ロールキャベツ 冷凍食品。 冷凍食品はアレンジで変身!簡単アレンジと自作冷凍食品レシピ

煮込んでおいしいロールキャベツ

ロールキャベツ 冷凍食品

レストランにも負けない味の開発 冷凍ロールキャベツの開発にあたって、都内老舗レストランのロールキャベツを徹底的に食べつくし、研究いたしました。 老舗レストランにも負けない品質のものを、ご家庭で手軽に購入できるようにしたい、というのが弊社の熱い思いでした。 海外への飛躍、 海外でも日本品質を実現 品質と安全を維持・向上させながら、より手頃に提供していくためにはどうしたらよいか?と、悩んでいたところ、中国のメーカーが協力を申し出てくれました。 こうして、弊社の海外工場は、1992年中国山東省・威海・石島地区から始まりました。 安心安全に細心の注意を払い、工場衛生管理の向上、原材料のトレーサビリティ体制の確立、キャベツの契約農場への農薬指導、農場指導、ヤマガタ青島という品質管理会社の設立など全社一丸となった取り組みと、それに対する中国メーカーの深い理解と熱心な協力により、弊社の目指すロールキャベツ作りを確立することができました。 今では合弁工場の社員たちは、日本人以上に食に対するプライドと情熱を持って取り組むに至っております。 だからこそ、中国合弁工場の製品は「海外にある日本の工場です」と胸を張って言える水準になっているものと自負しております。 進化を続ける企業でありたい ロールキャベツ事業は会社全体が一丸となって取り組んだ事業で、営業、品質管理、開発各部門の努力により、一時は年間6000トンを越える販売実績を誇り、業界内でロールキャベツ=ヤマガタ食品とまで認識されるに至りました。 このロールキャベツへの取り組みは、ヤマガタ食品の原点になるとともに、貴重な技術力・開発力・販売力といった財産になっています。 例えば、ロールキャベツの調味技術は様々な製品に応用されており、弊社の300アイテムを超える商品はすべて、「本物の味を、適正な価格で提供」できるように工夫されています。 又、品質管理においても、日本の皆様に愛され続けるために、より安全で安心なものを提供できる体制づくりに励んでおります。

次の

冷凍食品はアレンジで変身!簡単アレンジと自作冷凍食品レシピ

ロールキャベツ 冷凍食品

まずは、ロールキャベツの冷凍方法を紹介しよう。 ロールキャベツは煮込む前と後で少々冷凍方法が異なってくる。 まず煮込む前に冷凍保存する場合は、軽く茹でてから保存するようにしよう。 なぜならロールキャベツの中には肉ダネが入っており、生のままだと傷みやすく、日持ちが悪い。 火を通しておくことで殺菌し、菌が繁殖するのを防げるからだ。 火を通したらラップでひとつずつくるんで冷凍保存しよう。 ラップにくるむ際はできるだけ空気が中に入らないよう気を付けて。 端から少しずつ空気を抜きながらロールキャベツを巻き込んでいけば、簡単にくるむことができる。 ひとつずつ保存することで少量ずつ使うことができるし、いろいろな味付けを楽しむことができるだろう。 スープで煮込んだあとの冷凍方法はいたって簡単だ。 密閉可能な保存容器の中に煮込んだロールキャベツとスープをまるごと入れて冷凍するだけでよい。 大量に作りすぎたロールキャベツ... いったいどのくらい保存できるのだろう?と思う方もいるだろう。 そんな方のために、ここではロールキャベツの保存期間について、詳しく解説していく。 一番長持ちするのはやはり冷凍保存だ。 冷凍保存した場合の保存期間はおよそ1ヶ月程度。 ひとつずつラップでくるんで保存するよりも、スープごと一緒に保存したほうが、冷凍焼けしにくく長持ちするので、日持ちさせたい場合はスープごと冷凍保存するとよいだろう。 しっかりと煮込んだロールキャベツを冷蔵保存する場合は2~3日で食べきるようにしよう。 この際、密閉容器にスープごとロールキャベツを入れて冷蔵庫で保存する。 次の日には食べきれる場合は冷蔵庫で、食べきるのに数日かかる場合は冷凍保存するのがおすすめだ。 せっかくロールキャベツを冷凍保存しても、解凍方法で失敗してしまうと台無しだ。 最後に、ロールキャベツの上手な解凍方法について解説していこう。 一番おすすめなのは前日に冷凍したロールキャベツを冷蔵庫に移して自然解凍。 食べる前に鍋で加熱する方法だ。 煮込む前にロールキャベツを冷凍保存していた場合は、お好みのスープを作ってそこへ自然解凍したロールキャベツを投入して煮込めばよい。 電子レンジ使用可の容器でスープごと保存した場合は、そのまま電子レンジで解凍してもよい。 また、煮込む前の冷凍ロールキャベツを、なんと炊飯器で調理する方法もある。 炊飯器にお湯、コンソメ顆粒、顆粒和風出汁、塩、めんつゆ、酒、コショウ、それにロールキャベツを冷凍のまま投入。 そのまま炊飯器のスイッチをオンすればOK。 手軽に美味しいロールキャベツの解凍方法だ。 ぜひ解凍方法にもこだわって、冷凍保存したロールキャベツを最後まで美味しく食べるようにしよう。

次の

ありそうでなかった、家庭用冷凍食品の「ロールキャベツ」(米久)

ロールキャベツ 冷凍食品

まずは、ロールキャベツの冷凍方法を紹介しよう。 ロールキャベツは煮込む前と後で少々冷凍方法が異なってくる。 まず煮込む前に冷凍保存する場合は、軽く茹でてから保存するようにしよう。 なぜならロールキャベツの中には肉ダネが入っており、生のままだと傷みやすく、日持ちが悪い。 火を通しておくことで殺菌し、菌が繁殖するのを防げるからだ。 火を通したらラップでひとつずつくるんで冷凍保存しよう。 ラップにくるむ際はできるだけ空気が中に入らないよう気を付けて。 端から少しずつ空気を抜きながらロールキャベツを巻き込んでいけば、簡単にくるむことができる。 ひとつずつ保存することで少量ずつ使うことができるし、いろいろな味付けを楽しむことができるだろう。 スープで煮込んだあとの冷凍方法はいたって簡単だ。 密閉可能な保存容器の中に煮込んだロールキャベツとスープをまるごと入れて冷凍するだけでよい。 大量に作りすぎたロールキャベツ... いったいどのくらい保存できるのだろう?と思う方もいるだろう。 そんな方のために、ここではロールキャベツの保存期間について、詳しく解説していく。 一番長持ちするのはやはり冷凍保存だ。 冷凍保存した場合の保存期間はおよそ1ヶ月程度。 ひとつずつラップでくるんで保存するよりも、スープごと一緒に保存したほうが、冷凍焼けしにくく長持ちするので、日持ちさせたい場合はスープごと冷凍保存するとよいだろう。 しっかりと煮込んだロールキャベツを冷蔵保存する場合は2~3日で食べきるようにしよう。 この際、密閉容器にスープごとロールキャベツを入れて冷蔵庫で保存する。 次の日には食べきれる場合は冷蔵庫で、食べきるのに数日かかる場合は冷凍保存するのがおすすめだ。 せっかくロールキャベツを冷凍保存しても、解凍方法で失敗してしまうと台無しだ。 最後に、ロールキャベツの上手な解凍方法について解説していこう。 一番おすすめなのは前日に冷凍したロールキャベツを冷蔵庫に移して自然解凍。 食べる前に鍋で加熱する方法だ。 煮込む前にロールキャベツを冷凍保存していた場合は、お好みのスープを作ってそこへ自然解凍したロールキャベツを投入して煮込めばよい。 電子レンジ使用可の容器でスープごと保存した場合は、そのまま電子レンジで解凍してもよい。 また、煮込む前の冷凍ロールキャベツを、なんと炊飯器で調理する方法もある。 炊飯器にお湯、コンソメ顆粒、顆粒和風出汁、塩、めんつゆ、酒、コショウ、それにロールキャベツを冷凍のまま投入。 そのまま炊飯器のスイッチをオンすればOK。 手軽に美味しいロールキャベツの解凍方法だ。 ぜひ解凍方法にもこだわって、冷凍保存したロールキャベツを最後まで美味しく食べるようにしよう。

次の