年賀状いつまでに。 喪中はがきはいつ出す?書き方とマナー

「年賀状」はいつまで使えるでしょうか。(関西)

年賀状いつまでに

1.年賀状の保管期限って決まってる? (1)みんなはどれくらい保管しているの? 平均は1~3年 年賀状の保管期限は、明確に何年!とは決まっていません。 以前何人かにアンケートを取ったところ、1年と答えた方から今まで1度も捨てたことがないと答えた方まで、実に様々でした。 平均すると1~3年くらいの方が多かったように思います。 年賀状は仲の良い友人やお世話になっている会社の方などからの近況報告が中心ですし、プライベートな家族写真も印刷されていっる場合が多いので、なかなか手放せないという声をよく聞きます。 ですが、ずーっと溜めていると家の保管スペースを圧迫してしまうので、 何年持つという我が家のルールを決めて手放すというのがオススメです。 ちなみに私の家は1年保管。 お年玉抽選の結果をチェックした後、前年度の年賀状は破棄し、今年1年分のみ保管しています。 2 保管期限の決め方 保管期限の決め方ですが、どれくらい残しておけば安心かという基準で考えてみると分かりやすいです。 例えば住所をチェックしたくて保管している方だと、過去1年分あれば足りるのではないでしょうか。 今はパソコンで住所録を登録されている方がほとんどだと思いますので、今年届いた年賀状に新住所が記載されていたらその場でパソコンの住所録も変更してしまいましょう。 そうすればチェックの意味で年賀状を残しておく必要はなくなります。 また、過去の年賀状をできるだけ沢山置いておきたい!という方は、スキャンして全てデータにするのもオススメ!これだとコンパクトに保管できる上、見返す時の検索もラク。 写真が色あせることもありません。 情報は残してあるので、実際の紙は破棄して問題ありません。 昨年秋に約6年振りの新型として発売されたix1500はタッチパネル付きで両面取込にも対応。 年賀状スキャンもあっという間です。 (PFU ScanSnap iX1500 51,840円) 2.年賀状の収納方法 年賀状はどのように整理して保管しておくのがいいでしょう?色々な方法がありますが、年賀状を見返す頻度はかなり低いので、整理や収納にもそれほど手間をかける必要はありません。 後から見やすいように、ざくっとまとめて保管する程度でも十分です。 乾くと文庫本のようになりますので、年数を書いてそのまま本棚へ。 市販されている年賀状フォルダやファイル(1枚ずつビニールケースに入れるタイプ)は年賀状をキレイな状態で保管できるのですが、捨てるときに1枚ずつ出さなければならず思いのほか手間がかかります。 使う際は、長期間大切に保管したいハガキに限定して使用する方がよさそうです。 3.年賀状の捨て方・気をつけたい事 (1)個人情報の流出に注意! 年賀状はゴミの区分分けをすると「ペーパーゴミ」に該当しますが、個人情報の塊ですのでそのまま捨てないように注意しましょう。 ・シュレッダーで裁断する ・個人情報の保護スタンプを押す ・ペンで塗りつぶす、破る(少ない枚数の方限定) ・外から見えないよう紙袋などに入れて、開けられないようテープで梱包してから可燃ゴミへ など、住所が見えないように工夫してから破棄しましょう。 年賀状に限らず家に届く郵便物を捨てる時にも個人情報が流出しないように気をつけないといけません。 家庭用のコンパクトシュレッダーなどを1台準備しておくと、便利ですよ。 (2)個人情報書類回収BOX~ナチュラルローソン ナチュラルローソンの店舗内に、「個人情報書類回収BOX」が設置されているそうです。 便利ですね!現在のところ、この個人情報書類回収BOXが設置されているナチュラルローソン店舗は東京都内に限定されるようですが、もしお近くにある方はぜひ利用されてみてはいかかでしょうか? 年々配達量が減ってきているという年賀状ですが、私は普段なかなか会えない友人知人とのコミュニケーションツールとして、毎年年賀状が届くのがとても楽しみです。 きちんと整理をしないと!って思うと大変ですが、それぞれのご自宅に合わせて保管・収納ルールを決めてしまうと簡単です。 ぜひこの機会にやってみてくださいね。 文/笹田奈美子.

次の

年賀状はいつまで保管する?プロが教える収納方法と捨て方のコツ

年賀状いつまでに

早く準備できたからといって15日より前に郵便ポストに投函してしまうと、元旦前に相手に届く可能性もあるので要注意ですよ! 郵便物仕分け作業の人が年賀状と気付いて気を使ってくれればいいですが、たぶん気付きませんよ。 余った昨年の年賀状をもったいないので懸賞はがきとして使う人も多いので、ハガキの内容まで確認して仕分けしませんからね。 だから年賀状はいくら早くても12月15日になってから出しましょう。 これで確実に元旦に相手に届くことになります。 ちなみに先ほど、余った年賀状の話をしましたが、年賀状はいつでもいつまでも通常はがきとして使うことができます。 たまに昨年の年賀状で今年の元旦に送ってくる友人もいました。 間違ったのか故意的なのかわかりませんが、あまり気分よくないので気をつけましょうね。 12月15日から12月25日までに年賀状を出すと元旦に確実に届きます。 年賀状はいつまでに出すのがマナー? 年賀状は基本的に松の内が明ける 1月7日着までに出すのがマナーです。 1月7日までにポストに投函すればOK!ではありませんよ? 1月7日までに相手に届くように出すのがマナーです。 2017年から日本郵便は1月2日の年賀状配達をやめると発表しました。 元旦に配達しきれなかった分は3日に回すそうですよ。 年賀状を出す人が減少しているのでそれでも配達が遅れる支障はないとのことですが、1月7日までに相手に届くようにとなると、この点も頭に入れていた方がよさそうですね。 遅くても1月4日までにポストに投函しないと間に合わないと考えた方がいいです。 と、思ったけど娘は普通に喜んでました。 たぶん、7日を過ぎたら失礼に当たるということを知らないからだろうけど、大人の僕からすると「嘘だべ!!」と感じましたよ? 二十歳といったら立派な大人です。 そんなに遅く年賀状を出して失礼だと思わないのか??とうちのカミさんも感じていたそうです。 マナーを知らないと恥をかくのはあなたです。 気をつけましょう。 年賀状は松の内が明ける1月7日までに相手に届くように出すこと スポンサーリンク 年賀状を出すのが遅れたらどうしたらいいのか。 たぶん年賀状を出すのが遅れるのって、予定してなかった相手から年賀状を頂いた場合だと思います。 例えば、1月5日に年賀状が届いた…となるとすぐに投函しても、もしかしたら7日に間に合うのか、または7日過ぎてから届くかと微妙なタイミングです。 東京から北海道に出したら間違いなく届きませんよ? 北海道や沖縄って思っている以上に日数がかかります。 仲の良い友達になら、もし遅くなっても言い訳できますけど、年賀状だけの付き合いになっている人相手だと7日過ぎそうならば年賀状を出さない方がいいです。 失礼というか常識外れと思われますよ。 年賀状を出すのが遅れた場合は、年賀状ではなくて寒中見舞いとしてハガキを出せばいいです。 寒中見舞いは寒の入りの 1月5日から立春の前日の2月4日までに出します。 はがきは年賀状ではなくて、寒中見舞いで出すタイプのハガキが郵便局で売っているのでそれを使います。 コンビニでもあったような気がしますが、間違って普通のはがきで出さないでくださいね。 普通のはがき(昔でいう官製はがき・私製はがきとも言います)で出すのなら、切手は何でもいいです。 喪中ではないので気にすることはあります。 寒中見舞いは年賀状が出し遅れになったお詫びの言葉から始まり、相手の健康をいたわる言葉、そして最後に相手の無事を祈る言葉を入れれば完璧です。 寒中見舞いを出す頃ってインフルエンザや風邪がはやる時期なので、相手の健康を気遣う言葉を入れてあげると暖かい感じになります。 文例を書くのが苦手とかなら、ちょっと値段が上がるけど印刷されたものが販売されていますよ。 バックに冬の風物詩の絵柄も入っているのでおすすめです。 参考までに参考文例を挙げておきますね。 出すのは12月15日から• 12月25日までに出すと元旦に無事届く• 1月7日までに届くように出す• 7日過ぎるならば寒中見舞いとして出す 年の初めからつまづかないように、年賀状は早めに準備しておきたいですね。 バタバタと慌てると失敗のもとですからね。 そして、たかが年賀状、されど年賀状です。 年賀状の出し方次第であなたの評価が上がったり下がったりするものです。 非常識な人と思われぬように覚えておきましょう。 それでは良いお年をお迎えくださいませ。

次の

【2021年】年賀状いつまでに出せば元旦に届く!?投函はいつまで!

年賀状いつまでに

Contents• 年賀状のポストの投函はいつから 年賀状の 受付開始は 毎年12月15日になります。 2017年も12月15日からとなりますが、 12月15日が日曜日であった年も受付開始日だったので 曜日に関係なく、毎年12月15日が受付開始日になると思います。 いつまでに出せば元旦に届くのか 郵便局によると目安として 12月25日までに出せば 全国どこでも簡単にはつくと言われています。 また、出す場所が ・ 市内であれば12月30日まで ・ 郵便番号上2桁が一緒であれば12月29日まで ・ 県内であれば12月28日まで ・ 隣接都道府県内であれば12月27日まで ・ 隣接都道府県以上離れている場合12月25日まで に出せば元旦には間に合う目安となるようです。 なので、たとえ出す宛先が市内であったとしても 12月30日までには出さないと元旦に届くのは難しくなってきます。 スポンサードリンク 年賀状の出し方やマナーとは 年賀状は基本的に 1月1日から1月7日の間に届くようにするのがマナーです。 なので、できるだけ早く投函できる準備をし 投函開始日の12月15日には出せる準備をしておきましょう。 最低でも、元旦に届く目安である 12月25日までには出せるようにしておくのが確実です。 もし届く日が1月7日を過ぎてしまう場合は「寒中見舞い」として出すのがマナーのようです。 年賀状は基本的には 『新年の挨拶』で始まり ・これからのおつきあいをお願いすること ・「ご自愛ください」などを添えて相手の体を気遣う ご無沙汰している場合は ・近況報告 などを書いていきますが あまりいろいろ書かずにシンプルな内容にするのが普通です。 あまり、プライベートでのことや具体的なことを書きすぎると 年賀状なので、他の人に見られる可能性が高く、出した相手によっては迷惑となる場合もあるので 基本的には個人的な内容は書かないほうが無難です。 でも結婚や出産、引越しなど大きな変化があった場合は そのことについてメインで書くのもいいでしょう。 年賀状はまとめて出す場合輪ゴムを使うとメリットになるのか もし、年賀状を出すときに多くの枚数になってしまうことがあった場合 そのまんま出すと年賀状が一般郵便物に混じってしまうこともあるかもしれません。 そんな時に輪ゴムで『ひとまとめ』にしておくと、混じる心配がないだけでなく 出す際にバラバラになってしまったり、出し忘れてしまうという心配もなくなるので 一旦輪ゴムでまとめておくのがお勧めです。 ただ、あまりきつくまとめてしまうと、年賀状が 傷んでしまう可能性があるので まとめる際には ゴムの圧力に気を配るようにしましょう。 あとは、年賀状出す人には関係ないのですが はがきの向きをそろえたり 『市内のものと市外のものに分ける』だけで 郵便局の人はかなり作業が楽になるようです。 なので、もしかしたらそれらのことも気を配ると 作業効率が上がり元旦に届く確率が上がるかもしれません。 スポンサードリンク•

次の