目 塗り方。 「厚塗り目イキング」目、厚塗り、メイキング描き方講座ストック

【初心者向け】目の塗り方【塗り方】

目 塗り方

今回のイラストはこれ 今回描き方をまとめたのは、2020年2月現在ブログのメインビジュアルに設定しているキャラクターのイラストです。 2019年のイラストと比べると、目の塗り方を大幅に変更しています。 メガネを外し、目の部分だけ切り取ってみるとこんな感じです。 パーツとレイヤー構成について この目の部分をパーツ分けするとこうなります。 それぞれの項目はこんな感じです。 (分かりづらくてスミマセン…)• 目の線画(顔の線画とは分けています)• 白目(本当は結膜と言うらしい)• ハイライト• 反射光• 反射光(窓枠)• 目の影(内側) この7パーツを12枚のレイヤーに分けて構成しています。 イラストのレイヤー構造について レイヤー構造をスクリーンショットを添えて載せてみます。 レイヤーについては、下記のような規則で重ねています。 後ろに来るものが下、表面に来るものを上の階層に配置• 塗りは線画よりも下• 光やエフェクトなどは線画よりも上• ハイライトは一番上• 使うレイヤーは通常レイヤーと発光レイヤーのみ と、 ここまで読んだけどよく分からん!という方、多分あなたが正解です。 これだけだととっっても分かりにくいので、どんな順番でどうやって描いていくのかをまとめていきます。 SAIの画面を載せていますが、恐らくPhotoshopでもCLIP STUDIOでも同じ原理になると思いますので、参考にしてみて下さい。 瞳の塗り方の順番や方法 なるべく詳しく、順を追って説明していきます。 目の線画だけ切り離す 目の線画部分を、他の顔部分のレイヤーから切り離し、目の線だけのレイヤーを作ります。 白目の部分を塗る 目の白い部分(結膜)部分を白く塗ります。 虹彩と瞳孔を塗る 虹彩・瞳孔は、Wikipediaによれば次のような部分を指します。 虹彩(こうさい、英: Iris)は、脊椎動物及び軟体動物頭足類の目において、角膜と水晶体の間にある薄い膜。 瞳孔の大きさを調節して網膜に入る光の量を調節する役割を持つ。 瞳孔がカメラの絞りの開口部に相当する。 引用:より 瞳孔(どうこう)または瞳(ひとみ)は、眼の虹彩によって囲まれた孔である。 瞳孔は光量に応じて、その径を変化させる。 瞳孔径の変化は、網膜に投射する光量の調整に寄与する。 引用:より 僕は、虹彩=膜、瞳孔=穴 と考えています。 このイラストでは目の色を紫にしたかったので、色の薄い部分を虹彩、濃い部分を瞳孔として塗っています。 この時点では下塗り状態です。 虹彩にグラデーションをつける 虹彩部分にグラデーションで影をつけます。 この時僕はエアブラシを使って少し濃い色を載せています。 白目の部分に影を入れる 虹彩の上、かつ線画の下にレイヤーを追加して、影を塗ります。 僕は単純に透明度を半分ほどまで下げて黒で塗っていますが、この影の塗り方はオーバーレイで重ねたり、乗算で重ねたり、お好みで変えて良いと思います。 瞳に反射光を入れる ここからは線画よりも上にレイヤーを追加していきます。 レイヤーは発光レイヤーを使います。 Photoshopだと覆い焼き(加算)になると思います。 目に光が差し込んでいる様子をイメージして、エアブラシで紫と赤を乗せていきます。 ここでは、単純に1色を乗せるのではなく、赤を乗せた上に重ねて紫を乗せ、端をぼかすことで光の境界線に色の変化を付けています。 こんな感じです。 赤色を乗せて、 その上に紫を乗せます。 それを「ぼかし」ブラシでぼかします。 出来上がり! レイヤー濃度を調整・さらに色を追加する 反射光を描いたレイヤーの濃度を調整し、イイ感じにします。 (完全に好みです) 別レイヤーをその上に追加し、先ほどの紫とは別の色(今回は水色にしました)を乗せます。 (この部分は本当に好みです…) 反射光(窓枠)を入れる 窓枠って何だ…という話なんですが、これは 僕が勝手に作ったオリジナル要素なので、恐らくこんな言葉はどこにも存在しないと思います。 窓から差し込む光、窓から漏れた光、画面から漏れた光などが目に当たっている感じを表現したいと思い、FF14のスクリーンショットを加工している最中に偶然発見した手法でした。 この窓枠の作り方はかなり適当なのですが、詳しく書くと下記のような流れとなります。 適当に四角を描きます。 (あえて手描きで描いた方が良い感じになります) ブラシサイズを細めにした消しゴムで線を引いて消します。 何となくランダムに線を引いてみます。 SAIであれば「自由な形」変形を使って、斜めにしたりイイ感じにいじります。 目のしっくり来る位置に持っていきます。 レイヤーの合成モードを「発光」にしたら完成! ちょっとした近未来間を出したい時にはピッタリだと思います。 (自画自賛) ハイライトを入れる ほぼ仕上げです。 一番上の階層にレイヤーを追加し、白色でハイライトを入れます。 ハイライトは、大きければ大きいほどコミカルになり、小さいとリアルな印象を与えるようです。 そして何カ所入れるかによっても印象が変わってきます。 今回はこの3か所にハイライトを入れてみました。 ハイライトにカラーを入れて発光感を強化する ただ白いハイライトを入れて終わり、でもいいのですが、一工夫すると発光感が強まってイイ感じになるのでオススメです。 僕の場合は、ハイライトレイヤーの1枚下に、カラーハイライトというレイヤーを作っています。 このレイヤーでは、エアブラシを使ってハイライトと同じ位置にふわっと色を乗せています。 これだけでも発光感はあるのですが、もう一工夫するともっと良くなります。 カラーハイライトに発光レイヤーを追加する カラーハイライトの上に1枚発光レイヤーを追加し、同じようにエアブラシで色をふわっと乗せます。 するとこれでもかという程に光ってくれます。 (やり過ぎ感は否めません) このあたりのエフェクトは本当に好みなので、どの程度までてを加えるかは時間との相談になりそうです… 最後に気になる部分があれば、バランスを整えて完成です!.

次の

【Mika Pikazoさんデジタルイラスト講座】 人物の本体(肌・髪・目)を塗る

目 塗り方

目の描き方のパターン1:アニメA テレビアニメでよく見られる目の描き方です。 一概には言えませんが、テレビのアニメはアニメーションにするのでわざと単純な塗り方をすることが多いです。 キラキラと光彩を細かく描いたり、ハイライトを多くしたりすると手数が増えて描くのが大変なのです。 2色や3色で簡略に綺麗に描くのがテレビアニメの目の描き方です。 流れ アニメ塗りは黒ベタをうまく使うと効率的になります。 黒ベタをうまく使い、重要なキャラの性格を表すベース色を考えましょう。 今回は黄色を使いました。 ベース色ができたら、今度はその上にハイライトと発光を入れていきます。 個性が出てくるのはここからです。 ハイライトは多く入れすぎると美少女キャラっぽくなり、発光は目立たせすぎるとうるさい感じになるので注意です。 発光は薄い消しゴムを使ったり、レイヤーの透明度を下げたりして薄く馴染ませるとしっくりきます。 目の描き方のパターン2:アニメB 今度はもっと単純なアニメ塗りを見ていきます。 目の塗り方は手数を増やさなくても、少ない色で十分表現できます。 少ない情報で素敵な目を考え出すのがおすすめです。 二色しか使っていませんが、しっかり目らしく見えます。 ベース色はキャラの性格、髪の毛の色、服の色、肌の色などを参考に、自由に色決めをするといいです。 反射光は「焼き込み リニア」や「覆い焼き 発光」などをよく使います。 ベース色を参考に、似た色で「発光」させたり、「乗算」させたりして見ましょう。 二色くらいでも十分目を描くことができましたね。 黒ベタをうまく使って、色を使うところを少なくしてしまうのも方法の一つです。 目の描き方のパターン3:ギャルゲ塗り 今度はギャルゲ塗りです。 最初にギャルゲ塗りとはどんなものか特徴を見ていきます。 ギャルゲとは美少女が出てくるPCのノベルゲーム。 歴史の始まりがどこなのか一概には言えませんが、昔の少女漫画にあるような目を大きく表現したものが男性向けのPCゲームで流行っていました。 イラストの特徴としては、リアリティと没入感のあるスプレーの「ぼかし塗り」で表現しています。 スプレーアートのアメコミやアメリカンなグラフィックを見たことがある人ならイメージしやすいかもしれませ。 スプレーは色の境界が滑らかになるので、リアリティが表現できるのです。 塗り方 基本はベースと影塗りです。 この二つを入れるだけで十分目の塗り方としては完璧です。 基本がベース塗りとスプレーの影塗り。 ハイライトなどは個性や表現といった感じです。 何色にしなければいけないというのはありません。 ベース塗りよりも影は暗く。 これが基本です。 ここはシステマチックに覚えるのではなく、いろんなイラストを見て、どのベース色と影色がバランス良く見えるのか、「色決定」を自分のセンスとして覚えていくのがおすすめです。 目の下部分を 発光させていきます。 発光とはいわゆる 反射光です。 ギャルゲ塗りはほとんど発光があるので、うまく発光しましょう。 発光の仕方はでも紹介しているので、参考にしてください! 「覆い焼き」などで発光させたらハイライトを目の上に入れておきましょう。 ハイライトは光ですので、左からなら左だけ、右なら右だけと、両目で同じ方向に入れておくといいです。 しかし正面から光が当たっているものは分散してポツポツ入れてるのもあります。 でも基本の場所は上あたりに描きます。 ここで完成にしてもいいのですが、線画もベース色に近い感じでなじませます。 先ほどは下書きの黒のままでしたが、ベース色に近い濃い緑色に変えました。 次は目の上の影です。 目の上部に影をもう少し入れてみます。 目の上部が暗くないと、パッとしない感じになりやすいので、明暗を表現するために入れるとしっくりします。 ギャルゲ塗りの場合は目の上部に影があった方がギャルゲぽい陰鬱な感じになるので、スプレーやGペンで入れてみます。 入れたら透明度をいじって色をなじませます。 入れると少しジト目っぽくなりますよね。 ちなみにギャルゲ塗りの場合は服や肌もスプレーやブラシで立体感を出して表現するものですが、目だけをギャルゲ塗りにして、他はアニメ塗りにするのも相性がいいです。 むしろ全部ギャルゲ塗りにするとブラシ塗りが目立って古臭い感じになるので、最近はブラシの入れるところを選んで描かれているものが多い気がします。 目の描き方のパターン4:Pixiv塗り こんな塗り方があるのかわかりませんが、漫画には漫画の世界の塗り方があったり、少女漫画は少女漫画の塗り方があったり、女性なら女性、男性なら男性と、媒体や人によって塗り方や描き方の傾向がある気がします。 PIxivも同じように流行りの塗り方があるようです。 例えばこんな感じ。 ベース色と違った色の反射光が入っています。 コピックぽい感じもしますよね。 宇宙っぽいと言うか、虹っぽいというか、アニメや漫画では多彩な表現ができませんが、デジタルのイラストなら表現の幅が広いので、こうした複雑な目の描き方が発展していったのかもしれません。 自由にいろんな色を入れるのを勝手にPixiv塗りと呼んでいますw 流れを見ていきましょう。 最初にフレームを描きます。 ベース色はなんでもいいのですが、濃い色を選びます。 それから上影を入れていきます。 ここは基本通りと一緒です。 アニメ塗りなどと違って、「覆い焼き 発光」「焼き込み リニア」「乗算」などなど、なんでもいいので綺麗に光った感じが出るものを選んで見てください。 ペンはパキっとさせたいなら「Gペン」など、ぼんやりさせたいなら「薄い鉛筆」や「スプレー」などを選ぶといいでしょう。 ハイライトも「覆い焼き」などで発光させても面白いです。 色はカラーチャートで隣同士の色を探してみるのがおすすめです。 このベース色だとピンクや水色などでもいけます。 虹をイメージするといい感じです。 まとめ いろんな塗り方がありますが、基本はアニメ塗りとギャルゲ塗りだと思います。 この二つのをうまく取り入れて合わせていき、応用でPixiv塗りのような色をたくさん使った宇宙っぽい感じにしてみるのもおすすめです。 目の塗り方は基本を押さえておけば、それほどパターンがないのではないかと思います。 なので、まずはアニメ塗りやギャルゲ塗りなどを勉強していくのがおすすめです! 正面から綺麗に描くコツなどこちらの記事でもご紹介してます。

次の

自分に似合うアイシャドウが見つかる♪目の形別や肌色別に選び方&塗り方を徹底解説

目 塗り方

これがないと、ぼやけた感じになってしまいます。 まず中心に楕円っぽい丸を描いてください。 このように中心部分だけでもいいんですが、わたしの場合は大抵上の部分も塗ります。 中心に描いた楕円と同じ描画色で、画像の赤の点線のように山を描いて… 塗りつぶし。 白を選んで、目の上あたりにふたつくらい光を入れてみましょう。 下にも小さめの光をふたつ。 目に力が出ましたね! 基本の目はこれで完成です! ポイント 反射部分の描き込みは、瞳の色の濃い部分と薄い部分、どちらにもまたがる方が透け感が増して奥行きが出ます。 少し物足りないな…という方は、もう少し描き足しても構いませんので自分で調整してみてください。 わたしは小さな光をいくつか描き足してみました。 これで光の反射の描き込みは完了です! 目のフチの色を変えてみよう! やらなくてもいいのですが、より描き込んだ感が増すわりに、大した手間でもないので一緒に覚えてしまいましょう。 これで新規レイヤーに描いたものは目のフチレイヤーからはみ出すことがなくなりました。 クリッピングについてはこちらの記事で詳しく解説しています。 選ぶペンはエアブラシ。 どのエアブラシでも大丈夫ですが、今回は「 エアブラシ(標準)」を選択しました。 描画色ですが、いくつか選択肢があります。

次の