アレクサ ラジコ タイム フリー。 Amazon Echoのスキル「www.videocon.com 」で出来ること&使い方|SmartHacks DataBank

スマートスピーカーでラジオ黄金時代が再到来!? [スマートフォン] All About

アレクサ ラジコ タイム フリー

Amazon Echoで音楽が頻繁に途切れる 2017年末頃の発売開始から招待制度ながらも国内2位のシェア率を誇り、近頃では一般販売になった事からより注目度を集めているAmazonのスマートスピーカー。 しかし、実際購入して使ってみると思ったより動作に不安定な部分もあり、特に 音楽再生やラジオ再生中に音声が急に止まるという現象が目立ちます。 本記事ではそんなAmazon Echoの音が途切れる不具合について解説。 その理由や改善方法を紹介していきます。 【関連記事】 ユーザーの声 SNSなどを見ても、同様の不具合に嘆く購入者がいるようです。 また筆者自身もその内の一人。 頻繁に音が途切れる不具合が発生しており正直な所、まともに音楽を聴く事ができない状況です。 アレクサがプレイリスト再生中に止まる。 「どうした?」と聞くと「今はわかりませんがもっと勉強しておきます」と返事する。 勉強してどうにかなる問題じゃないと思うけど、Wifiの調子が悪いのかな? — ビバアクア VivaAqua vivarium79info うーん、昨夜からamazon echoがスゲー調子悪い。 リラックスする為に音楽をかけてるけど、ブツブツと途切れる。 特にネットワークは利用者多くなる16時から23時までの間はどこのネット回線でも混雑しがち。 普通にネットサーフィンをしていても「今日は動画の読み込みが遅いなー。 」なんて時は、大抵、ネット回線が混雑しており通信速度が落ちている状態です。 そういった状況下でAmazon Echoを利用するとリアルタイムで音声情報の送受信を行う音楽再生に遅延が発生する可能性も出てきます。 また自宅のWifiのルーターには電波を飛ばす範囲に限度があります。 もちろんルーターの機種にもよりますが、たとえ家の中でもルーターと一定以上離れた距離にあると弱ったWifi電波で通信を行うため音が途切れる原因ともなり得ます。 対策・改善方法 ネットワークが混雑する時間をさける。 というのも対策の1つですが、それはあまりに窮屈です。 となると改善方法は、ルーターのWifi電波が強い範囲での利用。 そして、より速いネット回線プランへ変更を行ってより速度の速いネット回線を自宅に設置する。 もしくはモデムの電源を一度入り切りすることで、稀に回線速度が元の基準値で安定する事があるのでそれにかけるしかありません。 Wifi接続している機器が多い 例えば自宅のWifiに3台のスマホが接続して利用した場合。 わずかではありますがネットワークの順番待ちが発生し通信速度に遅延が生じます。 これがさらにパソコン、タブレット、スマートスピーカーと言った具合に複数の端末機器が1つのWifi回線に接続するとさらなる遅延が発生し、Amazon Echoの音楽データの送受信の妨げとなる可能性が出てきます。 対策・改善方法 もし自宅のWifiに何台もの端末が接続しているなら、一度それぞれのWifi接続を切る事でAmazon Echoの音楽通信が快適になり音楽が止まる事も少なくなる可能性があります。 筆者自身、自宅にはスマートスピーカーが3台、スマホ4台、タブレット、パソコン2台と全部で約10台ほど常にWifi接続を行う機器が存在しており、実際に他の端末のWifiを切るとAmazon Echoの音楽が途切れる事が少なくなりました。 Amazon Music側の問題 Amazon Echoの音が途切れる最大の理由に音楽配信サービス「Amazon Music」側の問題が挙げられます。 Amazon Echoの音楽再生は主にスマートスピーカーがAmazon Musicのサーバーに保管してある音楽ファイルデータを読み取り、再生する仕組みになっています。 この事からもしAmazon Musicにアクセスが集中していれば、Amazon Musicサーバーに負担がかかりアクセスも遅くなります。 特に最近では日本でもAmazon Echoが一般販売されたため利用者もかなり増加。 それが原因でAmazon Musicサーバーにアクセスが集中。 負担大きくなり混雑が発生し音が止まるという現象に繋がっていると考えられます。 対策・改善方法 この問題に関しての現在、我々利用者が行える対策・改善方法はありません。 気長にAmazon側のサーバー強化や、アップデートを待つしかないでしょう。 【関連記事】.

次の

AmazonEcho:なんと!Echoのradikoで日本中のラジオが聴けるようになりました!!(エリアフリー対応)

アレクサ ラジコ タイム フリー

カテゴリ: エンターテインメント 現在の価格: 無料 ラジコ「聴けない」時の対処法 それでは早速ラジコでラジオが聴けない時の対処法を分類に分けて詳しく解説していきます。 ラジコが「聴けない」場合 ラジコが起動しない。 聴けない場合は下記の方法をお試し下さい。 最新バージョンにアップデートする まずアプリが最新バージョンにアップデートされているか確認しましょう。 アップデートされていない場合は、アップデートを行いましょう。 バックグランドのアプリを消す バックグランドで起動しているアプリをラジコも含めて一度消しましょう。 ホーム画面を二回タップして、上にスワイプすると消えます。 位置情報を確認する Googleマップなどを開いて位置情報の接続がきちんとしているか確認しましょう。 聴取場所やインターネット回線を変えて再接続 Wi-Fiなどを使っている場合は、別のWi-Fiを使うか、一度Wi-Fiを切ってギガを利用しましょう。 携帯を再起動する 電源を切って再起動しましょう。 バッファの設定時間の変更しましょう バッファの設定時間の変更をすることにより、ラジオの繋がりにくさを解消出来ます。 しかしタイムラグも大きくなります。 変更方法は右下の赤い丸をタップ。 バッファ時間設定をタップすると変更出来ます。 一部聴けないラジオ番組がある 一部聴けないラジオがある場合は、月額350円 税別 のプレミアム会員になる必要があります。 プレミアム会員になることにより、今いるエリア外のラジオや全国各地のラジコに登録しているラジオを視聴することが可能になります。 会員登録はからも出来ます。 今いるエリアの放送を視聴出来ない インターネット環境により正確なエリア判定が行われず、今いるエリアの放送を視聴出来ない場合があります。 その場合はラジコ側がエリア判定設定作業を行ってくれるようなので、から修正依頼報告を行いましょう。 ラジコがパソコンで聴けない場合 まずAdobe社のFlashPlayer(フラッシュ プレイヤー)をインストールして有効にする必要があります。 「Google Chrome(グーグル クローム)」の場合。 まず、Google Chromeを最新版にアップデートして下さい。 「設定」をクリック。 クリックしたらを開いて下さい。 画面上部のURLが表示されている前にある、iをクリックして下さい。 最後にFlashの右側にある、確認(デフォルト)をクリックしましょう。 そして「このサイトでは常に許可する」を選択し、ページ上のどこかをクリックしましょう。 表示されたら「再読み込み」ボタンをタップして下さい。 NHKのラジオが聴けない 残念ながらラジコではNHKのラジオは視聴することが出来ません。 NHKは公共放送でお金もかかりますので、ラジコでは放送出来ないようです。 NHKを視聴するには」というNHK公式ラジオサイトがありますのでこちらから視聴しましょう。 視聴可能時間とは、タイムフリーで視聴する場合に設けられた制限で、再生ボタンを押して3時間が経過するとその番組は視聴出来なくなってしまいます。 タイムフリーとは聴き逃した過去1週間以内の番組を、視聴出来る機能です。 編集後記 今回はラジオ視聴アプリradico ラジコ で聴けない、繋がらない時の対処法を詳しく解説させていただきました。 繋がらない場合や原因はたくさんあるので、分類に分けているので目次から飛んでご覧下さい。

次の

聴き逃した番組が聴ける! ラジコの「タイムフリー機能」使い方ガイド

アレクサ ラジコ タイム フリー

東京から、福島のラジオを聴きたい。 はまだのエリアフリーには対応していないから IFTTTを使って自作する。 現状 ・ラジコでエリアフリー会員になっている。 ・RaspberryPi3 からラジコ(エリアフリー)を聴けるようになっている ・WebからRaspberryPiを操作できる機能を(で)実装している なので、あとはIFTTTを使えば音声でラジコを再生できる。 が、 IFTTTは インターフェースにほんと センスがない。 新規の IF... That条件をどの画面から作成(create)するか、とても分かりにくい。 こうやる。 まずはIFTTTのサイトにいく。 右上の アカウントのアイコンをクリックして「create」を押して進む。 これでやっと 「If... That画面」に行ける。 この画面を探し出すのに小1時間かかった。 最初にこの画面に行って欲しい。 IFTTTなんだから。 出てきた画面から「」で検索して Assistant をクリックする。 Say a simple phraseで最も シンプルなIF... that命令を作る。 「ねえ、 」と話しかけたら「 を再生します」と返すように設定する。 ちなみにFM局は無数にある。 自作のラジオ再生アプリつくったときのアイコンを参照にする。 これで ifに assistant の条件が入ったので 次は That にラジコ再生コマンド(RaspberryPiに投げるコマンド)を入れる。 That をクリックした画面から「web」で検索して 出てくる Webhooksから「Make a web request」 を使う。 URL欄は、自宅にあるRaspberryPi3 の 外部名 で埋める。 IFTTTのサーバからアクセスできるである必要がある。 リクトを受ける. (自作)はRaspberryPi3ので動いていて、 引数にラジオ局を渡せば(エリアフリー接続で)ラジオを再生し、接続したテレビのスピーカーからラジオ音声を流してくれるようになっている。 は「FMF」で、引数として渡している。 条件作成を 完了するところで「Finish」を押し忘れるとせっかくいれた 条件が保存されない。 このへんもIFTTTの画面の(冗長で)センスがないところ。 条件ができた。 使ってみる。 「ねえ、 」 「 を再生します」(テレビからラジオ音声が流れ始める) 完璧。 RaspberryPi3にwebリクトでコマンドを流し込める機能をいろいろと作ってきたおかげで、その コマンドをIFTTT経由で音声で流すとほぼ無限にいろんなことができる。 ホントいつも思うけど、ソフトウェア開発って「つながっていく」。 一回考えて、試して、作ったものは無駄にならない。 次につながる。 哲学の「ソフトウェアのテコ」というやつだ。 ほんと素晴らしい。 いろいろ試す。 追記) ちなみに の アレクサなら、IFTTTを使うまでもなくの エリアフリーに対応している。 さすがアマゾンというべきか。 min117.

次の