生理前 腹痛。 生理前の腹痛について知っておきたいこと

女医に聞く「腹痛だけあって生理がこないのはどんな時?」

生理前 腹痛

スポンサーリンク 生理は女性に起こる生理現象の一種で、赤ちゃんを迎えるために必要不可欠な事です。 基本的に1ヶ月に1度くらいの周期で訪れるものなのですが、この周期は人によって差があります。 生理が起きている最中や生理前には、精神的・身体的に様々な症状が現われる人も少なくないです。 特に生理前に強く症状が現われて、生理の開始に伴って少しずつ落ち着いてくるというケースが多いです。 具体的な症状としては、イライラや不安感等といった精神的なもの、腹痛や腰痛等といった身体的なものがあります。 人によって現われる症状や、その重さには大きな差があるのが特徴です。 ほとんど症状を感じない人もいれば、症状が重くて日常生活に支障をきたす人もいます。 スポンサーリンク こうした生理前等に現われる症状の中でも、特に悩まされている人が多いのが腹痛です。 生理が始まる1週間程度前から現われ始めて、じわじわと強くなっていく事が多いです。 中には下痢を併発してしまう人もいて、非常につらい状態が数日間に渡って続きます。 生理に関連して起こる腹痛は我慢せずに、早めに対処をするのが精神的にも望ましいと言えます。 腹痛が激しい場合には、市販の鎮痛薬を服用するのも有効な手段です。 本格的に生理が来る前に薬を服用しても大丈夫か不安に思う人もいますが、基本的には問題ないです。 ただ中には鎮痛薬を服用すると、生理そのものが遅れるという人もいます。 こういった場合には薬を服用せずに、下腹部を温めて痛みを緩和するという方法もあります。 スポンサーリンク.

次の

PMSの症状「生理前の下腹部の張り・腹痛」の対策法を解説します。

生理前 腹痛

スポンサーリンク 生理前になると、腹痛を訴える人は少なくありません。 少々の痛みならば良いのですが、中には我慢できないほどの激痛に苦しむ人もいるのです。 そうした場合には何かしらの病気が隠れていることもありますので、病院で検査を受けるのが一番です。 しかしそうした隠れた病気がない場合でも、激痛に苦しむ人はいます。 そんな時には、まずやっておきたいのはお腹を温めることです。 温める場所は子宮の上辺り、つまり脚の付け根よりも少々上の位置を温めてあげると良いのです。 この時カイロなどを使用するよりも、ホットタオルで温めてあげると程好い温度となり、痛みが和らぎます。 座っていることができるならば、少々温めのお風呂に入るのも良いでしょう。 スポンサーリンク お腹を温めても効果を感じられない時には、腰と足首も同時に温めてあげると効果的です。 また、香りを利用するのも1つの方法です。 生理前の腹痛というのは、ホルモンバランスの崩れや自律神経の乱れが原因となっていることも少なくありません。 そうした時は精神的に不安定になって、痛みを増幅させてしまうこともあります。 ですのでリラックス効果のあるアロマなどを利用すると、痛みが和らぐこともあるのです。 但し、どんなにリラックス効果の高いものだとしても、強い香りは避けた方が良いでしょう。 香りが逆に刺激となってしまい、痛みが増してしまうこともあるのです。 ですので香りを利用する場合には、ほのかに香る程度にするのがポイントとなっています。 スポンサーリンク.

次の

PMSの症状「生理前の下腹部の張り・腹痛」の対策法を解説します。

生理前 腹痛

Contents• 生理中、生理前に現れる急性症状 生理中または生理予定日前に、急性胃腸炎の症状が出ることがあります。 私が最初に経験したのは27歳のときで、長女を出産した1年後でした。 その症状は以下のようなものでした。 胃のむかつき• 吐き気• 下腹部痛• 全身から冷や汗が出る• 手足が冷たくなる• 視界が暗くなる、光がちらつく• 耳鳴り この症状はひとつずつでなく、ほぼ同時に、または数分ずつずらして一時的に強く現れます。 私の場合はたいてい長くても10分程度で治まりますが、始まるとトイレから出られず、このまま死ぬんじゃないかと思うほど辛いです。 人によってはもっと長く症状が続くこともあるようです。 原因は? これらの症状は、生理前・生理中に必ずなるわけではありませんでした。 病気かと思い1度は病院にも行きましたが、自律神経失調症と診断されました。 毎回ではなく、なりやすい条件があるようだと感じたので、思い当たる条件をまとめてみました。 気温が低い、寒い時期• 睡眠不足、不規則な生活• アルコールまたはコーヒーを飲む 睡眠不足や冷えなどは、自律神経も関係が深いと思います。 また、生理に絡んでいる事からホルモンバランスも関係していると思われます。 症状が出た時の対処法は? 症状が始まってしまうと、耐えるしかないです。 そのときには家族や同僚に状況を説明する余裕もないことが多いです。 私はトイレに駆け込んでしばらくこもることになりますので、家族や会社の仲の良い人に、どんな状態になるかを説明しています。 ある女性は、外出先で症状が出てトイレ内で動けなくなり、救急車をよんでもらったと言っていました。 辛いんですよね、ほんとに。 症状が落ち着くタイミングがあれば、温かい水分をとって、下腹部を温めると少し楽になります。 予防策はあるの? 私がやってみて効果があったと思われる予防策を紹介します。 全ての方に当てはまるものではありませんので、参考にとどめてください。 生理前・生理中は体を冷やさない(特に足首と下腹部)• コーヒー、アルコール、刺激物、油脂類を控える• 睡眠時間をしっかりとる• 意識してゆっくり深く呼吸をする• 普段から自律神経を整える呼吸法などを行う これらを意識してやっている時は、症状が出ませんでした。 油断していると忘れた頃にやってきます。 自律神経を整える方法 ゆっくりと深く呼吸し、酸素を多く取り込むことで、副交感神経を優位にし自律神経のバランスをとることができます。 自律神経を整えることは、症状が出た時というより普段からやっていると効果があります。 呼吸法 胸を意識する呼吸と、お腹を意識する呼吸です。 1~5を朝と夜に、2セットずつ行います。 仰向けに寝て、膝を立てる。 胸の上に手を当て、胸部が膨らむのを意識しながら息を吸う。 吸いきったら、胸部が凹むのを意識しながら息を吐く。 お腹が膨らむのを意識しながら息を吸う。 お腹が凹むのを意識しながら息を吐く。 簡単体操 夜寝る前などに行うと足のむくみもとれて楽になります。 回数はできるところから始めて、無理をしないようにしてください。 仰向けに寝る。 足を揃えて垂直に上げ、足首を曲げる。 (足の裏が天井を向くように)• 足の指を握ったり開いたり。 ムリなくできるなら50回ほど繰り返す。 その他気づいたことなど 何度か症状を経験すると、前兆が分かるようになってきました。 不快感が現れ始めた時点で胃薬を飲むと、症状が出ずに治まることもあります。 症状が始まるとほとんどパニックになってしまい、冷静に体の状態を観察するのは難しいと思います。 それでも、前触れや起こる前の状況に共通点があることもありますので、経験を無駄にせず自分に合う対処法を見つけてみてください。 少しでも快適な生理日を過ごしたいですね。 どうぞお大事に! 最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

次の