オールナイト ニッポン。 オールナイトニッポンとは (オールナイトニッポンとは) [単語記事]

【ラジオ】オールナイトニッポンの聞き方、インターネットで聴く方法【ANN】│ナナジゴフン

オールナイト ニッポン

概要 [ ] からおよび、からにかけて放送された。 パーソナリティ [ ]• (ニッポン放送アナウンサー) 糸居はオールナイトニッポンの初代の一人。 他には、、、、が担当した。 放送時間 [ ]• 放送内容 [ ] 番組は、「ノンストップ・ミュージック」を標榜するであり、トークに時間の多くを割かず、音楽レコードをかけ続ける形態であった。 番組の中で使用される楽曲は、ほとんどが外国のアーティストのもの(=)であり、や今で言うも紹介されることはあったが、いわゆる(特にその時のヒット曲)は全くといってよいほど番組で流されることはなかった。 技術 [ ] 同番組はニッポン放送本社の「第4スタジオ」からオンエアされていた。 出演者、構成作家、ディレクター、アシスタントディレクターらの多数のキャストやスタッフで進行する一般的な放送進行の形態とは異なり、「第4スタジオ」においては、に対応するために、スタジオブース内に一人で操作できる配置で放送機材一式が揃えられ、ディスクジョッキー自身が複数の()を操作しながら、から寄せられた・手紙によるリクエストカードを紹介し(ただし糸居はリスナーのリクエストを直接紹介することはあまりなく、独自に選曲するというスタイルをとっていた)、レコードを再生する、という進行スタイルが構築されていた。 CMを流す必要上、タイムキーパー役のディレクターと、レコード整理などの雑務担当スタッフのみがブース外に陣取っていた。 このスタイルは同番組枠の前身である『』の頃から、糸居をはじめとした当時のディスクジョッキーらが作り上げたものであった。 さらに糸居は、曲を紹介してレコードの曲がオンエアで流れ始めると、それをで確認しつつ、前に使用したレコードの片付けや、次の曲のためのリクエストカードや、使用するレコードの準備を自身で全てこなしていた。 長めの曲をかけている間にトイレに行く際は、曲の終わりにスタジオに戻れない場合に備えて、イヤーモニターをつけ、片手にマイクを持ったままで用を足した。 エピソード [ ] 語録 [ ]• こんばんは。 オールナイトニッポン、Go Go Go!!! And Go's On!! オールナイトニッポン、Go Go Go!!! もひとつおまけにGo! ビター・スウィート・サンバ! 夜更けの音楽ファンこんばんは。 夜明けの音楽ファンご機嫌いかがですか。 (あるいは「明け方近くの音楽ファンおはようございます」)• 君が踊り、僕が歌うとき、新しい時代の夜が生まれる。 太陽の代わりに音楽を、青空の代わりに夢を。 新しい時代の夜をリードする、オールナイトニッポンGo Go Go! このフレーズは糸居の作ではなく、当時の『オールナイトニッポン』の・によるもの であり、全ての曜日でそれぞれのアレンジを施されて使用されていた。 放送期間中の出来事 [ ]• (自身の50歳の誕生日)に、で特別番組『』を敢行し(翌々日のまで)、無事「完走」している。 最終回の数週間前に、これまでの放送の思い出話や『ビバ例会』などイベントの話などをしていた時に、これまでの放送中一度も流したことのなかった涙を流したという。 さよなら糸居五郎のオールナイトニッポン 糸居五郎のポップス・グラフィティ• 、自身の勇退となる最終回の放送は『糸居五郎のポップス・グラフィティ』と題して1部、2部通して放送された。 司会は同局のアナウンサー。 当時の第1スタジオ(のちの)にてリスナーを招き、糸居と交遊のある放送関係者、音楽関係者が多数訪れた他、バンドによる生演奏、くりによる「糸居五郎ヒストリー」の朗読が行われた。 ゲストとして、、、など、オールナイトニッポン黎明期の人気DJたちが生放送に駆けつけた。 また、当時当番組の直前でオールナイトニッポン第1部(『』)のパーソナリティを務めていたもスタジオに入り、糸居に花束を渡してその勇退を見守った。 また当時アナウンサーだったもいちファンとして花束を持って駆け付け、生放送を見守っていた。 最後の挨拶はの「ラスト・ワルツ」をバックにかけ、その後「」の生演奏でスタジオを後にした。 放送終了後 [ ]• に糸居は死去。 1月に追悼特番『 糸居五郎氏追悼オールナイトニッポン』が放送された。 やがこの番組のリスナーであり、特に辻は『』の開始にあたって、「糸居さんが使っていたのと同じ第4スタジオからやりたい」と希望を出した。 2017年に当時の貴重な音源の一部が発見され、ワーナーミュージック・ジャパンより復刻された。 関連項目 [ ] リダイレクトページ『糸居五郎氏追悼オールナイトニッポン』に関連するカテゴリ。 脚注 [ ].

次の

所ジョージのオールナイトニッポン

オールナイト ニッポン

ラジオに関する記事シリーズ! 今回は「オールナイトニッポンの聴き方」を書いていきたいと思います。 オールナイトニッポンはラジオ番組の中でも歴史のある、そして全国的に人気のあるラジオ番組です。 最初に聴いたラジオ番組がオールナイトニッポンだという人も多い、いわゆるラジオ番組の登竜門的存在です。 オールナイトニッポンはその時に人気のアーティストや役者さん、芸人をパーソナリティとして起用する傾向が強いです。 そのため、そのパーソナリティを好きだから初めてラジオを聴く、という人が多いんですね。 だから 「オールナイトニッポンを聴きたいけど方法がわからない!ラジオを聴く方法がわからない!」という質問や疑問の声も多くなるのは必然です。 ラジオに初めて触れるキッカケがオールナイトニッポンなんですから。 まずはラジオというものの聴き方について書いていきます。 ラジオが聞けなければオールナイトニッポンという番組は聴けません! 「オールナイトニッポン」はラジオ放送の中にある番組の一つです。 テレビでいうならば「徹子の部屋」みたいなものです。 というわけで、オールナイトニッポンを聴くにはラジオの聴き方がわかれば聴けます! ラジオを聴くには大きく2つの方法があるのでそれを説明していきます。 まず、 スタンダードな方法はラジオ機器を使って聞く方法です。 ラジオなのでラジオ機器で聞く、当たり前ですね。 ラジカセだったり、車のカーステレオだったり、ラジオ電波を受信できる機器で聴くことができます。 ラジオ機器で周波数(チャンネル)を目的の放送局に合わせることで聴くことが出来ます! 地上波のラジオで聞く場合は遅延もなく、確実に番組を聴くことができます! しかし、 電波を受信できるエリアにいないと聴くことができないのが難点。 また、建物の構造によってはラジオ電波が壁で跳ね返されてしまい、室内では受信できない可能性もあります。 そういう場合はラジオ機器を窓際に持っていったり、部屋の中で電波受信の良い場所を探す必要があります。 地上波でオールナイトニッポンを聴く方法 さてラジオ機器を使ってラジオを聴く方法はだいたいわかったと思います。 実際に地上波ラジオでオールナイトニッポンを聴いてみましょう! 地上波で聴ける放送局というのは、ラジオを聴いている場所で変わっていきます。 東京でオールナイトニッポンを聞こうとする場合は「ニッポン放送(AM1242 」に周波数を合わせます。 北海道で聞く場合は「STVラジオ(AM1440)」に周波数を合わせます。 それぞれの地域で放送局(周波数)が変わってくるので、それを自分で調べる必要があります。 自分の住んでいる地域でオールナイトニッポンが放送されている局を調べるには「新聞のラジオ・テレビ欄を見る」が手っ取り早いです。 深夜1時(25時)からの部分に「オールナイトニッポン」や「ANN」と書かれているので、その局の周波数に合わせるだけです。 新聞が無い場合は、上記の画像のように 「Yahooのラジオ・テレビ欄」で地域選択をして調べることもできます。 画像のように25時からのところに「岡村隆史のオールナイトニッポン」と書かれているので、その局の周波数に合わせるだけです。 放送局の周波数はGoogleで「(放送局名) 周波数」と検索すればすぐに見つかると思います。 インターネット(ラジコ)で聞く方法 ラジコの番組表にオールナイトニッポンが無い!場合の対策 残念ながら、オールナイトニッポンを放送していない地域というのも存在します。 その場合、ラジコの無料バージョンではオールナイトニッポンを聴くことはできません。 放送している県まで自転車で行って、そこでラジコにアクセスすれば聴けますが・・・さすがに現実的じゃないですよね。 そこで、全国の放送局を聴くには(ラジコプレミアム)への登録が必要になってきます。 ラジコプレミアムに加入すると「エリアフリー」という機能を使用することができます。 これは月額およそ350円で全国の放送局が聴けるというサービス! ラジコがまだ無い時代、部屋中を歩き回って電波の良い場所を探したり、ラジオにアルミホイルを巻いて電波をキャッチしやすくしたり、それでも雑音が酷くてトークのオチ部分が聴けなかった、そんな私の学生時代を考えると「たった300円でクリアなラジオが聴けるなんてサイコー!」です。 ラジコの放送が遅れて聞こえる? デメリットと言うほどでもないデメリットは、ちょっとだけ遅延があることです。 普通のラジオで聴くよりも数秒~数分の遅れがあります。 アプリの設定にある「バッファ時間」をいじることで、この遅延時間は短くしたりすることができます。 音声がよく途切れる場合はバッファ時間を長くしましょう! ラジコならば「聞き逃しても後から聞ける!」 ラジコには「タイムフリー」という機能があります! これは、放送終了後から1週間であれば番組を聴けるというサービスです。 もしも「生放送を聞き逃した!」という場合でも、タイムフリーの機能を使えばあとからでも聴くことができます! タイムフリー機能は無料でも利用可能です! youtubeで配信されているものは聴いてはいけない!? ラジオ番組はyoutubeでも聴くことができることが多いです。 しかし、そのほとんどは違法アップロードです! 公式に配信されたものではなく、誰かが自分の収益目的で配信した違法なものです! 聞かないようにしましょう。 違法アップロードを聴いてはいけない理由は暗黙の了解とか、善悪の問題ではないです。 「番組のために良いことが一切ない!」からです。 ラジオ番組というのはテレビと同じく「視聴率(聴取率)」によって人気度を測っています。 聴取率が高ければ番組が存続します! 逆に、聴取率が低ければ番組は終了します。 ラジオを聴けば聴取率になり、ラジコを聴いても再生数がカウントされて実質的に聴取率となります。 しかしyoutubeを再生しても何にもカウントされませんし、さらにはCMがカットされている場合が多くスポンサーにも利益はまったくありません! ですので、youtubeで番組を聴いても得をするのは違法に配信した人だけ。 番組を存続させるにはちゃんとしたラジオやラジコで聴いて、しっかりと「聴いているアピール(聴取率アップさせる)」をすることが重要です!.

次の

水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)

オールナイト ニッポン

オールナイトニッポンは、をに全で放送されている番組である。 は 「」。 ので親しまれている。 この記事ではオールナイトニッポンと名の付く番組すべてを一まとめにして紹介する。 概要 偶然にも当番組と同じ年に始まった「」( と並び、放送されている番組でも有数のを誇る番組である。 で開局以来放送された番組の中でも3番に古いを持つ。 体の番組のをの形に決定づけた番組の一つであり、番組のなどでほぼ確実に番組曲である「 」が使用されるほどの認知度を誇る。 放送開始以来変わっていない番組の特徴として、 番組が「」ではなく「協賛」という形でついている点が挙げられる。 からの番組内容の過剰な干渉を避けるためにこの形が取られ、それがに続く長寿化へとつながった秘の一つとされている。 変遷 放送開始から年以上のを持つ大である。 様々な変遷を経てまで続いている。 勃興期~全盛期 放送開始。 当初は局アナの番組だった。 この頃は1時からまでの間。 この頃の代表的は 糸居、 淵昭信(、元:)、 安(ー)など。 当時、に流す番組がない局に積極的に働きかけ、局を増やすことに成功した。 開始からまではの裏番組「パック」と同様、の放送を「」と明けの曜日呼称を用いていた。 に放送されていた「のオールナイトニッポン」が 「 サンスペ 」と呼ばれていたのはその名残である。 前半間と後半間をそれぞれ帯番組にするなどてこ入れを行うが、競合裏番組である「セイ! 」()や「パック」()に苦戦する。 編でから体のナップに変更。 編では前半と後半がされ 2部制が導入され、までこのおなじみの体制が続くことになった。 放送番組が増えた分も積極的に開拓されるようになり、~前半に番組となった。 この頃の代表的は 、、、、、、鴻上尚史、、サンプラザ、、、、、、など。 には史上最長放送記録を立した 「」がしている。 迷走期 にそれまでの1部・2部の呼称から、2部を 「オールナイトニッポンR」に変更。 」に移動。 旧1部を 「llnn. オールナイトニッポン・コム 」、そして旧2部の 「 nn- r」と、 制に移行した。 しかし、「!」は当初でそれをのスミング放送で未地域に補するというを敷く、「」「r」も番組内に番組を乱立させるなど、悪ともいえる編成を行ったため低迷。 半年ほどで「」の「」への移動、「!」の全拡大などを行ったが、その隙にのが「」~「」で足場を固めて形勢を逆転される。 台もは「・」が大番組となり、「! 」も大苦戦を強いられることになる。 、、といった寄りの編成を行う局が「」をしていたため、「」にべて「! 」の局は少なかった。 なお、のの足固めに貢献した番組の一つが 皮にも「オールナイトニッポン」出身のが始めた 「」であった。 この頃より、への減少が業界全体に広がっていき、それまで自社の向け番組を放送していた局は 費削減を兼ねて台~台のの番組をするようになり、局の 番組の多くが終了していった。 にはで放送されていた「 オールナイトニッポンいいネ! 」(「!」の後継番組)を終了させ制も撤退したものの低迷は続き、かつて十数社もあった協賛が減し、3~4社ほどとなってしまった。 から台に5年8ヶぶりにオールナイトニッポンの名をで冠する番組 「オールナイトニッポン」が。 これにより実質的にの制が復活。 ただし以前の! 、いいネ!とは異なり、は番組としてではなく要年齢層を代から代と高めに設定した番組として構成されている。 編において、以降中高年向けに方向転換していた旧2部を若手に再び戻すこととなり、 「オールナイトニッポン0()」がした。 初代に選ばれた面々は募によって選ばれた。 選考にいてはに自身のを録画したをした上で応募するという形が取られたのも特徴的である。 なお、旧2部が全曜日に復帰するのはの編以来14年ぶりである。 「オールナイトニッポンR」という名称はのみ残される形でする。 ネット局の関係性 一番最初にナイトをしたのはの(旧:局)である。 開局が遅れ、のに大きくをあけられていた上、間の不足を補うためにに2間放送に開始。 当時、は自社番組「ナイト」を放送していた事。 当時のは局 正確にはとの であり、 との関係が非常に強かったことから地区はがする事になった。 その後も局は拡大するが、地区において大問題が発生する。 地区では本来系列局であるがするのが筋である。 しかし当時、から27時にかけて気自社番組 「」が放送されていた。 「の放送を打ち切ってまでナイトは放送できない」とを断られてしまう。 そこで、にを取られていた系列の(当時、現:)がにを上げる。 しかし は単独系列。 ナイトは系の回線を使うため同時が厳しいという問題に直面する。 そこでは 支社に直接回線を通すという異例の形で他系列を行った。 これにより、地区のナイト腸捻転体制がした。 には終了。 しかし局はに移らず、もがを続けている。 そのための番組 「パック」「グ」「」「」といった番組は地区では全く放送されないという問題も抱えている。 同時には以降本来の系列であるの「Fine!! 」という番組を。 はの「走れ」をしているため、ナイト2部も地区ではを除きされていない状態になっている。 の「オールナイトニッポンサタデー くんとくん」に関しては地区は「魂の」放送時代にがを打ち切ったため、が。 地区ではではなく、系列のがする腸捻転状態となっている。 地区ではより複雑になっている。 は「オールナイトニッポン」 -2台 、が1部に加え、「」と「R」をやっている2部 27-時台 はそれぞれ長らくしていて もに2部の放送を開始 、からした「nn! 」をはじめ、-台の番組もまでしていた から「レン」をしている。 に(、現:)が-27時に放送していた「」、の「発」を突如、-木-2に放送していた「オールナイトニッポン」の前身番組「にえろ!Gメン」と「」の開始。 のちににの自社が復活するため、「オールナイトニッポン」「」終了でそのまままた地区が区になると思いきや、なんと 系 系局の「」に。 「」のほうは1年間期間ののち、にで開始と地区同様はこれ、はこれといった既存のにとらわれない展開となっている。 「Sのオールナイトニッポンサタデー」に変わっても絶賛放送中である。 大半の地域 全36局のうち24局 では1部でし飛び降りとなる。 そのため1部のがで 「このあとはのオールナイトニッポンです」といっても放送されない地区の方が圧倒的に多い。 フィラー 1部飛び降り 1部においては1時台6、台5のが存在する。 1時台の前半2と台の前半1は全ド。 後半4はとなっている。 後半のは各局がセールスで取ってきたや各局の番宣、のを流せるのだが、流せるがない(つまりが埋まらなかった)局のため、として各ごとに決められた8曲 1部の場合 のが流れる。 で明けに10足らずのが流れるのはこのである。 、、、のように10も流れない地域もあれば、が丸ごととなる局。 やのように頭にやだけ入れ、残りはという局もあり、対応まちである。 はなどの嗜好が大きく反映されることが多く、のために中、局をニングして曲を楽しむなも存在する。 より、減少に伴い全のは大半がのとなっている。 が埋まりきらなかった時のために全曜通のも流れている。 1部は全36局だが、2部はやにを切り替えるため、放送しない局が多い 2部は全12局。 1部の放送が分ごろをめどに終了するのは切り替えの時間を残しているためである。 までは飛び降は分に全共通でビタースィートサンバが流れ、 「ではこれで、オールナイトニッポンを終わります」ので終了となっていた。 以降は各局に委ねられ、たいていの局は分で番組が終了し、クやが流れる形となる。 は各により決められた曲が流れる。 は「」、は「」、は「We e」(後に「N. 」)、は「の」と同様、のが出た選曲となっていた。 2部の場合は1部と逆になり、はが決めた曲が使われ、はが流れ、曲が終わると同時にとなっていた。 これは、前述の通り、元々間番組と始まったことに由来するものだが、中にはのように2部時代からOPが、EDが選定曲を使用したも存在する。 頃からはパシとして、の曲が1部の曲として流れる事が多かった。 以降ののように節の放送では「の」。 他はその時々のや流行りで毎週が変わるも存在する。 現在放送中の番組 、オールナイトニッポンと呼ばれる番組は放送時間によって5種類存在する。 夜10時~ かつては「」と呼ばれた向け番組の放送を転換。 オールナイトニッポン MUSIC10 毎週~~分まで放送。 全20局(のみ未のため 19局)。 パーソナリティ• 裕子 第1・3週 ・ 第2週 ・香 第4週• 満里奈 オールナイトニッポンGOLD ~分まで放送。 全19局(はから飛び乗り、は分で飛び降り)。 パーソナリティ• 週替わり(原則的に第1週は、第2週は、第4週は) 深夜1時~ オールナイトニッポン 毎週~ ~未明 1時~まで放送されている、言わば「」。 全36局。 いわゆるかつての『第1部』がこれにあたる。 パーソナリティ• ニチレゼンツの冠が付く 深夜3時~ 元々は 「オールナイトニッポン第2部」 というに若手だった時間帯をに別番組として。 しばらくその流れで向け番組を編成していたが、に~が中高年向けの 「オールナイトニッポンエ」 となり分離。 とのみに縮小された。 その後、に再び「エ」を吸収して元の編成に戻った。 しかし、~は「エ」と同じ中高年向けの内容となったため、かつての向けの番組はとに縮小された形となった。 、放送開始周年を期に若手への回帰が行われ、「オールナイトニッポン0()」が~で放送開始。 初代の中から ミツ ・ 町みね子が初の昇格を果たした。 オールナイトニッポン0(ZERO) 毎週~ ~未明 の~分、 未明 ~まで放送中。 一度途絶えてしまった「若手」としての『第2部』の復をして14年ぶりの番組として復活を遂げた。 よりに放送されていたオールナイトニッポンRが本番組に合併された。 は 全11局だが、とはで飛び降りとなるため、~分(・は午前まで)の間は 全9局(は 全16局)となる。 のみ は 分で飛び降り。 パーソナリティ• サマーウ• Cry Nu• 週替わり (第1週は) 土曜夜11時30分 こちらもかつては「」と呼ばれた向け番組を転換。 SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル 毎週よる分~1時まで放送中。 は前番組を担当していたの忠義ののであるSが担当。 はオールナイトニッポン0担当・Cry Nuのによるの。 パーソナリティ• S ジェ・本大・・地優・慎・ 歴代パーソナリティ放送期間ランキング• のみでは累計5年10ヶ放送。 中断期間はなどによるもの。 連続した番組としては「」が放送期間20年6ヶで歴代。 ~ 1部 3位 15年1ヶ ~ 1部 では。 連続した番組としては「のオールナイトニッポン」が歴代3位。 ~ 、1回放送 4位 13年5ヶ ~ 1部 では。 連続した番組としては「のオールナイトニッポン」が放送期間11年9ヶで歴代。 移動以降、番組内では「(サンスペ)」という呼称も付いた。 「オールナイトニッポン」放送開始時の初代の一人。 「オールナイトニッポンエ」のも担当。 ~ エ 7位 10年7ヶ ~ 1部 複数人によるとしてはに次いで。 連続した番組としては「のオールナイトニッポン」が放送期間10年7ヶで歴代4位。 8位 糸居 9年6ヶ ~ 元・。 「オールナイトニッポン」放送開始時の初代の一人。 連続した番組としては「糸居のオールナイトニッポン」が放送期間9年6ヶで歴代5位 同率。 ~ 2部 ~ 1部(中断期間あり) ~まではデー襲撃事件による芸活動のため、代理が担当。 連続した番組としては「のオールナイトニッポン」が放送期間9年6ヶで歴代5位 同率。 ちなみに放送累計時間の最長記録は長い順から安、、となる。 安は放送時間が間であることとエが週8時間であること、は放送時間が間であることが要因である。 また有楽町の旧社屋時代から放送開始し、建替中は「・」の社屋を借りて放送し、有楽町新社屋まで引き続いて放送を続けられたのは・・だけである。 2部を最も長く担当したはで~の2部の、で~の2部 は1部 のを、それぞれ丸4年務めた。 ~にかけてはからと連続して聴取するも非常に多く、 のは聴取率3以上、のは聴取率1以上と1時~の番組としてはな聴取率を誇っていた。 、最も聴取率が高い番組と言われる「」の聴取率が1弱である事を考えるといかに凄まじい数字かがわかる。 なお、の時間帯での番組の放送期間としてすると以下の通りになる。 () 順位 番組名 放送期間 放送時期 20年6ヶ ~、~ のオールナイトニッポン 11年9ヶ ~ 3位 のオールナイトニッポン 11年 ~ 4位 のオールナイトニッポン 10年6ヶ ~ 5位 糸居のオールナイトニッポン 9年6ヶ ~、~ のオールナイトニッポン ~ 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目.

次の