熊谷正寿 自宅。 GMOメディア社長森輝幸は将来熊谷正寿の一番弟子の常務の石橋正剛にケ...

GMO代表 熊谷正寿氏の評判が素晴らしい6つの理由

熊谷正寿 自宅

レンタルサーバー事業などを手がけるGMOインターネットが復調している。 3年前には、消費者ローン事業の投資拡大が裏目に出て大赤字。 創業者の熊谷正寿会長兼社長が保有不動産を現物出資し、債務超過を辛うじて回避した。 それがここにきて元子会社のクリック証券を買い戻すなど積極姿勢に転換。 だが、一方で熊谷氏の周辺では骨肉の争いが勃発しており、穏やかではない。 熊谷正寿氏とほかの兄弟2人(康一、誠の各氏)との間で遺産争いが起きたのは一昨年のことである。 父親の新氏がその年5月に89歳で死去、12月になって公正証書遺言が開封されたところ、正寿氏にとっては不本意な内容だったようだ。 新氏は1957年に「熊谷興業」を設立、東京・神楽坂を地盤にパチンコ店やディスコ、映画館などを経営した。 実は新氏が40代でもうけた3人の息子の母親はすべて異なる。 新氏は66~71年、まだ幼かった3人を認知、生年月日の順に養子縁組し、籍に入れている。 長男・康一、二男・正寿、三男・誠の各氏は成人すると、熊谷興業に入社した。 國學院高校を中退した正寿氏が入社したのは81年のことである。 正寿氏は社長室長を務めたが、経営方針をめぐり父子の間で衝突が起きた。 90年に退社すると、正寿氏はテレマーケティングや自己啓発CDの製作といった事業を興す。 そして、90年代半ばに始めたインターネット関連事業が大当たり。 99年にインターキュー(現GMOインターネット)をジャスダックに上場させるという成功を収めた。 この間、正寿氏が抜けた熊谷興業では康一、誠の両氏が父親の新氏を支えた。 ひと頃は業績が厳しい局面もあったが、その後に持ち直したようだ。 現在は誠氏が代表取締役、康一氏が監査役を務めている。 さて、兄弟間の争いに発展した新氏の遺産はどんな中身だったのか。 目録によれば、熊谷興業株26%、上場株式3銘柄、新宿区内のマンション、それに3千万円余りの現金が、そのほぼすべてだ。 遺言ではこのうち正寿氏の相続分は現金3千万円とされていた。 遺言の中身もさることながら、正寿氏が不満を感じたのは、新氏が生前に熊谷興業株の約74%を、康一、誠両氏に売却していた点だ。 97年、新氏は康一、誠両氏に対して33%ずつを各450万円で売却。 買い取り資金は熊谷興業から年利3%で貸し付け、返済は給料天引きの30回払いとした。 2001年には7%を誠氏に追加で売却している。 正寿氏は生前に売却された熊谷興業株は実質贈与にあたり、それを加味すれば、新氏の遺産は50億円になると主張。 うち8億円相当を相続する権利があるとした。 この間の康一、誠両氏との話し合いは決裂。 今年8月、正寿氏は熊谷興業株17%の引き渡しを求めて提訴した。 裁判の行方はわからないが、客観的に眺めると、正寿氏は少し取り乱している感がある。 同氏が家業を捨てたのは動かしがたい事実。 新氏が康一、誠両氏を後継者と定め、熊谷興業株を託したのも頷ける。 97年当時、同社は債務超過にあり、売却額が不当に安かったわけでもなさそうだ。 その頃、GMOインターネットは日の出の勢い。 それが苦しくなり、正寿氏が改めて家業の資産に未練を覚えたようにも映る。 今年10月、GMOインターネットは3年前の現物出資で抱えた六本木の賃貸ビルを、「熊谷正寿事務所」に約27億円で売り戻した。 資金の流れは異なるというが、同時に実行したのが3年前に48億円で正寿氏に売却していたクリック証券株の買い戻しである。 金額は約53億円だった。 オーナーと会社の間をカネがぐるっと一回りした格好だ。 正寿氏が経営危機を私財提供で凌いだ件は、取引銀行も高く評価している。 ただ、そうしたことは同時に創業者依存の危うさを孕む。 だからこそ、今回の遺産争いも単なる個人的ゴシップでは片づけられない。

次の

奥谷禮子(ザアール)の今現在と自宅は豪邸!?元夫と離婚してアムウェイと関係が!?

熊谷正寿 自宅

ドワンゴによる発表 同社が定めた在宅勤務期間(2月17日〜3月31日)の電気代・通信費等手当として、全社員に3306円を一律支給。 小中高生の子どもがいる社員には、休校手当2204円を追加で支給する。 支給額の計算は総務省統計局のデータを基に、同社独自に算出したという。 手当の導入について、同社の夏野剛社長は自身のTwitterアカウントで「社員から意外に在宅勤務の電気代不安の声が寄せられたので対応することとしました。 休校の子どもの電気代も」と投稿している。 新型コロナの感染拡大を受け、同社は2月17日から約1000人の全社員を対象にした在宅勤務を実施。 当初は28日までとしていたが、3月31日まで延長する。 関連記事• N高とドワンゴが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う全小中高の休校要請を受け、オンライン学習アプリ「N予備校」を3月1日から無償で提供する。 オンライン授業の実施を検討する教員向けに、配信ノウハウの講義やアドバイスを行うサービスも始める。 「在宅勤務開始から3週間。 ビデオ会議サービス「Zoom」が教育関係者向けに無料で提供される。 新型コロナの感染拡大を受けた施策で、遠隔授業などを支援する。 期間は4月30日まで。 国内大手のブイキューブが教育機関や非営利団体向けにWeb会議サービス「V-CUBE ミーティング」の無料提供を始めた。 レノボ・ジャパンが「はじめようテレワークスタートガイド」を公開。 初めてテレワークを導入する企業や、全社一斉にテレワークを行う企業向けにノウハウを紹介している。 関連リンク•

次の

在宅勤務をもっと推進していくための記事【テレワーク】│大葉せんせいの雑記ゼミ

熊谷正寿 自宅

来歴・人物 [ ] 母方の祖母・貞子は、の剣術家を輩出した宗家の伊庭家の傍系の出身で、曽祖叔父に音楽評論家のがいる。 祖父は、(元首相)の側近で、の副幹事長を務めた政治家である。 実父はを中心に、、、を営む熊谷興業の創業者(同社の現・社長は異母弟の熊谷誠)。 景気循環と太陽黒点周期が連動するという説を信じている。 略歴 [ ]• 5月 - 株式会社設立、ダイヤルQ2で出会い系コンテンツの配信と専用機器の販売をしていた。 全国規模で展開し、各地にはパソコン通信やプロバイダーのアクセスポイントに似たアクセス拠点となるテレホンセンターを設置していた。 11月 - 普及しはじめたインターネットに注目、商号を株式会社に変更。 8月 - 株式店頭公開(証券コード 9449)。 JASDAQへ株式上場。 独立系ネットベンチャーとして国内初。 9月 - 連結子会社「」ナスダックジャパン(現ヘラクレス)に上場。 創業364日(当時、日本史上最短上場記録)• - グローバルメディアオンライン GMO に商号変更。 11月 - JASDAQ「J-Stock銘柄」に選定される。 2月 - 東京証券取引市場第二部上場。 4月 - 連結子会社「」が東京証券取引所マザーズ市場に上場。 GMOインターネットグループとして3社目の株式上場。 6月 - に商号変更。 東京証券取引所市場第一部へ株式上場。 12月 -(現:GMOクラウド株式会社)が東京証券取引所マザーズ市場に上場。 GMOインターネットグループとして4社目の株式上場。 12月 - GMOインターネットグループ企業のGMOインターネット証券(現:)の全株を取得。 9月 - GMOペイメントゲートウェイが東京証券取引所第一部に指定替え。 (現:株式会社)がジャスダック証券取引所に上場。 GMOインターネットグループとして5社目の株式上場。 6月 - 一般社団法人理事。 9月 - JASDAQ上場企業である「FXプライム株式会社(現:株式会社FXプライム byGMO)」がGMOインターネットグループにジョイン。 GMOインターネットグループとして6社目の株式上場会社• 10月 - 「」が東京証券取引所マザーズ市場に上場。 GMOインターネットグループとして7社目の株式上場。 10月 - 「」が東京証券取引所第一部に指定変更。 GMOインターネットグループとして3社目の東証一部上場企業に• 12月 - 「」が東京証券取引所マザーズ市場に上場。 GMOインターネットグループとして8社目の株式上場。 4月 - 「GMOクリックホールディングス株式会社(現:株式会社)」が株式会社FXプライム byGMOを株式交換、ジャスダック証券取引所にテクニカル上場。 10月 - 「」が東京証券取引所マザーズ市場に上場。 GMOインターネットグループとして9社目の株式上場。 受賞した賞など [ ]• 8月 - 独立系ネットベンチャーとして国内初の株式店頭公開(証券コード 9449)。 12月 - 郵政省(現、総務省)「次世代インターネット政策に関する研究会」委員就任。 12月 - 日本インターネットプロバイダー協会設立。 副会長就任。 12月 - ナスダックジャパン(現ヘラクレス)発起人就任。 12月 - 日本経済新聞 市場が選ぶ99年新規店頭公開企業5位獲得。 9月 - 株式会社まぐクリック設立。 設立から上場まで当時日本最短記録364日でナスダックジャパン(現ヘラクレス)に上場(証券コード4784)。 1月 - 日経ベンチャー「99年ベンチャーオブザイヤー」(新規公開部門2位)受賞。 9月 - 日本テクノロジーFast50• 10月 - 米フォーブス誌「Best Under a Billion, Forbes Global's 200 Best Small Companies for 2003」• 11月 - JASDAQ「J-Stock銘柄」• 12月 - アジア太平洋地域テクノロジーFast 500• 2月 - 東京証券取引所市場第二部に上場。 6月 - 企業家ネットワーク「第六回企業家賞」• 6月 - 東京証券取引市場第一部に指定替え。 6月 - ニューズウィーク社「Super CEOs」• 9月 - 株式にっぽん「読者が選んだ期待の経営者2011」• 10月 - 教育再生・東京円卓会議委員受嘱。 1月 - 第38回「優秀経営者賞」受賞。 1月 - 経済誌「」による財界賞・経営者賞(第58回)で、平成27年度「経営者賞」を受賞。 1月 - 『シーバスリーガル18年 ゴールドシグネチャー・アワード 2016 Presented by GOETHE 』において、「コーポレートバリュー デベロップメント部門」を受賞。 7月 - 経営誌「企業家倶楽部」が主催する2017年度 第19回企業家賞で、「企業家大賞」を受賞• 12月 - 株式会社FiNCが主催する「WELLNESS AWARD OF THE YEAR 2017」で「経営者部門」を受賞 著書 [ ]• 一冊の手帳で夢は必ずかなう なりたい自分になるシンプルな方法(2004年、かんき出版)• 情報整理術クマガイ式 IT時代の「時間」と「情報」を味方につける方法(2005年、かんき出版)• 成功への熱い思いを君に 起業家11人からのメッセージ(監修)(2007年、かんき出版) 注釈 [ ]• 2017年7月25日更新プロフィール• のインタビューにおいて「これは信じる人、信じない人がいると思いますが、僕は景気活動に密接に関係していると思っています。 」と答えている。 外部リンク [ ]•

次の