かぐや 様 は 告 ら せ たい 159。 最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』159

かぐや様は告らせたい160話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

かぐや 様 は 告 ら せ たい 159

スポンサーリンク 出会い 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」158話より引用 かぐやと眞妃。 2人の出会いは幼い頃でした。 四宮家の娘として生まれたかぐやと四条家の娘として生まれた眞妃。 生まれた時から2人には宿命のようなものがありました。 すでに四宮家と四条家が本家と分家であることは明かされていましたが、ここにきてより具体的に対立の歴史がわかりましたね。 四宮家のあまりに利己的な戦略に反発した穏健派と呼ばれるグループが分家・四条家なんです。 そんな事情もあって、普段は優しい父が強い口調で「いずれ戦争になる」「あの娘とは関わるな」と眞妃に言います。 かぐやと眞妃は本家と分家の娘ということになり、大抵の場合同様、親・家柄の問題で壁を感じざるを得ない状況となっていました…。 幼い眞妃はそれでも、つまんない!と反発するのですが…。 スポンサーリンク ファーストコンタクト 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」158話より引用 眞妃は幼いながらに四宮家との確執を感じとります。 さすがは学年3位の賢い眞妃ちゃんですw つまらない気持ちを抱えたまま、会場の外に出るとなんとかぐやも外で本を読んでいました。 眞妃はかぐやについに声をかけます。 「それおもしろい?」 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」158話より引用 「いっしょにみる?」 これが2人のファーストコンタクトです。 かぐやはプライドが高いため、なかなか自分から話しかけたり誘ったりは苦手なはずですが、やっぱり仲良くしたかったんでしょうね! とってもうれしそうに誘う姿がキュートです。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」158話より引用 眞妃も一瞬うれしそうな表情を見せますが、父の言葉が頭をよぎってしまいます。 「見るわけないでしょう!四宮の人間と!」 かぐやはどんな気持ちだったでしょうか? 幼い2人はお互いに心に傷を負うことになってしまいました…。 それから10年以上、2人の距離は縮まらないまま今に至っているのです。 スポンサーリンク かぐや、本当の気持ち 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」158話より引用 場面は現在の2人に戻ります。 かぐやは柏木から見るようにと渡されたDVDを見るために見れる場所を探しています。 眞妃に家で見るように言われますが、自室にはないし、見方もわからないし、柏木からは1人で見るように言われています。 眞妃は仕方なく、生徒会室にあるノートPCで見る方法をかぐやに教えます。 なんだかんだと面倒見が良くて優しいですよね〜。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」158話より引用 かぐやはセッティングしている眞妃に最近の四条家の勢いを褒めます。 四条家が四宮家に追い付きつつあること、それはいずれ戦争になる可能性を示しているのかもしれません。 「戦争になるのかしらね」 「眞妃さん 私のことも憎いですか?」 かぐやが聞きたかった本当のこと。 幼い頃から思ってきたこと。 眞妃はなんと答えるのでしょうか? スポンサーリンク いっしょにみる? 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」158話より引用 眞妃は背を向けたかぐやに呟くように言いました。 「ずっと…思ってた」 それは幼い頃と全く同じ。 「それおもしろい?」 かぐやは、驚いて振り返ります。 おそらく、お互いに最初の出会いを思い出していたのでしょう。 かぐやもあの日と同じ言葉を返します。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」158話より引用 「いっしょにみる?」 かぐやは言った後、怖がる表情を見せます。 また、あの日のように冷たく言われたら?そんなことが頭に浮かんだのかもしれませんね。 でも…。 「仕方ないわね!」 眞妃の答えはあの日とは違いました。 2人は長い時間をかけてようやく少しだけ素直になれたのでした。 そして、DVD鑑賞…。 疎いかぐやのために柏木が用意したのは性教育w 2人ともハラハラドキドキ大興奮!w 今度は仲良く観れて本当によかったですね!.

次の

かぐや様は告らせたい(かぐ告)|最新話【180話】ネタバレあらすじ感想も!

かぐや 様 は 告 ら せ たい 159

スポンサーリンク 性への目覚め 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」159話より引用 柏木から借りたDVDはHなものでした。 かぐやと眞妃は見た後、そわそわ…。 2人は四宮家と四条家の娘であり、いわゆる箱入り娘です。 知識としては男女の間にそういった事がある、ということは知っていても実際に経験をしたことはもちろん皆無! 特に眞妃は「いっかがっわし!」とまずは嫌悪感をあらわにします。 2人とも処女確定ですね しかしかぐやは…。 もう御行と交際をスタートさせています。 いずれ、自分も御行とそういうことをするのだろうか?そんな想いに駆られていました。 スポンサーリンク 男という生き物 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」159話より引用 かぐやは眞妃に御行と付き合っていることを指摘され動揺します。 えっ?という顔をするかぐやがかわいいです! 眞妃らしいですが、続けざまに毒を吐いていきます。 2人の掛け合いはテンポがよくて楽しいですよね。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」159話より引用 かぐやは早坂から聞いた「男は性欲で生きる生き物」ということを考えていました。 御行も男、事を急いだりしないように思えるけど、それはわからないのです。 「もし御行に迫られたらどうするの?」 眞妃がストレートに聞きます。 かぐやは、自分としてはまだ早いと感じている事を素直に口にしますが…。 それが原因で御行に嫌われてしまったら…。 「嫌われるのが怖い…」 「ただそれだけの理由できっと受け入れてしまうと思うわ」 かぐやは「好きになった方が負け」という言葉が骨身にしみるのでした。 スポンサーリンク 童貞について 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」159話より引用 石上はそんな眞妃には構わず持論を続けます。 「童貞はセーフティ!!」 その理由は、まだ経験していないから。 経験していないことは怖いから、なかなか一歩を踏み出せません。 つまりセックスはタバコやお酒と同じ、反復性が強いものである。 だから、童貞はセーフティなんですね。 これが石上の持論です。 確かにね〜と思う部分もあり、こんなことまで突き詰めて研究 ? している彼に早く彼女を作りなさい、という気持ちになりましたw 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」159話より引用 石上は、一部のヤリチンのせいで「男は」と一括りにされ、苦しい思いをしながら自分は童貞をしている!と負のオーラ全開。 御行はクールにツッコミを入れていきます。 ついでに言うと、すでに眞妃もぶっ壊れていて、御行はツッコミに専念しなければならない状況になってしまいます。 スポンサーリンク 恋は戦略 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」159話より引用 恋バナで盛り上がりを見せる3人。 そこに現れたのはラブ探偵チカちゃん。 久々の登場です! 3人の話している恋バナを確認しようと近づくのですが…。 チカにはちょっと刺激が強すぎました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」159話より引用 眞妃が好きな人には彼女がいる…それなら、眞妃が性的に彼を誘惑、一夜限りの過ちだとしてもその証拠を突きつければ破局するのでは? といった御行が考えたエグい作戦について盛り上がっていたのです。 「どう思う?」 と聞かれたチカは「ふ〜むふむふむ」といいながらノーコメントで部屋を後にしてしまいました…。 というより、眞妃ちゃんの順応の早さの方に驚きましたw モラルの問題はあれど、恋に性はつきもの。 御行にとっても、男女交際において性は切り離せないものであることを意識するきっかけとなったのでした。

次の

かぐや様は告らせたい 159話ネタバレ感想 かぐやの為に動くマキ

かぐや 様 は 告 ら せ たい 159

柏木から借りたHなDVDを見たいかぐやは、視聴覚室前で四条眞妃とばったり。 険悪な雰囲気になりながら、二人の出会いのエピソードと共に、四宮家と四条グループの因縁が明かされる。 家柄上、仲良くしてはいけない相手であるにも関わらず、かぐやのために生徒会室でDVDを見るための準備をしてしまう眞妃。 かぐやはそんな真希に対して、一緒にDVDを見ないか誘い、真希もこれを受け入れる。 そして二人でHなDVDの鑑賞会が始まるのだった。 suzuco. 白銀との男女交際を始めたかぐやは、自らもまた、DVDのような性交渉に向けて、カウントダウンがすでに始まっているのだと強く自覚します。 真希はDVDに対し、「いかがわしい!」と赤面しながら叫びます。 かぐやはやはりこのような行為を映像で見るのは初めてだったようで、「これがセックス…」とはっきり口にします。 真希はまだセックスとはっきり言うことに抵抗があるようで、「契り」と遠回しな言い方をしますが、「そちらの方がいかがわしい」とかぐやに突っ込まれます。 真希は、「おばさま(かぐや)も御幸といずれこういうことをするんでしょうね」とぽつり。 慌ててしらばっくれようとするかぐやでしたが、真希はすでに、かぐやと白銀が付き合っていることをなんとなく感づいているのでした。 「こんな人でも恋をするんだって驚いたわ。 この子が他人を信頼する日なんてこないだろうと、諦めかけていたんだから」 そんなかぐやが今は契る契らないの真っ只中…。 話題は「男性の性欲」ということに移っていき、かぐやは「男は性欲で生きている」という早坂の持論を持ち出します。 なお早坂にリアルな彼氏がいたことはないようですが… 早坂は忙しくて彼氏が作る暇がないのだろう、と考えるかぐやは、「彼氏彼女のリアル」をやさしさで教えてあげていることを真希に伝え、「余計なお世話なんじゃ…」と呆れられます。 「もし御幸に迫られたら?」 真希に踏み込んだ質問をされて、「まだ早い」と答えるかぐや。 しかし、いざ求められたら、「嫌われるのが怖い」という理由だけで、「受け入れてしまうと思うわ」と、どこか悲しそうに言います。 「好きになった側が負け。 骨身にしみるわ…」 【童貞はセーフティ】 翌日、生徒会室を尋ねた眞妃は、白銀と石上に対して、「そんなに契りたいのか!男子は性欲で生きてるんでしょ!」と食ってかかります。 妙なことを言い出したな、と呆れる白銀でしたが、「ここは僕が…」と石上が前に出ます。 「男子はドスケベなことが大好きです。 おっぱいやパンツの話題で盛り上がり、エロ本が落ちてたらとりあえず読んじゃう生き物です」 やはり性欲で生きているのか、と警戒する眞妃に対し、しかし、と石上が続けます。 「童貞はセーフティ!」 男はエロい生き物なれど、ヤリチンはほぼ全員「非童貞」。 例えるなら、美味しいと評判だけどボロイ定食屋。 所見は躊躇するものの、一度入って味をしめれば、後は似たような店にも躊躇なしにバンバン入るようになる…これが石上の考えるヤリチン発生メカニズムでした。 セックスはタバコや酒と同じで、中毒になるには一度手を染めて反復性がつくから。 つまり一度もセックスしたことない人間がセックス中毒に何てなるわけがない。 「ヤリチンが男の悪評を広め、童貞はその悪評に理不尽に耐えているんです…」 石上は頭を抱え、自らの持論で苦しみ始ます。 【タバコを使うと早死にする?】 石上の話が終わると、今度は眞妃がたとえ話をはじめます。 異国の地で、組織から少女を連れて逃げ出したマフィア。 マフィアは少女を逃がし、追っ手と戦い、久々にタバコを吸うが…。 追っ手から負わされた傷が深く、もはやタバコの味などせず、「これでタバコをやめられるぜ」と血だまりの中にタバコを落とす…。 「つまりタバコを吸うと早死にする」と真希は謎の結論を出します。 つまり、と石上が代わりに話をまとめます。 「僕らは童貞なので、性欲より契る恐怖が勝っており、比較的安全なので安心してください」 石上の言葉を聞いて、一応納得?したかのような真希。 そこに白銀が別の角度からの意見を付け加えます。 「裏返せば、非童貞には掠奪が仕掛けやすい。 別れさせ屋の手口だよ」 【ラブ探偵チカ】 恋バナの匂いをかぎ取って、千花が「ラブ探偵チカ」に紛して生徒会室にあらわれます。 しかし生徒会室で交わされていたのは、真希が想い人を寝とるか寝取らないか、というヘビーな話題でした。 「まず性的に誘惑するでしょ。 そして一夜の過ちの証拠を相手の女に見せれば、高い確率で破局するでしょ?」 真希の話を聞いて、楽しそうだった千花の顔から笑みが消えていきます。 「自分はそのまま交際を続ければいいし、効率的な手段だよな。 モラルを無視すればだけど」と冷静な意見を述べる白銀。 「僕ならやります。 本気の恋なら奪ってでもやるべきです。 純情ぶってたらチャンスなんて来ませんよ…」 石上もそう語りながら、きわめてドライな表情で覚悟をにじませます。 そんな真希、白銀、石上の三人から、意見を求められる千花。 「なるほど~ふむふむ~」 千花はふむふむうなずきながら、そのまま生徒会室から出ていきます。 「そういう選択もあるって話です」 「最終手段だけどな…」 石上と白銀から掠奪戦略を聞かされた眞妃は、口元に手を添えて、欲とモラルの鬩ぎあいの中、真剣に何かを考えます。 そしてこの件は白銀にとっても、男女交際に性交渉は切り離せ異問題である、と気づかせる一幕となったのでした。 U-NEXTでは 31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに 600円分のポイントが貰えます。 600円分のポイントを使えば『かぐや様は告らせたい』を今すぐ無料で読むことができるというわけですね。 また、 U-NEXTの無料体験はいつ解約しても解約金は無しなので、是非お試しアレ。 解約違約金ありません! 『かぐや様は告らせたい』最新話【第159話】の感想・考察 石上が語るヤリチン発生のメカニズムは、極端ながらもなるほどな、と納得させられる謎の説得力がありました。 石上がメカニズムを語る裏で、ヤリチンのイメージキャラとして翼が使われていたのは、笑えるような笑えないような、絶妙なラインでした。 前回はかぐやの性教育の話だったはずが、いつの間にか眞妃が若干間違った?性教育を受ける話に変わっており、ヤリチン?の翼に対して本当に掠奪戦略を仕掛けようとする展開もあり得る気がしてきました。 真希はミコからも「腕を折る」という戦略を教わっていますし…今回ラストの真面目に考えている表情からは、今後何かをやらかしそうな可能性が大いに感じられました。

次の