グリーン はじまり の うた。 Little Glee Monster はじまりのうた 歌詞

【感想】映画『はじまりのうた』で流れる曲の歌詞が独創的なので解説する

グリーン はじまり の うた

映画製作2013年/アメリカ 上映時間104分/G 原題:Begin Again 配給:ポニーキャニオン 監督 ジョン・カーニー 脚本 ジョン・カーニー 音楽 グレッグ・アレクサンダー 出演 キーラ・ナイトレイ グレタ マーク・ラファロ(ダン) ヘイリー・スタインフェルド(バイオレット) アダム・レヴィーン(デイヴ) ジェームズ・コーデン(スティーブ) ヤシーン・ベイ(サウル) シーロー・グリーン(トラブルガム) キャサリン・キーナー(ミリアム) ニューヨークに暮らすダンは、グラミー賞を受賞したこともあるかつては一世を風靡した音楽プロデューサーなのだが、ここ数年彼のてがけたミュージシャンはさっぱり売れず、妻と娘と別居し、裏びれたアパートにひとりで暮らして、酒ばかり飲んでいる。 何もかもがうまくいかない。 もともとは彼がつくった音楽制作会社なのだが、経営者のサウルと揉めて会社から追い出されてしまう。 そしてあるバーで飲んだくれているときに、ステージで歌い始めた若い女性-グレタ-に才能に閃きを感じて、すぐさま彼女に契約を持ち掛け、一緒にアルバムを作ろう、と言う。 グレタはミュージシャンの恋人デイヴと一緒につくった楽曲が映画の主題歌に採用されてメジャーデビューをしたの機に、彼とニューヨークで暮らし始めたのだが、デイヴが別の女性を好きになってしまったので、彼の元を飛び出して旧友スティーブを訪ねたところ、バーのステージで歌うことになってしまったのだ。 ダンはグレタを会社に連れて行き、サウルに彼女の歌を聴かせるが、ちゃんとしたデモCDを聴かなければ評価できない、という。 ダンがデモを作る資金提供を求めると、それも断られ、2人はニューヨークの街で演奏をしてアルバムをつくることにする。 ダンは音楽仲間を集めて、ニューヨークのさまざまな場所で、街の雑音を音楽の一部にしながら、グレタに演奏をさせ、アルバム制作を進めてゆく。 音楽に生きる人々の夢と再生の物語。 アルバムを制作しながら、ダンは娘と妻との関係を再構築し、グレタは元恋人との過去を精算して前に向かって歩きだす。 残酷な場面も、暴力的な表現も、醜い言い争いも、巧妙な駆け引きも、性的な表現もないので、安心して観ていられるのがいい。 ダンとグレタが男女関係になるのかしら、と思ったが、そういうこともない。 音楽の力を感じる、良い映画だ。 マーク・ラファロのくたびれた音楽プロデューサーの役づくりがいい。 彼の愛用する古いジャガーが、その人柄と趣味を現していて、それも好ましい。 映画 はじまりのうた 映画原題 Begin Again 投稿ナビゲーション.

次の

はじまりのうた【感想】|マルーン5の映画?評価【ネタバレあり】

グリーン はじまり の うた

上映日 2015年2月7日 上映時間 104分 制作国 アメリカ合衆国 監督・脚本 ジョン・カーニー 音楽 グレッグ・アレクサンダー 主題歌 アダム・レヴィーン「ロスト・スターズ」 出演 キーラ・ナイトレイ/マーク・ラファロ/ヘイリー・スタインフェルド/アダム・レヴィーン/ジェームズ・コーデン/ヤシーン・ベイ/シーロー・グリーン/キャサリン・キーナー ニューヨークの街を舞台に、崖っぷちの音楽プロデューサーと恋人に裏切られた失意の女性シンガー・ソングライターが共に手を組み、再起を図る姿をハートウォーミングに描く音楽ドラマ。 主演はキーラ・ナイトレイとマーク・ラファロ。 『はじまりのうた』のあらすじ かつては人気ミュージシャンを次々と発掘し、ヒットを飛ばしてきた音楽プロデューサーのダンは、すっかり時代に取り残され、ついには自分が設立したレコード会社をクビになってしまう。 失意のまま酔いつぶれてたどり着いたバーで、ふと耳に飛び込んできた女性の歌声に心を奪われる。 その歌声の主はシンガー・ソングライターのグレタだった。 グレタはブレイクした歌手の恋人デイヴに裏切られて失意のどん底だった。 ダンはグレタに「一緒にアルバムを作ろう」と提案する。 お金のない2人はニューヨークの街中で寄せ集めたバンドメンバーとレコーディングし始める。 登場人物紹介 グレタ(キーラ・ナイトレイ) シンガーソングライター。 作曲者としてパートナーのデイヴとニューヨークにやって来るが、デイヴに浮気される。 失意の中、音楽プロデューサーのダンに出会う。 ダン(マーク・ラファロ) レコード会社の設立者。 かつてはグラミー賞を取る逸材を見つける敏腕プロデューサーだったが、何年もヒットを出せず、妻のミリアムと娘のダンとも別居中でお酒に走る生活を送っている。 バイオレット(ヘイリー・スタインフェルド) ダンの15歳になる娘。 露出の多い服を来て男に媚びていると思われ、友達ができないのが悩み。 デイヴ(アダム・レヴィーン) グレタの元恋人で現在ブレイク中のミュージシャン。 グレタと大学時代から作曲をしていた。 スティーヴ(ジェームズ・コーデン) グレタとデイヴの大学時代からの友達。 ニューヨークで路上ライブを行うミュージシャン。 サウル(ヤシーン・ベイ) ダンのレコード会社のパートナー。 時代について行けず、業績を伸ばせないダンを解雇する。 トラブルガム(シーロー・グリーン) ダンが才能を見出したラッパー。 今となっては一流で財力も名声もあるがダンに恩義を感じている。 ミリアム(キャサリン・キーナー) ダンの妻で音楽記者。 ダンとは別居中で、娘のバイオレットの素行を心配している。 [出典:] この先、『はじまりのうた』のストーリーを結末まで解説しています。 ネタバレを含んでいるためご注意ください。 グレタとダンの出会い ニューヨークのバーで、作曲家の グレタは友人のパフォーマー・ スティーヴに紹介されてステージに立ちます。 グレタは嫌々ながらもギターを片手に歌います。 バーのほとんどの客がグレタの歌に無関心でしたが、その中で音楽プロデューサーの ダンだけはグレタの歌に突き動かされていました。 レコード会社の設立者であるダンはかつては敏腕プロデューサーでしたが、何年も新しいスターを見つけることができず、パートナーの サウルに解雇を言い渡されます。 ダンは妻の ミリアムと別居し、思春期の娘の バイオレットを父親として指導することもできないでいました。 酔いつぶれてたまたま入ったバーで、ダンはグレタの歌を聴きます。 ダンにはグレタの歌声に合わせて、バック・オーケストラのアレンジが聞こえてきます。 逸材を見つけたと思ったダンは、グレタに歌手として契約したいと持ちかけます。 しかし、グレタは明日にはイギリスに帰国する予定でした。 ダンはグレタに名刺を渡し、連絡するよう伝えて別れます。 グレタとデイヴの別れ グレタは1ヶ月ほど前、歌手として成功し始めた恋人の デイヴと共にニューヨークに移り住みました。 グレタはデイヴと一緒に作曲をしていましたが、デイヴの成功を支えるため裏方に徹します。 デイヴが1週間、ロサンゼルスで仕事をしている間、グレタは旧友のジェームズと偶然再会します。 グレタは大学の頃デイヴと一緒に演奏した動画を見返していました。 クリスマス・プレゼントとしてデイヴのために作曲した 「さまよう星たち(Lost Stars)」は大切な曲でした。 デイヴがロサンゼルスから帰って来て、グレタに新曲を聞かせます。 しかし、その曲が別の女性のために作られたものだと理解したグレタは、デイヴの顔をひっぱたきます。 デイヴはレコード会社で働く女性ミムと浮気していたのでした。 グレタは荷物をまとめて家を飛び出し、スティーヴに会いに行きます。 スティーヴはショックで意気消沈していたグレタを自分が演奏する予定だったバーに連れて行きます。 スティーヴは嫌がるグレタを無理やりステージに立たせ、その場で聴いていたのがダンだったのです。 ニューヨークの街でレコーディング 翌日、グレタはダンに連絡をします。 ダンは、グレタの才能を見せようとサウルの前で歌わせます。 サウルは無愛想で華がないグレタと契約するのに乗り気ではなく、ダンにデモを聴かせてほしいと言います。 ダンはスタジオ代を抑えるため、野外でレコーディングすることにします。 バンドを雇うお金もなかったため、ダンはスティーヴや暇そうなミュージシャンをかき集めます。 さらに、かつて才能を見出して一流アーティストになったラッパー・ トラブルガムにも協力を求めます。 ダンは自らプロデューサーとなって、次々と浮かび上がるアイデアを形にしていきます。 音楽の魔法にかけられるグレタとダン グレタは、ダンの娘バイオレットと仲良くなり、ダンにギター・パートとしてアルバムの収録に来させるよう頼みます。 「仲直りして家族の元に戻ればいい」と簡単に言うグレタに、ダンは怒ってしまいます。 グレタはダンに謝り、ダンから家庭の事情を聞きます。 ダンの妻ミリアムは1年間の単身赴任中に別の男性と恋に落ち、帰宅後すぐ娘を置いて再婚しようしたのです。 しかし、相手の男性が怖気づいて音信不通になってしまったのでした。 ダンは別の男性を思う妻と暮らしているうちに、精神的にまいってしまったのです。 グレタはダンの車の中に、2つのイヤホンに分岐させるための スプリッターがぶら下がっているのを見つけます。 そのスプリッターはダンが妻ミリアムと初めてデートしたときに使った大切なものでした。 ダンとグレタはそのスプリッターを使って、一緒に互いのプレイリストを聴きながら街を歩きます。 音楽の価値観がとても合うふたりは一緒に盛り上がります。 グレタとデイヴの再会 帰宅したグレタはデイヴが音楽賞を受賞したと知りますが、デイヴは売れるためにすっかり変わってしまいました。 深酒するうちにデイヴを「死ぬほど愛していた」と気づいたグレタは、思いをそのまま歌詞にします。 グレタはスティーヴと一緒に、即席で作った曲をデイヴの留守電に録音します。 新しいアルバムの宣伝のためにニューヨークに戻ったデイヴは、留守電に入っていたグレタの曲を聴きます。 デイヴはグレタのような女性は他にいないと気づき、グレタに「会いたい」とメールします。 グレタのバンドは、路地裏や屋上、地下鉄のホームなど街の喧騒が入り込む環境で何曲もレコーディングします。 警察にバレたら急いで撤退しては、別の場所でレコーディングや撮影を繰り返しました。 お金は一切入りませんでしたが、みな純粋に音楽を作ることを楽しんでいました。 バイオレットとミリアムがレコーディングを見に来ます。 バイオレットは意外にも上手なギターの腕前を見せ、ダンもベースを弾いてバンドに加わり名曲が完成します。 グレタはアルバムの完成をバンド・メンバーやダンの家族と祝います。 パーティーの後、グレタはデイヴと会うことを決めました。 グレタとデイヴはそれぞれ作ったアルバムをお互いに批評します。 グレタはバラードからポップスにアレンジされた「さまよう星たち」を聴いて、曲の良さが失われたと否定します。 グレタが作った曲でファンが盛り上がるところを見せるために、デイヴはグレタを週末のライブに誘います。 新たなはじまり ダンとグレタは完成したアルバムをサウルやレコード会社の人間に聴かせます。 グレタはサウルにダンを再び雇うよう頼み、自分たちの取り分が多くなるよう要求します。 その場は合意することなく終わりますが、ダンはサウルがグレタと契約することを確信していました。 グレタがデイヴのライブに行くとちょうど「さまよう星たち」を演奏するところでした。 グレタは舞台袖でその様子を見守ります。 デイヴはグレタの望み通り、バラードのアレンジで演奏し始めます。 グレタがいることに気づいたデイヴは、グレタにステージに上がるよう合図します。 しかし、グレタはファンがデイヴに魅了されていることに気づき、自分はデイヴの側にいるべきではないと悟ります。 グレタはひとすじの涙を流してライブ会場を去りますが、とてもすがすがしい気分でした。 一方、ダンはグレタから返却されたスプリッターでミリアムと一緒に音楽を聴きます。 ダンはミリアムとよりを戻し、自宅に戻りました。 グレタはダンに「 レコード会社と契約はせず、アルバムを1ドルでネット配布したい」と申し出ます。 ダンはその案に同意します。 影響力のあるトラブルガムの拡散ツイートもあって、口コミでアルバムの評判が広がり、リリース初日に1万部を販売します。 『はじまりのうた』の感想 作品冒頭のグレタがバーで演奏するシーンは、ダンの目線から見た2回目と、グレタの目線から見た3回目とどんどん印象が変わっていきました。 グレタがひとりで演奏するところに、バック・オーケストラが重なっていくシーンは、特に音楽を作る楽しさが伝わってきます。 どこを切り取っても絵になるような夏のニューヨークの街角で収録されるミュージック・ビデオが素敵でした。 人生のどん底に落とされたグレタとダンが、音楽の魔法にかけられて、ふたたび新しい「はじまり」を見つけていく姿に、鑑賞後はすがすがしい気分になれる作品です。

次の

はじまりのうた (映画)

グリーン はじまり の うた

作品情報 2013年アメリカ映画(原題:Begin Again) 『ONCE ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督が、音楽をテーマに男女の恋愛を描いた音楽映画。 主演のキーラ・ナイトレイがその美声を披露するほか、マルーン5のアダム・レヴィーンが映画初出演。 共演にマーク・ラファロ、ヘイリー・スタインフェルド、ジェームズ・コーデン、モス・デフ、シーロー・グリーン、キャサリン・キーナー。 『はじまりのうた』あらすじ ミュージシャンの恋人デイヴ(アダム・レヴィーン)と共にイギリスからニューヨークへ越して来たシンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ)。 彼との楽しい生活が始まるはずだったが、売れっ子ミュージシャンとなったデイヴとの生活はすれ違いを始め、さらに彼の浮気が発覚し家を飛び出す。 グレタを心配する旧友のスティーブは、彼女を励まそうとライブバーのステージで無理やり彼女に歌を歌わせる。 たまたまそこに居合わせた音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)は、グレタの曲を気に入り、一緒にアルバムを作ろうとグレタに提案するのだが…。 『はじまりのうた』ネタバレ感想と解説 『はじまりのうた』の感想ですが、この映画もうめちゃくちゃ良いですね。 ハンパないっす。 ヤバイです。 一応音楽映画というジャンルなんですが、音楽好きとか嫌いとか関係なく観てほしいですね。 こんなに音楽を効果的に使っている映画は観たことがないです。 音楽ってほんといいなーっていう音楽の力とか素晴らしさを再確認しちゃいます。 とにかく劇中歌が全部良い曲っていう、かつてない映画だと思いますよ。 末怖ろしい選曲です。 監督と曲の好みがドンピシャ過ぎるのか、単に誰が聞いても良い曲なのか分かんないですけど。 監督のジョン・カーニーが元ミュージシャンで、PVも監督してた人なんで、音楽の見せ方とか撮り方が非常にうまいです。 この映画、最初は数館で上映してたのが、口コミで1300館まで公開が広がったみたいですが、わざとやったんじゃないでしょうか。 多分そのほうが話題になるし、相当自信があったと思いますよ。 ほんとに良い映画なんで。 『はじまりのうた』は音楽だけじゃなくストーリーも勿論良いです。 でなきゃ褒めません笑。 下手な脚本家が書くような、プロデューサーと新人女性歌手が安易に結ばれるみたいなベタなストーリーにしてなくて、大人の恋愛をクールに渋く描いています。 グレタ(キーラ・ナイトレイ)とダン(マーク・ラファロ)の微妙な距離感がゾクゾクしますね。 お互いの好きな曲を聴きながら、ニューヨークの街を散歩するシーンなんか手を握ってますよ。 もうそれ絶対結ばれるだろって思うんですが、そうはならないんですね。 でもこの二人結ばれても別に良かったとは思いますけどね。 あとキーラ・ナイトレイが劇中で歌ってますけど全部本人が歌ってます。 すごく良い声ですね。 しびれます。 キーラ・ナイトレイはこんなに歌上手なんだっていう新しい発見もあります。 恋人役のマルーン5のアダム・レヴィーンが歌う「Lost Stars」は名曲すぎて、ほんとに感動しちゃいました。 アカデミー歌曲賞にノミネートされるだけはありますね。 物語のクライマックスでこれ歌っちゃうんで、絶対観客泣いちゃうでしょ。 グレタはデイヴ(アダム・レヴィーン)がアレンジしてたのを嫌がってましたが、このアレンジの方が好きです。 ちなみに「Lost Stars」をはじめ挿入歌の多くは、グレッグ・アレクサンダーという人が作曲してます。 『はじまりのうた』は良い曲ばかりですが、どの曲が一番好きですか? 自分は屋上で歌われている「Tell me if you wanna go home」が一番好きです。 最後のギターソロなんて最高です。 この映画は本当に音楽の描き方が上手ですが、それとともにNYの街並みも美しく撮られていて、NYの魅力満載です。 まるでニューヨークのPVみたいな出来にもなっています。 さて、物語のラストですが、グレタがポロッと涙を流しながらライブを途中で帰ります。 あれはライブに感動したんじゃなくて、デイブが「Lost Stars」のアレンジを直さなかったからですね。 それで言葉じゃなくて、涙で別れを告げました。 グレタの信念として、曲のイメージを損なうリミックスをされるのが嫌いなんですね。 それはもう別の曲になってしまうから。 自分が作った曲の世界観を壊されたくないわけです。 だからレコード会社との契約もしませんでした。 ネット配信すればリミックスされないでオリジナルのまま出せますからね。 とにもかくにも、良い音楽は本当に心の琴線に触れますね。 音楽は世界の共通語だってことを再認識した映画でした。 以下に、挿入曲の一覧を載せましたので是非お聴きください。 キーラ・ナイトレイ版とアダム・レヴィーン版それぞれの「Lost Stars」の聴き比べも楽しいです。

次の