タイムズ カー シェア 会員。 プレミアム会員

ニュースリリース

タイムズ カー シェア 会員

新型コロナウイルス感染拡大防止で政府が「人との接触機会8割減」を訴えるなか、カーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」の夜間-翌朝の定額プラン利用者が3倍に増えたことが分かった。 大幅割引を行っていることもあるが、運営するパーク24グループは「必要な業務などでやむを得ず移動しなければいけない方々に、混雑や接触を極力避けられる手段として提供できているのではないか」と分析している。 利用者が急増したのは、午後6時~午前9時の最大15時間利用できる定額の「ナイトパック」。 通常は車種のクラスによって2640~5280円だが、これを全クラス一律500円に値下げするキャンペーンを3月6日から開始した。 すると、3月27日までの3週間の同パック利用者数が、2月14日~3月5日の3週間と比べ3倍に増えたという。 こうした状況を受け、当初は3月末までだった予定を4月20日まで延長した。 3月の新規入会者も「前年比で若干伸びた」(広報)という。 キャンペーンは「状況次第で再延長も検討する」としている。 共用される車両からの感染防止策としては、スタッフが月に複数回行う点検時に除菌スプレーによる清掃を加えているほか、利用者用に全車に除菌スプレーを順次搭載。 予約画面などで手洗いとあわせ、徹底を繰り返し求めているという。 公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団によると、平成27年に約68万人(3月時点)だった全国のカーシェア会員数は昨年には約162万人と、4年間でおよそ2・4倍に急増。 現在、全国約1万7000拠点で計3万5000台以上が提供されている。

次の

タイムズカーシェアの料金は意外と高い?会員になる前に知るべきポイント【2020年】

タイムズ カー シェア 会員

タイムズカーシェア退会の注意点• 退会日は退会申込を行った月末になる• 月額基本料金は日割りできない• 家族プランは家族会員の退会手続きを先に行う 1つずつ見ていきます! 退会日は退会申し込みを行った月末になる タイムズカーシェアの退会日は、 退会申し込みを行った月の月末になります。 次月以降の退会を考えている場合は、その月になってから手続きを行うようにしましょう。 退会手続き画面で「退会日」を確認することができます。 月額基本料は日割りできない 月の途中で退会手続きを行っても、退会日は月末。 月額基本料は日割りにはならないので、返金もありません。 退会手続きが完了した後でも、月末までは利用することができます。 家族プランは家族会員の退会手続きを先に行う 家族プランで契約している場合は、まず 家族会員の退会手続きを行う必要があります。 先に主契約者の退会手続きを行うとエラーになるよ 主契約者のマイページから、まず家族会員の退会手続きを行います。 家族会員の退会方法 主契約者のマイページから「 ご登録情報の確認」に入り、 「 ご契約会員情報一覧」で家族会員を選んで「詳細」を押します。 「 ご契約会員情報の確認」の一番下にある「退会申込」を押します。 あとは上記の「退会手続き手順」と同じ。 退会理由を選択して、確定ボタンを押せば家族会員の退会完了です。 家族会員全員の退会手続きが終わったら、主契約者の退会手続きをしましょう。 主契約者のみ退会する場合は、書面手続きを行って家族会員を主契約者に変更しておく必要があります。 タイムズカーシェアの再入会はいつでもOK! キャンペーンを利用できるのは1回のみ! 再入会の場合は、 初期費用であるカード発行料が必ず必要となるので注意しましょう。 【口コミ】みんなのカーシェア退会・再入会の理由は? みんなはどんな理由でカーシェアを退会・再入会しているのか? 口コミを調べてみました! カーシェア退会の口コミ カーシェア、便利だったんだけど退会! 去年は駐車場が除雪されてないがために使えなかったことがしばしばあったので・・・ 雪が溶けたらまた入会するかも? 最後にJALマイルをちょっとだけ回収 — 道民夫婦 コスパ追求の日々 douminmile カーシェア退会しなきゃ… 月額普通にもったいないわ — 暮葉: kureha2015 ついにカーシェアを退会してしまった!随分長い間お世話になったなあ? — えみし flowerlanguages 広がるカーシェア カーシェアのサービスを退会した人に理由を聞くと、全体の2割程度は自家用車の購入 — きらら kiraradq カレコ再入会したけど、車にこだわりないし、やっぱタイムズカーシェアだけで充分だ。 ステージ4だしね。 カレコ再び退会。 — おっさん otusan2020 カーシェアの退会理由には、 マイカーを検討中に試しにカーシェアを使ってみる人も多いよ! カーシェア再入会の口コミ カーシェアに再入会した人の口コミも調べてみました! 近所にタイムズカーシェアステーションあったし、3年ぶりに再入会しよ 他にもカーシェアやってるとこあるんやろうけど慣れたとこでええわ — タテイシサマースイカ Judgement777 先月どうしても1日だけ車が必要でレンタカー屋さんの方が遠いし短時間だったのでカーシェアに再入会したんだけど今月乗る機会あるかなー…とそのままにしておいたけど結局1日も乗ることもないままもうすぐ月末なのでまた退会しました。 使わないと本当使わない生活になるんだよね。 雨の日のブルベスタート受付に行くときとか、平日の夜にIKEAとかコストコに月に1回行くぐらいなら丁度いいだろう…って、2~3年前も同じ事を思ったけど、入会したのが春だったので一度も使わずに3ヶ月経過して退会したんだよなぁw — ばっきー bakkyd 一度カーシェアを退会した人が再入会する理由には、.

次の

タイムズカーシェアを今すぐ使いたい!クイック入会の手順&会員証を即日発行する方法

タイムズ カー シェア 会員

グッドマナードライバーを今まで自分で自負していたのですが、大変お恥ずかしい話です。 今回は、この件を通じて得られた教訓と、カーシェアの予約制度の問題点について、ちょっと考えてみたいと思います。 無断延長を犯してしまったいきさつと教訓 まずは、 複数人で車両を共同利用するカーシェアを利用する以上、会員は決められたルールを守らなければなりません。 それが嫌ならマイカーを買いましょう。 この点、私も重々承知しております(笑)。 その上で、今回なぜ無断延長を犯してしまったのか、その いいわけいきさつについて説明したいと思います。 1.時間に余裕を持った予約をしなかった 当日は所要があって電車で外出しており、その外出先での移動のために、タイムズカープラスの車を利用しようと考えました。 移動距離と目的から考えて、30分あれば十分用事を済ますことができるだろうと考え、30分のみ予約を入れました。 これが第1の間違いでした。 私の後には予約が全く入っていない状況だったので、もっと余裕をもった時間(45分や60分)の予約を入れるべきでした。 早く用事が済んで返却できれば、使った分しか課金されませんので、損することもありません。 「いい機会だから、いつもとは違う車を借りよう」と考えた私は、プレミアムクラスの輸入車を予約しました。 コレが第2の間違いでした。 普段乗り慣れている日本車とは勝手が違って、何をするにもいちいち時間がかかるのです。 好奇心がアダとなりました。 しかもエンジンをかける際に、ハンドルロックがかかっていたようで、実際に車を動かすまでに数分の時間を要してしまいました。 それが見やすかったので、その時計で返却時間までの時間を測っていました。 返却時間が近づいてきて、ふと、ナビの時計を見て見ると、全然時間が残っていないことに気づきました。 車両に設置されている時計は数分遅れていたのです。 本当は、その時点で逡巡すること無く車を停止して、予約時間の延長手続きをすべきだったのです。 しかし、その車両には装備してあるナビは、簡単に予約時間の延長が可能なタイムズ特有のタイプではなく、後付けのポータブルナビでした。 そのため、延長手続きをするためには、ネットでの操作か電話が必要になります。 私はこれをためらってしまったのです。 これを回避するためには、時間に余裕をもって、あらかじめ長時間の予約を取るべきだったのです。 ・・・でも、それって少しおかしな話ですよね。 例えば、Aさんは往復30分かかる子供の送迎のために8:00~9:00まで60分の予約を取ったとします。 これなら、少しぐらい道が混んでいたとしても9:00までには帰れるでしょうから、Aさんがペナルティを科されることはまず無いでしょう。 逆に用事がスムーズに済んで30分で返却できれば、料金も30分で済みます。 でも、余裕を持って長く予約することで、当然 車両が利用されない無断な時間も発生します。 Bさんが同じく子供の送迎のために、8:30から車両が必要だったとしても、Aさんが9:00まで予約をとっているので、車を予約する事はできません。 仮にAさんがすごく心配症な人で、万が一の大渋滞やトラブルを想定して、30分の子供の送迎のために8:00~12:00まで予約を取った場合はどうでしょうか。 Aさんは安心ですが、Bさんを含めた他の会員やカーシェア運営会社は、車を使えない時間がムダに発生してしまうため好ましくありません。 すなわち、今のタイムズカープラスやカレコの予約システムは、予約のキャンセルや車両の早期返却に対するペナルティが全く無いため、会員同士やカーシェア会社の間で利益の相反が生じてしまうのです。 もちろん、このようなシステムを設計したのには、何らかの意図があるのでしょう。 特に、「ネット上で予約がちゃんと取れたにもかかわらず、車両が返却されてなくて使えない」という状況というのは、大きなトラブルの原因になります。 このような状況を確実に回避するために、多少の機会損失に目をつぶっても、余裕を持った予約を会員に推奨したい会社側の意図があるのかもしれません。 それにしても、誠実に必要時間数だけを予約した人はペナルティのリスクにさらされる一方で、長時間を適当に予約を入れた人は、何のリスクも負わないというのは、違和感を感じてしまいます。 未利用キャンセルの問題 今回は、実際に車を利用した際の早期返却について考えてみましたが、同じようなことが 未利用キャンセルでも言えます。 未利用キャンセルとは、予約を入れたにも関わらず、実際には車を利用せずに直前でキャンセルする行為の事です。 友達との旅行のために2週間前から予約を入れていたにも関わらず、当日の天気予報が雨になったので気乗りせず、直前で予約をキャンセルするような行為が典型的だと思います。 キャンセル料は直前まで発生しないので、予約者にとっては何の不利益も生じませんが、これをやられると他の会員はその日に予約をとる機会が完全に失われてしまいます。 カーシェア会社にとっても大損になってしまいます。 一部の悪質な会員によってこのような未利用キャンセルが頻発したため、最近タイムズカープラスは会員資格の取り消し基準として「過度な未利用キャンセルなどを繰り返し、勧告後も改善が見られない場合」を定めて、明文化しました。 同時にTCPプログラムを開始して、会員のマナー向上を促している状況です。 私は カーシェア市場の発展段階に応じて違ってくると考えます。 導入期・成長期 カーシェア産業の導入期・成長期においては、カーシェアの便利さ・使い勝手の良さを社会全体に認知してもらう時期なので、キャンセルには特段のペナルティを設定せず、 ユーザーが出来るだけ気軽に予約を入れられる制度が適していると思います。 この段階では、他社との新規会員の獲得競争もあるので、多少の未利用キャンセルには目をつぶる段階です。 会員数も多くないため、予約がバッティングすることも多くないでしょう。 この段階ではカーシェア会社は、まだ利益を出すことは難しい段階です。 成熟期 会員数の伸びが頭打ちになり、カーシェア市場が熟成期に入ってきたら、いよいよ事業者としても利益を出す段階になります。 会員同士の予約のバッティングも頻発し、予約をとるための競争が激しさを増してくるため、ユーザーも不便さを感じてきます。 そうなったら、 予約のキャンセルに何らかのペナルティを設けても良い時期です。 必要以上のムダな長時間予約も同様です。 例えば、予約を入れる段階で予約時間分の半額の料金をチャージしたりすれば、ムダな予約が抑制されて会員は予約が取りやすくなりますし、カーシェア事業体も車両の稼働率を上げることができます。 今はカーシェアの成長期に該当しますので、ペナルティなしの予約制度が適しているのかもしれませんね。 タイムズカープラスとカレコの予約制度はこれに該当します。 一方、オリックスカーシェアは、未利用キャンセルのペナルティはありませんが、予約時間に対して全額課金されるため、予約に対する一定の抑止力があります。 タイムズカープラスやカレコも、カーシェア市場が成熟段階に入ったら、予約制度を変更するかもしれませんね。

次の