花田恵理奈。 虹プロメンバープロフィール一覧!メンバー人気順まとめ!

虹プロジェクト(NiziProject)は出来レース!?練習生プロフィールや経歴は?

花田恵理奈

写真:Sony Music Entertainment Japan Inc. /JYP Entertainment. 1月31日、「 」の第1話と第2話がHuluで配信され、JYP日本人練習生 と ミイヒがオーディションに合格しています。 第1話と第2話では、昨年夏に日本で行われたオーディションの模様が公開。 注目のJYP所属の日本人練習生は、東京会場に登場。 パク・ジニョンについて、 山口真子 マコ, 練習生期間2年7か月 は、「会社エレベーターで一度お会いしたことがある」, 横井里茉 リマ, 15歳, 練習生期間7か月 は「エレベーターと食堂でお会いしたことがあります」。 パク・ジニョンの前で初めて、パフォーマンスを披露するという日本人練習生。 パク・ジニョンは「基本的にリズム感がとてもいい。 演技力と感情表現もいい」と絶賛し、合格を告げました。 ミイヒは「7か月頑張ってきたことが、結果に現れてよかった」「 練習生生活で 大変なこともいっぱいあった。 お母さんに会いたいときもあった」と涙を流しています。 第2話までに合格が発表されたのは、8名。 第3話では合格者26名が参加する東京合宿トレーニングの模様が公開される予定。

次の

虹プロジェクト|練習生プロフィールまとめ!出来レース(やらせ)?|おさこ屋

花田恵理奈

1位:山口真子(ダンス1位)• 2位:ヒルマン・ニナ(ダンス24位)• 3位:鈴野未光(ダンス2位)• 4位:大江梨久(ダンス6位)• 5位:尾崎すず(ダンス5位)• 6位:池松里梨愛(ダンス3位)• 7位:横井里茉(ダンス7位)• 8位:ユナ(ダンス8位)• 9位:井上あかり(ダンス10位)• 10位:櫻井美羽(ダンス17位)• 11位:平井桃伽(ダンス15位)• 12位:勝村摩耶(ダンス12位)• 13位:花橋梨緒(ダンス9位)• 14位:プランケット明(ダンス14位)• 15位:谷川陽菜(ダンス22位)• 16位:高谷楓菜(ダンス19位)• 17位:伊藤玲(ダンス11位)• 18位:新井彩花(ダンス16位)• 19位:谷屋杏香(ダンス18位)• 20位:小栗かこ(ダンス20位)• 21位:岸田莉里花(ダンス4位)• 22位:丸谷彩音(ダンス23位)• 23位:山城萌野(ダンス13位)• 24位:小合麻由佳(ダンス21位)• 25位:佐藤愛夏(ダンス26位)• 26位:花田恵理奈(ダンス25位) 元々のボーカルキューブ獲得者(上位6人+10位の櫻井美羽)に加え、 13位までが追加でキューブ(グリーン)獲得となりました。 ボーカルレベルテスト内容(東京合宿2日目) 第5話に続いて、 「ボーカルレベルテスト」の様子が放送されました。 大江梨久(Riku Oe) 高校2年生。 16歳。 ダンスでは6位でした。 地域予選オーディションでは、J. Park氏から呼吸法をホメられつつも、「感情が伝わらない」と指摘を受けました。 この合宿までに、歌詞を紙に書いて意味を考えるなどの勉強をしてきたとのこと。 中島美嘉「雪の華」を披露します。 Park氏曰く、「驚くほど成長しました。 これからもっと成長できる」とのこと。 成長力が高く評価されたようです。 ボーカルキューブを獲得しました。 横井里茉(Rima Yokoi) 15歳。 JYP練習生。 ラッパーZeebra(ジブラ)の娘です。 ダンスでは7位でした。 ボーカルレベルテストでは 、ITZY「DALLA DALLA」を披露。 選曲の理由は「ラップもあり、自分らしさを表現できると思った」とのこと。 Park氏の評価は、「歌やラップを歌うとき既存の歌手の演技のマネをしている。 まだ若く、これからの世代なので、既存の外国のラッパーたちのジェスチャーや表情をそのままマネしないで欲しい」とのこと。 ボーカルキューブ獲得はなりませんでした。 勝村摩耶(ダンス12位)• 花橋梨緒(ダンス9位)• 新井彩花(ダンス16位)• 小合麻由佳(ダンス21位)• 岸田莉里花(ダンス4位) それぞれ歌を披露(曲名は不明) J. Park氏から、「まだアマチュアのようです」「基礎から習わなきゃいけない状態です」などの厳しい評価を受けました。 ボーカルキューブの獲得はなりませんでした。 ダンスレベルテストは24位、酷評を受けました。 地域予選オーディションでは歌を評価されていましたが、挽回できるのでしょうか。 -」を披露します。 ダンスを交えながら、最後まで力強く歌い切りました。 Park氏も、「これは元々男性6人が歌ってる曲です」とニナが一人で歌いきったことに驚きます。 ボーカルキューブを獲得しました。 ユナ 15歳。 JYP練習生。 ダンスレベルテストでは完璧なダンスを披露したものの結果は8位。 「切迫して見える。 楽になって欲しい」との評価を受けました。 練習生期間が長いため(2年7か月)プレッシャーが大きくなってしまったようです。 ボーカルレベルテストの前には、J. Park氏から「友達とカラオケで遊ぶように歌うと、いい結果が出ると思います」とアドバイスがありました。 TWICEの「LIKEY-Japanese ver. -」を披露します。 出だしはよかったのですが、途中から手が震えます。 最後には緊張で歌い切れなくなってしまいました。 Park氏の指示で曲が中断されます。 Park氏曰く「歌がすごく上手なのに実力が出せていなかったようです。 その理由はたった一つ。 あまりにも緊張しすぎたから」とのこと。 (ダンスなどで)期待している結果が出せずに、どんどん緊張が増していってるとの指摘です。 プレッシャーに押しつぶされそうなユナに、J. Park氏が優しく語りかけます。 「自分は(JYPの)練習生だからもっと上手くやらないとって思わずに、もう今すごく上手ですよ。 何もせずにジッとしていても可愛いし。 可愛く見せようとしなくても可愛いし。 歌を上手に歌おうとしなくても上手ですよ。 本来のありのままの姿に、楽な状態に戻ってほしいです。 練習生になる前のユナに」 ボーカルキューブの獲得はなりませんでした。 ダンスレベルテストは1位、J. Park氏も絶賛の出来でした。 ボーカルレベルテストでは、 中島美嘉「雪の華」を選曲。 実際は男女の愛の歌ですが、マコは両親への感謝の気持ちを伝えたくて選曲したとのこと。 歌が終わると、会場が余韻に包まれます。 Park氏曰く、「教えられないことがありますが、ある人は歌を歌うとき聞く人の心に触れる、そういう力がある人がいますが、マコさんはダンスの時も今もそうだし、歌を歌うとき、歌に心を細かく上手く込めることができている」と絶賛。 ボーカルキューブを獲得しました。 順位発表• 7位:横井里茉(ダンス7位)• 8位:ユナ(ダンス8位)• 9位:井上あかり(ダンス10位)• 11位:平井桃伽(ダンス15位)• 12位:勝村摩耶(ダンス12位)• 13位:花橋梨緒(ダンス9位)• 14位:プランケット明(ダンス14位)• 15位:谷川陽菜(ダンス22位)• 16位:高谷楓菜(ダンス19位)• 17位:伊藤玲(ダンス11位)• 18位:新井彩花(ダンス16位)• 19位:谷屋杏香(ダンス18位)• 20位:小栗かこ(ダンス20位)• 21位:岸田莉里花(ダンス4位)• 22位:丸谷彩音(ダンス23位)• 23位:山城萌野(ダンス13位)• 24位:小合麻由佳(ダンス21位)• 25位:佐藤愛夏(ダンス26位)• 26位:花田恵理奈(ダンス25位) 元々のボーカルキューブ獲得者に加え、 13位までが追加でキューブ(グリーン)獲得となりました。 第6話ハイライト映像(公式) 公式情報 (動画:より).

次の

『Nizi Project』、26名のオーディション合格者が決定 J.Y. Park「大切なことはナチュラルさ」

花田恵理奈

1月31日、韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントとソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニー・ミュージックレーベルズによるガールズグループのオーディションプロジェクト『Nizi Project』の密着番組がHuluで配信スタート。 初回配信となる1話・2話では、昨年日本国内8都市、ハワイ、LAを含めた全10カ所で開催されたグローバルオーディションの模様が放送された。 Park(パク・ジニョン)氏 同プロジェクトの総合プロデューサーで、これまで2PMやTWICEなど数々の韓国アイドルグループを世に売り出してきたヒットメイカーJ. この4つの三角形は長い間、私たちが人材を評価する基準にしてきた4つ(ダンス・歌・スター性・人柄)を形として表してみました」と説明。 それらを兼ね備えた人材を見つけるべく、最初に名古屋の予選会場へと向かった。 会場には、芸能界を目指す若い女性たちが集まる。 絶好のチャンスに胸を膨らませる参加者たちはグループ別の1次審査、個別の2次審査を経て、J. Park氏が審査する最終オーディションにたどり着く。 「大切なことはナチュラルさ」と合格のカギを語るJ. Park氏がまず目を付けたのは、TWICEに憧れてオーディションに参加したという花田恵理奈。 豊かな表情でダンスを披露する彼女に「まだまだ足りないけど、合格させます」と、合格者全員に渡すNiziのペンダントを首にかけた。 続く仙台の予選でも、アメリカ・ワシントン州出身のヒルマン・ニナが披露した歌声とダンスに「あなたは完全にスターだと思う」と目を輝かせるJ. Park氏。 彼から「次のパフォーマンスが(今から)もう見たくてワクワクします」と絶賛されたニナは、手で顔を押さえて喜びを噛み締めた。 Park氏がTWICEのモモ、サナ、ミナを発掘した大阪には、彼女たちに憧れてオーディションを受けにきた参加者が集合。 これまで次々に原石を見つけてきたJ. Park氏だったが、大阪の会場では中々心が動かされる参加者を見つけられず、初日は合格者0で終了することに。 しかし、翌日のオーディションでは、天然で不思議な空気を纏った丸谷彩音がリズム感に優れたダンスでJ. Park氏の心を捉え、ペンダントを獲得。 曇った表情から一転、J. Park氏は「ダンスは今まで見た人の中で最高だと思います」と笑顔で語りかけた。 そして、「切実さと夢がいっぱい入っている、そんな目に会いたいです」と心を弾ませて東京の会場に向かったJ. Park氏。 最初に対面した明るく愛嬌のある井上あかりに心を奪われ、「ガールズグループ(のメンバー)になるために生まれてきた子だよ」と1人目にもかかわらず、早速ペンダントを渡した。 第2話は札幌会場からスタート。 ここでJ. Park氏は、これまでの合格者とは違い、少し自信なさげな尾崎すずに注目する。 歌声を披露した時には緊張で声を震わせた尾崎だったが、ダンスになった途端、まるで違う人間が憑依したようにセクシーな表情でJ. Park氏にアピールした。 その演技力に魅せられ、ペンダントを授与。 自分が選ばれると思っていなかった尾崎が戸惑いながら会場を後にすると、J. Park氏は「本当に面白いです」と笑った。 (番組上)6都市目となる福岡では、受付が行われる裏で毎日行っているというスケールトレーニング(音程練習)を行うJ. Park氏の姿が。 「歌手になる3〜4年前からやってきたので、ほぼ毎日30年くらい!」と夢を叶えるために努力し続けている彼は「やりたくないことも長い間コツコツ続ければ、自分がやりたい仕事が一生できる」と持論を語った。

次の