株価 日経 平均 株価。 日経平均株価に関するトピックス:朝日新聞デジタル

日経平均株価に関するトピックス:朝日新聞デジタル

株価 日経 平均 株価

02 22,939. 39 22,466. 54 22,472. 91 -652. 04 -2. 00 23,175. 82 22,900. 30 23,124. 79 23,185. 85 22,933. 14 23,091. 03 -87. 07 -0. 98 23,178. 10 23,028. 62 23,178. 08 22,865. 88 22,563. 56 22,863. 14 22,907. 92 22,501. 81 22,695. 01 22,818. 87 22,462. 68 22,613. 52 22,401. 79 22,118. 40 22,325. 89 22,161. 39 21,898. 99 22,062. 63 21,955. 44 21,710. 80 21,877. 89 -38. 42 -0. 90 21,926. 29 21,580. 50 21,916. 31 21,475. 68 21,142. 72 21,419. 96 21,328. 34 20,918. 11 21,271. 41 20,741. 65 20,584. 06 20,741. 95 20,615. 12 20,334. 99 20,388. 16 -164. 15 -0. 59 20,734. 91 20,503. 87 20,552. 31 -42. 84 -0. 49 20,684. 46 20,454. 03 20,595. 52 20,659. 46 20,433. 45 20,433. 62 20,197. 59 19,999. 10 20,133. 79 20,198. 25 19,832. 88 20,037. 49 20,185. 00 19,902. 93 19,914. 78 -352. 27 -1. 92 20,329. 89 20,056. 46 20,267. 05 -99. 43 -0. 23 20,457. 37 20,293. 97 20,366. 48 -24. 18 -0. 73 20,534. 88 20,285. 04 20,390. 09 20,179. 09 19,894. 58 20,179. 52 19,720. 87 19,448. 93 19,674. 97 20,000. 25 19,551. 73 19,619. 35 -574. 34 -2. 68 20,365. 89 20,084. 83 20,193. 18 19,841. 78 19,638. 48 19,771. 19 -12. 03 -0. 1 1,233,550,000.

次の

日経平均株価 (100000018) : 株価チャート [日経平均]

株価 日経 平均 株価

関連キーワード• 朝日新聞紙面に掲載されている用語解説から関連するものをお届けします• 日経225オプション取引 (2009年01月30日 朝刊) 東証1部に上場する代表的な225銘柄から算出する株価指数「 日経平均株価」(日経225)の変動を予想し、あらかじめ決められた期日に売買する権利(オプション)を事前に売り買いする取引。 少ない資金でも取引が可能で、平均株価が予想通りに変動すれば大きな収益が得られるとされる。 上場投資信託 (2009年03月06日 朝刊) 取引所に上場されて取引される投資信託で、ETFとも呼ばれる。 TOPIXや 日経平均株価などの株価指数や金などの商品価格に連動した値動きをする。 株式のように取引時間中の値動きに応じて売買できる。 先物取引 (2011年03月11日 朝刊) 「1カ月先」や「6カ月先」に、前もって決めた価格で売買することを約束する取引。 先物で売った人はその後に実際の価格がより下がっても損をしない。 逆に実際の価格が上がると売った人は損をするが、先物で買った人は事前に安く買えたことになり、もうかる。 原油や金、大豆など商品のほか、 日経平均株価のような株価指数を対象にした先物取引がある。 先物取引や、将来の売買の権利を取引する「オプション」、為替や債券などの売買を組み合わせた取引などを「デリバティブ(金融派生商品)」と呼ぶ。 1730年ごろにでき、コメを売買した大阪の堂島米会所が世界初の本格的な先物市場と言われる。 大証はその伝統を受け継ぎ、1987年に国内初の株式先物を始めた。

次の

日経平均株価を買うには(日経平均に投資する方法)/i

株価 日経 平均 株価

米メイン州の大手検体採取機器メーカーを視察するトランプ大統領。 新型コロナの影響は甚大だが、株価は大半の投資家の想定を超え急ピッチで上昇している(写真:AP/アフロ) 5月初の日経平均株価はまだ2万円近辺にいた。 だが、それからわずか1カ月で2万1000円、2万2000円と1000円単位での大台を回復。 先週5日金曜日のシカゴ日経平均先物はついに2万3000円をも超えた。 筆者としては、年末さらには来年に向けて、株価は上昇基調をたどると予想していたため、株価が上がること自体に違和感はない。 「急ピッチの上昇」を主導したのは誰なのか? ただ、目先は株価の上昇スピードの調整色が表れると予想していた。 前回のでも「日米等主要国の株価は、今後も基調としては「保ち合いに毛が生えた程度の上昇」がずっと続く、と予想している」と述べた。 その点で、ここ1カ月ほどの株価上昇の速さは、筆者の想定以上であった。 この日経平均株価の急速な上昇をもたらした材料としては、確かに日本国内でも緊急事態宣言の解除など、経済活動再開へ向けての動きがある。 だが、主として「アメリカの株価が上がったから」という点が、最大の上げ要因になっているように思われる。 「アメリカ株が上がれば日本株も上がるだろう」といった全体観から、海外短期筋が日経平均の先物を買う、あるいは短期筋の売り方が買い戻しを行う、という動きが主導していると推察するからだ。 というのは、海外短期筋が全体観から日本株を買いに出る場合、個別銘柄を選んで買うわけではなく、株価指数先物を買う形になる。 この際、別にTOPIX(東証株価指数)先物を買ってもよいが、日経平均先物の方が通常取引高が多く、売買もしやすい。 このNT倍率をみると、5日には14. 179倍と、3月初旬の14. 182倍にほぼ並び、ここ近年の最高値近辺(とは言っても、筆者は2000年以降のデータしか調べていないが)に達している。 加えて、株価上昇の理由が何であろうと、上昇基調が崩れないと、押し目を待っていた向きが待ちきれず買いに出動している(個人も国内機関投資家も)、という面もあるだろう。

次の