赤江 珠緒 コロナ 症状。 赤江珠緒さんの新型コロナ治療体験記・取材レポート(5/12)~「荻上チキ・Session

赤江珠緒アナが長文リポート。家族が新型コロナ感染した時のため、やっておくべき6つのこと

赤江 珠緒 コロナ 症状

新型コロナウイルスに感染した元ABC朝日放送でフリーの赤江珠緒アナウンサーが、症状の悪化によって入院していたことが明らかになりました。 赤江珠緒アナは、テレビ朝日報道局に勤務する夫が新型コロナウイルスに感染した後にPCR検査を受けた結果、陽性だったことが18日に明らかとなり、その時点では症状が軽かったため入院することなく自宅療養していました。 しかし、赤江珠緒アナは現在出演休止中のラジオ番組『赤江珠緒 たまむすび』(TBS系 平日13時)にメッセージを寄せ、26日に肺炎と診断され、医師から 「即入院」と告げられたことを明らかにしています。 赤江珠緒アナは 15日に症状が現れ、そこから体温は連日37. 5度ぐらいの状態が続いていたといい、当初はせきや味覚障害、多少の胸の痛み程度で、レントゲン検査を受けても肺炎の症状はみられず、血液検査でもそれほど数字が悪くなかったことで軽症との診断を受け、2歳の娘がいることから自宅療養していたとのことです。 その後も悪寒や倦怠感などの症状はあったものの、解熱剤を服用しながら生活していたといいます。 そうした状態で10日ほど過ごし、医師の診察を受けたところレントゲンと血液検査を勧められ、その検査によって肺炎を発症していることが判明し、医師からはすぐに入院が必要だと告げられたそうです。 赤江珠緒アナは、 「自宅から全く出られない日々の中で、病院に通うのも難しく、それほど悪くなっていない気もするしなぁ…もう少し様子を見るか、と自宅療養を続ける気持ちの方が強かった」「今は入院して症状は落ち着いていますが、あのままにしていたらと思うと、少し怖いです」と語っています。 また、 「自宅療養をされている方、軽症の方も、医療崩壊を避けるためにまだ入院は…と躊躇される方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。 (中略)ただ、10日目を境に悪化するケースも頻発しているようです」「軽症の方も数日後に、再び肺の検査を必須で出来るような体制が出来ないだろうか?そうすれば救える命も増えるのではないかと思いました」としています。 赤江珠緒アナは先に入院した夫についても報告しており、 「夫は40度近い熱が続く状況で、早々に入院しておりました。 肺炎が重症化し、一時は深刻な事態になりかけましたが、医療スタッフの皆さんのおかげで持ち直し、現在は回復に向かい退院できました」とし、長女については変わらず元気で、退院した夫と自宅で過ごしていると明かしています。 そして、赤江珠緒アナの症状悪化による入院発表に対してネット上では、• 子どものことを考えて苦しいのに我慢してきたんじゃないのかな?誰かを頼ったり甘えたりしてもいいと思う。 赤江さん こういうときに頑張っちゃダメだよ• ご主人が退院されているので、子供の面倒は大丈夫だろうが、退院するまで具合が悪いのに必死に耐えて頑張っていたのであれば心配。 ここで怖いのは本人が頑張ってしまう性格だと、「いつもより、ちょっとキツいかな?」で入院と言われてしまうくらい客観的には進行してるという事。 本人が「うわっ!これは駄目」と思う時には客観的には駄目なんだろうな。 自宅療養されている方々にこそ、優先的にアビガンを処方して欲しいと願っています。 放置され続け、結局、悪化して入院になるのだったら、その間の患者さんの苦痛とか時間がもったいない。 アビガンを自宅療養・ホテル療養の軽症者には処方出来ないの? ただ、症状が落ち着くのを自宅やホテルで待たせ、悪くなったら入院って・・・• 悪化してるじゃないですか。 まさか入院してるだなんて思っても見ませんでした。 ミッツマングローブもそうだけど、自宅療養って要するに放置されてるに等しい感じ 赤江さんも言うように、数日経って改善の兆しがなければ検査を受けられるそんな仕組みにしないとダメだと思う• 肺炎が見つかったとなると心配です。 重症例は1週間過ぎてから急速に悪化することも指摘されているので、呼吸器症状が軽度だとしても油断できません。 早く良くなることを祈っています。 などと心配の声などが上がっています。 新型コロナウイルス感染が判明後も自宅療養していた患者や体調不良を訴えていた方が、症状の急変によって死亡するケースが全国で相次いでおり、岡江久美子さんも発熱症状から3日後に容態が急変、集中治療室で人工呼吸器を装着して治療を受けていたものの、20日足らずで亡くなっています。 新型コロナウイルスは軽症からの急激な悪化が特に危険とされ、『日本集中治療医学会』の理事長・西田修さんは、 「1週間から10日の間に、わりと普通の(症状の)人たちが急に悪くなって、もう息ができない状況になって、口から管を入れて人工呼吸器につながる。 さらにそれでもダメで(人工心肺装置の)『エクモ(ECMO)』という流れにいく人は一気にいく。 本当に怖い病気」と語り、医療従事者側も最悪の状態になることを想定して対応する必要があるとしています。 赤江珠緒アナはつい2週間前までは、「何の症状もない。 変わらず元気に、のんきにやってる」とコメントしていたものの、そこから急激に症状が悪化して入院となっています。 夫が無事退院後に、今度は赤江珠緒アナの症状が悪化し、危険な状態に陥ってしまうのではないかという心配もありますが、これから少しずつでも回復へと向かっていってほしいです。 赤江珠緒アナのように新型コロナウイルス感染が判明後も、軽症扱いによって入院出来ずに自宅療養を続けている方も多く、それによって亡くなるケースも出てきているだけに、最悪の事態になる前に適切な治療を受けられる体制が整備されていくことに期待したいです。

次の

新型コロナ感染の赤江珠緒、肺炎で入院 実体験をもとに長文レポート寄せる【全文掲載】

赤江 珠緒 コロナ 症状

『赤江珠緒たまむすび』スタジオでの赤江珠緒(画像は『TBSラジオ「たまむすび」 2020年2月27日付Instagram「水曜日のスタジオ風景」』のスクリーンショット) フリーアナウンサーの(45)が、18日にPCR検査で新型コロナウイルス陽性が判明したことを公表した。 赤江アナの夫は15日に新型コロナウイルス陽性の結果を受けていたため、自身も感染したら娘の世話を誰に託せばいいのか懸念していたが、それが現実となった。 これにネット上でも「コロナ怖いけど、何より本当に子供のことが心配」「親子で共倒れするしかないのだろうか?」など共感の声があふれている。 赤江珠緒アナの夫は、新型コロナウイルス治療中のアナウンサーがメインキャスター(月〜木曜日)を務める『報道ステーション』の制作スタッフだ。 夫の症状が新型コロナウイルスに感染したケースとよく似ていることから、自身が月〜木曜日でパーソナリティーを担当しているTBSラジオ『赤江珠緒たまむすび』に13日に電話出演した際「(夫は)かかってるんだろうな」と推測していた。 そして15日に夫が陽性と判明した後には、番組リスナーに宛ててA4の用紙5枚にわたる長文を手書きで寄せた赤江珠緒アナ。 赤江アナは「我が家の場合は親が共倒れになった場合、子供の面倒は誰がみるのかという問題があります。 これに関しては情報もなく、まだ解決策も思いついていません。 夫と私の発症のピークが、せめてずれることを願うばかりです。 」と切実な胸のうちを明かしていた。 18日の赤江珠緒アナからの報告によると娘は陰性で、自宅で療養中だという。 自身が陽性と判明し、実際にこの問題と向き合わなくてはならなくなった赤江アナだが、この問題についてネット上でも共感する声がいくつも見受けられる。 赤江アナと同じく2歳児の母親であるという女性は、医師の夫は新型コロナウイルスの検査を実施しているそうで「いつ赤江さんの状況になるか…毎日恐怖で、本当にストレス。 家の中でもずっとマスクしてもう数か月」と苦しい心境を吐露し、やはり幼い子の親だという人は「親も高齢だし感染リスクを考えたら預けられない。 かと言って、他人にも預けられるわけもない。 子供が陰性でも同居してればいつかはうつるだろう。 本当にどうすれば良いのだろうか? 親子で共倒れするしかないのだろうか?」と疑問を投げかけている。 他にも「コロナ怖いけど、何より本当に子供のことが心配」「子供が小さい場合、両親が隔離されてしまったら、どうサポートするんだろうか」「どういう対策をしたら家庭内で子供の感染を防げるか教えて欲しいです。 子供が一番の濃厚接触者なので」「自分達が感染して、施設や病院に行くことになったら猫の世話が出来ません」などの声もあがっている。 これまでの報道によると家族で感染するケースも少なくないが、「陰性の子供を預かれる場所の確保も早急に考えていただきたい」「親が入院となった場合、こんな方法があります、など、国や地域がもっと発信してほしいです」との希望も見受けられた。 赤江アナは「回復してラジオに復帰しましたら、私どもの体験をお話できたらと思っております。 」とも意思を記しており、赤江アナの一日も早い完治を願うと同時にリアルな情報を発信してくれるのを期待したい。 画像は『TBSラジオ「たまむすび」 2020年2月27日付Instagram「水曜日のスタジオ風景」、2020年4月16日付Instagram「本日(4月16日)の放送で外山アナが代読した赤江珠緒さんからのお手紙です」』のスクリーンショット.

次の

赤江珠緒の子供は何歳?コロナの症状は?病院はどこで夫は誰?

赤江 珠緒 コロナ 症状

赤江アナ肺炎で入院 赤江珠緒アナの肺炎で入院報道は、ヤフーニュースでも取り上げられています。 【感染の赤江アナ 肺炎で入院】 新型コロナ感染を公表した赤江珠緒アナが29日、パーソナリティーを務めるラジオ番組にメッセージ。 自宅療養中だったが、26日に肺炎と診断され、入院したと明かした。 「あのままにしていたらと思うと少し怖い」。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 新型コロナウイルスの感染を公表した、フリーアナウンサー赤江珠緒(45)が29日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」(月~金曜午後1時)にメッセージを寄せた。 その中で、発症11日目の25日に肺炎と診断され、入院したと明らかにした。 赤江は「15日に発症してから連日、37・5度くらいの熱が続いています、当初は味覚障害、多少の胸の痛み、せきはあったもののエックス線検査で肺炎の症状も見られず、血液検査のさほど悪い数字ではない軽症という診断。 娘がいることもあり自宅療養を続けていました。 寒さやだるさはあり、解熱剤でしのいでいました。 解熱剤を飲むと幸い、平熱に戻るので、娘と平常生活を送るため解熱剤は欠かせない」と感染当初の症状を報告した。 その上で「娘と2人で10日ほど家で過ごしましたが、医師の勧めで改めてのエックス線検査と血液検査を受けた結果、肺炎を起こしているということで、即、入院とのことで11日目から入院。 今は入院して症状は落ち着いていますが、あのままにしていたらと思うと、少し怖いです」と説明した。 赤江は16日の同番組で、テレビ朝日系報道番組「報道ステーション」で総合演出を担当している夫の感染を公表した。 また放送がない土曜日18日には、PCR検査の結果、陽性の結果が出たこと、15日から発症し自宅で療養中であることを、番組公式サイトを通じて公表。 併せて、2歳の娘はPCR検査の結果、陰性だったことも明かしていた。 夫が11日から発症したため、同日から家族そろって社会活動を一切止めており、13日から同番組への生出演も控えている。 TBSラジオがある東京都港区赤坂のTBS放送センターにも、9日を最後に来社していないという。 また、夫は深刻な状態に一時陥ったものの、退院したことも報告。 「夫は40度近い熱が続く状況で、早々に入院しておりました。 肺炎が重症化し、一時は深刻な事態になりかけましたが、医療スタッフの皆さんのおかげで持ち直し、現在は回復に向かい退院できました」。 娘については「相変わらず元気です。 元気すぎ、病室で体力を持て余していましたが今は夫とともに自宅で過ごしています」という。 赤江は15日深夜に、A4の用紙5枚に及ぶ長文のメッセージを寄せた中で、新型コロナウイルスの症状に個人差があることなどを指摘し「全ての経験者が、自分はこうだったと正々堂々と発信し病の輪郭が確かになればいいなと願っています」とした。 一方で「親が共倒れになった場合の子供の面倒は誰が見るの」と、自らも感染した場合の娘の養育に不安があると吐露。 「40度近い熱の上がり下がりの中で、病気のことなど理解できない子供と同室で果たして療養できるのか? 情報もなく、まだ解決策も思い付いていません」とした。 また18日に番組公式サイトが発表した文書でも「回復してラジオに復帰しましたら、私どもの体験をお話できたらと思っております」ともつづっていた。 赤江はメッセージの最後に「入院してから、改めて医療現場の皆様のありがたさを実感しています。 医療従事者の皆様のおかげで、私も快方に向けて進んでおります。 (中略)もう少し、油断せずに療養いたしますので、番組のこと、改めてよろしくお願いいたします」とつづった。 この日は16日の放送同様、同局の外山恵理アナ(44)がメッセージを代読。 水曜パートナーの博多大吉も出演した。 出典:ヤフーニュース スポンサーリンク 赤江アナ肺炎で入院!世間の反応は? 赤江珠緒アナの肺炎で入院に関する世間の反応を調査してみます。 娘さんなど家族の心配をされている方も目立ちますね! 彼女でもこうなるんだから持病持ちのおれはもっとリスクが高いと考えた方がいいな。 元気になって戻ってきてください。 軽症でずっと自宅待機だった。 かわいそう — Ryoko Ryoko711 感染の赤江アナ 肺炎で入院 アビガン!アビガン!アビガン投与! それでも悪化で入院なのか? 早く朗報を!!! — XROSS xrossproject アビガン効かないのでしょうか… 赤江アナの肺炎で入院に関する他の世間の反応をピックアップしてみます。 おそらく、ご自身の病状より娘さんのことが気がかりだったでしょうから、ご主人が退院されたことでかなり安心できたでしょうね。 今度はご自身がゆっくり療養してください。 個人差があるし、軽症でも肺炎になるととても危険です。 大事に至りませんように。 発症から10日経っての肺炎で入院された、 というのはかなり心配ですね。 症状がとにかく長く続いたあと、快方に向かうか悪化するかのどちらかだと言いますから。 恢復をお祈りします。 一時ご主人さまが深刻な状況って。。 自身も感染し体調が悪いなか、小さな子どもさんの面倒を見たりと、同じ立場なら発狂してしまうくらい不安だったかも。 そして次は自身が入院…どうか早く体調が元に戻りますように。 赤江さんとお嬢さんはどうしていらっしゃるかと案じておりました。 お主人さまと入れ替わりで入院なさったと聞きホッといたしました。 どうぞ3人とも元気で元の生活に戻れますようお祈りいたします。 旦那の心配やお子さんの世話もあり自分のことは後回しになったか。 10日の経過は痛いな。 初期に効くというアビガンまだ間に合いそうな気はするが。 何にせよお子さんのためにも元気になってほしい。 「平熱に戻るので、娘と平常生活を保つため、解熱剤は必要」と感染当初の症状を報告解熱剤を飲むと体温が下がるけど免疫も下がるんだよね。 なので体力を奪うほどの高熱なら飲む必要はあるけど解熱剤に頼りすぎると病気を長引かせて悪化させる可能性がある。 ただ、子供の世話もしなくちゃならないから難しいところだな。 両親が罹患した場合に子供を行政でみてくれるようなサービス(大阪ですでに行われている)が必要。 この記事だけでは子供さんをどうやって 育てているのか分からないけど、自分だけじゃなく子供へのリスクとか色々考えたら私ならそれだけで倒れそうです。 悪化の要因には心労もあったのかな? 退院されたご主人、お子様揃って元気に完治される事を心から願っています。 ご主人は退院されても一般的に幼い子はお母さんっ子だから赤江さんも入院してても気が気でないと思います。 一日も早く退院されることをお祈りします。 自宅療養されながら小さなお子さんの育児、その後肺炎になられ入院…心配です。 ご主人退院されお子さんを見る方はあるようですが、家庭内感染は本当に深刻な問題。 感染は特別なことでなく誰でもあり得ること。 感染後の対応がもっとスムーズになりサポート体制ができることを願うばかり。 赤江さんの一刻も早いご回復を微力ながら祈っています。 とにかく赤江珠緒アナの回復を祈るばかりです! 赤江アナ肺炎で入院!まとめ 赤江珠緒アナがコロナウイルスに感染し、肺炎にかかり入院したと報道がありましたが、赤江アナの回復を祈りたいですね!.

次の