デッド ダムド デッキ。 【デュエマ】《SSS級天災 デッドダムド》で3種のS級侵略を使いこなせ!【おかしいだろコレ!】

《SSS級天災 デッドダムド》

デッド ダムド デッキ

SSS級侵略[天災]:水、闇、または自然のコマンド(自分の水、闇、または自然のコマンドが攻撃する時、バトルゾーン、自分の手札、墓地、マナゾーンにあるこのカードをその上に重ねてもよい) W・ブレイカー このクリーチャーを別のクリーチャーの上に重ねた時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の墓地かマナゾーンに置く、または手札に戻す。 3つのと4つのに対応したと、クリーチャーの上に重ねた時に、、のいずれかのを行う能力を持つ。 これは、このカードが、自分の、、にある限り、自分の、、のは全てでを行えるようなものあり、かで除去されない限りすぐにバトルゾーンに戻って来ることができる。 されればが使えなくなるが、このクリーチャーが入るデッキではコマンドだらけな筈。 すぐに外すことができる為あまり脅威ではない。 また、3色のためマナ基盤としても優秀で、から侵略ができることもあり、序盤から安心してに置ける。 からの侵略が可能なことからなどののにもできる。 基本的に先に回収が必要とされるやに置いてある状態でも、必要に応じてに飛んでいけるのは何よりの魅力。 能力などで仕事を終えたはずのコマンドがいきなり除去を飛ばしてくるクリーチャーに化ける可能性がチラつくのは大きなプレッシャーとなり得る。 に関しても、3つの方法から選ぶことができるので、を発動されたくない場合は、相手のも増やしたくない場合はを選ぶなどケースバイケースな除去ができる。 からした場合、下に重ねていたの再構築が行われるためが狙える。 収録のは、のを持つなので、容易にを狙って行ける。 2枚以上重ねた状態からでのを行うことで再構築で移動しなかったこのカードやをわざと墓地に送って次の攻撃に使い回せるのも強力。 また、からのは元々にあるであるため、などをはじめとしたの影響を受けずにを行いつつを増やす事が出来るのも魅力。 はもちろんを除くならどこからでも侵略できるためのと相性が良い。 ルール• 《SSS級天災 デッドダムド》の能力でバトルゾーンのクリーチャー・オブジェクトを墓地に置こうとすることは「」である。 そのため「破壊される時」「破壊された時」両方がトリガーする。 「破壊」と「カードを墓地に置く」の関係は「」ページを参照のこと。 バトルゾーンからバトルゾーンに侵略した場合、「バトルゾーンに出た」扱いにはならないため、を外すことはできない。 「クリーチャーの上に重ねた時」というテキストのため、のようなを参照するものには引っかからない。 「バトルゾーンに出たことによってトリガー〜」というの場合は引っかかる。 バトルゾーンに相手のがいる状態でこのクリーチャーがバトルゾーンに出た時、「このクリーチャーを別のクリーチャーの上に重ねた時」とタイミングが同じため、このクリーチャーの除去能力は《ワルド・ブラッキオ》の能力によって無効化される。 同様の理由から、の効果でも無効化される。 また、自分ののやの能力、の効果で2回トリガーさせることができる。 前述の通り、バトルゾーンからバトルゾーンに侵略した場合は、「バトルゾーンに出た」扱いにはならないため、上で述べたカードの対象にならない。 の能力で、このクリーチャーの下にクリーチャーを置いても、クリーチャーの上に重ねたことにならないため、除去は行えない。 の際の再構築においては、残すことができる進化元の数について、あくまでもの枚数が参照される。 そのルールの応用として、進化クリーチャー1体ではなくクリーチャー1体として残すというテクニックがある。 例えば、上から1枚目と2枚目がこのカード、3枚目がの場合、再構築の際にを進化元にしたこのカードとして残すことも、進化クリーチャーの重ねられていないとして残すこともできる。 このテクニックによって、比較的簡単にこのカードをに退避させることが可能。 環境において 登場前までのデッキでは目当てとなるのに進化させる事が最優先だった。 よってであることがむしろデメリットになるのではと危惧されていた。 さらに、除去に関してはで事足り、パワーと打点、を立てられた時に手打ちがしにくい点などであちらに劣っていたため、《S級不死 デッドゾーン》の枠は奪えないとまで言われ、事前の評価を低く見積もる人もいた。 しかし、発売後はその評価は大きく覆る。 このカードとが「の高いの」という点に着目し、やを擁するが確立され、では優勝・準優勝の報告が上がっており、環境第1位に躍り出た。 やはり、侵略の幅広さとで手軽に相手のを削ぐ地力の高さは侮れないということだろう。 、、などと共にパワーと打点の低さを理由に発売前に過小評価された1枚。 また、お供のがので最大2体呼び出せる帯である事からをタッチした型の【青黒緑デッドダムド】も見られるようになった。 また、、、このカードが投入されたが登場し、その型のデッキの・期における4位以内入賞がいくつか報告されている。 そちらのデッキにはこのカードへの侵略元を意識せずとも多く採用できる点も功を成したのだろう。 さらに同時期には、を中核としたが環境第2位の座に就いたため、以来のが環境を支配する形になった。 しかし、の台頭等による環境の変化から、「たまに見るデッキ」程度に落ち着く。 詳細はを参照。 やを外しただけでも十分仕事は完遂しているため、侵略によりに引っかかって山札の下に戻されたりしても大した痛手にはならなず、手打ちのしにくさもほとんどデメリットにならなかった。 デッキの色を無理してこのカード合わせる必要性も無いため、多くのデッキに採用を検討することが可能である。 である利点はオマケに捉えてもよく、今までのまたは、の侵略デッキにこのクリーチャーをそのまま入れたとしても、それが問題になる事は少ない。 ではやの登場などがした影響で素出しでも形成には困らなくなったため、打点のためにこのカードに頼る必要性が比較的薄れた。 その他• では、天才科学者であるがを支配下に置くべく、3体のを合体させ生み出そうとしていた。 完成前に《ギュウジン丸》が死亡したため、もしこのクリーチャーが完成していたら、以上にさらにおぞましい未来が待っていたかもしれない。 効果としてもが苦手とするを持ち、また連続侵略によってをはじめとしたの軍勢も蹴散らせる。 まさに「禁断をも抑え込む」にふさわしいクリーチャーであろう。 余談だが実際のデュエルにおいても、などで無理矢理させた後に、からこのクリーチャーを出してしまえば一瞬で勝負が決まる。 が作り上げようとしていたクリーチャーなので、「天災」は「天才」とかけているのかもしれない。 種族は「SSS級侵略者」ではなく「」のままである。 イラストをよく見ると、右足腿に「3」、左手甲に「S」の文字が確認できる。 関連カード• 元ネタ• 収録セット• illus. 2枚の 《SSS級天災 デッドダムド》が重なったクリーチャーがいます。 次に他の闇のコマンドが攻撃した時、その2枚重なった 《SSS級天災 デッドダムド》を両方侵略させることができますか? A. いいえ、侵略は攻撃する時にすべて宣言しなければなりません。 2枚重なっている 《SSS級天災 デッドダムド》のうち下の 《SSS級天災 デッドダムド》は進化元として無視されているので、侵略を宣言することができません。 自分の自然のコマンドが攻撃する時、墓地とマナゾーンから別々の 《SSS級天災 デッドダムド》を侵略させました。 2枚目の 《SSS級天災 デッドダムド》は別のクリーチャーの上に重ねたことになりますか? A. 名前が同じであっても、もともとが別のクリーチャーなので効果は発動します。 で 《SSS級天災 デッドダムド》をバトルゾーンに出した時、「重ねた時」の能力は使えますか? いいえ、使えません。 バトルゾーンにある 《SSS級天災 デッドダムド》が「SSS級侵略 [天災]」をした時、下にあったクリーチャーは再構築されますが、進化クリーチャーと進化ではないクリーチャーの2枚が 《SSS級天災 デッドダムド》の下にあった場合、どういった形で残せますか? 進化ではないクリーチャー1体か、進化ではないクリーチャーを進化元にした進化クリーチャー1体のどちらかのパターンで残すことができます。

次の

【デュエマ】《SSS級天災 デッドダムド》で3種のS級侵略を使いこなせ!【おかしいだろコレ!】

デッド ダムド デッキ

見当たらない場合は公認優勝デッキレシピなども参考に構築しております。 (その結果、40枚同じになるケースがあります。 あらかじめご了承下さい。 ) 【アナカラーデッドダムド】 枚数 商品名 40枚 メインデッキ 4枚 4枚 4枚 3枚 4枚 1枚 1枚 4枚 2枚 1枚 3枚 1枚 2枚 4枚 1枚 1枚 12枚 超GRゾーン 2枚 2枚 2枚 2枚 2枚 2枚 8枚 超次元ゾーン 1枚 1枚 1枚 1枚 1枚 1枚 1枚 1枚 0枚 FORBIDDEN STAR このリストはによって作られました。 このリストをガチャログで編集できます。 アナカラーデッドダムドとは? 《SSS級天災デッドダムド》による圧倒的な除去力でコントロール。 手札破壊や《無修羅デジルムカデ》によるタップインで相手の次の動きを阻止しながら、《禁断機関VV-8》によるエクストラターンを絡めて一気に攻め切る流れがアナカラーデッドダムドの基本的な動きとなる。 単体で圧倒的な除去力を誇る《SSS級天災デッドダムド》のおかげでアナカラーデッドダムドは自由枠が多く、環境に合わせて様々な構築がなされている。 アナカラーデッドダムドの序盤~終盤の展開 序盤 《悪魔妖精ベラドンナ》や《フェアリー・ライフ》でマナ加速。 《天災 デドダム》で必要なカードを手札に加えつつ、マナの色を調整、《SSS級天災デッドダムド》を墓地やマナに置いておく。 中盤~終盤 《奇天烈 シャッフ》や《解体人形ジェニー》、《無修羅デジルムカデ》で相手の動きを阻止する。 《禁断機関 VV-8》で手札を補充しながらエクストラターンを得られるように準備しておく。 《超次元リバイヴ・ホール》から出した《勝利のガイアール・カイザー》や《虹速 ザ・ヴェルデ》で相手のクリーチャーに攻撃するときに《SSS級天災デッドダムド》に侵略し、クリーチャーを除去する。 など、相手の動きに合わせて様々なパターンで優位になるように立ち回る。 《天災 デドダム》などの水のコマンドの召喚や《SSS級天災デッドダムド》の侵略によって《禁断機関 VV-8》の封印を外して禁断起動させ、エクストラターンを得つつシールドをブレイクして勝利する。 また、バトルゾーンからバトルゾーンへの侵略ができる《SSS級天災デッドダムド》を採用している関係で、アナカラーデッドダムドを使う際はも是非覚えておきたい。

次の

【デュエルマスターズ】アナカラーデッドダムドのデッキレシピと簡単な解説|デネブログ デュエマの速報・環境

デッド ダムド デッキ

SSS級侵略[天災]:水、闇、または自然のコマンド(自分の水、闇、または自然のコマンドが攻撃する時、バトルゾーン、自分の手札、墓地、マナゾーンにあるこのカードをその上に重ねてもよい) W・ブレイカー このクリーチャーを別のクリーチャーの上に重ねた時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の墓地かマナゾーンに置く、または手札に戻す。 3つのと4つのに対応したと、クリーチャーの上に重ねた時に、、のいずれかのを行う能力を持つ。 これは、このカードが、自分の、、にある限り、自分の、、のは全てでを行えるようなものあり、かで除去されない限りすぐにバトルゾーンに戻って来ることができる。 されればが使えなくなるが、このクリーチャーが入るデッキではコマンドだらけな筈。 すぐに外すことができる為あまり脅威ではない。 また、3色のためマナ基盤としても優秀で、から侵略ができることもあり、序盤から安心してに置ける。 からの侵略が可能なことからなどののにもできる。 基本的に先に回収が必要とされるやに置いてある状態でも、必要に応じてに飛んでいけるのは何よりの魅力。 能力などで仕事を終えたはずのコマンドがいきなり除去を飛ばしてくるクリーチャーに化ける可能性がチラつくのは大きなプレッシャーとなり得る。 に関しても、3つの方法から選ぶことができるので、を発動されたくない場合は、相手のも増やしたくない場合はを選ぶなどケースバイケースな除去ができる。 からした場合、下に重ねていたの再構築が行われるためが狙える。 収録のは、のを持つなので、容易にを狙って行ける。 2枚以上重ねた状態からでのを行うことで再構築で移動しなかったこのカードやをわざと墓地に送って次の攻撃に使い回せるのも強力。 また、からのは元々にあるであるため、などをはじめとしたの影響を受けずにを行いつつを増やす事が出来るのも魅力。 はもちろんを除くならどこからでも侵略できるためのと相性が良い。 ルール• 《SSS級天災 デッドダムド》の能力でバトルゾーンのクリーチャー・オブジェクトを墓地に置こうとすることは「」である。 そのため「破壊される時」「破壊された時」両方がトリガーする。 「破壊」と「カードを墓地に置く」の関係は「」ページを参照のこと。 バトルゾーンからバトルゾーンに侵略した場合、「バトルゾーンに出た」扱いにはならないため、を外すことはできない。 「クリーチャーの上に重ねた時」というテキストのため、のようなを参照するものには引っかからない。 「バトルゾーンに出たことによってトリガー〜」というの場合は引っかかる。 バトルゾーンに相手のがいる状態でこのクリーチャーがバトルゾーンに出た時、「このクリーチャーを別のクリーチャーの上に重ねた時」とタイミングが同じため、このクリーチャーの除去能力は《ワルド・ブラッキオ》の能力によって無効化される。 同様の理由から、の効果でも無効化される。 また、自分ののやの能力、の効果で2回トリガーさせることができる。 前述の通り、バトルゾーンからバトルゾーンに侵略した場合は、「バトルゾーンに出た」扱いにはならないため、上で述べたカードの対象にならない。 の能力で、このクリーチャーの下にクリーチャーを置いても、クリーチャーの上に重ねたことにならないため、除去は行えない。 の際の再構築においては、残すことができる進化元の数について、あくまでもの枚数が参照される。 そのルールの応用として、進化クリーチャー1体ではなくクリーチャー1体として残すというテクニックがある。 例えば、上から1枚目と2枚目がこのカード、3枚目がの場合、再構築の際にを進化元にしたこのカードとして残すことも、進化クリーチャーの重ねられていないとして残すこともできる。 このテクニックによって、比較的簡単にこのカードをに退避させることが可能。 環境において 登場前までのデッキでは目当てとなるのに進化させる事が最優先だった。 よってであることがむしろデメリットになるのではと危惧されていた。 さらに、除去に関してはで事足り、パワーと打点、を立てられた時に手打ちがしにくい点などであちらに劣っていたため、《S級不死 デッドゾーン》の枠は奪えないとまで言われ、事前の評価を低く見積もる人もいた。 しかし、発売後はその評価は大きく覆る。 このカードとが「の高いの」という点に着目し、やを擁するが確立され、では優勝・準優勝の報告が上がっており、環境第1位に躍り出た。 やはり、侵略の幅広さとで手軽に相手のを削ぐ地力の高さは侮れないということだろう。 、、などと共にパワーと打点の低さを理由に発売前に過小評価された1枚。 また、お供のがので最大2体呼び出せる帯である事からをタッチした型の【青黒緑デッドダムド】も見られるようになった。 また、、、このカードが投入されたが登場し、その型のデッキの・期における4位以内入賞がいくつか報告されている。 そちらのデッキにはこのカードへの侵略元を意識せずとも多く採用できる点も功を成したのだろう。 さらに同時期には、を中核としたが環境第2位の座に就いたため、以来のが環境を支配する形になった。 しかし、の台頭等による環境の変化から、「たまに見るデッキ」程度に落ち着く。 詳細はを参照。 やを外しただけでも十分仕事は完遂しているため、侵略によりに引っかかって山札の下に戻されたりしても大した痛手にはならなず、手打ちのしにくさもほとんどデメリットにならなかった。 デッキの色を無理してこのカード合わせる必要性も無いため、多くのデッキに採用を検討することが可能である。 である利点はオマケに捉えてもよく、今までのまたは、の侵略デッキにこのクリーチャーをそのまま入れたとしても、それが問題になる事は少ない。 ではやの登場などがした影響で素出しでも形成には困らなくなったため、打点のためにこのカードに頼る必要性が比較的薄れた。 その他• では、天才科学者であるがを支配下に置くべく、3体のを合体させ生み出そうとしていた。 完成前に《ギュウジン丸》が死亡したため、もしこのクリーチャーが完成していたら、以上にさらにおぞましい未来が待っていたかもしれない。 効果としてもが苦手とするを持ち、また連続侵略によってをはじめとしたの軍勢も蹴散らせる。 まさに「禁断をも抑え込む」にふさわしいクリーチャーであろう。 余談だが実際のデュエルにおいても、などで無理矢理させた後に、からこのクリーチャーを出してしまえば一瞬で勝負が決まる。 が作り上げようとしていたクリーチャーなので、「天災」は「天才」とかけているのかもしれない。 種族は「SSS級侵略者」ではなく「」のままである。 イラストをよく見ると、右足腿に「3」、左手甲に「S」の文字が確認できる。 関連カード• 元ネタ• 収録セット• illus. 2枚の 《SSS級天災 デッドダムド》が重なったクリーチャーがいます。 次に他の闇のコマンドが攻撃した時、その2枚重なった 《SSS級天災 デッドダムド》を両方侵略させることができますか? A. いいえ、侵略は攻撃する時にすべて宣言しなければなりません。 2枚重なっている 《SSS級天災 デッドダムド》のうち下の 《SSS級天災 デッドダムド》は進化元として無視されているので、侵略を宣言することができません。 自分の自然のコマンドが攻撃する時、墓地とマナゾーンから別々の 《SSS級天災 デッドダムド》を侵略させました。 2枚目の 《SSS級天災 デッドダムド》は別のクリーチャーの上に重ねたことになりますか? A. 名前が同じであっても、もともとが別のクリーチャーなので効果は発動します。 で 《SSS級天災 デッドダムド》をバトルゾーンに出した時、「重ねた時」の能力は使えますか? いいえ、使えません。 バトルゾーンにある 《SSS級天災 デッドダムド》が「SSS級侵略 [天災]」をした時、下にあったクリーチャーは再構築されますが、進化クリーチャーと進化ではないクリーチャーの2枚が 《SSS級天災 デッドダムド》の下にあった場合、どういった形で残せますか? 進化ではないクリーチャー1体か、進化ではないクリーチャーを進化元にした進化クリーチャー1体のどちらかのパターンで残すことができます。

次の