タピオカ 騒動 と は。 木下優樹菜の炎上まとめ!タピオカ騒動~ラッパー不倫~引退まで時系列|フットライフブログ

木下優樹菜のタピオカ騒動って何ですか?

タピオカ 騒動 と は

インスタグラムで即座に謝罪したものの、現在もネット上では炎上が続いている。 同世代の女性たちに、絶大な影響力を持っているんです。 現在は2人の女児を育てるママでもあり、主婦業との兼ね合いのためテレビ露出もそこまで多くない。 だが、好きなママタレの調査では、木下は小倉優子、辻希美、藤本美貴らと並び『ママタレ四天王』に君臨。 それでも、情報番組やネットニュースなどで取り上げてくれるとその商品はバカ売れするので、クライアントは喜んで彼女たちをキャスティングしたがるのです。 テレビCMに比べると安いもんですし、木下さんも相当、稼いでいたと思いますよ」(PR会社関係者) 芸能リポーターなどに囲まれ、楽しそうに話している木下の映像をテレビで見たことのある人は多いはずだ。 あの笑顔のウラで、大金が動いているわけだ。 「もっと手軽に大金を稼げるのがインスタやブログですよ。 1分もかからないほどの仕事ですが、木下クラスのインフルエンサーになると1フォロワーにつき4~6円支払われるでしょう。 フォロワーは500万人以上いるので仮に5円だとすると1回で2500万円以上になる。 こういった企業案件だけでなく、ブログではPV数に対する広告収入もあるのでとんでもない稼ぎですよ。 事務所にいくら入るのかは分かりませんが、夫である藤本さんの数倍は稼いでいるでしょうね」(広告代理店関係者) しかし、今回の騒動で、木下のターゲット層である女性たちが怒り心頭となっている。 もちろんテレビ番組にもスポンサーがいるので、敬遠されることは間違いない。 流行を作るといわれる視聴者のF1~F2層(女性の20~34歳、35~49歳)をテレビ業界は一番大切にしているので、あれだけ女性に嫌われたら使いづらいですよね」(テレビ局プロデューサー) タレント生命の危機とも言っても過言ではないが、所属事務所は根回しに必死だという。 ディレクターがやりたいと言っても上から止められる。 事務所からお願いされているんでしょうね」(ワイドショー関係者) テレビだけではない。 扱っているのは週刊誌か、ネットニュースのみだ。 「しかし世間はそう簡単に許してくれませんよ。 週末台風19号でこれだけの被害があり、世間の注目が移っているというのに、ネット掲示板では、木下の話題は途絶えることなく炎上しています。 夫・藤本の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』(AbemaTV)は、タピオカ騒動が明るみに出たとたんに、 《本日放送分から諸般の事情により全て放送中止いたします。 また、AbemaVideoでも一覧から削除させて頂きます》 とアナウンスされ、再放送とリスト公開が中止。 木下の最大の武器であるSNSが諸刃の剣となった今回の騒動。 女性からお許しが出るのはいつになるのだろうか。 PHOTO:千葉寿之.

次の

木下優樹菜、“タピオカ騒動”への心境を初告白! 離婚・復帰についても熱弁

タピオカ 騒動 と は

騒動発覚から1カ月も経過していますが木下優樹菜さんへの批判の声は収まっていません(写真:日刊スポーツ新聞社) 今週18日、木下優樹菜さんの所属事務所が「芸能活動の自粛」を発表。 「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。 自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました。 改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。 誠に申し訳ございませんでした」とコメントしました。 「相手の方」「軽率な発言」というのは、木下さんの姉が勤務していたタピオカ店のオーナー女性に対する恫喝まがいの言葉。 木下さんと言えば、「インスタグラムのフォロワー数が国内5位の約530万人」を誇る芸能界トップのママタレントですが、コメント欄に寄せられた4万件を超える書き込みは、その大半が批判で埋め尽くされました。 今回の騒動は、「1本のメールをきっかけに地位や好感度を失ってしまう」という典型的なケースですが、ビジネスパーソンにとっても他人事とは言えません。 なぜ木下さんはママタレとしての復帰が絶望視されるほどのダメージを負ってしまったのか? 彼女の失敗には4つのポイントがあり、それはビジネスパーソンにとっても、地位や好感度を失わないうえで重要なものなのです。 DMが不特定多数にさらされた必然 木下さんが送ったと言われるダイレクトメールは、以下の通り。 「〇〇〇の妹だけど。 色々言いたいことあるけど、とりあえずさー インスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われてたみたいだけどさー インスタから消すのがスジじゃないかなー? あと、弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ うそつき」 「んで、給料明細だすの常識な。 色々頭悪すぎな あと逆に週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー もーさ、やめなぁ? 覚悟を決めて認めなちゃい おばたん」.

次の

ユッキーナのタピオカ騒動とは?オーナーに送ったツイッターDM内容全文とタピオカ店の場所はどこで名前は?

タピオカ 騒動 と は

木下優樹菜 人気タレントが一般人に送った恫喝まがいのメッセージがインターネット上で晒され、物議を醸している。 事の発端は、タレントの 木下優樹菜が、自身の姉が働く7月にオープンした タピオカドリンク店を、木下がInstagramで宣伝したことだった。 店の女性オーナーがこの木下の行動をよく思わなかった模様で、木下は今月6日、インスタに次のように投稿した。 「インスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われてたみたいだけどさー」 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うし ばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、 焦ってるのばればれすぎだから、 今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、 筋道くらいとおしなよ」 「んで、給料明細出すの常識な。 色々頭悪すぎな」 「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、 そろそろちゃんとしないと 立場なくなるよー もーさ、やめなあ? 覚悟決めて認めなちゃい おばたん」 「んでさーいい大人がさー LINEスルーとかやめよーよー」 これを受け木下は9日、インスタ上で「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」と謝罪。 そのため、上記のDMが木下によるものである可能性が高いとみられている。 テレビ局関係者は語る。 それだけに、過激な恫喝メッセージを一般人に送っていたことが暴露され、イメージはガタ落ちです。 文面的にもシャレですまされるレベルではなく、テレビ局はどこも起用自粛の姿勢になるでしょう」 今回の木下の行動は、脅迫罪などに問われる可能性はないのだろうか。 は次のように解説する。

次の