クリプトメリア材。 FF14攻略サイト【製作メモ:ウンキウ改級艦尾】

三重の木 あかね材

クリプトメリア材

トレンドの発信地、原宿キャットストリート。 ここで2019年3月にオープンを控えているのが、ライスバーガー専門店『おこめどき』です。 お米のバンズで具材を挟んだ鉄板焼きライスバーガーを、副菜や汁物と共に提供。 その他、美味しいお茶や和スイーツなど、食を通して日本文化を新しいスタイルで発信するお店です。 実はまだ未定の部分も多いので、ぜひあなたのアイデアを聞かせてほしいのです。 季節にあう具材を考えるもよし、子ども向けのセットを作るもよし。 あなたの考えたライスバーガーを商品化する枠を用意しています。 五穀米や炊き込みご飯などバンズの種類を増やし、小鉢や汁物も考えましょう。 海外のお客様も多いので、外国人向けのメニュー作成もOK。 ポン菓子機を導入するため、お客様の前でデモンストレーションをするなど、ショータイム演出もお任せします!和を意識した提供アイデアや、テイクアウトの際の包材の提案も大歓迎です。 あなたのアイデアが『おこめどき』を繁盛店に導くかもしれません。 一緒にお店を育てる仲間を、お待ちしています。 あなたのアイデアを活かしながら、一緒に店舗を作っていきましょう。 店舗は自社ビルのB1~2階で、全47席。 フリーWi-Fi・電源を備えた席多数。 注文はスマートフォンアプリから行ない、完全キャッシュレスです。 ランチの時間は1500円程度の価格帯を想定。 ディナーでは、ライスバーガー以外にも鉄板焼きの料理なども提供し、グレードアップしたメニューを展開する予定です。 グルテンフリーのメニューも充実させます。 その他、様々な種類の日本茶、和スイーツ、店頭で製造するポン菓子なども提供。 季節のイベントや旬に合わせて新メニューを考案していきます。 アルバイトスタッフの面接に同席していただくこともできます。 また、多店舗展開も考えているため、将来的には幹部候補としてキャリアアップを目指すことも可能です。 募集背景 和食のベースとなる「お米」の存在価値の見直しと、新たな形での提供を目指し、ライスバーガー専門店『おこめどき』の開業を控えている同社。 一汁三菜を気軽に楽しめるお店として、2019年3月頃に渋谷・原宿のキャットストリートでオープン予定です。 そこで、店舗づくりを共に担っていただける仲間を、オープニングスタッフとして3名ほどお迎えすることになりました。 その間の給与・待遇は変わりません。

次の

FF14攻略サイト【製作メモ:ウンキウ改級艦尾】

クリプトメリア材

〜脳が喜ぶ杉の香り〜 杉は日本列島固有種。 学名を Cryptomeria japonica(クリプトメリア・ジャポニカ)と言います。 (ラテン語ではクリプトメリア・ヤポニカ)。 16世紀に日本に来た宣教師たち、そして江戸時代には、あの有名なシーボルト博士などが、日本の豊かな杉林に感動した話などが伝えられていますが昨今、杉と言えば花粉症、そして災害時の山津波などでイメージはよくありません。 杉は本来、根を地中深くに伸ばす植物。 でも種から生まれた実床苗には直根があるのに、植林される杉は、挿し木によるクローン栽培がほとんどで直根が出てこないのです。 だから台風で簡単に倒れ、大雨に流されてしまうのです。 商業用の需要低下、搬出が困難なことによる価値の低下などの理由で十分な間伐をせずに放置された人工林では光が遮られるため、その根元には他の植物が生存できず、生物多様性に乏しいことから「緑の砂漠」という悲しい呼ばれ方をしています。 遠くから見ればきれいな緑の林でも、近くに行くと根元には陽がささず真っ暗、そんな森林を見ることがあると思います。 それもこれも現代が生んだ経済的事情です。 その杉はとてつもない効能を持っているというのに。。。 癒しの効果〈セドロール〉、〈免疫グロブリンA〉 どちらも聞きなれない言葉だと思います。 簡単に言うとセドロールは、メラトニンやセロトニンの分泌を促すもので、杉にたくさん含まれています。 免疫グロブリンAは、消化管や呼吸器の免疫機構のこと。 杉の浄化力によるきれいな空気を吸うと、免疫グロブリンAがアップして自然治癒力が強まり、風邪やインフルエンザ予防に役立つという結果も出ています。 また、杉のアロマは脳にもよい効果をもたらすという研究が今、盛んに行われていています。 私たちは、日本の固有種である杉と共存していく暮らしを考える時に来ているのではないでしょうか? 『クリプトメリア・ジャポニカ』、この呪文のような名前をどうぞ覚えて親しんでください。 JR日田駅は、日田杉をふんだんに使った駅舎に改装されていました。 木の国に来たな、という雰囲気が漂います。 日田杉は、表面がかたいため害虫や湿気による被害を受けにくく、その木目は細かく赤身の部分が多いのが特徴です。 この濃くて艶のある赤みが魅力で、都会のマンションのリニューアルや、家具や小物雑貨の製作などに好まれると聞いていた通り……. 駅から始まり、店先の意匠、生活道具や雑貨などにも杉がさりげなく使われている、そんな風景をたくさん目にしました。 古い町並みが残るを散策すると、そこには日田の伝統工芸品である杉下駄のお店がありました。 暮らしとともにあった日田杉の歴史と香り。 名物の日田焼そばのお店では、おカミさんの日田愛あふれるお話を聞き、「日田はいい所ですよ、また来てくださいね!」の言葉に見送られ、おみやげに採れたての山菜までいただきました。 江戸時代末期ころ、大分県のの山奥で育った木は筑後川を流れて、有明海沿いの福岡県大川(おおかわ)まで運ばれていました。 大川が家具の町となった背景はここにあります。 例えば小中学校の机や椅子を思い浮かべてください。 その多くはこの道を辿って、私たちの暮らしと繋がったのです。 良い木が育つところには当然、良い水があります。 日田天領水は、日田が徳川幕府の天領(直轄領)であったことに由来しています。 当然ながらビール工場もあます。 温泉もあって今では、海外からの観光客にも人気スポットとなっています。 九州は 杉の一大産地とも言える杉の宝庫です。 大分の日田杉、熊本の小国杉、宮崎の飫肥(おび)杉、鹿児島(屋久島)の縄文杉……… 杉があるところにはきれいな水があり、おいしいお酒、米、野菜があり、そこに長く生きる人たちの暮らしの流儀があると思います。 日本の固有種 クリプトメリア・ジャポニカはそうして脈々と人とともに続いて来たのです。 杉のアロマで 日々の暮らしを健やかに……… 心も身体もきれいに健康になりましょうね! 日田杉についての詳細は、「」のホームページをご覧下さい。 熊本県の小国(おぐに)町は、阿蘇山の裾野に広がる林業の町。 小国杉は江戸時代、細川藩が各戸に25本ずつの苗木を渡したのが始まりで、その歴史は250余年にも及びます。 夏に阿蘇山を訪れたことがあれば、青々とした裾野の風景とともにその涼しさに驚いたはず。 その寒暖の差が木目の詰まった小国杉を育んでいるのです。 また、小国町は林業だけでなく農業や畜産も盛んで温泉地としても有名なところ。 その温泉の地熱が切り出した小国杉をじっくりと乾燥させるために使われています。 小国杉は材質、色の良さなどから国の建造物などにも使われています。 たとえば、九州国立博物館(福岡県・太宰府市)では、小国杉の湿度調節機能が優れたいるために美術品などの収蔵庫の内装材に使われています。 正倉院の宝物が杉の唐櫃に貯蔵されていたのですから当然といえば当然。 また、熊本空港の天井には無節の杉がふんだんに使われていて圧巻です。 節のない杉をこれだけ贅沢に使った場所というのは少ないと思います。 熊本県人の心意気、小国杉への愛情が感じられます………………… 小国杉についての詳細は、「」のホームページをご覧下さい。 私は九州国立博物館の夏の夕暮れ時が好きです。 吹く風がとても気持ちが良いのです。 夏の太宰府の夏は相当に暑いのですが、博物館そのものが山を切り開いたところにあり、緑がうっそうとした中に佇んでいるので不思議な静寂があります。 樹木がある所には精霊が隠れているような気がします……….。 『だから森を大切にしなくちゃいけないんだよ』、と言いながら彼は、東京の街を走り回っていました。 オークビレッジの木工品を、森の暮らしを人々に伝えるために。 昔々の夏のこと、週に1度、東京からオークビレッジに通ったことがあります。 1ヶ月、アーティストを住まわせて巨大な木のオブジェを5体作るというプロジェクト。 東京郊外の遊技場の壁に取り付ける作品作りです。 新幹線で名古屋へ、そこから在来線に乗り換えて高山まで。 高山本線から下に見下ろす川の流れのきれいだったこと。 車で深い山中を走り、危ない峠を越えたこともありました。 今は、きれいに道路が整備されているらしいけれど、崖からよく落ちませんでしたね!と言われて、後になってギョッとしたことがあります。 帰りに上高地に寄り道したり、岐阜から富山へ出て、新潟経由で帰ったこともありました。 岐阜の白川郷、富山の五家荘など、どこへいっても山、森、木だらけで、そこに人々の暮らしの営みがあったことを知りました。 山小屋のような宿に泊まり、朴葉味噌や山菜をいただく。 山の恵みは素朴でそこに住む人は朴訥で、、、もう30年も前のことです。 今は福岡で暮らし、八女杉、日田杉、小国杉と繋がりました。 杉が日本の固有種だということも知らず。 ちなみにヒマラヤ杉は、杉ではないマツ科の植物だということを知ったのも最近のことです。 杉のアロマについて学び、そしてそのアロマの気持ち良さを体感しています。 杉の木っ端を籠に集めてただ触っているだけで頭がすっきりしてくるのです。 杉花粉だけで杉を語ってはいけませんね。 森林率のマップの濃い緑に塗られた地域の広いこと。 杉の森林の中でできることは何か? 杉材で日々の暮らしを健康に快適にできないか? 『脳が喜ぶ杉の香り』を唱いながら、30年前のオークビレッジを思い出しています。 調湿、大気浄化、リラックス効果・・・ 建築材としては格下で、花粉症の代名詞のように扱われ、マイナスイメージが強い杉。 しかし最近の研究で、すぐれた調湿や空気清浄機能を持ち、人をリラックスさせる効果が大きいことなどが次々に明らかになって来た。 杉の香り成分ががん細胞の増殖を抑える可能性を示す研究結果もあり、医療へ応用する研究も期待されている。 国宝・正倉院の宝物。 さびやすい鏡や刀、変色や劣化を起こしやすい服や紙が、今も1300年前とほぼ変わらぬ姿を見せているのは驚きだ。 その裏に日本固有の樹種、杉の存在がある。 杉は断熱性や調湿機能に優れる。 宮内庁職員(当時)の成瀬正和さんは2001年4月のほぼ1ヶ月、温度と湿度を測定。 立ち木から出るフィトンチッドが人をリラックスさせる森林浴効果は広く知られているが,伐採後の材木からも樹種固有の香り成分が常時漂い出て、大気中の汚染物質を吸着し浄化すると同時に、人体によい影響を与える。 京都大学名誉教授の川井秀一さん(木質材料学)の研究では、杉材の浄化能力は極めて高く、二酸化窒素の吸着量はブナの5倍、ヒノキの6倍。 シックハウスの原因物質ホルムアルデヒトを吸着することなども確かめられた。 内装に杉板を使った家に住む人から「眠りが深くなった」「風邪を引きにくくなった」「肌がきれいになった」などの声が出ていることを知った川井さんは、杉の香り成分が体に与える影響を調べた。 がん細胞の増殖抑える可能性 杉板を張った部屋と、そうでない部屋で30分間計算。 緊張や興奮で活性化する交感神経は杉板がない部屋で活性化するが、ある部屋では抑えられたまま。 香り成分が持つリラックス効果が確認された。 免疫力が高くなると増える物質が、杉の机や椅子を置いた学校に通う生徒の体内に多いという研究結果もある。 がんを巡っても興味深い実験結果が出た。 川井さんらのグループは、その発現ががん細胞の増殖と関連が深いとされる「熱ショックたんぱく質 Hsp 70」に着目。 脳腫瘍細胞を43度で2時間加熱するとHsp 70 は2・5倍に増えたが、加熱中に杉の香り成分を与えると、ほとんど増えなかった。 川井さんは「まだ細胞レベルだが、杉の香り成分ががん細胞の増殖を防ぐ可能性があるかもしれない」と話す。 同じ杉でも、漂い出す香り成分の量は産地や条件次第で変わる。 数ヶ月間、天然乾燥させた材木のそれは、現在主流の、100度以上の高熱で乾燥させた材木の2倍以上。 色が濃い、木の中心部(心材)は、色が白い周辺部(辺材)より多く、木を縦に切った「板目」より株の面「木口」の方が多い。 つまり、天然乾燥させた心材の木口から、香り成分が最も多く漂い出す。 発達障害の児童 落ち着いて勉強 建築会社ホームアイ(大阪府羽曳野市)社長で2級建築士の藤田佐枝子さん(73 は、板目を横切る形に等間隔で5ミリ程度の溝を堀り、木口の表面積を増やした「杉木口スリット材」を川井さんと共同で開発。 杉を多く使った部屋で過ごすと病気が軽快した体験から杉の効用に着目、スリット材を内装に使うリフォームに取り組んでいる。 アトピー性皮膚炎の1歳女児は「枕元にスリット材を置いたところ湿疹が消えた」。 畳を杉に替えスリット材を壁に張った30代男性は「せきが止まり熟睡できるようになった」という。 大阪府吹田市の真野仁美さん 51 は、十数年前から内装は杉が中心。 化学物質過敏症と思われる症状と食物アレルギーが出ていた長男は、杉板とスリット材をふんだんに使った家に移った直後、症状が軽快。 自身も職場の内装が変わって体調を崩したが、スリット材を枕元に置き熟睡できている。 発達障がい化学物質過敏症のある子ども向けの学習塾「ななつ星](大阪市)は3年前、床を杉板に替え、壁は腰の高さまで杉板を張り、一部をスリット材にした。 教室に入ると杉の香りが漂う。 諸学校教員だった代表の高橋智子さん 47 は「厳密な比較はできない」と前置きした上で話す。 「発達障がい児の中には、小さな環境の変化や刺激に反応しパニックを起こす子もいるが、この3年、20人の教え子はみな教室で落ち着いて過ごせている。 何より教える私が疲れを感じない」 (細川剛毅) 〈2019年6月15日(土) 朝日新聞『be report』記事全文〉.

次の

FF14攻略サイト【製作メモ:ウンキウ改級艦尾】

クリプトメリア材

トレンドの発信地、原宿キャットストリート。 ここで2019年3月にオープンを控えているのが、ライスバーガー専門店『おこめどき』です。 お米のバンズで具材を挟んだ鉄板焼きライスバーガーを、副菜や汁物と共に提供。 その他、美味しいお茶や和スイーツなど、食を通して日本文化を新しいスタイルで発信するお店です。 実はまだ未定の部分も多いので、ぜひあなたのアイデアを聞かせてほしいのです。 季節にあう具材を考えるもよし、子ども向けのセットを作るもよし。 あなたの考えたライスバーガーを商品化する枠を用意しています。 五穀米や炊き込みご飯などバンズの種類を増やし、小鉢や汁物も考えましょう。 海外のお客様も多いので、外国人向けのメニュー作成もOK。 ポン菓子機を導入するため、お客様の前でデモンストレーションをするなど、ショータイム演出もお任せします!和を意識した提供アイデアや、テイクアウトの際の包材の提案も大歓迎です。 あなたのアイデアが『おこめどき』を繁盛店に導くかもしれません。 一緒にお店を育てる仲間を、お待ちしています。 あなたのアイデアを活かしながら、一緒に店舗を作っていきましょう。 店舗は自社ビルのB1~2階で、全47席。 フリーWi-Fi・電源を備えた席多数。 注文はスマートフォンアプリから行ない、完全キャッシュレスです。 ランチの時間は1500円程度の価格帯を想定。 ディナーでは、ライスバーガー以外にも鉄板焼きの料理なども提供し、グレードアップしたメニューを展開する予定です。 グルテンフリーのメニューも充実させます。 その他、様々な種類の日本茶、和スイーツ、店頭で製造するポン菓子なども提供。 季節のイベントや旬に合わせて新メニューを考案していきます。 アルバイトスタッフの面接に同席していただくこともできます。 また、多店舗展開も考えているため、将来的には幹部候補としてキャリアアップを目指すことも可能です。 募集背景 和食のベースとなる「お米」の存在価値の見直しと、新たな形での提供を目指し、ライスバーガー専門店『おこめどき』の開業を控えている同社。 一汁三菜を気軽に楽しめるお店として、2019年3月頃に渋谷・原宿のキャットストリートでオープン予定です。 そこで、店舗づくりを共に担っていただける仲間を、オープニングスタッフとして3名ほどお迎えすることになりました。 その間の給与・待遇は変わりません。

次の