ころもへんに禍。 「しめすへん」と「ころもへん」の違い

コロナ禍で変わる日本の雇用と働き方、3つのレベルで読み解く

ころもへんに禍

「禍」という漢字の使い方についても、ひもときましょう。 「禍(わざわい)」とも読む漢字ですが、同じ読み方を持つ「災(わざわ)い」と、意味の上での使い分けがあります。 「 災(わざわ)い」は、「天災」など、 主に「防ぎようのない元凶によりもたらされもの」に使われる漢字、 それに対し「 禍(わざわい)」は「舌禍」など、 主に「人為的ミスなどにより発生した凶事」に使われるようです。 新型コロナウイルスに由来する凶事に「禍」の字があてられるのは、 「これ以上感染を広げない」という重要ポイントが、個々人の行動にかかっている…という点にあるでしょう。 自分や大切な人、そしてこの社会を守るため、できる限りの予防策をとって、協力しあって参りましょう。 2問目に参ります。 【問題2】「禍々しい」ってなんと読む? 「禍々しい」という日本語の読み方をお答えください。 ヒント:意味は「不吉である」「いまいましい」などです。 <使用例>「禍々しい出来事にも、必ず終わりが来ます!」 文字、音ののイメージが強烈ですが… 「禍」という字には「禍(まが)」という読み方があります。 凶事の表現として「禍事(まがごと)」という日本語もあり、文字だけでも凄みを感じてしまいますが…。 苦境でこそ大切なのが「イメージにひきずられない」「必要以上にネガティブにならない」という「冷静さ」でしょう。 東京都の地区別感染者数が発表された際、筆者の周囲で、こんなエピソードがありました。 4月2日の時点で感染者数が最多であった世田谷区在住の友人が、SNSの友人グループに「怖い」と怯えたメッセージを送ってきました。 すると別の友人が「世田谷区は実は人口そのものが多いので、感染者数だけ見ると一見して最多であっても、人口比で考えると、世田谷区だけの罹患率が突出しているわけではないのよ?」という情報を、冷静に提示したのです。 罹患率そのものよりも、 怯えた友人の平常心を呼び戻すために、このやりとりは意義があったと思います。 つい、心が曇りそうになりますが、必要以上にネガティブになっても状況は変わりませんし、むしろ立ち向かう気力をそいでしまうでしょう。 見えないウィルスとの闘いには、一人一人が当事者として、平常心で毅然と戦う力が不可欠です。 「禍(わざわい)を転じて福となす」未来が一刻も早く訪れるよう、ともに立ち向かって参りましょう! 本日は、 ・コロナ禍(ころなか) ・禍々(まがまが)しい という日本語をおさらいしつつ、 ・禍(わざわい)を転じて福となす という先人の経験に基づく故事成語をお届けしました。 関連記事•

次の

「しめすへん」「ころもへん」の違い/由来と使い分けのコツ|マナーの虎

ころもへんに禍

新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、大学生3万5000人以上から回答を得た全国大学生活協同組合連合会(大学生協連)の調査結果が公表された。 その大規模調査によると、6割以上の学生がこの先の「経済的な不安」を感じているという。 政府・与党は困窮した大学生への現金支給にも乗り出す方針だが、「もう退学しかない」という学生たちの声もある。 支援は間に合うのか。 「東京を引き払いました」 「東京での学生生活はひとまず、ストップです。 暮らしていくお金がありません。 今はまったく将来が見通せません」 東京都内の私立大学3年生の酒井勇太さん 20歳、仮名 の言葉は切実だ。 4月中旬に中野区のアパートの荷物をまとめ、滋賀県の実家に戻ってきた。 東京を引き払うまでの月収入は、共働きの両親からの仕送り8万円とアルバイト代の約8万円。 この中から家賃や光熱費、食費などを賄っていた。 金銭的には比較的余裕があった。 状況は、コロナの感染拡大で一変した。 まず、アルバイト。 大学2年生の時から通学先の大学で書類整理などをこなしていたが、感染拡大で大学構内は立ち入り禁止になり、「仕事がなくなった」と言われてしまう。 契約社員として働いていた実家の母親の仕事も2日に1回となった。 さらに弟の大学進学もあった。 実家の滋賀県から隣の京都府への通学とはいえ、私大の学費負担は軽くない。 両親から「今後の仕送りは難しい」と言われたことで、2年間暮らしたアパートを引き払うことにしたという。 「迷いましたけど、実家に居れば、少なくとも家賃を払わなくて済む。 しばらくは、オンラインでの授業が続くと思うんです。 仕送りとバイトで生計を立て、卒業後は都内で就職したいと考えてましたが、まったくの白紙になってしまって」 再び東京に戻る場合、引っ越し代やアパートの敷金・礼金などで30万円以上が必要となる。 その当ては「ありません」と酒井さん。 本年度前期の授業料は、両親に頼ったものの、後期の授業料は「親にはとても頼めない」と言う。 「今は奨学金申請の手続きをしています。 それで授業料などを賄って、何とか東京でもう一度、学生生活をやり直したい。 全国民に一律給付の10万円はその足しにするつもりです」 ただし、10万円の一律給付だけでは足りない。 それは自身でもよくわかっている。

次の

コロナ禍での工房めし 庭でひとりおにぎり|ウスレレのすすめ ウクレレ一十舎 (Ittosya)

ころもへんに禍

sponsor 「しめすへん」「ころもへん」それぞれの由来と使い分けのコツ それぞれの由来をご紹介する前に、「しめすへん」と「ころもへん」のどちらが「ネ」、「ネに点(裕、複など)」なのか使い分けのコツをお伝えします。 それは、部首の「示(しめ・す)」と「衣(ころも)」の画数から1画マイナスしたものが部首名、だと覚えれば簡単です。 「示(す)」は5画なので、そこから-1画=4画となります。 「礼、社」の左側部首の「ネ」は4画なので、しめすへん。 「衣」は6画なので、1画マイナスすると5画になります。 このように覚えれば、「しめすへん」と「ころもへん」がどちらなのかわかると思います。 色々な覚え方はありますが、その内の一つとして覚えておくと便利です。 上記を踏まえ、ここからはそれぞれの由来についてご説明していきます。 「しめすへん」は「神様」に関わる言葉を表したことが由来 「しめすへん」は、「祇、祠」などの漢字にある通り、はじめは「示」という漢字が部首として使われていました。 それが、現代に合わせて「ネ」に変化し、それを標準として二通りの部首が使用されるようになったのです。 例えば、もともと神様の「神」は「神」と表現されていましたが、現在では標準化され「神」という漢字が使われています。 さて、由来に関しては「祇、祠、禅」など「神様」に関わる言葉を漢字で表すようになったのが始まりだと言われています。 京都で行われる神社のお祭り「祇園祭」や神様を祀っている「祠」など、すべて神様に関係している言葉ですね。 そのためしめすへんが進化して「ネ」となっても、「神、礼、祝い、祈り」などやはり神様に関係していることが分かります。 「ころもへん」は「衣服」に関わる言葉を表したことが由来 一方で「ころもへん」はその名の通り「衣」、つまり衣服に関わる言葉として多く使われています。 例えば、「袖、襟、被」など左側に部首がある漢字、「表、袋、裏」など下に部首がある漢字など様々ですが、これらをすべて含めて「ころもへん」と呼びます。 由来としては、「衣」は元々象形文字から成り立ったもので、その意味するところは「襟もとを合わせた衣の形」と言われています。 ここから「衣=身を纏うもの」とされ、様々な衣服に関する言葉に変化していきました。 ここで、「表、袋、裏」などの漢字は衣に関係ないのでは、と思われるかもしれません。 しかし、ルーツをたどれば 表=上着 袋=衣服に使用する布で作られた袋 裏=衣服の裏側 というように、「衣」を語源とした漢字であることが分かります。 「しめすへん」と「ころもへん」違いまとめ 「しめすへん」と「ころもへん」の由来や違いについてご説明してきました。 まとめると、• 「しめすへん」:「神様」に関わる文字を表したことが由来• 「ころもへん」:「衣服」に関わる漢字を表したことが由来 となります。 また、一見関係のなさそうな漢字でも、語源をたどると関連性があるのです。 この部首が使われている漢字を見たときは、ぜひ上記のポイントを踏まえて見てみてください。 新しい発見があるかもしれません。

次の