オセロニア ヴォルグラーデ。 『逆転オセロニア』強駒パレードに激超レアSキャラ“ルクスリア”が追加

オセロニア攻略記事一覧 43ページ目

オセロニア ヴォルグラーデ

10月10日 火 より【ストラクチャーセット -Master of Burst-】が登場! 新イベント情報の詳細は以下の通りです。 無料のおまけとしてキャラ駒がセットでついてきます。 ・新登場しているキャラクター「ドラグレオ」、「エディーナ」、「ヴァンケイン」、「ルイン」、「鋼豪」、「シュエリー」は今後のガチャイベントで排出される可能性があります。 ・購入は必ず電波状態の良い場所で行い、完了するまでアプリを中断しないでください。 正しく反映されない場合がございます。 ・購入が正常に行われなかった場合、ガチャ・アイテムについては後日付与となります。 その際は、恐れ入りますが<お問い合わせ>からご連絡ください。 詳しくは各ガチャの<プレミアムガチャ情報>内の<出現確率表>をご覧ください。 クリア後は、表示されなくなります。 報酬内容など、詳しくはゲーム内ニュースをご確認ください。 Tweetする• Facebookでシェア• LINEで送る•

次の

【オセロニア】デネヴ(デネブ)の評価とおすすめデッキ|ゲームエイト

オセロニア ヴォルグラーデ

この記事のもくじ• オセロニア ヴォルグラーデ 評価・特徴 総合評価 キャラ 総合評価 ヴォルグラーデ 4点/5点 特徴・使い方 2018年2月28日~常設に追加された竜属性のS駒。 ヴォルグラーデは、オーラバフスキルを持ったSキャラです。 自分の手駒にある間に発動し、HPが減少する程バフ効果が高くなり、最大で1. 4倍になるというもの。 効果は最大1. 4倍と強力です。 基本的にオーラバフなので手駒から出す事はないとは思いますが、コンボスキルもあるのは嬉しいですね。 評価は5点中4点にしました スキル性能は非常に優秀で強力ですが、闘化ランドタイラントを持っている方は微妙に感じるのではないでしょうか…… 闘化ランドタイラントは常に1. 3倍のバフがかけられるのに対し、ヴォルグラーデはHPが減る程、効果が上昇するスキルです。 なので序盤ではS駒のヴォルグラーデはA駒に負けてしまうというのも事実です。 安定のランドタイラントをとるか、爆発力のヴォルグラーデをとるかはプレイヤーの戦略次第でしょう。 他にも、チャージスキルキャラをリーダーにして、ランドタイラントとヴォルグラーデを両方デッキに編成というのもアリでしょう。 その際には時限スキルキャラもふんだんに入れて、終盤に一撃で倒すようなコンセプトのデッキも面白いかもしれません。 ヴォルグラーデの弱点はルキアですね。 Aキャラよりも弱いATKなので注意が必要です。 また、 HPが2216と竜S駒の中では最高クラスに優秀なので、竜デッキのHPの底上げのためにも使えるキャラだと思います。 時限スキルキ搭載の竜駒はATKも低いのでデッキに編成する際には是非とも一緒に入れたいキャラですね。 オセロニア ヴォルグラーデ 基本パラメーター [司焔竜] ヴォルグラーデ ステータス 【進化前】MAX 【進化】MAX HP 1662 2216 ATK 833 1110 スキル スキル セシ・テルミドル 【進化前】最大Lv 2 【進化】最大Lv 3 効果:Lv1 オーラ:手駒にある間発動し、自分の竜駒の基本ATKが上昇する。 自分のHPが減少するほど効果が高く、最大で1. 2倍になる。 効果:Lv2 オーラ:手駒にある間発動し、自分の竜駒の基本ATKが上昇する。 自分のHPが減少するほど効果が高く、最大で1. 3倍になる。 効果:Lv3 オーラ:手駒にある間発動し、自分の竜駒の基本ATKが上昇する。 自分のHPが減少するほど効果が高く、最大で1. 4倍になる。 コンボスキル スキル フレア・バスター 【進化前】最大Lv 2 【進化】最大Lv 3 効果:Lv1 攻撃力アップ:ターン開始時の盤面の駒の総数が20枚以上のときに発動できる。 通常攻撃が1. 4倍になる。 効果:Lv2 攻撃力アップ:ターン開始時の盤面の駒の総数が20枚以上のときに発動できる。 通常攻撃が1. 5倍になる。 効果:Lv3 攻撃力アップ:ターン開始時の盤面の駒の総数が20枚以上のときに発動できる。 通常攻撃が1. 6倍になる。

次の

【ストラクチャーセット

オセロニア ヴォルグラーデ

白、黒のどちらか選んだほうの駒を入手できるようになっている。 性能は同じなので、好みのキャラクターを選んでしまおう また、毎回変わる可能性もあるが、白黒マッチ内で使用するデッキやコストには制限が設けられている。 参考までに、今回のデッキ制限ルールは、• デッキコスト180以内• 白チーム、黒チームともに神属性デッキでのみ参加可能 となっている。 まずは、このルールに則ったデッキを作成するところから始めていこう。 所属チームと、デッキの作成が終わったら、それぞれが勝利を目指して戦っていくことになる。 報酬獲得には個人の勝利数が必要 白黒マッチ期間終了後に総勝利数が多いチームの勝利にはなるが、チームの勝敗や、総勝利数で報酬内容は影響しない。 気軽に参加できる一方で、 白or黒の限定キャラクターやプラス駒の入手には、個人で一定数を勝利する必要がある。 最低でも、限定キャラクターがもらえる、期間内累計10勝は必ず達成しておこう。 たとえばA駒の蘭陵王なら、ATKは最大でも1037までしか上がらない。 残念ながら調整いらずというわけにはいかないようだ プラス駒を優先して使いたい駒 プラス駒は特定の駒を大化けさせるような強化要素ではないので、基本的にはメインで使っている駒を強化していく方針で問題ない。 ただし、ATKに関しては、多くのプレイヤーを悩ませる進化ルキアへの対策に関わる要素になっている。 オーラバフ駒のATKを上げてルキア対策! それほど上がらないとはいえ、ATKの最大値を上げることにより、進化ルキアの効果対象になりにくいというメリットがある。 特に、手駒で持ち続ける必要のあるオーラバフ駒は、最優先でATKを上げておきたいところだ。 また、バフ駒のATKを上げることで、調整していたほかの駒のATKが上げられたり、調整自体が不要になる駒が増えるので、デッキ全体のATKを上げるという意味でも有用だ。 主要なバフ駒と、ATKを最大まで上げることで調整不要になる駒を紹介していくので、参考にしてみてほしい。 少しでもATKを上げておくことで、バフ駒よりATKが低くなる駒が増えるので、釣られるリスクを抑えられるはずだ。 中でも、混合デッキでも使える進化ランドタイラントは、闘化アゲハやイヴェットといった主要罠駒よりもATKが高くなる。 最も効果が大きいかもしれない。

次の