こだわり 酒場 レモン サワー の 素。 【糖質情報追記】糖質制限中にも飲める 脂肪の吸収を抑える奇跡のレモンサワー こだわり酒場のレモンサワーの素

【楽天市場】【レモンサワーの素】サントリー こだわり酒場のレモンサワーの素 25度 500ml瓶【チューハイ シロップ】【チュウハイ】【家飲み】:酒のビッグボス

こだわり 酒場 レモン サワー の 素

今日もレモンサワー。 今日は、いつもと違ったレモンサワーを紹介します。 実は先日「宝焼酎レモンサワー用」のレビューをしたのですが、とても美味しかった。 なにが良いって、自分好みの濃さやテイストにアレンジできるのが非常に良いんです。 今日はそれとちょっと類似の商品をレビューします。 第31回目のレモンサワーは、サントリー 「こだわり酒場のレモンサワーの素 25度」 公式サイトより レモンをまるごと漬け込んだ浸漬酒を使用し、果汁だけではなく果皮からの旨みも封じ込めました。 レモンの酸味をしっかりと感じられ食事に合うすっきりとした味わいを、ソーダで割るだけでお楽しみいただけます。 とのこと。 原材料は、スピリッツ、レモン浸漬酒、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)。 アルコール度数25度。 宝焼酎レモンサワー用は、レモンを際立たせるハーブ配合の蒸留酒をブレンドした焼酎でしたので、レモンのテイストを際立たせる焼酎でしたが、こちらはどんなテイストなんでしょうか? 【味わいレビュー】ストレートでちょっとテイスティング後炭酸で割ります。 すっぱーーーーーーい。 後味はちょっとレモン独特の苦みがと砂糖由来の甘味が残ります。 アルコール感も強くパンチがきいたテイストです。 正直、ストレートとかロックで飲むテイストではございません。 (だってその名の通りレモンサワーの素ですから当たり前です。 そこで、炭酸で割ってみます。 推奨通りの1:3.アルコール度数25度なので、この割合で割ると6%程度のアルコール度数のレモンサワーが出来ます。 そのテイストは… おいしい。 実に美味しい! レモンの酸味・甘味・スッキリ感共にオーソドックスなレモンサワーのテイストです。 これの良いところは味わい調節ができること。 濃いめ・薄めも出来るし、もっとレモン感が欲しければポッカレモンを入れても良し。 実にバリエーション豊富なテイストアレンジが可能です。 久しぶりに「これいい!!」と感じたお酒。 これはリピート決定です。 コストは、500mlで650円程度。 ちょい高めですが、問題ないレベルです。 レア度は、最近コンビニ・スーパーでもたまに見かけます。 あくまで個人的主観ですので購入は自己責任でお願いします。 レモンサワー。 こだわり酒場は伊達ではない。

次の

【糖質情報追記】糖質制限中にも飲める 脂肪の吸収を抑える奇跡のレモンサワー こだわり酒場のレモンサワーの素

こだわり 酒場 レモン サワー の 素

糖質量の情報を求めてこのページに来られる方が多いようなので一番先頭に記載しておきます。 9gとの事です。 糖質自体の値は未計測だそうですが、最大でも1. 9gということですね。 その他の項目は下部の栄養表示欄に記載します。 サントリー様ありがとうございました 皆様に残念なご報告があります。 私FGですが炭水化物の取り過ぎにより、 体重が超えちゃいけないラインを突破してしまいました🐷 はい。 ただのデブです。 ということで炭水化物系の記事はしばらく書けなくなってしまいます。 その代わり、糖質制限ダイエットにオススメな食品や飲み物についての記事を書いていくつもりです。 10月のまとめ記事でビールの飲み比べするとか書いちゃったんですが、見なかった事にして下さい。 笑 さて本題です ダイエット宣言はこのぐらいにして、本題に戻しましょう。 大好きなビール「サッポロ黒ラベル」が糖質のせいで飲めなくなってしまいました。 でもお酒は辞めたくないという事で、代替案を考えてみました。 実はウイスキーや焼酎など 蒸留酒系のものであれば、 糖質がほとんど含まれていません。 私は完全なビール党でウイスキーや焼酎はほとんど飲んだ事が無いため、ストレートやロック、水割りは苦手です。 ウイスキーを炭酸で割ったハイボールもあまり好きではないため、残ったのは焼酎で作ったサワー系しかありませんでした。 この商品、何故か栄養成分表示がなく糖質がどれくらい含まれているか分かりません。 しかし、原材料を見る限り「スピリッツ、レモン浸漬酒、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)」となっており、砂糖は入っていない様子。 レモン自体の糖質は、 100gあたり7. 6gとそこまで多くないですし、瓶1本当たり100gも確実に使っていないでしょうからかなり少ないと思われます。 9gとの事です。 そして割り材ですが基本的には炭酸水で割ります。 氷は山盛り• ソーダは冷やして• 好みの濃さで割る(1:3がおすすめ) 私はついでにグラスもキンキンにしてます。 ちなみに 1:3で割るとアルコール度数は6. レモンの酸味をしっかりと感じられ食事に合うすっきりとした味わいを、ソーダで割るだけでお楽しみいただけます。 酸味だけで無く皮の部分の苦み成分もわずかに感じられます。 そして甘味料が使われているので独特なあの後味がするかと思いましたが、炭酸で割っているせいかほとんど気になりません。 甘さは控えめで私好みです。 これなら食事中にも普通に飲めますね。 この商品は濃さを好みで変えられるので、自分なりの配合を考えるのも楽しいですね。 コンビニではほとんど見かけません。 スーパーやアマゾンなどで購入出来ます。

次の

こだわり酒場のレモンサワーの素を飲んでみた|生活向上クリエイターG

こだわり 酒場 レモン サワー の 素

スポンサードリンク 缶チューハイの独自進化 これは個人的な勝手な見解ですが、缶チューハイというのは独自の進化をしたと思っています。 そもそもチューハイというのは「焼酎ハイボール」の略称です。 ウイスキーのソーダ割りがウイスキーハイボール、焼酎のソーダ割りが焼酎ハイボールです。 つまり、ハードリカーをソーダで割ったものの総称が「ハイボール」特に焼酎のソーダ割りは「チューハイ」と略されて愛されてきました。 しかし、缶チューハイで使用されているアルコールの多くは、焼酎ではなく、スピリッツやウォッカなどです。 恐らく安価に安定して供給されるという理由があるのだと思いますが、甲類焼酎のハイボール、チューハイ好きからすると、それはチューハイではなく缶チューハイという飲み物だと認識しています。 どうしても多くの缶チューハイは独特のアルコールの香りや味がきになってしまうものも、なかにはあるのです。 ああ、焼酎のハイボールが呑みたいな。 「こだわり酒場のレモンサワーの素」は焼酎も使用 そこに登場したのが「こだわり酒場のレモンサワーの素」です。 梅沢富美男がマスコットキャラクターになっているということは、けっこう年配の人がターゲットなんでしょうかね? 「正直、うまい!」というキャッチコピーが強い。 本当に美味い。 チューハイ、てか、これは本当に美味しいレモンサワーですよ。 それにしてもレモンが強い。 その上、甘さ控えめなのも良い。 食事にも合います。 缶のままでも美味いけど、氷を入れたグラスで呑むとさらに冷え冷えして美味いっす! なんだこれ美味いと思って原材料を確認したところ!? レモン、スピリッツ(国内製造)、焼酎、と並んでいます。 これは使用量が多い順番なのですが、そんなにたっぷりレモンを使っているのかと。 そしてやっぱりアルコールには焼酎が使われていました。 スピリッツも使われているけど、焼酎が使われているのが美味さのポイントだと思うなぁ。 ところで、スピリッツが(国内製造)となっているのは、何か意味があるんでしょうかね? 味の違いがあるとか? 気になります。 かつて「極キレ」という水みたいなチューハイがあったのですが、レモン大量投入して復活してきたのでしょうか。 そんな夢を見ました。 ごちそうさま!!!!!!.

次の