ラージャン 立ち回り。 【MHWアイスボーン】ラージャンの弱点と攻略|出し方【モンハンワールド】|ゲームエイト

【MHWI】激昂したラージャン攻略装備の紹介!抜刀大剣がおすすめ【アイスボーン】

ラージャン 立ち回り

遅くなりましたが、ラージャン攻略MH4G対応版です。 今思えば、ラージャン攻略をMH4Gに対応しようとしたのは、Twitterが謎の凍結にあっていた頃で、2015年にちょうど入ったあたり。 立ち回りの攻略自体は去年の時点で確立されていたもので、正直時代遅れ感は否めず、記事作成のモチベーションが相当低下していました。 ですが、Twitterでラージャン攻略を楽しみにしているというありがたいお声をいくつか頂きまして、それならと再スタートすることにしました。 ラージャンが苦手な方もやはりちらほら見かけますし、MH4に続いてやっぱり一番狩られているモンスターだと思いますので、この記事で皆様の普段の狩りが少しでも快適になればと思います! もともとMH4時代にラージャンの攻略は書いていたので、それをMH4G用に書きなおしたものになります。 それでは、 久しぶりにクック先生の登場です! 目次• 基本的な動き方 ラージャンを相手にするときは、 ラージャンを中心に時計回りに移動するのが基本的な立ち回り。 これが一番の基本! とりあえず、走り回ってすべての攻撃を安定して避けられるようになれば、気が楽になると思う。 ちなみに、 ガンナーは距離を取ることもあるため、ジグザグステップに関しては距離を見極めて反時計回りに移動することも大事になってくるよ! ラージャン記事用 基本間合いはステップ一歩目分 — イャンクック速報-MH4G攻略情報 MHyiankutku ラージャン記事用 ステップ二歩目間合いを避ける動き — イャンクック速報-MH4G攻略情報 MHyiankutku 極限状態で狙いたい大きなチャンス MH4Gのラージャンは極限状態を手に入れたことで後ろからの攻撃はしづらくなってしまった。 先程言ったように 基本的な立ち回りで相手の攻撃を避けつつチャンスを伺い、攻撃できるタイミングで攻撃していくことになるだろう。 極限状態では特に欲張ってしまうとそのままキャンプ送りにされてしまうので、 決まったタイミング以外は逃げ続けるのが基本だ。 RPGのターン制のようだね。 攻撃をする部位に関しては肉質の話になるので、を参照してほしい。 対ラージャンのオススメスキルや装備の話は、でまとめてあるよ。 この行動を見たら、すぐ攻撃に移れるよう備えておこう。 確定以外のビームやのしかかりの誘導はMH4に比べてやりにくくなった印象だけど、極限状態でなければ、後ろ脚内側付近にいる時にまだよくやってくれるイメージ。 移動速度が遅い武器でも、大剣程度の納刀速度なら、最初のジャンプ時に歩きながら納刀することで1段目を回避し、2段目以降を走って避けることもできるよ。 ちなみに 地面堀りの前の怖い顔ダッシュ、あれはこけおどしなので正面から向かっていけば避けられるよ。 (確定と言い切る自信はないのだけれど、積極的に狙えるレベル。 基本間合いでステップされた際はバクステを読んで重い一撃を食らわせよう。 バクステ後は確定で回転するため、後ろ脚付近を狙うのが重要。 バックジャンプしてくる間合いも基本間合いの立ち位置くらいなので、慣れれば後ろ脚付近を狙うのは難しくないよ。 ちなみに極限状態だともう一回バクステしたりする。 後隙に抜刀斬りをお見舞いし、前回避で潜るのがオススメ。 その後に回転をしてきても当たらないで済むよ。 横回避で位置回避する際は、ラージャンが飛び上がった後咄嗟にに入力する感じ。 ちなみに双剣は鬼人回避の全体モーションが普通の回避に比べて短いので、バンザイを見てから二回横回避で簡単に避けられる。 MH4の頃はこれで揺れまで避けるのがド安定だったんだけど、狂竜化しているとのしかかりの速度が遅くなったり早くなったりで安定しなくなってしまった。 厳しい時はガードも可能で、特にチャージアックスは見てからGPを出せるので、のしかかりは余裕で対処できる。 「プロハンといえばフレーム回避」というイメージを持っている人はいないだろうか。 最近ではあまり聞かない気もするけれど…。 回避性能なしは、 無敵時間で避けるのではなく、位置で避ける立ち回りを基本としていて、「歩きや回避モーションでの位置移動」の重要度が高い。 実際無敵時間を利用してフレーム回避し続けるような立ち回りは、基本的には要求されない。 つまり、手数が多少増える。 位置で避けにくい攻撃が多いと、この回避性能が活きてくるようになる。 そんなイメージを持っているよ。 心撃使用時や大剣等後ろからでも尻尾を攻撃しやすい武器は後ろや横から追いかけて攻撃することも多いと思う。 その時振り向かれた場合は、上体を上げた時に後ろ脚のところまで前回避等で潜ってしまえばOKだ。 状況によるけど、 何も考えず潜ろうとするとバクステが来た時に危険なので、潜る際は相手の行動を確認することが大事だよ。 回転と言ってもその場での回転ではなく、少し前進するので、後ろ脚付近にいれば当たらない。 目の前に壁がある際はその場回転になるので後ろにも攻撃判定が来るから注意! 明らかに届かないデンプシーの後、バクステの後等の確定状況が多く、薬を飲むチャンス。 確定時には狙って一撃加えることもできるが、それなりにリスク大きめなので、自信がある人向けかなと思う。 攻撃判定は向かって右側がかなり広いので、そこから手を出そうとするのは禁物。 これだけは普段の立ち回りと違って、 反時計回りに避ける必要があるので注意! 地面を掘っている時のラージャンに攻撃する際の位置取りを調整すれば、その後のジャンプ方向を誘導でき、前回避だけで岩を避けることもできるよ。 大剣等にはオススメの対策法だ。 まず、シビレ罠について。 これは 罠師さえついていれば、ダウンやビーム等の隙にも仕掛けていくことができるよ。 ちなみに、 睡眠時は頭に密着して使えばOK。 目を覚まして腕を動かしたタイミングで罠にかかるよ。 次は落とし穴。 こっちは 怒り状態じゃなければかからないことに注意だ。 非怒り時も、怒りになることが予測できていれば、後ろに設置しておけば怒りのバックジャンプ時に落とし穴に落ちるよ。 あのジャンプは空中判定ではないので、距離は特に図らなくてOKだ。 ちなみに、ラージャンの睡眠は、起こした時に必ず軸合わせと咆哮を伴うので、 後ろ側から起こしてやれば軸合わせに罠師なしの落とし穴が間に合ったりする。 ソロだと地味に便利だよ。 個人的、対ラージャンオススメ武器種 個人的に、 対ラージャンにオススメの武器は、大剣と双剣。 大剣は、やはり 今作のラージャンに確定行動が増えたことが大きい。 溜めがあることで先読みの時間を手数武器より有効活用できるので、タイムアタックで大活躍している印象だ。 次は双剣。 軽い挙動の武器ならば、基本的にラージャンは立ち回りさえしっかりしていれば被弾することはなくなるが、 特に双剣は鬼人回避によるのしかかり回避が圧倒的に安定していて、死ににくさなら剣士で一番じゃないかと思う。 私は今作ではラージャンに対しては双剣を一番使っています。 なんといっても突進連斬が便利で、 他の武器じゃ手数を出しづらいタイミングでも積極的に手を出して行けます。 鬼人強化中心に立ち回れるようになったので強走薬も不要になりましたし、麻痺等のサポートも強力で、とにかく事故りにくいです。 死にたくない人には、双剣をオススメしますね! さて、MH4Gのラージャン攻略、少しはお役に立てただろうか。 かなり時間がかかってしまったけど、なんとか形にすることができて、ホッとしているよ。 この記事で皆のラージャン狩りが少しでも快適になれば嬉しいよ!.

次の

【モンハン4G/MH4G】

ラージャン 立ち回り

遅くなりましたが、ラージャン攻略MH4G対応版です。 今思えば、ラージャン攻略をMH4Gに対応しようとしたのは、Twitterが謎の凍結にあっていた頃で、2015年にちょうど入ったあたり。 立ち回りの攻略自体は去年の時点で確立されていたもので、正直時代遅れ感は否めず、記事作成のモチベーションが相当低下していました。 ですが、Twitterでラージャン攻略を楽しみにしているというありがたいお声をいくつか頂きまして、それならと再スタートすることにしました。 ラージャンが苦手な方もやはりちらほら見かけますし、MH4に続いてやっぱり一番狩られているモンスターだと思いますので、この記事で皆様の普段の狩りが少しでも快適になればと思います! もともとMH4時代にラージャンの攻略は書いていたので、それをMH4G用に書きなおしたものになります。 それでは、 久しぶりにクック先生の登場です! 目次• 基本的な動き方 ラージャンを相手にするときは、 ラージャンを中心に時計回りに移動するのが基本的な立ち回り。 これが一番の基本! とりあえず、走り回ってすべての攻撃を安定して避けられるようになれば、気が楽になると思う。 ちなみに、 ガンナーは距離を取ることもあるため、ジグザグステップに関しては距離を見極めて反時計回りに移動することも大事になってくるよ! ラージャン記事用 基本間合いはステップ一歩目分 — イャンクック速報-MH4G攻略情報 MHyiankutku ラージャン記事用 ステップ二歩目間合いを避ける動き — イャンクック速報-MH4G攻略情報 MHyiankutku 極限状態で狙いたい大きなチャンス MH4Gのラージャンは極限状態を手に入れたことで後ろからの攻撃はしづらくなってしまった。 先程言ったように 基本的な立ち回りで相手の攻撃を避けつつチャンスを伺い、攻撃できるタイミングで攻撃していくことになるだろう。 極限状態では特に欲張ってしまうとそのままキャンプ送りにされてしまうので、 決まったタイミング以外は逃げ続けるのが基本だ。 RPGのターン制のようだね。 攻撃をする部位に関しては肉質の話になるので、を参照してほしい。 対ラージャンのオススメスキルや装備の話は、でまとめてあるよ。 この行動を見たら、すぐ攻撃に移れるよう備えておこう。 確定以外のビームやのしかかりの誘導はMH4に比べてやりにくくなった印象だけど、極限状態でなければ、後ろ脚内側付近にいる時にまだよくやってくれるイメージ。 移動速度が遅い武器でも、大剣程度の納刀速度なら、最初のジャンプ時に歩きながら納刀することで1段目を回避し、2段目以降を走って避けることもできるよ。 ちなみに 地面堀りの前の怖い顔ダッシュ、あれはこけおどしなので正面から向かっていけば避けられるよ。 (確定と言い切る自信はないのだけれど、積極的に狙えるレベル。 基本間合いでステップされた際はバクステを読んで重い一撃を食らわせよう。 バクステ後は確定で回転するため、後ろ脚付近を狙うのが重要。 バックジャンプしてくる間合いも基本間合いの立ち位置くらいなので、慣れれば後ろ脚付近を狙うのは難しくないよ。 ちなみに極限状態だともう一回バクステしたりする。 後隙に抜刀斬りをお見舞いし、前回避で潜るのがオススメ。 その後に回転をしてきても当たらないで済むよ。 横回避で位置回避する際は、ラージャンが飛び上がった後咄嗟にに入力する感じ。 ちなみに双剣は鬼人回避の全体モーションが普通の回避に比べて短いので、バンザイを見てから二回横回避で簡単に避けられる。 MH4の頃はこれで揺れまで避けるのがド安定だったんだけど、狂竜化しているとのしかかりの速度が遅くなったり早くなったりで安定しなくなってしまった。 厳しい時はガードも可能で、特にチャージアックスは見てからGPを出せるので、のしかかりは余裕で対処できる。 「プロハンといえばフレーム回避」というイメージを持っている人はいないだろうか。 最近ではあまり聞かない気もするけれど…。 回避性能なしは、 無敵時間で避けるのではなく、位置で避ける立ち回りを基本としていて、「歩きや回避モーションでの位置移動」の重要度が高い。 実際無敵時間を利用してフレーム回避し続けるような立ち回りは、基本的には要求されない。 つまり、手数が多少増える。 位置で避けにくい攻撃が多いと、この回避性能が活きてくるようになる。 そんなイメージを持っているよ。 心撃使用時や大剣等後ろからでも尻尾を攻撃しやすい武器は後ろや横から追いかけて攻撃することも多いと思う。 その時振り向かれた場合は、上体を上げた時に後ろ脚のところまで前回避等で潜ってしまえばOKだ。 状況によるけど、 何も考えず潜ろうとするとバクステが来た時に危険なので、潜る際は相手の行動を確認することが大事だよ。 回転と言ってもその場での回転ではなく、少し前進するので、後ろ脚付近にいれば当たらない。 目の前に壁がある際はその場回転になるので後ろにも攻撃判定が来るから注意! 明らかに届かないデンプシーの後、バクステの後等の確定状況が多く、薬を飲むチャンス。 確定時には狙って一撃加えることもできるが、それなりにリスク大きめなので、自信がある人向けかなと思う。 攻撃判定は向かって右側がかなり広いので、そこから手を出そうとするのは禁物。 これだけは普段の立ち回りと違って、 反時計回りに避ける必要があるので注意! 地面を掘っている時のラージャンに攻撃する際の位置取りを調整すれば、その後のジャンプ方向を誘導でき、前回避だけで岩を避けることもできるよ。 大剣等にはオススメの対策法だ。 まず、シビレ罠について。 これは 罠師さえついていれば、ダウンやビーム等の隙にも仕掛けていくことができるよ。 ちなみに、 睡眠時は頭に密着して使えばOK。 目を覚まして腕を動かしたタイミングで罠にかかるよ。 次は落とし穴。 こっちは 怒り状態じゃなければかからないことに注意だ。 非怒り時も、怒りになることが予測できていれば、後ろに設置しておけば怒りのバックジャンプ時に落とし穴に落ちるよ。 あのジャンプは空中判定ではないので、距離は特に図らなくてOKだ。 ちなみに、ラージャンの睡眠は、起こした時に必ず軸合わせと咆哮を伴うので、 後ろ側から起こしてやれば軸合わせに罠師なしの落とし穴が間に合ったりする。 ソロだと地味に便利だよ。 個人的、対ラージャンオススメ武器種 個人的に、 対ラージャンにオススメの武器は、大剣と双剣。 大剣は、やはり 今作のラージャンに確定行動が増えたことが大きい。 溜めがあることで先読みの時間を手数武器より有効活用できるので、タイムアタックで大活躍している印象だ。 次は双剣。 軽い挙動の武器ならば、基本的にラージャンは立ち回りさえしっかりしていれば被弾することはなくなるが、 特に双剣は鬼人回避によるのしかかり回避が圧倒的に安定していて、死ににくさなら剣士で一番じゃないかと思う。 私は今作ではラージャンに対しては双剣を一番使っています。 なんといっても突進連斬が便利で、 他の武器じゃ手数を出しづらいタイミングでも積極的に手を出して行けます。 鬼人強化中心に立ち回れるようになったので強走薬も不要になりましたし、麻痺等のサポートも強力で、とにかく事故りにくいです。 死にたくない人には、双剣をオススメしますね! さて、MH4Gのラージャン攻略、少しはお役に立てただろうか。 かなり時間がかかってしまったけど、なんとか形にすることができて、ホッとしているよ。 この記事で皆のラージャン狩りが少しでも快適になれば嬉しいよ!.

次の

激昂ラージャン、ソロ攻略メモ

ラージャン 立ち回り

できるだけ掴み技を受けないように立ち回り、受けてしまっても耐えられるように体力を満タンにしておきましょう。 拘束を受けたハンターの体力が少ない場合は、ゼロ距離ブレスが終わるまでに粉塵を撒き、叩きつけに合わせて 緊急回避で避けましょう。 激昂解除は頭攻撃が有効 「激昂ラージャン」の怒り状態とも言える激昂状態ですが、頭への攻撃で解除が出来ます。 ただし、正面はかなり危険なので、状況に応じて攻撃を仕掛けましょう。 ただし、「闘気硬化状態」になってしまうと腕に弾かれてしまうため注意が必要です。 その場で動かずモーション時間も長いため、すかさず頭を狙いに行きましょう。 地面雷撃 激昂状態に行ってくるこの攻撃は、上記の映像にもある通り 「飛びかかり」からの派生で行ってくることが多いです。 手を地面に突っ込んでから4秒ほどスキがあるので、上手く頭を狙いに行きましょう。 3連叩きつけ 激昂状態に行う「3連叩きつけ」は 3連目が攻撃対象の方に振り向きます。 この振り向きモーションを利用して頭に攻撃を入れることが可能です。 スキである 硬直時間は2秒程しか無いので、欲張って多く攻撃しないようにしましょう。 激昂ラージャンとは 常に怒り状態の特殊個体 「激昂ラージャン」は常時怒り状態の特殊な個体です。 通常個体の「」とは異なる危険なモーションを繰り出す上に、怒り状態のさらに上の「 激昂状態」という形態を持っています。 すべてを破壊する激昂状態 怒り状態の更に上の「激昂状態」は、体に雷を纏い攻撃がより一層激しくなります。 かなり危険な「激昂状態」ですが、この状態のみ落とし穴が有効なので、上手く活用して立ち回っていく必要があります。 尻尾攻撃で怒り解除が出来ない 過去作の「激昂ラージャン」は既に尻尾が破壊されていた為、尻尾を破壊して怒り解除をするという手法が取れませんでした。 そして、今作の「激昂ラージャン」は尻尾が極端に短くなっていて、尻尾攻撃で怒り解除は出来ません。 火力も出せて、耐震Lv1で快適に立ち回りつつ、生存スキルも盛り込んでいます。 腕に攻撃が吸われて弾かれてしまう方は、「心眼」を付けると尚良いでしょう。 KO術の極意と真弾丸節約の相性が良く、幾度もスタンを取って攻撃のチャンスを作るサポート向きの装備となっています.

次の