セナ ビルド。 【LoL】新しいADCはセナ?

LoLMeta

セナ ビルド

この効果は30秒毎に最大3回まで発生する。 クエスト: 1000ゴールドを獲得すると「黒き霧の大鎌」にアップグレードされる。 発動効果 重複不可 - ワード設置: 「ステルスワード」1個を設置する。 最大3チャージで、ショップを訪れることで補充できる。 超過したミニオンキルからは獲得するゴールドが減少する。 自身が所有する他のアイテムの 調和は無効化される。 ブラッドチャージの最大チャージ数はレベルによって変化する。 追加回復量は既存回復量の合計値に上乗せされる。 「リデンプション」の回復に対しては回復効果およびシールド量の上昇効果が3倍になる。 死亡中でも使用できる。 対象が直前に別の「リデンプション」を受けていた場合は効果が半減する。 650 2100 期間 勝利 敗北 勝率 Pick率 Ban率 過去1日間 236 248 48.

次の

Senna(セナ) プロの試合、ビルド、戦績

セナ ビルド

この効果は30秒毎に最大3回まで発生する。 クエスト: 1000ゴールドを獲得すると「黒き霧の大鎌」にアップグレードされる。 発動効果 重複不可 - ワード設置: 「ステルスワード」1個を設置する。 最大3チャージで、ショップを訪れることで補充できる。 超過したミニオンキルからは獲得するゴールドが減少する。 自身が所有する他のアイテムの 調和は無効化される。 ブラッドチャージの最大チャージ数はレベルによって変化する。 追加回復量は既存回復量の合計値に上乗せされる。 「リデンプション」の回復に対しては回復効果およびシールド量の上昇効果が3倍になる。 死亡中でも使用できる。 対象が直前に別の「リデンプション」を受けていた場合は効果が半減する。 650 2100 期間 勝利 敗北 勝率 Pick率 Ban率 過去1日間 236 248 48.

次の

【LoLストーリー】セナ:救済者

セナ ビルド

0:08- 今日はCloud9がLCSスプリング第5週の試合でやってた古い戦略について見ていこう。 Cloud9はセナとタム・ケンチボトムをピックしたが、他のチームと違い、Zvenがサポートアイテムでスタートしてて、Vulcanがタム・ケンチでドランリングでスタートしている。 FenixがNA Academyでプレイしていたので、その時に初めて見た人もいるかもしれない。 一方でLCKでも何度かプレイされていて、韓国のキャスターが「断食セナ」と命名した。 韓国のプレイヤーたちはファームすることを「食べる」と表現するのだ。 0:43- スプリングスプリットが始まった頃、セナはボットで物凄く人気があり、強力なピックだった。 その結果ボットのセナは、サポートのセナへ影響しないようナーフされた。 前のセナは砲撃ミニオンを倒したときに確定で亡霊が出現していたが、パッチ10. その結果としてファームしている間の亡霊の出現率は大きく落ちた。 プロが大会でセナをピックする機会はかなり減った。 今はサポートセナが徴収のパッシブで得られていたかもしれない亡霊を含め、どのミニオンを倒しても亡霊が出現する確率は1. 1:18- 亡霊の出現はセナにとってとても重要だ。 ミニオンやモンスターが死んだときや、敵チャンピオンをポークしたりキルしたときに。 亡霊が出現し、セナは恒久的なステータスが得られる。 AD、クリティカル率、レンジ、ライフスティール。 またセナは他のチャンピオンのようにレベルアップでADが増加しないから、亡霊が出現しなかったら普通のADCよりも弱くなる。 さっきも言った通り、セナのナーフの目的は、サポートセナに影響しないようにセナが強くなりすぎるのを抑制することだった。 だからセナが砲撃ミニオンを倒した場合亡霊の出現率は1. 更にセナが敵を攻撃したときも亡霊が出現する部分は変わっていない。 大事なのは断食セナがファームせずに敵をポークすることに集中するとして、断食セナが普通のADCセナよりもスタックが貯めやすいということだ。 この戦略は昔のソナ・タリックやソナ・ケンチレーンの戦略と似ている。 唯一の違いはセナとペアになるチャンピオンがサポートアイテムを持たないところだ。 2:24- クエストが完了してファームペナルティーがなくなれば、セナはファームを開始し、ゴールドを稼ぐことができる。 セナとペアになったチャンピオンは序盤の数分間ファームを取ることができて、一、二個アイテムを買ってパワースパイクを迎える。 Cloud9の試合でZvenはサポートアイテムのクエストを15分で終わらせている。 この時点でVulcanは敵のサポートより1600ゴールド多く所持している。 2:46- ではファームセナと断食セナのスタックの差はどうだろうか。 俺が観た試合ではファームしないセナは2ウェーブ毎にスタックを1つ貯めている。 Cloud9の試合でZvenは5分で20スタック、10分で40スタック、15分で60スタック、19:30で80スタック、24:30で100スタックを貯めている。 ちなみにパッチ10. 3でドイツのリーグのFreezeはキルが多く起きた試合の34分で80スタックになっている。 Zvenが20分以下で集めたスタックと同じ数だ。 3:45- ゴールドに関してはどうだろうか。 まあ、ゴールドを得るために常に敵をファームしなければならないので、普通にファームするよりはゴールドは少なくなるが、そんなに悪くもない。 Cloud9の試合でZvenは敵に100ゴールド負けていたが、チームはキルを取ったり、タワープレートを壊し、徐々に有利になった。 ゴールドの入りは少し悪いが、ミニオンや敵をポークしたときに得られるスタックから得られるステータスのゴールド価値の方が大きい。 3:53- ビルドに関してはどうだろうか。 序盤のゴールドは少し減るが、サポートアイテムでマナ回復が得られるのでマナ問題は解決され、マナムネを飛ばすことができる。 マナムネは強力なアイテムだから飛ばさないプレイヤーもいるが、アイテムスパイクを迎えるのが遅れることを忘れてはならない。 序盤得られるゴールドが少ないので、初手で安いアンブラルグレイブを買うプレイヤーをよく見かける。 アンブラルグレイブはダメージ面のみで見ると弱い脅威アイテムなので、初手で妖夢の霊剣、ドラクサー・ダスクブレード、ナイトエッジなどを買うのも全然ありだ。

次の