幻想 麻雀。 东方幻想麻雀4 日文免安装版下载_东方幻想麻雀4下载_单机游戏下载大全中文版下载_3DM单机

『東方幻想麻雀』の感想をとにかく急いで書いてみた|オピオン|note

幻想 麻雀

『対戦ホットギミック』のオシオキシーンを遠巻きに見つめ、 『兎-野性の闘牌-』の園長と仙道に怒りを覚え、 『続 お手並み拝見』で三人麻雀なるものを知る。 そんな過去を過ごしてきた自分が今月のトークテーマ2つ目。 というか、【テーマはないのでなんか書け】枠で書いていくのが2020年1月30日に発売されたばかりのNintendo Switch『東方幻想麻雀』の感想。 早いレビューには早さ自体に意味があるんじゃないかと、買いたてホヤホヤの『東方幻想麻雀』をプレイしつついろいろ書いていきます。 ベースは手堅いコンピュータ麻雀 『東方幻想麻雀』は「東方Project」の二次創作作品。 制作したD. SoftwaresはPC用の同人ゲームとして2009年以降『東方幻想麻雀』シリーズと呼べるくらいに複数の麻雀ゲームを頒布しているそうです。 採用されている役は一般的な範疇で、ローカル役と呼ばれがちなものはほぼなし(ほぼ、というのは人によって一般的のラインが変わるため)。 立直時の捨て牌選択時に待ちが表示され、ドラはツモったときや河に置かれたときに軽くエフェクトが入ると、麻雀ゲーム定番の親切機能も搭載されています。 その一方で、鳴きたくないときにこのゲームの進行を止める状態をスムーズにオンオフできないと「ゲームの進行が止まったことで手牌を読まれる」という問題もあります。 本作ではこのオンオフを常時ボタンひとつで切り替え可能。 自動であがる機能のオンオフもボタン一つで行えるので、ダマテンで高目を狙うために安あがりの牌を見逃すみたいな行動もしやすいです。 総じてコンピュータゲームの麻雀として基本は過不足なく押さえられている印象ですね。 COMの手ごわさは一般的な四人打ち麻雀ゲームと同程度。 テンパイだけしていたら流局続きであっさり勝つこともあれば、三順目でリーチされて「やめろよぉ」となることもある。 強すぎず弱すぎず、そして一巡目で「天和^^」などというインチキ臭さもなく、ダラダラCOMと対局していても理不尽さや退屈さを感じることはありません。 あえて言うなら後述する能力の使い方が少し下手かなと感じるくらい。 ただ、麻雀を覚えるためのモードはなく、説明書も採用されている役の紹介でその役が成立する条件が書かれているくらい。 字牌で一飜付けるのがあがりへの特急券みたいな、麻雀を覚えたてでも知っているようなことさえ補足はありません。 あくまで最低限麻雀のルールを知っている前提の作りですね。 嫌がらせありロマンありの特殊能力 本作の大きな特徴となるのは、登場キャラクター107名が異なる能力を持っていること。 107名もいるので、役の積み込み、手札のドラ化、他家への強制ツモ切り、振り込みの防止、未来のツモ牌ののぞき見、と能力のバーゲンセール状態。 攻撃的な能力も防御的の能力も、能力麻雀を遊んだことがある人が思いつくような能力はたいてい用意されています。 さらに、可能な限り原作の能力やスペルカードを麻雀のルールに落とし込んでいる印象。 「爆!」とか「豪!」とかもしてきません。 自分はドラ増やしたり風牌仕込んだりといった、役の爆発力を上げるキャラクターばかり使っていますけどね(笑)。 卓のルールが豊富過ぎてなんかすごい キャラクターが能力を持っていることに加えて特殊なルールで遊べる卓も豊富。 まあ、この卓のルールはシンプルで通常と違う点はたったの2つ。 ・赤ドラが字牌に1枚ずつ存在する ・点数は青天井 ……うん、やばいね。 麻雀は知っているけど青天井ってなんぞ? という人に8割くらい正しい説明をすると、満貫とか跳満とかがなくて5飜以降も1飜につき点数が倍になるルール。 親の跳満で最低38,400点、子の数え役満で最低3,276,800点になるよ。 まあ、そんな感じ。 ロン! 60符6翻、61500点です!! もちろん25,000点なんて持ち点では瞬時に消し飛ぶので、青天井ルールに限り各プレイヤー10,000,000点からスタート! 30,800点オールが痛いけれども致命傷ではない麻雀って新鮮ですよ。 能力と卓のルール、両方合わさってなんだかえらいことになっている麻雀が遊べる。 それが『東方幻想麻雀』なんです(能力なし、通常ルールでも遊べます)。

次の

『東方幻想麻雀』の感想をとにかく急いで書いてみた|オピオン|note

幻想 麻雀

『対戦ホットギミック』のオシオキシーンを遠巻きに見つめ、 『兎-野性の闘牌-』の園長と仙道に怒りを覚え、 『続 お手並み拝見』で三人麻雀なるものを知る。 そんな過去を過ごしてきた自分が今月のトークテーマ2つ目。 というか、【テーマはないのでなんか書け】枠で書いていくのが2020年1月30日に発売されたばかりのNintendo Switch『東方幻想麻雀』の感想。 早いレビューには早さ自体に意味があるんじゃないかと、買いたてホヤホヤの『東方幻想麻雀』をプレイしつついろいろ書いていきます。 ベースは手堅いコンピュータ麻雀 『東方幻想麻雀』は「東方Project」の二次創作作品。 制作したD. SoftwaresはPC用の同人ゲームとして2009年以降『東方幻想麻雀』シリーズと呼べるくらいに複数の麻雀ゲームを頒布しているそうです。 採用されている役は一般的な範疇で、ローカル役と呼ばれがちなものはほぼなし(ほぼ、というのは人によって一般的のラインが変わるため)。 立直時の捨て牌選択時に待ちが表示され、ドラはツモったときや河に置かれたときに軽くエフェクトが入ると、麻雀ゲーム定番の親切機能も搭載されています。 その一方で、鳴きたくないときにこのゲームの進行を止める状態をスムーズにオンオフできないと「ゲームの進行が止まったことで手牌を読まれる」という問題もあります。 本作ではこのオンオフを常時ボタンひとつで切り替え可能。 自動であがる機能のオンオフもボタン一つで行えるので、ダマテンで高目を狙うために安あがりの牌を見逃すみたいな行動もしやすいです。 総じてコンピュータゲームの麻雀として基本は過不足なく押さえられている印象ですね。 COMの手ごわさは一般的な四人打ち麻雀ゲームと同程度。 テンパイだけしていたら流局続きであっさり勝つこともあれば、三順目でリーチされて「やめろよぉ」となることもある。 強すぎず弱すぎず、そして一巡目で「天和^^」などというインチキ臭さもなく、ダラダラCOMと対局していても理不尽さや退屈さを感じることはありません。 あえて言うなら後述する能力の使い方が少し下手かなと感じるくらい。 ただ、麻雀を覚えるためのモードはなく、説明書も採用されている役の紹介でその役が成立する条件が書かれているくらい。 字牌で一飜付けるのがあがりへの特急券みたいな、麻雀を覚えたてでも知っているようなことさえ補足はありません。 あくまで最低限麻雀のルールを知っている前提の作りですね。 嫌がらせありロマンありの特殊能力 本作の大きな特徴となるのは、登場キャラクター107名が異なる能力を持っていること。 107名もいるので、役の積み込み、手札のドラ化、他家への強制ツモ切り、振り込みの防止、未来のツモ牌ののぞき見、と能力のバーゲンセール状態。 攻撃的な能力も防御的の能力も、能力麻雀を遊んだことがある人が思いつくような能力はたいてい用意されています。 さらに、可能な限り原作の能力やスペルカードを麻雀のルールに落とし込んでいる印象。 「爆!」とか「豪!」とかもしてきません。 自分はドラ増やしたり風牌仕込んだりといった、役の爆発力を上げるキャラクターばかり使っていますけどね(笑)。 卓のルールが豊富過ぎてなんかすごい キャラクターが能力を持っていることに加えて特殊なルールで遊べる卓も豊富。 まあ、この卓のルールはシンプルで通常と違う点はたったの2つ。 ・赤ドラが字牌に1枚ずつ存在する ・点数は青天井 ……うん、やばいね。 麻雀は知っているけど青天井ってなんぞ? という人に8割くらい正しい説明をすると、満貫とか跳満とかがなくて5飜以降も1飜につき点数が倍になるルール。 親の跳満で最低38,400点、子の数え役満で最低3,276,800点になるよ。 まあ、そんな感じ。 ロン! 60符6翻、61500点です!! もちろん25,000点なんて持ち点では瞬時に消し飛ぶので、青天井ルールに限り各プレイヤー10,000,000点からスタート! 30,800点オールが痛いけれども致命傷ではない麻雀って新鮮ですよ。 能力と卓のルール、両方合わさってなんだかえらいことになっている麻雀が遊べる。 それが『東方幻想麻雀』なんです(能力なし、通常ルールでも遊べます)。

次の

東方幻想麻雀Switch版の発売日は2020年1月30日!

幻想 麻雀

でもやっぱり一部特殊能力はチート級だとも思う。 具体的には後述する。 ・能力なしの麻雀だとあまり遊ぶ意味はなさげ。 キャラとか音楽とか欲しいけど能力なしの麻雀がやりたいという人はいるとは思う。 ・ちょっとテンポは悪い、ラグなのかよく分からない。 googledocsの方にも特殊能力シートをまとめて共有しました。 自由に使っていただいてOKです。 転載もOK。 東方Projectや東方幻想麻雀に思入れのある有志に活用いただければそれで良いです。 特殊能力の発動条件の大別 特殊能力をまとめて分類してみたところ、発動タイミングの大別が4種類。 ・いつでも出せる任意のもの ・開幕にしか出せないもの ・和了した時だけ出せるもの(だいたい強力) ・特殊な条件があるもの 特殊能力の効果の大別 かなり種類が多いです。 自分なりに分別してみたところ(PCからやってる人たちでまとめた既存の分け方があるかもしれないけど) ・確率操作(特定のツモ牌が来るようにする) ・撹乱(河が見えない、捨て牌が偽装される) ・牌交換(手牌の一部を交換する、任意のものとランダムのものがある) ・仕切り直し(配牌をやり直す、開幕にしか出せない) ・次局仕込み(配牌が偏るように仕込む、強弱や安定性が激しいように見える) ・ツモ手数(もう1回ツモできる、割と地味) ・点数強奪(副露しまくる人向けの特殊能力) ・点数増加(和了した時に点数が増えるものが多い) ・ドラ増加(赤ドラが増えたりする、火力上がる) ・被弾軽減(受けた点数のダメージを軽減する、種類が少ない) ・防御(ロンされないとか放銃対策のもの) ・妨害(ツモ切りしかできないようにする、鳴けないようにするとか行動制限させるもの) ・特殊(上記分類に入れるのが難しいもの、変わったものが多い) 特殊能力の大別をしてみた印象 ・外れの特殊能力がある(どれとは言わないけど) ・次局仕込みの特殊能力はステージとの相性があるので理解しておく必要がある ・特定のルール特化の特殊能力がある(3人打ち向きとか) ・ 撹乱系は本当にウザい 特にミスティア・ローレライ ・ 強すぎない?という能力がある。 ・ 実力があればドラ増加系で火力マシマシにするのが強そう ・全部覚えるのは大変なので重要な特殊能力だけピックアップして覚えた方が良さそう 最後に 特殊能力ありの麻雀面白いよ 十六夜咲夜の任意手牌3枚交換の特殊能力が個人的には使いやすいです.

次の