シャオミ mi note 10。 「Xiaomi Mi Note 10」と「OPPO Reno A」の違い

【比較】シャオミ「Mi Note 10 Lite」とOPPO「Reno A」はどちらがオススメか?|iMyMe

シャオミ mi note 10

中国Xiaomi(シャオミ)は12月9日、日本市場への参入を表明。 日本参入第1弾として投入するスマートフォンは「Mi Note 10」と「Mi Note 10 Pro」です。 両機種ともAmazon. jpのXiaomiストアで取り扱いとなり、「Mi Note 10」は5万2800円(税抜、以下同)で12月16日出荷開始、「Mi Note 10 Pro」は6万4800円で12月23日に出荷開始となります。 なお、シャオミの公式販路から購入した日本のユーザーに対しては、故障時などの交換保証を提供するとしています。 スマートフォンの出荷数では、いまやアップルに次ぐ世界第4位のメーカーとなっています。 一方で、テレビや洗濯機、空気清浄機など幅広く家電を投入し、スマホと連携するためのエコシステムを構築しているのも特徴です。 「シャオミとは?」を詳しく知りたい人向け: そんなシャオミが日本市場に投入する「Mi Note 10」は1億800万画素(108MP)のサムスン製画素センサーを世界で初めて搭載し、背面に5つものカメラを備えた"カメラフォン"です。 すでに海外市場向けでは販売されているモデルで、中国では「CC9 Pro」として発表、市場投入されています。 6倍〜50倍までカバー Mi Note 10の背面カメラは1億画素のメインカメラのほか、4つのカメラを搭載。 ズーム倍率に応じて、0. 6倍超広角カメラ〜1倍広角カメラ(108万画素センサー、35mm判換算で25mm相当)〜2倍ポートレートカメラ〜10倍ハイブリッドズーム〜最大50倍デジタルズームと、撮影するカメラが自動で切り替わる形でつなぎます。 また、マクロ専用カメラも搭載し、1. 5cmまで寄れるマクロ撮影も可能です。 シャオミならではの要素として、独自ユーザーインターフェイス(UI)の「MIUI 11」を搭載。 たとえば一日の時間帯によって変化する壁紙や着信音、独自のテーマ機能、シャオミスマホ同士で使えるファイルシェア機能など、独自の機能がふんだんに盛り込まれています。 ラメのようにつややかな光沢のあるデザインが特徴です。 カメラで発揮される複雑な画像処理性能は、モバイルゲームで綺麗なグラフィックを表示するためにも必要なもの。 Mi Note 10はパフォーマンス面でも多くの人の要望を満たす性能を備えています。 チップセットはクアルコム製の中上位から、GPU性能を強化した「Snapdragon 730G」を装備。 メモリ(RAM)は6GB(Mi Note 10)と、他社のハイエンドモデルとも遜色ない大容量を搭載します。 ストレージは128GBと、これも2019年時点のスマホとしては十分に大容量ですが、microSDスロットは非搭載となっています。 1億画素の写真はそれなりのデータサイズ(1枚あたり5〜20MB程度)になるので、microSDスロットはできれば搭載しておいてほしかったところです。 国内キャリアのネットワークへの対応状況については、シャオミいわく「3つのキャリアで利用可能」としています。 ディスプレイは6. 47インチと大画面で、左右端がカーブしている3Dガラスを採用。 インカメラは上部の水滴型のノッチ(切り欠き)に収まっています。 有機ELディスプレイを備え、光学式の画面内指紋センサーも搭載。 時計や通知などを黒画面で表示するAlways-on機能も搭載します。 バッテリーは5260mAhと大容量で、USB Type-C端子からの30W急速充電もサポート。 大容量のバッテリーや両面ガラス仕上げ(コーニングのゴリラガラス5を採用)で、"格安スマホ"とは一線を画す質感に仕上げていますが、そのぶん重量は208gとずっしり重め。 サイズも約157. 67mmと大きめです。 防水やおサイフケータイは非対応となっています。 加えてメインカメラ(1億画素カメラ)のレンズ数がMi Note 10では7枚、Mi Note 10 Proは8枚となっています。 Mi Noto 10 Proではレンズが1枚追加されたことで、よりくっきりとした描画が可能としています。

次の

シャオミ Mi Note 10はどんな感じ? OPPO Reno A、HUAWEI NOVA 5Tと比較

シャオミ mi note 10

中国Xiaomi(シャオミ)は12月9日、日本市場への参入を表明。 日本参入第1弾として投入するスマートフォンは「Mi Note 10」と「Mi Note 10 Pro」です。 両機種ともAmazon. jpのXiaomiストアで取り扱いとなり、「Mi Note 10」は5万2800円(税抜、以下同)で12月16日出荷開始、「Mi Note 10 Pro」は6万4800円で12月23日に出荷開始となります。 なお、シャオミの公式販路から購入した日本のユーザーに対しては、故障時などの交換保証を提供するとしています。 スマートフォンの出荷数では、いまやアップルに次ぐ世界第4位のメーカーとなっています。 一方で、テレビや洗濯機、空気清浄機など幅広く家電を投入し、スマホと連携するためのエコシステムを構築しているのも特徴です。 「シャオミとは?」を詳しく知りたい人向け: そんなシャオミが日本市場に投入する「Mi Note 10」は1億800万画素(108MP)のサムスン製画素センサーを世界で初めて搭載し、背面に5つものカメラを備えた"カメラフォン"です。 すでに海外市場向けでは販売されているモデルで、中国では「CC9 Pro」として発表、市場投入されています。 6倍〜50倍までカバー Mi Note 10の背面カメラは1億画素のメインカメラのほか、4つのカメラを搭載。 ズーム倍率に応じて、0. 6倍超広角カメラ〜1倍広角カメラ(108万画素センサー、35mm判換算で25mm相当)〜2倍ポートレートカメラ〜10倍ハイブリッドズーム〜最大50倍デジタルズームと、撮影するカメラが自動で切り替わる形でつなぎます。 また、マクロ専用カメラも搭載し、1. 5cmまで寄れるマクロ撮影も可能です。 シャオミならではの要素として、独自ユーザーインターフェイス(UI)の「MIUI 11」を搭載。 たとえば一日の時間帯によって変化する壁紙や着信音、独自のテーマ機能、シャオミスマホ同士で使えるファイルシェア機能など、独自の機能がふんだんに盛り込まれています。 ラメのようにつややかな光沢のあるデザインが特徴です。 カメラで発揮される複雑な画像処理性能は、モバイルゲームで綺麗なグラフィックを表示するためにも必要なもの。 Mi Note 10はパフォーマンス面でも多くの人の要望を満たす性能を備えています。 チップセットはクアルコム製の中上位から、GPU性能を強化した「Snapdragon 730G」を装備。 メモリ(RAM)は6GB(Mi Note 10)と、他社のハイエンドモデルとも遜色ない大容量を搭載します。 ストレージは128GBと、これも2019年時点のスマホとしては十分に大容量ですが、microSDスロットは非搭載となっています。 1億画素の写真はそれなりのデータサイズ(1枚あたり5〜20MB程度)になるので、microSDスロットはできれば搭載しておいてほしかったところです。 国内キャリアのネットワークへの対応状況については、シャオミいわく「3つのキャリアで利用可能」としています。 ディスプレイは6. 47インチと大画面で、左右端がカーブしている3Dガラスを採用。 インカメラは上部の水滴型のノッチ(切り欠き)に収まっています。 有機ELディスプレイを備え、光学式の画面内指紋センサーも搭載。 時計や通知などを黒画面で表示するAlways-on機能も搭載します。 バッテリーは5260mAhと大容量で、USB Type-C端子からの30W急速充電もサポート。 大容量のバッテリーや両面ガラス仕上げ(コーニングのゴリラガラス5を採用)で、"格安スマホ"とは一線を画す質感に仕上げていますが、そのぶん重量は208gとずっしり重め。 サイズも約157. 67mmと大きめです。 防水やおサイフケータイは非対応となっています。 加えてメインカメラ(1億画素カメラ)のレンズ数がMi Note 10では7枚、Mi Note 10 Proは8枚となっています。 Mi Noto 10 Proではレンズが1枚追加されたことで、よりくっきりとした描画が可能としています。

次の

シャオミ、税込2万4800円の高コスパスマホ「Redmi Note 9S」発表

シャオミ mi note 10

【目次】 クリックでジャンプ• 1億画素ってもはや意味不明。 「Xiaomi Mi Note 10」 iPhone, Xperiaと比較!! Xiaomi(小米:シャオミ)は、中国に本拠を置く新興家電メーカーの1つです。 そんなXiaomiの最新機種として発表されたのが、今回ご紹介する Xiaomi Mi Note 10(中国版 CC9 Pro)です! (上位モデル: Xiaomi Mi Note 10 Pro) このスマホの最大の特徴はなんと、、、 1億画素のカメラ!! 一億って、、、もはや意味が分かんないですね。 今回は、そんな気になるXiaomiの新製品をご紹介したいと思います。 まず、スマートフォンの心臓部SoCですが、こちらはQualcommの Snapdragon730Gを採用しています。 このSoCはフラグシップ機に多い800番台(Snapdragon855等)とミドルレンジ機に多い600番台の中間に位置する製品で、 性能的には中の上といったところでしょうか。 RAMについては、通常版の Mi Note10が6GB、上位版の Mi Note10 Proが8GBと、メモリに関しては他の ハイスペックモデルに引けをとりません。 ただし、同じ作業でもOSのチューニング具合によって必要とされるRAMの量は変わってくるので、この数字だけではMi Note10とライバル機との優劣を決めることは難しいでしょう。 バッテリーは5260mAhと、Xperia5(3140mAh)やGalaxy S10(3400mAh)に大きく差を付けています。 これだけ大容量になると充電時間の短縮が課題となる事もあってか、Mi Note10ではUSB-Cの高速充電規格 (Power Delivery)に対応しており、 最大30Wの高速充電が可能です。 ちなみに、この30W充電は MacBook(12inch)と同じ出力。 そう考えると、開発陣はかなり充電時間に気を遣っている事がわかりますね。 Xiaomi Mi Note 10 の特徴 圧倒的!! 1億800万画素カメラ 5眼のペンタカメラ! Mi Note10最大の特徴が、 他の追随を許さない 1億800万画素の超高性能カメラです!! 画素数はデジタルカメラの性能を決める要素の1つで、一般にこの数字が大きい程きれいな写真や映像を撮影できるとされています。 この画素数という数字、 現在売られているスマートフォンでは1200万画素辺りが主流で、それを超える機種でもせいぜい2000万画素程度しかありません。 対してXiaomi Mi Note10の画素数は、 最大で 1億画素。 桁が違っていますが間違いではありません。 もはや 尋常ではないレベルです。 ポートレート写真から目の部分を2. 加えて、画素数自体は通常レベルながら、光学2倍望遠など異なる画角のカメラを4つ搭載している為、1つのスマホで合計 5つものカメラを搭載(ペンタカメラ)するモンスター機種となっています! Mi Note 10のカメラ構成• 33インチ)OIS搭載• 望遠カメラ:1200万画素(デュアルPDAFを備える2倍広角ズーム)• 望遠カメラ:500万画素(10倍デジタルズーム)• 超広角カメラ:2000万画素• マクロカメラ:200万画素 これだけのカメラがそろっていれば、高画質、2倍~10倍ズーム、超広角撮影、マクロ撮影と、 あらゆる条件での撮影が可能です!! こらはほんとにすごすぎますね、、、。 これはズームなし(x1倍) ハイブリッド10倍ズーム(x10)。 1倍ではほとんど見えなかった電車がここまで大きく見えます! また、Mi Note 10のメインカメラは7枚のレンズから構成されていますが、上位モデルの Mi Note 10 Proは1枚多い 8枚構成となっています。 このMi Note 10 Proの画質は、画質を点数化する DxOMarkで、121というハイスコアを獲得しました! これはトップのHUAWEI P30 Proと並び、 1位の画質ということになります! タピオカと言われ話題になったiPhone11Proですらカメラは3つですから、 5つというのは かなり挑戦的な設計といえますね。 33インチの大型センサー搭載! ちなみに、デジカメの性能を測る際、画素数と共に重要視されるのが センサーサイズ。 デジカメはフィルムの代わりに光を捉えるセンサーを使って画像を作り出すのですが、この センサーのサイズが大きくなればなるほど、光を取り込みやすくなり、暗所撮影に強くなるとされています。 33インチという大型センサーを搭載することに成功しました! コンパクトデジカメの高級機種のセンサーサイズが概ね1inch前後ですから、スマートフォンとしてはかなりの進歩です。 スマホはいずれコンデジを駆逐すると言われて、実際に低価格のデジカメは駆逐されてしまいました。 次は、 高級コンデジと言われる高画質なコンデジが危ないですね! 他にも機能がてんこ盛り!! Xiaomi Mi Note 10は、1億画素、5眼カメラに注目されますが、スマホとしての 基本スペックもかなり充実しています! 特徴を一覧にしました! 対応バンド Xiaomi Mi Note 10はグローバル版と言われ、 SIMフリーで発売されます。 海外の販売サイト、 Gearbest(ギアベスト)なら5万円台で購入できるので、一番お得に買えるでしょう! 格安SIMを使うことになりますが、国内3大キャリアが 対応するバンドについては次の通りです。 バンド名 周波数 Xiaomi Mi Note 10 ドコモ au ソフト バンク Band1 2. 国内3大キャリアの 必須バンドの完璧にサポートしています! 「iPhone専用帯域」と言われている Band21には未対応です。 Band21は、 地方都市でも高速で通信でき、また CA(キャリアアグリゲーション)で高速化できるので、あれば嬉しい帯域ですが、なくても通常の使用では問題ないでしょう。 ソフトバンクのBand11はほとんど整備されていないようです。 auのBand41に対応していないので、auでは繋がりにくいかもしれません。 【まとめ】圧倒的!! 1億画素の超高画質カメラ! Xiaomi Mi Note 10 登場! Xiaomiの Mi Note10は、比較的 安価なボディにフラグシップ機にも劣らない 1億800万画素の強力なカメラを搭載したXiaomiらしい一品と言えます。 特にRAMやストレージ容量のアップ、カメラのレンズ枚数増などの強化を施した上位版(Mi Note10 Pro)については、 DxOMarkでも高い評価を受けるなど、なかなか期待できる製品です。 突き抜けたカメラ機能を お手頃価格で欲しい人には、超おすすめのスマホです! 現在日本での発売は未定ですが、海外ショッピングサイト 「 Gearbest」(ギアベスト)で安く購入することができます! Gearbestは、中国製スマホなどが驚くほど安く買えるサイトで、 日本語サイトも充実しており、はっきりって簡単に買えます!.

次の