さっきゅう と そう きゅう の 違い は。 「早速」「早急」の読み方

「遡及(そきゅう)」とは?意味や使い方をわかりやすく解説

さっきゅう と そう きゅう の 違い は

こんばんは 昨日のお墓参りで 落としていた写真 イキシア オオムラサキツユクサと同居していました。 検索してみると 球根で植えっぱなしでも大丈夫 茎が細くて 切り花に水上げが良い。 どちらが正しいの 調べてみました. しかし、その正しい読み方となると、 意外に知られていないのが実情です。 「そうきゅう」と読む人もいれば、 「さっきゅう」と読む人もいますが、 一体どちらが正しいのでしょうか。 早急(そうきゅう)とは 「非常に急ぐこと、また、そのさま」と いう意味の言葉です。 事態がきわめて差し迫っており、 急を要する様子を指します。 「至急」と言い換えることもできます。 「早急」の「早」は「すぐに」「さっさと」を表し、 「急」は「差し迫っていて猶予がない」ことを表します。 「この仕事は早急に片づけて欲しい」 「早急に対策を打つ必要がある」 「早急な対応をお願いします」などのように使われます。 「早急」を「そうきゅう」と読むのは、 比較的新しい読み方です。 「そうきゅう」はいわゆる慣用読みで、後述するように、 本来は「さっきゅう」と読むのが正しいとされています。 しかし、現在は「そうきゅう」の読みが一般化していることから、 どちらを使っても特に問題はありません。 「そうきゅう」も間違いとはされなくなっています。 早急(さっきゅう)とは 「早急(さっきゅう)」の意味は、 上で説明した通りです。 「非常に急いでいるさま」を表します。 使い方も、上記のようなものと違いはありません。 前述のように、「さっきゅう」は「早急」の 元々の読み方になります。 ただし、「早」を「さっ」と読むのは、 「慣用音」にあたります。 慣用音とは、本来の漢字の音とは違うものの、 昔から一般に使われてきた音のことです。 つまり、「さっきゅう」は本来の漢字の読みからは 外れるものの、発音のしやすさなどで昔から 使われてきた読みということになります。 現在では「そうきゅう」も一般的に使われますが、 NHKでは「さっきゅう」が正しい読みとして使用しています。 そう言えば 「早速」は どうなのでしょうか? 「早速」は、「さっそく」「さそく」「そうそく」と読むことができます。 「早速」は「さっそく」と読むのが一般的です。 TVを観ていて 興味を持ったことでした.

次の

答えられる?「至急」と「早急」と「緊急」の違い

さっきゅう と そう きゅう の 違い は

早急な対処をしてくれ。 かしこまりました。 あの話の進捗状況を教えてくれ。 報告させていただきます。 現段階では、こちらの意向は伝え先方様の回答待ちです。 そうか、取締役会前には決が欲しい。 かしこまりました。 早急に。 お部屋の担当者と客室課長フロントマネージャー。 支配人は早急な対応を頼む。 今日は少し変わった授業にします。 教科書はしまって良いですよ。 慣用読み。 慣用音。 って言葉を解りますか。 では、質問です。 「消耗」これは?なんと読みますか? 「しょうもう」。 そうですね。 では、辞典で調べて下さい。 「しょうこう」とも書いてあります。 そうです。 同じ漢字を別な読み方が主流になった言葉を慣用音と言います。 辞典の読みの横に【慣】と書いてありませんか? はい。 あります。 では、もうひとつ質問です。 「早急」これは? 「そうきゅう?かなあ?」 疑問を持ちましたか。 それが、学ことです。 調べてみてください。 「さっきゅう」と「そうきゅう」【慣】と書いてあります。 そうですね。 正しいのは「さっきゅう」です。 長くなってしまいましたが、このような使い方があります。

次の

早急の読み方と意味、「そうきゅう」と「さっきゅう」正しいのは?

さっきゅう と そう きゅう の 違い は

では早急の正しい読み方は、「そうきゅう」「さっきゅう」どちらなのかを見ていきましょう。 結論から言ってしまうと、 早急の本来の読み方は「さっきゅう」でしたが、 いま現在では「そうきゅう」と「さっきゅう」のどちらでも問題はありません。 慣用読みというのは、誤った読み方の人が増えて広く定着したことで、 その誤った読み方についても間違いではないとされた読みのことです。 簡単に言えば、早急を「そうきゅう」と間違って読む人が増えたために、 「さっきゅう」でも「そうきゅう」でも正しい読み方ということにしよう!となったわけです。 なのでいま現在での早急の読み方としては、「そうきゅう」と「さっきゅう」はどちらも正しい読み方となります。 どちらの読み方についても辞典に載っています。 (辞典によっては載っていないものもあります) 一般的には「そうきゅう」と読む人の割合のほうが多いです。 また早急(そうきゅう)のように「早(そう)」が用いられている言葉には、 「早期(そうき)・早朝(そうちょう)・尚早(しょうそう)・早退(そうたい)」などがあります。 早急(さっきゅう)のように「早(さっ・さ)」が用いられている言葉には、 「早速(さっそく)・早苗(さなえ)・早乙女(さおとめ)・早蕨(さわらび)」などがあります。 調べてみると「早(さっ)」と読んでいる言葉は少なかったです。 だからどちらかと言えば、「早急(そうきゅう」と読む人が多いんですね。 次の章で早急の意味と類義語について解説していきます。 2.早急の意味と類義語について.

次の