかず、目標になかなか届かない時は仕事をしたくないと逃げてしまいたくなることもあります。 責任がある仕事を任された時のプレッシャーや、悩みを抱えている時には仕事から逃げたくなって、会社に行きたくないと感じてしまうのです。 仕事に行きたくないと思った時の対処法 思い切って休んでリフレッシュする 心身共に非常に疲れている状態で無理に会社へ行ったら、かえって体調を崩してしまうことにもなりかねません。 あまりにも身体がだるくて、起き上がれないくらい疲れていた場合は思い切って会社を休んで身体を休めてみてはどうでしょうか。 その場合、罪悪感を持って休むと心身の疲れが取れません。 「仕事を続けるために身体を休める」「リフレッシュのために必要な休み」と 前向きに捉えて休息を取ることが大事です。 仕事が終わってからのご褒美を用意する 朝起きたら会社に行きたくないと感じる人が、「それでも会社に行きたいと思う理由」の一つに、「仕事が終わってからの飲み会を楽しみに行く」などと答えている人がいました。 このように、仕事が終わってから自分へのご褒美を作るのも良い方法です。 人は先に楽しみなことがあると頑張れるものです。 飲み会でなくても、帰りに買い物へ出かける予定を入れる。 友達との食事、習い事を始めるのもいいでしょう。 仕事中も「これが終わったら楽しみが待っている。 」と励みになるものです。 休みの日にストレス解消を思い切りする まじめな人ほど、仕事から離れても仕事のことを考えてしまいがちです。 明日のプレゼンテーションの流れはこうした方がいいかも、あの時の書類はここを直したほうがいいかな、などと休みの日でも仕事のことが頭の中を占めてしまう人もいます。 そうなると、気分がリフレッシュできず、常に仕事に支配されているような感じになってしまいます。 会社を出たら仕事のことから自分を解放してあげましょう。 休みの日にはストレス解消のために好きなことをしてみましょう。 そうして、上手にストレス解消をして気分一新すれば仕事に向かうことができるでしょう。 信頼できる人に相談する 仕事や人間関係で悩んでいる時は、一人で抱えていてもどうしようもないことがあります。 誰かに相談することで解決の道が見つかるかもしれません。 悩んでいる時はまわりが見えなくなったり、そのことばかり考えてしまいがちです。 しかし、第三者は冷静に物事を見ることができます。 気づかなかった解決策が見つかるかもしれません。 ただし、相談するのは信頼できる相手にしましょう。 気分転換しながら仕事をする 仕事をしたくない、会社に行きたくないとずっと考えながら仕事をするのはかなりのストレスを抱えることになります。 思い詰めて悶々とするよりは、合間に気分転換をしながら仕事をするほうが気分的にも楽です。 例えば、昼休みに会社を出て外にランチに行くとか、社員食堂では違う課の人と一緒に食べるとか、今と違う環境に自分を置くことで気分が変わることがあります。 休みの日も生活リズムを崩さない 休み明けに会社に行きたくないと思う人の多くは、休みの日に昼近くまで寝ていたり、夜遅くまで起きていることが多いです。 そのような過ごし方をすると、生活のリズムが狂ってしまいます。 寝不足だと疲れが取れないため、起きるのが辛くなります。 休みの日でも普段の日と同じ時間に起きて、早めに寝るようにすることで生活リズムを崩さずにすみます。 吐き気や頭痛がするほど会社に行きたくない!休む?辞める?どうすればいい? 会社に行きたくない理由と向き合う 仕事に行きたくない、と思う理由は何なのかを一度しっかり確認しましょう。 自分がなぜ仕事に行きたくないと感じるのか、漠然とした思いだけではなく、その理由とじっくり向き合うのです。 なんとなく行きたくないのでとりあえず休もう、という解決方法だと結局その場しのぎになってしまいます。 理由と向き合うことで、どのように解決したらいいのか分かるかもしれません。 うつ病かも?病院へ行きましょう 何もしたくない、起きたくない食べる気力もない。 仕事に行きたくないと思うどころか、食欲もない眠れないなどという症状があったら迷わず病院へ行きましょう。 苦しい思いを我慢する必要はありません。 次のステージに移るタイミングなのかも! なんとなく仕事に行きたくないなと思うのではなく、仕事へ行くことを考えたら動機がする、胸が苦しくなる。 というほどだったら、我慢せず次のステージを考えてもいいかもしれません。 仕事へ行きたくない人への対策方法をいくつか試してみたが改善しなかった。 そんな時は新しい場所へ行く時期なのではないでしょうか。 転職を考えてみるのも一つの解決方法です。 転職することで新しい発見があるかもしれませんし、転職活動をしていれば「いずれ辞めるのだから」と、悩みもあまり気にならなくなるかもしれません。 仕事に行きたくないときは頑張りすぎないことも大事! 仕事へ行きたくない理由によって色々な解決方法があります。 理由をしっかり把握して、できるだけの解決策を見つけることで気持ちが楽になるでしょう。 仕事は自分一人でやっているわけではありません。 仕事をしていれば誰でも何かしら悩みを抱えているものです。 そんな時に一人で抱え込みすぎず、誰かに頼るのも大事なことです。 頑張りすぎず、自分を大切にして前向きになれたらいいですね。

次の

仕事に行きたくない時の主な原因と簡単な解決法【瓦版】|仕事相談室

仕事 し たく ない とき

「仕事に行きたくない時の対処法」というコラムなのですが、正直に言いまして、私が知りたい。 「会社行きたくない」 「働きたくない」 「地主になりたい」 ……と呟きつづけて数十年。 今日も「会社爆発していないかしら」と夢想しながら電車にゆられて出社した「会社に行きたくない」プロの私に、いったい何が言えるのだろうか……と頭を抱えています。 とはいえ、プロとして日々「会社に行きたくない」「朝、布団から出てないのに既に帰りたい」とゴロゴロしながらも、社会人としてやってきているということは、何かしらの秘訣があったはずだ……! と無理やりポジティブに考えて、どうにかやっていくためのライフハックをお伝えしようと思います。 <目次> ・ ・ ・ ・ ・ 仕事に行きたくない理由 「仕事に行きたくない理由、それは会社に行きたくないからである」、と言いたいところですが、理由が具体的にある時と、ない時があります。 具体的な場合とは、仕事に起因した「嫌なことがある」場合が大半です。 嫌いな人がいる、嫌いな仕事がある、などの「嫌」な対象が明確に会社にある場合は、誰だって行きたくありません。 曖昧な場合は、具体的な不満点や嫌いな人がいなくても「なんとなく会社に行きたくない」という気持ちが沸き上がるパターンです。 私はだいたい後者です。 働きたくない! 行きたくない理由がわからないこともある 理由が曖昧だが、とにかく「会社に行きたくない」という気持ちが非常に強い時、それはだいたい2つのパターンに別れます。 体調が悪い・疲労がたまっている 2. プライベートでテンションが下がることがあった 「とにかく休みたい、なんかもう疲れすぎていて無理……」と思う時と、何かしらプライベートで疲弊することがあり「やだー! もう仕事とかしらない! ディズニーランド行く!」という気持ちが原因なことがあります。 「会社が嫌なわけじゃないのに」、行きたくない気持ちが強い場合は、だいたいこの2つのどちらかです。 人間、別に仕事を中心に生きているわけではないので、「社会人として、プライベートとオフィシャルは分けるべきだ」とわかっていても、無理なものは無理です。 女性にありがちな「仕事に行きたくない理由」 「仕事へ行きたくない」は一部のワーカホリック以外にとって、人類共通の心情だと思いますが、女性は生理などの影響もあり、男性より体調や気分などに左右されやすい面があります。 (1)職場の空気が合わない 「そんなことで!? 」と侮るなかれ。 週5日、強制的に所属する環境が「なんとなく居心地が悪い」場合のストレス度合いははかり知れません。 「なんかやだなぁ」と思うことを毎日続けている中で「会社へ行きたくない」と思うなんて、「人は空気がないと生きられない」と同じくらい明らかです。 明らかに「嫌いな人」や「嫌な人」がいない場合、より「みんないい人なのになんでだろう」とテンションが下がっていく可能性すらあります。 (2)嫌いな人や苦手な仕事がある 理由が明確なパターンです。 職場に明確に「嫌い」「苦手」な人や仕事がある場合、「会社に行きたくない」と思うのは自然なことです。 しかし、社会人である以上、仕事関係の人を好き嫌いで判断もできませんし、仕事も放りだすことができません。 ある意味で「どうにもならない」ことがあるからこそ、「会社」へ行きたくないと思ってしまうのは自然なことです。 (3)テンションが下がる街に会社がある 「幼稚園生か」というツッコミが入りそうですが、立地は地味にテンションに影響します。 自分の好きな街、そうでもない街というものは存在します。 理由は人によるでしょうが、会社の立地が自分の「あまり好きではない街」だった場合、会社そのものではなく、その街に対するテンションが低いことで結果として「会社(がある街)に行きたくない」という感情が芽生えても不思議ではありません。 ちなみに私はテンションに影響するため、転職の際はその会社の入っているビルや場所は重視します。 (4)天気が悪い 「子どもか」と言われそうですが、雨や風、雪や雹……など、気が滅入る天気の時に「家から一歩も出たくない」と思うのは至極まっとうな感性です。 最近は天候不良時のリモートワークなども導入されてはいますが、そうはいっても単純な雨だけで「リモートにします!」と柔軟に働ける環境が整備されているわけでもありません。 雨で広がる髪やのらない化粧を前に「会社に行きたくない……」とうなだれるのは仕方がないことです。 仕事や家事をするときなどに、義務感でやっていると感じることはありませんか? 立場上やらざるを得ない。 やらないわけにはいかない。 そんなふうに義務感で行動してばかりいると、ストレスがたまってつらくなっていきます。 義務感によるストレスでつらくなっているときはどうすればいいでしょうか? その対処法について、説明しましょう。 一般的には、あまり気が進まないことをするときに義務感という言葉を使います。 例えば、上司にバレンタインデーのチョコレートを買う場面で、仕事上の関係があるから仕方なくという気持ちのときには「義務感で買っている」と感じてしまいます。 対して、日頃からとてもお世話になっているから、という感謝の気持ちがあるときには「義務感で買っている」とはまず思いません。 つまり、義務感は、「あまりやりたくはないけれども、どうしてもやらざるを得ない」と思うときに感じるものなのです。 逆に考えると、義務感でやっていると思うときには、それはあまり気が進まないことをやっていることになります。 仕事が終わらなくて残業をするとき、一人暮らしのアパートに親が泊まりに来るので部屋の掃除をするとき、キャリアアップのために英会話レッスンに通うとき、友達の買い物に付き合う約束をしたとき……。 そういったときに「仕方がないけど、やらないわけにはいかない」と義務感を覚えているとしたら、本心では「それをやりたくない」と思っているということです。 そのストレスのせいで常にイライラし、周りの人に対して思わずキツイことを言ったり、「あなたは何もしなくていいから楽でいいわね」といった嫌味を言ったりします。 時には、八つ当たりをしてしまうこともあって、周囲からは距離を置かれるようになることも。 そのため、口を開けば「私ばっかり」「周りはずるい」といった愚痴をついつい漏らしてしまいます。 でも、やらないわけにはいかないし……。 あー、本当にもう面倒くさい!」といった思考が常に頭の中でグルグル回っていて、それがついポロッと口に出てしまいます。 何をやるにしても「面倒くさい」が口癖のようになっています。 「仕方なくとはいえ、やらなきゃいけないのだから、徹底的にしっかりやってやる」そう考えて、意地でも完ぺきにこなそうとしてしまうのです。 しかし、そういう人に対して「大丈夫。 私一人でできるから」と手伝いの申し出を拒否します。 「しっかりやりたいから、他人に任せるより自分でやった方がいい」というこだわりがあるのと同時に、心のどこかに「私だけつらい思いをしている」と、悲劇のヒロインを演じたい気持ちがあるのかもしれません。 それはなぜかというと、たとえやりたくないことであっても、それをやることが自分の存在価値の証明になるからです。 別の言い方をすると、自分がこうありたいという理想像があって、その理想通りの生き方をすることで自分の存在価値を確かめているのです。 義務感で生きる人が持っている理想像の例を挙げながら、もう少し具体的に説明しましょう。 義理堅い行動をすることで、「私は良い人間だ」と実感することができて、その自己肯定によって自分の価値を確認しているのです。 また、会社でやってはいけないと言われていること、やるべきだと教えられたことを律儀に守り通そうとするのは、「私はルールを守る人でありたい」という意識があるからです。 もし常識やルールを守らなかったら、「私はダメな人間だ」と自己否定し、「そんな私には価値がない」と感じてしまうのです。 それを避けるためにも、常に常識やルールに沿った行動をしてしまいます。 他人をサポートすると、「私は思いやりのある良い人間だ」と自己肯定感を得ることができます。 そうやって、「そんな私には存在価値がある」という安心感で満たされたいのです。 思いやりの意識もありますが、自分に能力があることで誰かに貢献しているという満足感を得ている部分もあります。 こういう人は、「私は有能な人でありたい」という理想を持っています。 自分の能力によって誰かの役に立っているときに、その理想が実現できているという実感が得られます。 そのため「私は有能である」ということを自分自身に証明するべく、自分の能力を発揮できることをつい引き受けてしまうのです。 この人の課題は、無自覚で自分がその行動を選択していることに気付くこと。 そして、自分の意思で選択できるようになることです。 そのために役立つ取り組みを紹介しますので、ぜひ自分自身と対話してみてください。 「私、本当はどうしたいの?」と。 「本当はやりたくない。 でも、無理してやっているんだ」と自分の本心に気付くことができたら、今までの自分のパターンを変えるタイミングがやってきたということです。 ここで考えてみたいのですが、人間の存在価値ってなんでしょうか? 自分の存在価値は誰が決めるのでしょうか? 結論からいうと、自分の存在価値は自分で決めるものです。 そして、「これができたら存在価値がある」とか「これができない私には存在価値がない」といったことではありません。 存在価値には条件は必要ありません。 「何かができた・できなかった」といったことで人間の存在価値が変わることはなく、全ての人間には常に存在価値があるのです。 存在価値のない人間など一人もいないのです。 「私はこういう人でありたい」と理想を掲げて、それに向かって努力するのは素晴らしいことです。 そうやって人は成長していくものだからです。 でも、理想にとらわれてしまって、それによって存在価値が揺らぐのは間違いです。 そもそも理想の実現を目指しているだけで、既に素晴らしい人間だといえます。 自分に条件を付けるのをやめて、「自分には常に存在価値がある」ということに気付いてください。 もちろん、それをやるかどうかは自由です。 また、どこまでこだわってしっかりやるかも状況次第です。 時には少し手を抜いたり、妥協したりすることがあっても、とにかくそれをやること自体が大切なときもあります。 自分自身の本心を自覚し、その上で「自分はどうしたいのか、どうした方がいいと思うのか」じっくり考えてみてください。 そして、自分の行動を自分の責任で選択してください。 そうやって取る行動が今までと同じだったとしても、以前のように義務感を覚えながら取る行動とは質的に大きく異なるはずです。 自分で自分を解放して、もう少し楽に生きよう 義務感を抱き生きている人は、前向きで、しっかり者で、人としてより良く生きたいという意識を持った尊敬すべき人物です。 でも、一人で頑張ってきたぶん、これまでたくさん苦労してきたことでしょう。 そろそろ、その苦労から自分を解放して、もう少し楽に生きてみませんか? それには、一人で背負い込まず、周りも頼りながら、できる範囲で無理せず精一杯のことをすればいいと考え方を切り替えることが必要です。

次の

仕事したくない日、やる気を出すためにみんながやってる12のこと

仕事 し たく ない とき

「仕事に行きたくない時の対処法」というコラムなのですが、正直に言いまして、私が知りたい。 「会社行きたくない」 「働きたくない」 「地主になりたい」 ……と呟きつづけて数十年。 今日も「会社爆発していないかしら」と夢想しながら電車にゆられて出社した「会社に行きたくない」プロの私に、いったい何が言えるのだろうか……と頭を抱えています。 とはいえ、プロとして日々「会社に行きたくない」「朝、布団から出てないのに既に帰りたい」とゴロゴロしながらも、社会人としてやってきているということは、何かしらの秘訣があったはずだ……! と無理やりポジティブに考えて、どうにかやっていくためのライフハックをお伝えしようと思います。 <目次> ・ ・ ・ ・ ・ 仕事に行きたくない理由 「仕事に行きたくない理由、それは会社に行きたくないからである」、と言いたいところですが、理由が具体的にある時と、ない時があります。 具体的な場合とは、仕事に起因した「嫌なことがある」場合が大半です。 嫌いな人がいる、嫌いな仕事がある、などの「嫌」な対象が明確に会社にある場合は、誰だって行きたくありません。 曖昧な場合は、具体的な不満点や嫌いな人がいなくても「なんとなく会社に行きたくない」という気持ちが沸き上がるパターンです。 私はだいたい後者です。 働きたくない! 行きたくない理由がわからないこともある 理由が曖昧だが、とにかく「会社に行きたくない」という気持ちが非常に強い時、それはだいたい2つのパターンに別れます。 体調が悪い・疲労がたまっている 2. プライベートでテンションが下がることがあった 「とにかく休みたい、なんかもう疲れすぎていて無理……」と思う時と、何かしらプライベートで疲弊することがあり「やだー! もう仕事とかしらない! ディズニーランド行く!」という気持ちが原因なことがあります。 「会社が嫌なわけじゃないのに」、行きたくない気持ちが強い場合は、だいたいこの2つのどちらかです。 人間、別に仕事を中心に生きているわけではないので、「社会人として、プライベートとオフィシャルは分けるべきだ」とわかっていても、無理なものは無理です。 女性にありがちな「仕事に行きたくない理由」 「仕事へ行きたくない」は一部のワーカホリック以外にとって、人類共通の心情だと思いますが、女性は生理などの影響もあり、男性より体調や気分などに左右されやすい面があります。 (1)職場の空気が合わない 「そんなことで!? 」と侮るなかれ。 週5日、強制的に所属する環境が「なんとなく居心地が悪い」場合のストレス度合いははかり知れません。 「なんかやだなぁ」と思うことを毎日続けている中で「会社へ行きたくない」と思うなんて、「人は空気がないと生きられない」と同じくらい明らかです。 明らかに「嫌いな人」や「嫌な人」がいない場合、より「みんないい人なのになんでだろう」とテンションが下がっていく可能性すらあります。 (2)嫌いな人や苦手な仕事がある 理由が明確なパターンです。 職場に明確に「嫌い」「苦手」な人や仕事がある場合、「会社に行きたくない」と思うのは自然なことです。 しかし、社会人である以上、仕事関係の人を好き嫌いで判断もできませんし、仕事も放りだすことができません。 ある意味で「どうにもならない」ことがあるからこそ、「会社」へ行きたくないと思ってしまうのは自然なことです。 (3)テンションが下がる街に会社がある 「幼稚園生か」というツッコミが入りそうですが、立地は地味にテンションに影響します。 自分の好きな街、そうでもない街というものは存在します。 理由は人によるでしょうが、会社の立地が自分の「あまり好きではない街」だった場合、会社そのものではなく、その街に対するテンションが低いことで結果として「会社(がある街)に行きたくない」という感情が芽生えても不思議ではありません。 ちなみに私はテンションに影響するため、転職の際はその会社の入っているビルや場所は重視します。 (4)天気が悪い 「子どもか」と言われそうですが、雨や風、雪や雹……など、気が滅入る天気の時に「家から一歩も出たくない」と思うのは至極まっとうな感性です。 最近は天候不良時のリモートワークなども導入されてはいますが、そうはいっても単純な雨だけで「リモートにします!」と柔軟に働ける環境が整備されているわけでもありません。 雨で広がる髪やのらない化粧を前に「会社に行きたくない……」とうなだれるのは仕方がないことです。 仕事や家事をするときなどに、義務感でやっていると感じることはありませんか? 立場上やらざるを得ない。 やらないわけにはいかない。 そんなふうに義務感で行動してばかりいると、ストレスがたまってつらくなっていきます。 義務感によるストレスでつらくなっているときはどうすればいいでしょうか? その対処法について、説明しましょう。 一般的には、あまり気が進まないことをするときに義務感という言葉を使います。 例えば、上司にバレンタインデーのチョコレートを買う場面で、仕事上の関係があるから仕方なくという気持ちのときには「義務感で買っている」と感じてしまいます。 対して、日頃からとてもお世話になっているから、という感謝の気持ちがあるときには「義務感で買っている」とはまず思いません。 つまり、義務感は、「あまりやりたくはないけれども、どうしてもやらざるを得ない」と思うときに感じるものなのです。 逆に考えると、義務感でやっていると思うときには、それはあまり気が進まないことをやっていることになります。 仕事が終わらなくて残業をするとき、一人暮らしのアパートに親が泊まりに来るので部屋の掃除をするとき、キャリアアップのために英会話レッスンに通うとき、友達の買い物に付き合う約束をしたとき……。 そういったときに「仕方がないけど、やらないわけにはいかない」と義務感を覚えているとしたら、本心では「それをやりたくない」と思っているということです。 そのストレスのせいで常にイライラし、周りの人に対して思わずキツイことを言ったり、「あなたは何もしなくていいから楽でいいわね」といった嫌味を言ったりします。 時には、八つ当たりをしてしまうこともあって、周囲からは距離を置かれるようになることも。 そのため、口を開けば「私ばっかり」「周りはずるい」といった愚痴をついつい漏らしてしまいます。 でも、やらないわけにはいかないし……。 あー、本当にもう面倒くさい!」といった思考が常に頭の中でグルグル回っていて、それがついポロッと口に出てしまいます。 何をやるにしても「面倒くさい」が口癖のようになっています。 「仕方なくとはいえ、やらなきゃいけないのだから、徹底的にしっかりやってやる」そう考えて、意地でも完ぺきにこなそうとしてしまうのです。 しかし、そういう人に対して「大丈夫。 私一人でできるから」と手伝いの申し出を拒否します。 「しっかりやりたいから、他人に任せるより自分でやった方がいい」というこだわりがあるのと同時に、心のどこかに「私だけつらい思いをしている」と、悲劇のヒロインを演じたい気持ちがあるのかもしれません。 それはなぜかというと、たとえやりたくないことであっても、それをやることが自分の存在価値の証明になるからです。 別の言い方をすると、自分がこうありたいという理想像があって、その理想通りの生き方をすることで自分の存在価値を確かめているのです。 義務感で生きる人が持っている理想像の例を挙げながら、もう少し具体的に説明しましょう。 義理堅い行動をすることで、「私は良い人間だ」と実感することができて、その自己肯定によって自分の価値を確認しているのです。 また、会社でやってはいけないと言われていること、やるべきだと教えられたことを律儀に守り通そうとするのは、「私はルールを守る人でありたい」という意識があるからです。 もし常識やルールを守らなかったら、「私はダメな人間だ」と自己否定し、「そんな私には価値がない」と感じてしまうのです。 それを避けるためにも、常に常識やルールに沿った行動をしてしまいます。 他人をサポートすると、「私は思いやりのある良い人間だ」と自己肯定感を得ることができます。 そうやって、「そんな私には存在価値がある」という安心感で満たされたいのです。 思いやりの意識もありますが、自分に能力があることで誰かに貢献しているという満足感を得ている部分もあります。 こういう人は、「私は有能な人でありたい」という理想を持っています。 自分の能力によって誰かの役に立っているときに、その理想が実現できているという実感が得られます。 そのため「私は有能である」ということを自分自身に証明するべく、自分の能力を発揮できることをつい引き受けてしまうのです。 この人の課題は、無自覚で自分がその行動を選択していることに気付くこと。 そして、自分の意思で選択できるようになることです。 そのために役立つ取り組みを紹介しますので、ぜひ自分自身と対話してみてください。 「私、本当はどうしたいの?」と。 「本当はやりたくない。 でも、無理してやっているんだ」と自分の本心に気付くことができたら、今までの自分のパターンを変えるタイミングがやってきたということです。 ここで考えてみたいのですが、人間の存在価値ってなんでしょうか? 自分の存在価値は誰が決めるのでしょうか? 結論からいうと、自分の存在価値は自分で決めるものです。 そして、「これができたら存在価値がある」とか「これができない私には存在価値がない」といったことではありません。 存在価値には条件は必要ありません。 「何かができた・できなかった」といったことで人間の存在価値が変わることはなく、全ての人間には常に存在価値があるのです。 存在価値のない人間など一人もいないのです。 「私はこういう人でありたい」と理想を掲げて、それに向かって努力するのは素晴らしいことです。 そうやって人は成長していくものだからです。 でも、理想にとらわれてしまって、それによって存在価値が揺らぐのは間違いです。 そもそも理想の実現を目指しているだけで、既に素晴らしい人間だといえます。 自分に条件を付けるのをやめて、「自分には常に存在価値がある」ということに気付いてください。 もちろん、それをやるかどうかは自由です。 また、どこまでこだわってしっかりやるかも状況次第です。 時には少し手を抜いたり、妥協したりすることがあっても、とにかくそれをやること自体が大切なときもあります。 自分自身の本心を自覚し、その上で「自分はどうしたいのか、どうした方がいいと思うのか」じっくり考えてみてください。 そして、自分の行動を自分の責任で選択してください。 そうやって取る行動が今までと同じだったとしても、以前のように義務感を覚えながら取る行動とは質的に大きく異なるはずです。 自分で自分を解放して、もう少し楽に生きよう 義務感を抱き生きている人は、前向きで、しっかり者で、人としてより良く生きたいという意識を持った尊敬すべき人物です。 でも、一人で頑張ってきたぶん、これまでたくさん苦労してきたことでしょう。 そろそろ、その苦労から自分を解放して、もう少し楽に生きてみませんか? それには、一人で背負い込まず、周りも頼りながら、できる範囲で無理せず精一杯のことをすればいいと考え方を切り替えることが必要です。

次の