外壁 塗装 臭い エアコン。 外壁塗装に最適な時期や季節とは?塗り替えのベストシーズンをチェック

外壁塗装シンナーの臭いの身体への悪影響と対策方法について

外壁 塗装 臭い エアコン

外壁塗装に最適な時期とは!? 外壁塗装をするのに最適な時期をご紹介する前に、 時期と季節が混同してしまう前に、明確に分けて説明していきたいと思います。 ・外壁塗装の時期:塗装をしなくてはいけない時期 ・外壁塗装の季節:春夏秋冬で外壁塗装をするのに適しているのはいつなのか 上記を本記事では、ご紹介していきたいと思います。 では、早速見ていきましょう! 外壁塗装をする時期を前回の塗装時期から判断する場合 まずは、前回の外壁塗装の時期や家を建てた時期から最適な時期を判断する場合です。 通常、塗装で使用する塗料には耐用年数が決められており、 各塗料によって、塗り替えの時期が異なります。 (もちろん状況や業者などにより多少の誤差はあります) なので、まずどのように塗り替えの時期を決めれば良いのか分からないという方は、 前回の塗装時の塗料を調べて、耐用年数をチェックしてみてください。 ちなみに、メーカーが発表している耐用年数は「室内でのテスト結果」になりますので、 実際に外部にさらされている住居などの場合はもう少し早く塗り替える必要がある場合もよくあります。 塗料の耐用年数まとめ 外壁塗料 耐用年数 アクリル系塗料 5年〜7年 ウレタン系塗料 5年〜10年 シリコン系塗料 7年〜15年 フッ素系塗料 15年〜20年 ラジカル系塗料 8年〜15年 断熱&遮熱系塗料 15年〜20年 光触媒塗料 10年〜15年 無機塗料の特等 15年〜25年 外壁塗装をする時期を家の劣化状態から判断する場合 次に外壁塗装をするのに最適な時期を判断する方法は、現状の住居の様子を見てみることです。 前回の塗装からそう時間がかかっていない場合でも、住んでいる地域などによって、劣化の進行が異なってきます。 外部に常にさらされている住居は、紫外線や雨、風邪などによってダメージを受けています。 まずは、現状の状況や症状がどのようなものなのかを調査をしてみるのも塗り替えの判断になります。 では、以下の劣化チェック項目を見ていきましょう! ひび割れ まずは、塗装部分をよく目視して見てください。 すると、大小様ざなだと思いますがひび割れが起きている箇所があるかもしれません。 もし仮に、ひび割れを見つけた場合は、劣化のサインだと言えます。 ひび割れの大きさなどにもよりますが、基本的にすぐに対処した方が良い場合が多いです。 そのまま放置しておくと、雨などが入り込み建物内部までダメージを受けてしまい、 さらに劣化が進んでしまい、大きな出費となる場合があります。 色あせ(艶の有無)、変色など 建物もやはり人間と同じで年をとります。 一見、大きな劣化が見られなくても変色や色あせ、艶がなくなるなどの症状が見られた場合も塗り替えのサインとなります。 広範囲の洗浄は難しいだけでなく、ただの汚れではなく塗り替えが必要な場合もあります。 これ以上劣化させないためにも塗り替えをお勧めします。 塗装の剥がれや膨らみ 経年劣化によって、塗膜が劣化することによって塗装が剥がれたりや膨らんだりすることがあります。 このような場合も基本的には、塗り替えのサインとなります。 塗装が剥がれるということは、外壁や屋根などがむき出し(裸)のまま紫外線や雨などのダメージを受けることになります。 そのような場合、別の部分の補強が必要になったりし、さらに費用がかさむことがあります。 塗装の剥がれや膨らみは、経年劣化及び施工時の不具合などによって起こる場合があります。 触ると粉がつく(チョーキング) 外壁を触ってみると、手に細かい粉がつくことってありませんか? これは、いわゆるチョーキングと呼ばれているもので、紫外線や雨風などの外部からのダメージによって塗装の表面が劣化している状況です。 こちらも塗装の塗り替えの時期のサインです。 このような状態をそのまま放置しておくと、ヒビ割れやカビが生えるなどの別の症状を起こす場合があります。 サビやコケ、そしてカビが発生すう場合もあります。 また、このようなものを放置しておくと腐食するという場合も。 基本的に、塗装してから時間が経っている場合、何かしらの劣化のサインが見られます。 外壁塗装の最適な季節とは? では、外壁塗装を実施する場合、どの季節にするのがベストなのでしょうか? 春夏秋冬、それぞれで気候が異なりますが、この中で最適な季節とは? 通常、塗装ができない条件として、以下のものが挙げられます。 ・気温5度以下のとき ・湿度80%以上の時 以上から、雨の多い雨期は、外した方が良いなんて言われたりもしますが、 基本的には、以上の条件をクリアできていれば一年中外壁塗装をすることが可能だと言われています。 では、なぜ雨期の施工がお勧めできないのでしょうか? 外壁塗装を雨期におすすめできない理由は? 外壁塗装は、範囲が広いことも多いです。 そのような場合、雨で塗料が流れてしまうこともあります。 また、しっかり乾燥させないければいけないのですが、これに時間がかかってしまう。 以上のことから、雨の日または雨期の施工はあまりおすすめできないのです。 しかし、雨期全体で塗装ができないわけではありません。 ちゃんとした業者であれば、雨に注意しながら施工を進めることができます。 もちろん、雨期は雨も多いため施工日数も伸びます。 また、悪徳業者の場合、雨の日でも施工を推し進める場合があります。 これらの行為によって、仕上がりの大きく差ができてしまいます。 なので、あらかじめよく考慮してから決定しましょう。 それぞれで、良いところ・悪いところがありますのでよくチェックしてみてください。 季節1:春 メリット デメリット 気候がとても安定しており、施工にムラが起きず仕上がりも完璧 業者によっては、繁忙期であり、すぐに施工ができない場合があります。 春は、外壁塗装においてはベストな季節と言えるでしょう。 評判の良い業者は、予約で埋まっている場合があり、事前に予約しておくのが好ましいです。 季節2:雨期 メリット デメリット この時期は、予約も取りやすい上、通常より安値で施工をしてくれる場合があります。 雨が降るので、塗装の腕がない業者に頼むと施工不具合が起きる場合があるので注意が必要。 先ほども説明した通り、雨期は十分に注意が必要です。 ただ、優良な業者であればこの時期でも施工をしっかりしてくれると思います。 予約も比較的取りやすいのと、気温的には十分なので一度検討してみるのも良いかもしれません。 季節3:夏 メリット デメリット 晴れる日が多く施工日和となります。 とにかく今が高くなるため、職人さんの体力を奪うほか、工事中は窓を開けられないのでエアコンが必須となります。 また、台風などの突然の災害が起こる場合があります。 夏は、気温も高く塗装もしやすい季節と言えます。 しかし、工事中は窓を開けられなかったりし、エアコンが必須となります。 場合によっては、エアコンが使えない工程があったり、猛暑で乾燥しすぎなどがある場合もあります。 季節4:秋 メリット デメリット 気温・湿度ともに安定しており、施工に向いています。 春と同じで、施工しやすい季節ということもあり、予約が埋まってしまっている業者があり、施工ができない場合があります。 秋も初と同じで気候に恵まれています。 夏を抜けて、塗装がしやすい季節なので、ここに合わせて予約が埋まっている場合があります。 どうしてもこの時期に塗装をしたい方は、あらかじめ予約確認をしておきましょう。 季節4:冬 メリット デメリット 窓を締め切っていても平気 駆け込み以来で忙しい業者もあるほか、乾燥させるための温度の確保ができない、地域によっては凍結や降雪などによる影響が出る場合もあります。 冬は、駆け込みでお願いするお客様が多く(〜12月)、以外と忙しい業者も多いです。 また、地域によっては気候などによって施工ができない場合があります。 このようなメリットを知っておくことで、事前に塗り替えの時期を判断し、費用を長期的に安く抑えることができるのです。 外壁塗装フォーラムでは、 上記のようなご相談、お見積もりを無料でお受けしております。 見積もり後に、お断りしていただいても全然構いません!! まずは、ご相談からお気軽にご連絡ください!!.

次の

エアコンの臭いの原因と臭いを取る掃除方法9ステップ・対策【プロ監修】

外壁 塗装 臭い エアコン

外壁塗装に最適な時期とは!? 外壁塗装をするのに最適な時期をご紹介する前に、 時期と季節が混同してしまう前に、明確に分けて説明していきたいと思います。 ・外壁塗装の時期:塗装をしなくてはいけない時期 ・外壁塗装の季節:春夏秋冬で外壁塗装をするのに適しているのはいつなのか 上記を本記事では、ご紹介していきたいと思います。 では、早速見ていきましょう! 外壁塗装をする時期を前回の塗装時期から判断する場合 まずは、前回の外壁塗装の時期や家を建てた時期から最適な時期を判断する場合です。 通常、塗装で使用する塗料には耐用年数が決められており、 各塗料によって、塗り替えの時期が異なります。 (もちろん状況や業者などにより多少の誤差はあります) なので、まずどのように塗り替えの時期を決めれば良いのか分からないという方は、 前回の塗装時の塗料を調べて、耐用年数をチェックしてみてください。 ちなみに、メーカーが発表している耐用年数は「室内でのテスト結果」になりますので、 実際に外部にさらされている住居などの場合はもう少し早く塗り替える必要がある場合もよくあります。 塗料の耐用年数まとめ 外壁塗料 耐用年数 アクリル系塗料 5年〜7年 ウレタン系塗料 5年〜10年 シリコン系塗料 7年〜15年 フッ素系塗料 15年〜20年 ラジカル系塗料 8年〜15年 断熱&遮熱系塗料 15年〜20年 光触媒塗料 10年〜15年 無機塗料の特等 15年〜25年 外壁塗装をする時期を家の劣化状態から判断する場合 次に外壁塗装をするのに最適な時期を判断する方法は、現状の住居の様子を見てみることです。 前回の塗装からそう時間がかかっていない場合でも、住んでいる地域などによって、劣化の進行が異なってきます。 外部に常にさらされている住居は、紫外線や雨、風邪などによってダメージを受けています。 まずは、現状の状況や症状がどのようなものなのかを調査をしてみるのも塗り替えの判断になります。 では、以下の劣化チェック項目を見ていきましょう! ひび割れ まずは、塗装部分をよく目視して見てください。 すると、大小様ざなだと思いますがひび割れが起きている箇所があるかもしれません。 もし仮に、ひび割れを見つけた場合は、劣化のサインだと言えます。 ひび割れの大きさなどにもよりますが、基本的にすぐに対処した方が良い場合が多いです。 そのまま放置しておくと、雨などが入り込み建物内部までダメージを受けてしまい、 さらに劣化が進んでしまい、大きな出費となる場合があります。 色あせ(艶の有無)、変色など 建物もやはり人間と同じで年をとります。 一見、大きな劣化が見られなくても変色や色あせ、艶がなくなるなどの症状が見られた場合も塗り替えのサインとなります。 広範囲の洗浄は難しいだけでなく、ただの汚れではなく塗り替えが必要な場合もあります。 これ以上劣化させないためにも塗り替えをお勧めします。 塗装の剥がれや膨らみ 経年劣化によって、塗膜が劣化することによって塗装が剥がれたりや膨らんだりすることがあります。 このような場合も基本的には、塗り替えのサインとなります。 塗装が剥がれるということは、外壁や屋根などがむき出し(裸)のまま紫外線や雨などのダメージを受けることになります。 そのような場合、別の部分の補強が必要になったりし、さらに費用がかさむことがあります。 塗装の剥がれや膨らみは、経年劣化及び施工時の不具合などによって起こる場合があります。 触ると粉がつく(チョーキング) 外壁を触ってみると、手に細かい粉がつくことってありませんか? これは、いわゆるチョーキングと呼ばれているもので、紫外線や雨風などの外部からのダメージによって塗装の表面が劣化している状況です。 こちらも塗装の塗り替えの時期のサインです。 このような状態をそのまま放置しておくと、ヒビ割れやカビが生えるなどの別の症状を起こす場合があります。 サビやコケ、そしてカビが発生すう場合もあります。 また、このようなものを放置しておくと腐食するという場合も。 基本的に、塗装してから時間が経っている場合、何かしらの劣化のサインが見られます。 外壁塗装の最適な季節とは? では、外壁塗装を実施する場合、どの季節にするのがベストなのでしょうか? 春夏秋冬、それぞれで気候が異なりますが、この中で最適な季節とは? 通常、塗装ができない条件として、以下のものが挙げられます。 ・気温5度以下のとき ・湿度80%以上の時 以上から、雨の多い雨期は、外した方が良いなんて言われたりもしますが、 基本的には、以上の条件をクリアできていれば一年中外壁塗装をすることが可能だと言われています。 では、なぜ雨期の施工がお勧めできないのでしょうか? 外壁塗装を雨期におすすめできない理由は? 外壁塗装は、範囲が広いことも多いです。 そのような場合、雨で塗料が流れてしまうこともあります。 また、しっかり乾燥させないければいけないのですが、これに時間がかかってしまう。 以上のことから、雨の日または雨期の施工はあまりおすすめできないのです。 しかし、雨期全体で塗装ができないわけではありません。 ちゃんとした業者であれば、雨に注意しながら施工を進めることができます。 もちろん、雨期は雨も多いため施工日数も伸びます。 また、悪徳業者の場合、雨の日でも施工を推し進める場合があります。 これらの行為によって、仕上がりの大きく差ができてしまいます。 なので、あらかじめよく考慮してから決定しましょう。 それぞれで、良いところ・悪いところがありますのでよくチェックしてみてください。 季節1:春 メリット デメリット 気候がとても安定しており、施工にムラが起きず仕上がりも完璧 業者によっては、繁忙期であり、すぐに施工ができない場合があります。 春は、外壁塗装においてはベストな季節と言えるでしょう。 評判の良い業者は、予約で埋まっている場合があり、事前に予約しておくのが好ましいです。 季節2:雨期 メリット デメリット この時期は、予約も取りやすい上、通常より安値で施工をしてくれる場合があります。 雨が降るので、塗装の腕がない業者に頼むと施工不具合が起きる場合があるので注意が必要。 先ほども説明した通り、雨期は十分に注意が必要です。 ただ、優良な業者であればこの時期でも施工をしっかりしてくれると思います。 予約も比較的取りやすいのと、気温的には十分なので一度検討してみるのも良いかもしれません。 季節3:夏 メリット デメリット 晴れる日が多く施工日和となります。 とにかく今が高くなるため、職人さんの体力を奪うほか、工事中は窓を開けられないのでエアコンが必須となります。 また、台風などの突然の災害が起こる場合があります。 夏は、気温も高く塗装もしやすい季節と言えます。 しかし、工事中は窓を開けられなかったりし、エアコンが必須となります。 場合によっては、エアコンが使えない工程があったり、猛暑で乾燥しすぎなどがある場合もあります。 季節4:秋 メリット デメリット 気温・湿度ともに安定しており、施工に向いています。 春と同じで、施工しやすい季節ということもあり、予約が埋まってしまっている業者があり、施工ができない場合があります。 秋も初と同じで気候に恵まれています。 夏を抜けて、塗装がしやすい季節なので、ここに合わせて予約が埋まっている場合があります。 どうしてもこの時期に塗装をしたい方は、あらかじめ予約確認をしておきましょう。 季節4:冬 メリット デメリット 窓を締め切っていても平気 駆け込み以来で忙しい業者もあるほか、乾燥させるための温度の確保ができない、地域によっては凍結や降雪などによる影響が出る場合もあります。 冬は、駆け込みでお願いするお客様が多く(〜12月)、以外と忙しい業者も多いです。 また、地域によっては気候などによって施工ができない場合があります。 このようなメリットを知っておくことで、事前に塗り替えの時期を判断し、費用を長期的に安く抑えることができるのです。 外壁塗装フォーラムでは、 上記のようなご相談、お見積もりを無料でお受けしております。 見積もり後に、お断りしていただいても全然構いません!! まずは、ご相談からお気軽にご連絡ください!!.

次の

エアコンの臭いの原因と臭いを取る掃除方法9ステップ・対策【プロ監修】

外壁 塗装 臭い エアコン

大切な家を守るために行う外壁塗装のメンテナンスですが、塗装に使用される塗料は種類によってかなり強烈な臭いを放ちます。 そんな強烈な臭いを嗅いでいると、なんだか気分が悪くなってくるという人も少なくありません。 そこで今回は、外壁塗装時に発生する臭いの対策方法に加え、臭いが体に与える影響や工事中の洗濯物対策についても触れていきたいと思います。 外壁塗装の臭いの原因は? 外壁塗装時に感じる臭いは、外壁塗装に使用している塗料が主な原因となっています。 外壁塗料には油性塗料と水性塗料があり、それぞれの塗料によって含有成分が異なります。 以下に詳しくまとめてみましょう。 油性塗料 油性塗料は固いテクスチャーのものが多く、外壁塗装に使用する前には塗料を薄める溶剤を入れることがほとんどです。 そしてその溶剤こそが、外壁塗装時に発生する臭いの原因になっています。 塗料を薄める溶剤として使用されることの多い「イソプロピルアルコール」「1-ブタノール」「メタノール」「トルエン」「キシレン」などは、強い刺激臭を発生させてしまうシンナーです。 シンナーの臭いはとても強烈です。 いくら家の戸締りをしっかりと行なっていても、換気扇などの通気口やわずかな隙間から家の中に臭いが入ってしまうことも! 水性塗料 水性塗料は油性塗料に比べて臭いが少なく、DIY初心者でも扱いやすい塗料として人気があります。 そのため「水性塗料なら健康被害につながりにくい」と考えられることもしばしば。 ですが水性塗料にも、塗料を安定させるために「VOC(揮発性有機化合物)」という物質が含まれていることがほとんどです。 このVOC、実は油性塗料の中にも含まれている健康被害につながりやすい物質! 水性塗料は油性塗料よりもVOCの排出量が少ないといわれてはいるものの、環境に配慮している高性能塗料ですらVOCを数パーセント含んでいるという現状です。 水性塗料を選ぶ場合でも、できるだけ低臭タイプのものをチョイスするように心がけたほうがいいでしょう。 外壁塗装の塗料に含まれる成分による健康被害 ツーンとした強い臭いは、明らかに健康被害につながりそうで不安…という声も少なくありません。 外壁塗装の塗料に含まれる成分によって、健康被害が発生したという実例はあるのでしょうか? 外壁塗料による健康被害の実例 ひと昔前までは、臭いのキツイ外壁塗料がバンバン使われていました。 水性塗料に比べて臭いが強烈な油性塗料を使用した場合、以下のような健康被害につながったという報告が確認されています。 めまい• 目のかゆみやかすみ• 耳が聞こえにくくなる• 鼻水や鼻づまり• 味覚障害• 呼吸困難• 肌トラブル• アレルギーの悪化• 吐き気や嘔吐• 食欲減退• 睡眠障害• イライラ• 手足が冷える 塗料の成分によって何らかのアレルギーがある場合は、上記のような症状が発生する可能性が極めて高いでしょう。 油性塗料のシンナーにアレルギーがある場合は、シンナーの量がごくわずかでも体が反応してしまいます。 また、基本的な免疫力や抵抗力が低い赤ちゃんや子ども・高齢者はシンナーの影響をダイレクトに受けてしまいかねませんし、妊婦さんもお腹の赤ちゃんに影響が出る可能性もあります。 嗅覚が鋭いペットは、人間が感じる何十倍もの臭いを受け取るといわれています。 子ども・高齢者・妊婦・ペットのいる家庭では、外壁塗装時に発生する臭い対策をしっかりと行う必要があるでしょう。 外壁塗装工事の臭い対策 油性塗料を選んでも水性塗料を選んでも、外壁塗装時には少なからずイヤな臭いが発生してしまうものです。 ここでは、外壁塗装工事の際に発生する臭い対策についてまとめてみようと思います。 臭いが少ない塗料で外壁塗装をする 油性塗料は比較的シンナーの含有量が多く、キツイ臭いの発生につながってしまいやすいといえます。 そこでおすすめなのが、臭いが少ない水性系塗料での外壁塗装をお願いすること! 水性系の塗料はシンナーの臭いが少ないものも多く、DIYや室内塗装にも適している塗料もたくさん発売されています。 「子どもがいる」「ペットがいる」「妊婦がいる」といった家庭では、水性塗料での外壁塗装がおすすめ! ただ、油性塗料に比べると耐久性に劣るものもありますので、使用する水性塗料の種類は慎重に選ぶ必要があるでしょう。 換気をする 家の中に塗料の臭いが入ってきてしまったら、兎にも角にも「換気」をしっかりと行なってください。 ただ窓を開けたり換気扇を回すだけでは、反対に塗料の臭いを家の中に入れてしまうことにもつながるので注意しましょう。 以下に、塗料の臭いを家の中から追い出すための換気アイデアをご紹介します。 塗装工事をしている近くに換気口がある場合、換気扇は使用しない(臭いを家の中に招き入れてしまう恐れがある)• 工事を行なっている場所と反対側の窓を開け、その窓に向かってサーキュレーターで風を送る 換気をする際のポイントは、窓を開ける場所やサーキュレーターなどを上手く利用すること。 サーキュレーターがない場合は、扇風機でも代用することができますよ。 洗濯ものは室内干し 外壁塗装の工事中に行う洗濯類は、必ず室内に干しましょう! 外に干してしまうと衣類にシンナーの臭いが付きやすく、洗濯物を介して家の中がシンナー臭くなってしまう可能性も十分にあり得ます。 また、洗濯干し場と工事箇所が近い場合は塗料が衣類に付着してしまうなんてことも考えられますよね。 室内で干す場合は乾きやすいようにエアコンのすぐ下に干したり、除湿乾燥機などを使用すればストレスなく部屋干しができるでしょう。 通気口などを養生する ドアの隙間などが通気口となって臭いが家の中に入ってきてしまうのであれば、一時的に通気口を養生テープなどで塞いでしまうのもアリ。 工事中はもちろんですが、外壁に付いた塗料の臭いが落ち着くまではしっかりと養生した方が安心です。 仮住まいを用意する シンナーにアレルギーがある場合や、赤ちゃんや妊婦・ペットがいるのであれば、初めから仮住まいを手配しておくのもいいでしょう。 実際に、「工事中は実家に帰省する」「ウィークリーマンションを利用する」という人も多く、大切なペットは「ペットホテルに預ける」という選択をしている人も。 塗料に含まれるシンナーは、吸い込んでしまう量が多ければ多いほど健康被害につながりやすいもの。 そうならないように、塗装工事前からしっかりと臭い対策を考えておくことが重要です。 外壁塗装前には近隣住宅へご挨拶を! 外壁塗装には大なり小なり臭いが発生してしまうものですが、ご近所への挨拶は済ませていますか? 工事を依頼する当事者が臭いに敏感になってしまうのは当たり前ですが、それと同じく近隣の住宅へも臭いは届いてしまうことをしっかりと頭に入れておきましょう。 工事期間中は、臭いが発生したり騒音が気になることもあると思います。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご承知おきくださいませ。 」などといった挨拶を必ず行ってくださいね。 地区の住宅全てに挨拶をする必要はありませんが、臭いが届きやすい「前後左右」の4軒はできるだけ手土産を持って挨拶に行っておくと安心です。 まとめ いかがでしたか? 外壁塗装時の臭いを軽減したいのであれば、使用する塗料を低臭のものにしてみましょう! 最近では臭いを抑えつつ、しっかりと外壁塗料の効果が発揮できる塗料も発売されていますよ。 どのような塗料を使用しても臭いは発生するものですので、ここでご紹介した臭い対策のアイデアを実践してみてくださいね!.

次の