テセウスの船 相関図 犯人。 テセウスの船|キャストや相関図は?あらすじとタイトルの意味も!

テセウスの船の犯人は校長かネタバレ考察!みきおや木村さつきとの関係も!

テセウスの船 相関図 犯人

テセウスの船の木村さつき先生が黒幕で怪しい 麻生祐未さん(木村さつき)は毎回怪しい。 わたしを離さないででも何かあるな!という役(施設長)だった時と感じが似てる — むささび yiYO61kfzCeNzvT ドラマ、テセウスの船の木村さつき先生。 最初の頃は優しい先生として描かれていましたが、ドラマ4話の予告で映った先生は、ガラッと印象が変わってしまっていましたね。 そんな木村さつき先生について「怪しい」「黒幕」「真犯人」といった声がネットでも上がっています。 1話~3話までの木村さつき先生は こんな可愛い先生が犯人やったら私は人間不振になる。 とても犯人とは思えないような見た目、性格な先生です。 考察 1話視聴後 犯人は 麻生祐美さん演じる木村さつき? メッキ工場の娘• 生き残っている• ワープロで「超能力」と書いており、雪崩を主人公が助けた際に「超能力なの?」と発言 などの理由から、「先生が犯人?」と疑いの声もあがっていました。 なおさら「真犯人ではないか?」の声が多くなってきました。 現代2020年にも出ていますし、車椅子の男の人との関係性も疑わしいです。 来週の予告でも怪しかったですし、学校の先生時代の優しい面影が現代では無く怖い印象でした🥺 — 翔子 sho2020ko テセウスの船の木村さつき先生は原作では真犯人でも黒幕でもありません。 ただ、真犯人とかなり繋がりの強い人物で、犯罪まがいの行為も行います。 (以下原作の重大なネタバレを含みます) 原作では、車いすの男は「加藤みきお」改め「木村みきお」 なんと木村さつき先生が「加藤みきお」を養子にしていました。 実は主人公の田村心がタイムスリップする前の未来では、木村さつき先生は他の音臼小学校の生徒たちと一緒に命を落とす運命にありました。 それが、犯人が木村さつき先生が命を落とすという事を心が落としたノートで知り、木村さつき先生を助けるために犯行内容を変えてしまいます。 その結果、木村さつき先生が生き残り、加藤みきおは先生に引き取られることに。 そう、原作では真犯人は加藤みきおで、木村さつき先生を助けたことで養子になることになります。 ここからが複雑なのですが…。 木村さつき先生は未来では性格が優しかった頃とはいっぺん。 よく昼ドラに出てくるような息子を溺愛している性格がひん曲がった母親、のような感じの人になってしまっています。 そして、真犯人で黒幕のみきおを守りたいがために、ユースケ演じる金丸刑事を崖から突き落とした加藤みきおを目撃していた人物の命を奪ってしまったり、その罪を心の姉、鈴にきせようとしたり…。 ある意味黒幕、犯人のようなことをしてしまうのです。 最終的には、加藤みきお(木村みきお)の邪魔になってしまい、せっかく音臼小学校の事件では生き延びたのに、命を落とすことになってしまう木村さつき先生。 原作では真犯人でも黒幕でもありませんでした。 そして原作では犯行についての記録はカセットテープに吹き込まれていましたが、今回はワープロです。 大人が書いていてもおかしくないですよね。 漫画原作では、加藤みきお(木村みきお)が田村心と共に過去にタイムスリップして、過去に干渉してくるのですが、もしかしたら木村さつき先生も過去にタイムスリップする…といった展開があるかもしれません。 もし木村さつき先生が過去にタイムスリップしたとしたら、大好きな「加藤みきお(木村みきお)」のために、自分が犯行を代行して、生徒たちの命を奪う可能性もあるかもしれません。 校長先生と木村さつき先生のシーンもなかなか怪しかったですよね。 更に加藤みきおが入院してからなんだか性格が未来のやばい木村さつき先生に近くなってきました。 そのため、「やっぱり木村さつき先生が怪しい」なんて声も増えつつあります。 確かに加藤みきおの話なら、木村さつき先生は聞いてしまいそうな雰囲気。 ただそうなると、未来のみきおにそそのかされて過去では心配している演技をしていることになってしまいますが…。 本当に村人全員が怪しすぎて混乱してしまいますね。 テセウスの船の木村さつき先生が黒幕で怪しい真犯人か考察! まとめ 白か黒かというと、原作でも限りなく黒かった木村さつき先生。 前半数話では優しい先生だったので、考えたくありませんが…原作とドラマで犯人が違うとすると、この木村さつき先生くらいしか犯人を思い付きません(笑) 加藤みきおが原作漫画の犯人で、ドラマの犯人は子供ではなく大人の木村みきお…みたいなインチキ展開でない限り、木村さつき先生の怪しさは増すばかり。 結構木村さつき先生が犯人と予想する方が初期から多かったので、あまり驚きの無い展開になってしまうかもしれませんが…。

次の

テセウスの船ドラマキャスト相関図と原作あらすじも!衝撃の犯人と結末は!?

テセウスの船 相関図 犯人

もくじ• 教師を目指して大学に行きましたが、犯罪者の子供が教育者になることに戸惑いを感じて諦めていました。 そんな心には、結婚して妻がいます。 田村由紀は上野樹里 由紀は心と大学で出会って、過去の事件のことも知っていて、心と結婚しました。 由紀は妊娠中で、お腹の中の子供は女の子で、未来と名前を付けます。 佐野文吾は鈴木亮平 佐野文吾は田村心の父親です。 31年間、冤罪を訴えています。 田村・佐野和子は榮倉奈々 31年前の事件までは、佐野和子でしたが、事件後は田村和子を名乗っています。 田村は旧姓で、事件のことがバレないようにしています。 平成元年の小学生の鈴は白鳥玉季ちゃんで、令和元年の大人になった鈴は、貫地谷しほりさんです。 顔の傷は生まれながらにある傷です。 事件の大きな鍵を握る姉の鈴は重要人物です。 田村慎吾は番家天嵩 田村慎吾は心の6歳上の兄で、子供の頃の慎吾を番家天嵩くんが演じます。 大人になってからは、未来が変わって、慎吾が亡くなっていたりするので、登場しないのか? 最後の展開では、登場するので、サプライズキャストになるかもしれません。 仕事は新聞配達をしています。 実際の過去は、心の姉の佐野鈴(白鳥玉季)が屋根から落ちた時に助けてくれました。 しかし、心がタイムスリップしたときに、鈴を助けて、過去が変わってしまいました。 また、小学校の事件の前に起きた三島医院の姉妹の事件、三島千夏と明音の事件にも大きく関わっています。 三島明音の事件で、自殺をしています。 佐々木紀子は芦名星 佐々木紀子(芦名星)は、長谷川翼(竜星涼)と同棲している内縁の妻です。 佐々木紀子は、長谷川翼に命令されて、働いていた木村メッキ工場から青酸カリを盗みました。 そのせいで、三島明音の事件や小学校でのお泊り会事件が起きてしまいます。 ずっと黙っていましたが、病気で寿命がわかったことで、事件のことを告白しようと決めました。 長谷川が加藤みきおに脅されて、青酸カリを盗むように指示してきたこと、佐野文吾が犯人ではないことを証言すると言いました。 しかし、証言する前に木村さつきに殺されてしまいました。 木村さつきは麻生祐未 平成元年、小学校の先生だった木村さつき、家は工場を経営しています。 小学校の事件では、青酸カリを飲んで亡くなっています。 一度未来に戻ると過去の事件が変わっていました。 すると、木村さつき先生は、青酸カリを飲んでおらず、生きていました。 身寄りのいなくなった児童の加藤みきおを養子にして、育てることにしました。 木村みきおは安藤政信 に空目した…なんでや!安藤政信めっちゃ端正やろ! — yasu 2he7r6 キャスト発表では、車いすの男となっていますが、正体は木村みきおです。 そうです、木村みきおは木村先生の養子になった児童の 加藤みきおです。 祖母に育てられていましたが、祖母が亡くなったので、木村先生が養子にしました。 おじいさんはひとり暮らしで、子供たちが日替わりで遊びに来ます。 正志は、時々、父親の様子を見に来る息子です。 子供たちは目が全く見えないと思っていますが、うっすら見えます。 サイコパスな加藤みきおは、うさぎを殺したことなどを田中のおじいちゃんには話します。 殺気を感じながらも冷静に対応する田中のおじいちゃんのキャストは発表されていません。 せいやさんが演じる田中正志は、子供たちに人気者になりそうですね! ほんまにおめでとうやけど、なんかやっぱり笑いが止まらん🤣 いや、おめでとうございます👏㊗️ 楽しみやなぁせいやの演技と標準語🤣 — Asc ApU7Bg9zG2nm5jh 金丸 茂雄…ユースケ・サンタマリア 金丸茂雄は刑事で、村で起きる事件の捜査をしています。 三島千夏の事件では、近くにいた心が疑われます。 事件が見えてきたところで、加藤みきおに崖から突き落とされて亡くなってしまいます。 他のキャストは村人 他に村人のキャストがいますが、みんな怪しげな雰囲気です! 徳本 卓也…今野浩喜 石坂 秀夫…笹野高史 井沢 健次…六平直政 怪しく、犯人ぽさを醸し出して進んでいくのでしょうか。

次の

テセウスの船|キャストや相関図は?あらすじとタイトルの意味も!

テセウスの船 相関図 犯人

もくじ• テセウスの船の原作の漫画は完結してるネタバレ 「テセウスの船」が実写ドラマ化される事になりました。 詳細についてはまだ言えませんが、情報解禁になり次第随時お知らせしていきます。 そして来週発売の週刊モーニングで最終回を迎えます。 単行本は、9巻まで発売されていますが、連載では完結して最終回を迎えていています。 完結しているので、犯人や結末が明らかになっている! 衝撃の展開が面白くて、9巻一気に読んでしまいました! スポンサーリンク ドラマ「テセウスの船」最終回結末までの完結ネタバレ 父親が逮捕された無差別殺人事件 主人公の田村心(竹内涼真)は、警察官の父親・文吾(鈴木亮平)が殺人事件を起こして逮捕された 加害者家族として、生きてきました。 田村は母親(榮倉奈々)の旧姓で、家族は事件に触れないようにしながら、身を隠すように生きてきました。 心は、父親と母親、姉と兄の5人家族でした。 父親の佐野文吾(鈴木亮平)は、 31年前に逮捕されて死刑判決を受けましたが、拘置所で 冤罪を訴えています。 母親の田村和子(榮倉奈々)は、加害者家族として、笑ったり泣いたりすることを子供に禁止して、周りにバレるたびに借金をして引っ越す生活をしてきました。 そして、12歳上の姉の鈴(白鳥玉季)と6歳上の兄の慎吾(番家天嵩)、父親が逮捕された時には、心は母親のお腹の中にいました。 父親が逮捕された事件は、小学校のお泊り会で、青酸カリの入ったオレンジジュースを飲んで、21人が死亡した無差別殺人。 その後、 家から青酸カリが見つかったため、父親の文吾が逮捕されました。 31年経った今でも週刊誌の話題になる事件で、誰もが知っている 史上最悪の殺人事件です。 心が結婚・由紀が妊娠 心は、教師を目指して大学で教員免許を取りましたが、ふさわしくないと諦めて、就職していました。 妻の由紀(上野樹里)とは、大学で知り合って、心の立場を知りながら、親に反対されたまま結婚しました。 最愛の妻・由紀は、妊娠中で臨月を迎えて、幸せをかみしめていました。 由紀は、心に事件と向き合って欲しくて、事件のことを調べてノートにまとめていて、義父は冤罪の可能性があることを心に話します。 すると、父親の事件の前に、 周辺で不可解な事件が連続していたことがわかりました。 しかし、事件の時に心は母親のおなかの中にいたので、父親に会ったこともなく、母親を苦しめてきた 父親をただ恨んでいました。 最愛の妻・由紀が悲劇に そんな中、由紀(上野樹里)が、女の子を出産した直後に亡くなってしまいます。 由紀の両親は、孫を渡すように言いますが、 未来と名付けて、自分が育てていくことを決心します。 そして、最愛の由紀が言っていた 「お父さんを信じてみて」の言葉を胸に事件と向き合うことを決心します。 テセウスの船の原作漫画は、 一度読んだら止まらなくおもしろいです! スポンサーリンク タイムスリップするネタバレ 31年前にタイムスリップ とりあえず、31年前の事件現場の小学校に行ってみましたが、更地になっていました。 そして、突然の霧に包まれると、目の前に小学校が建っていて、事件が起こる直前の1989年(平成元年)にタイムスリップしていました。 霧の中、たどり着いた家は 佐野さんの家で、そこは 心が生まれる前の実家でした。 そこで心が目にしたのは、今と全く違う明るく笑う母親と、12歳年上の姉の鈴、6歳上の兄の慎吾、そして、明るく優しい父親でした。 そんな父親を見ているうちに、冤罪を信じ始めて、父の事件を阻止することを考えます。 事件を止めようと過去を変える 心は、由紀の残したノートを基に、小学校無差別殺人事件の前に起きた事件を前もって止めようとします。 佐野家に行くと姉の鈴が雪下ろしをしていて、屋根から転落して倒れていました。 心は、鈴を近くの三島医院に運びました。 そのことで、 鈴の命の恩人と温かく迎えられました。 本来ならば、新聞配達員の長谷川翼(竜星涼)に助けられていましたが、心が助けたことで過去が変わってしまいました。 千夏の事件 そこで、今日起きるはずの、三島医院の千夏が除草剤のパラコートを飲んで中毒死する事件を止めようとします。 心は、三島家の倉庫でパラコートを見つけると持ち去って捨てます。 これで、千夏の事件は解決すると思った時、千夏と心の父親が一緒に歩いているところを見かけて、父親を疑います。 その後、父親が千夏がパラコート中毒で倒れているところを発見して、更に疑わしくなります。 やっぱり、父親が犯人なのか? ねこまろ しかし、心がパラコートを盗んだところを見たという新聞配達の長谷川翼(竜星涼)の言葉で、心は父親(文吾)から疑われます。 パラコートを捨てて、過去を変えたつもりでしたが、千夏は亡くなりました。 その後、千夏の姉の明音が行方不明になる事件も発生してしまいます。 父親に未来から来たと話す 心を疑って免許証を盗み見た文吾(鈴木亮平)は、平成生まれに戸惑いましたが、聞かれた心は正直に話すことにしました。 父親と触れ合う度に、殺人事件を起こしたとは考えられずに信頼していきます。 未来から来て、文吾の子供だということや小学校のお泊り会で事件が起きて、文吾が逮捕されることを伝えます。 心が事件を前もって知っていたことで、半信半疑だけど信じた父親は、心と協力して事件を阻止しようとします。 由紀は?娘の未来はどうしてる? ねこまろ 由紀が生きてる 由紀の実家を訪ねると、由紀の両親は心のことを知らないと言い、 由紀は週刊誌の記者として、31年前の文吾の事件を調べていました。 小学校無差別殺人事件の記事を見ると、事件が起きたのが一日遅くなっていて、青酸カリがオレンジジュースではなく、地元の人が作るはっと汁になっていました。 また、被害者の先生や児童が変わっている! 事件で亡くなったはずの木村さつき先生(麻生祐未)や児童の佐藤や藤崎が生きていました。 姉の鈴に会う 文吾に会うことを決心して、拘置所に行くと、姉の鈴が面会に来たことを知ります。 姉の鈴(貫地谷しほり)に会うと、 村田藍という名前で、整形をしていて、別人になっていました。 鈴は妊娠5か月で、 内縁の夫の木村みきお(安藤政信)は、車いす生活でした。 そんな中、父親の事件の冤罪に協力してくれる証言者が現れます。 それは、新聞配達の長谷川(竜星涼)の妻だった佐々木紀子(芦名星)でした。 原作漫画は、一度読んだら止まらなく面白い! 衝撃的な最終回の結末! ねこまろ 佐々木紀子が殺される 父親の冤罪を証言してくれることになった佐々木紀子(芦名星)は、病気で余命1年と宣告されたので、過去の事件を証言する覚悟を決めました。 佐々木紀子は、31年前、新聞配達をしていた長谷川(竜星涼)の婚約者で、小学校の先生だった木村さつき(麻生祐未)の実家の工場で働いていました。 ある日、 長谷川に工場から青酸カリを盗むように命令されてDVを受けていました。 その後、長谷川は、三島明音を監禁する事件を起こして、青酸カリで自殺していました。 長谷川は一度家に帰ってきたときに、騙されたとか、本当に殺すとは思っていなかったと言っていました。 他にも、長谷川の事件現場を訪れたときに、 金丸 刑事(ユースケ・サンタマリア)が犯人と話している内容を聞いていて、直後に金丸が崖から突き落とされるところも見ていました。 そのことを証言しようとしましたが、家を訪れた 木村さつき(元小学校の先生・麻生祐未)に刺されて、殺されてしまいます。 犯人は加藤みきお 木村さつきは、小学校の事件で生き残った先生で、事件の後に 加藤みきお(大人になって安藤政信)を養子にしていました。 それが、鈴(貫地谷しほり)の内縁の夫の木村みきお(安藤政信)です! 小学校の事件やその周辺で起きた事件の犯人は、加藤みきおでした! 加藤みきおは、父親がおらず、母親を早くに亡くしていて、祖母と暮らしていて、元々サイコパスな思考を持っていました。 転校してきて、鈴と隣の席になって、鈴の優しさに触れて、鈴に執着するようになりました。 そんな時、みきおは、長谷川(子供が好きな特殊な趣味がある)に乱暴されたことで、逆に周りにバラすと 長谷川を脅して犯行を手伝わせます。 犯行動機が鈴のヒーローになりたい 犯行動機が子供っぽい!みきおと鈴が一緒に帰った時に、好きな人の話になりました。 鈴は、好きな人はいないけど、結婚するなら お父さんのような正義感のある人がいいと言います。 それを不満に思ったみきおは、父親の文吾を陥れるために、小学校の事件を起こして、文吾の家に青酸カリを置きました。 そんな時、木村さつき先生は、祖母が亡くなると一人になってしまうみきおを養子にしてくれました。 最初の事件ではオレンジジュースですが、過去や未来が変わると、はっと汁にかわります。 みきおは少しだけ舐めて、倒れて被害者を装いました。 車いすも偽装で、本当は歩けます。 ドラマの共犯者は、霜降り明星のせいやでした! ねこまろ お祭りで母親が間違って毒キノコを入れてしまって、亡くなる人が出た事件で、いじめられて佐野文吾に逆恨み! 村を離れていたが、父親の介護のために実家に戻ってきたときに、文吾に「家族を大切にしろ」と言われて殺意が芽生える! 文吾を陥れたいみきおと利害が一致して犯行が始まりました! 音臼小の事件は起きない・心が死ぬ 加藤みきおは、小学校の事件を起こさずに、鈴を助けて正義の味方になることを計画します。 鈴を助けて、正義の味方になれば、 鈴の父親の文吾のように鈴に好かれると思いました。 せいやに文吾が刺されて、止めに入った心ともみあいになって、心が刺されました。 そして、心は亡くなります。 中にあった宝物の中には、過去にタイムスリップしていた時に心が入れた佐野家と田村家の家系図と結婚指輪、写真が入っていました。 妊娠している鈴(貫地谷しほり)が見つけた週刊誌には、逮捕された 少年A( 加藤みきお)の記事が特集されていました。 そして、写真を見ると文吾をかばって 亡くなった心(竹内涼真)と末っ子の心がそっくりです! すると鈴は、末っ子の名前を「正義」にしようとしていたけど、お父さんが命の恩人と同じ名前にしたいからと「心」にしたと話します! その頃、心は同僚教師の岸田由紀(上野樹里)にランチに誘われて、その後、婚約者として家族に紹介しました。 心と岸田由紀が結婚することで、感激する文吾! 未来が変わってハッピーエンドになりました。 テセウスの船の最初の問いかけでしたが、ハッピーエンドなら本当の家族でOKだと思います。 長いネタバレを読んでいただいて、ありがとうございました! パラビでは、「テセウスの船完全ネタバレ!犯人の日記大公開 前編 音臼小毒殺計画のはじまり」が動画配信されました! パラビで無料で見る方法あります!.

次の