タケキャブ。 タケキャブ錠10mg

PPIとタケキャブの違いや使い分けと一覧|H2ブロッカーとの使い分け、併用についても

タケキャブ

タケキャブ錠10mgに関連する病気 関連する可能性がある病気です。 ヘリコバクター・ピロリ感染症 胃食道逆流症(逆流性食道炎) 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 タケキャブ錠10mgの主な効果と作用• 胃酸分泌の最終過程で働く 酵素の働きをおさえ、強力に胃酸の分泌をおさえます。 に伴う痛みや胸やけなどの症状をやわらげるお薬です。 やの原因となるヘリコバクター・ ピロリ菌の除菌を補助するお薬です。 やなどを治療したり、再発をおさえるお薬です。 タケキャブ錠10mgの用途• のヘリコバクター・ピロリの除菌の補助• のヘリコバクター・ピロリの除菌の補助• のヘリコバクター・ピロリの除菌の補助• 胃MALTリンパ腫のヘリコバクター・ピロリの除菌の補助• 早期に対する 内視鏡的治療後胃のヘリコバクター・ピロリの除菌の補助• 低用量アスピリン投与時におけるの再発抑制• 低用量アスピリン投与時におけるの再発抑制• 非 ステロイド性抗 炎症薬投与時におけるの再発抑制• 非ステロイド性抗炎症薬投与時におけるの再発抑制• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 〈胃潰瘍、十二指腸潰瘍〉通常、成人にはボノプラザンとして1回20mgを1日1回経口投与する• なお、通常、胃潰瘍では8週間までの投与、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする• 〈逆流性食道炎〉通常、成人にはボノプラザンとして1回20mgを1日1回経口投与する• なお、逆流性食道炎の場合、通常4週間までの投与とし、効果不十分の場合は8週間まで投与することができる• さらに、再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、1回10mgを1日1回経口投与するが、効果不十分の場合は、1回20mgを1日1回経口投与することができる• 〈低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制〉通常、成人にはボノプラザンとして1回10mgを1日1回経口投与する• 〈非ステロイド性抗炎症薬投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制〉通常、成人にはボノプラザンとして1回10mgを1日1回経口投与する• 〈ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助〉ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助の場合、通常、成人にはボノプラザンとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する• なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができる• ただし、1回400mg(力価)1日2回を上限とする• プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物及びクラリスロマイシンの3剤投与によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに代わる治療として、通常、成人にはボノプラザンとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する タケキャブ錠10mgの使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• アタザナビル硫酸塩投与中• リルピビリン塩酸塩投与中• 肝機能障害• 腎機能障害• 進行期胃MALTリンパ腫• 早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃以外 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 新生児 低出生体重児を含む• 幼児・小児• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 高齢者 65歳〜• 小児等 0歳〜14歳 タケキャブ錠10mgの注意が必要な飲み合わせ.

次の

タケキャブ(ボノプラザン)の作用機序:消化性潰瘍治療薬

タケキャブ

胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用います。 けれど、胃壁が弱っていると、胃粘膜を傷つけ胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因にもなりかねません。 また、胃酸が逆流すると、食道を荒らし ひどい胸焼けを起こしたりします。 この薬は、酸分泌抑制薬です。 胃酸の分泌を強力におさえ、胃酸の悪い影響をなくします。 結果的に、胃潰瘍や逆流性食道炎の治りがよくなり、胃痛や胸焼けもやわらぎます。 アスピリンや鎮痛薬(非ステロイド性抗炎症薬)が原因の胃潰瘍にも有効です。 この場合、他の2種類の抗生物質と併用します。 この薬で胃酸を少なくすると、胃内での抗生物質の効き目がよくなり、除菌成功率が高まるのです。 副作用 副作用は少ないほうです。 人によっては、便秘や下痢をするかもしれません。 ピロリ菌の除菌治療で、ひどい下痢が続くようでしたら 医師に連絡してください。 ・ 便秘、軟便、下痢、吐き気、味覚異常 ・発疹 ・ 肝機能値の異常、血清ガストリン値の上昇 タケキャブ錠10mg. タケキャブ錠20mg添付書 使用上の注意 1. 慎重投与 2. 重要な基本的注意 (1)治療にあたっては経過を十分に観察し、病状に応じ治療上必要最小限の使用にとどめること。 (2)本剤の長期投与にあたっては、定期的に内視鏡検査を実施 するなど観察を十分行うこと。 (3)逆流性食道炎の維持療法においては、再発・再燃を繰り返す患者に対し投与することとし、本来維持療法の必要のない患に投与することのないよう留意すること。 寛解状態が長期にわたり継続する症例で、再発するおそれがないと判断される場 合は1回20mgから1回10mgへの減量又は休薬を考慮すること。 (4) 本剤をヘリコバクター・ピロリの除菌の補助に用いる際には、除菌治療に用いられる他の薬剤の添付文書に記載されている禁忌、慎重投与、重大な副作用等の使用上の注意を必ず確認すること。 お大事に・・・ 薬剤師.

次の

タケキャブ(ボノプラザン)の作用機序:消化性潰瘍治療薬

タケキャブ

通常、成人にはボノプラザンとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。 なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができる。 ただし、1回400mg(力価)1日2回を上限とする。 プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物及びクラリスロマイシンの3剤投与によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに代わる治療として、通常、成人にはボノプラザンとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。 73m 2未満)患者を対象にボノプラザンとして20mgを投与した時の薬物動態に及ぼす腎機能障害の影響を検討した外国で実施した臨床試験において、ボノプラザンのAUC (0-inf)及びCmaxは、軽度、中等度及び高度腎機能障害のある患者では腎機能正常者と比較してそれぞれ1. 3〜2. 4倍及び1. 2〜1. 8倍高く、腎機能の低下に伴い増加し、また、ESRD患者におけるAUC (0-inf)及びCmaxは、腎機能正常者と比較してそれぞれ1. 3倍及び1. 2倍高い。 [参照] 一般的名称 ボノプラザンフマル酸塩 一般的名称(欧名) Vonoprazan Fumarate 化学名 1-[5- 2-Fluorophenyl -1- pyridin-3-ylsulfonyl -1 H-pyrrol-3-yl]- N-methylmethanamine monofumarate 分子式 C 17H 16FN 3O 2S・C 4H 4O 4 分子量 461. 46 融点 194. ジメチルスルホキシドにやや溶けやすく、 N,N-ジメチルアセトアミドにやや溶けにくく、メタノール及び水に溶けにくく、2-プロパノール及びアセトニトリルにほとんど溶けない。 KEGG DRUG 21. 承認条件• ボノプラザンの薬物動態試験成績[1](2014年12月26日承認:CTD 2. ボノプラザンの薬物動態試験成績[2](2014年12月26日承認:CTD 2. ボノプラザンの薬物動態試験成績[3](2014年12月26日承認:CTD 2. ボノプラザンの薬物動態試験成績[4](2014年12月26日承認:CTD 2. ボノプラザンの薬物動態試験成績[5](2014年12月26日承認:CTD 2. ボノプラザンの薬物動態試験成績[6](2014年12月26日承認:CTD 2. ボノプラザンの薬物動態試験成績[7](2014年12月26日承認:CTD 2. ボノプラザンの薬物動態試験成績[8](2014年12月26日承認:CTD 2. ボノプラザンの薬物動態試験成績[9](2014年12月26日承認:CTD 2. 10)• ボノプラザンの薬物動態試験成績[10](2014年12月26日承認:CTD 2. ボノプラザンの薬物動態試験成績[11](2014年12月26日承認:CTD 2. 13)• ボノプラザンの薬物動態試験成績[12](2014年12月26日承認:CTD 2. 12)• ボノプラザンの薬物動態試験成績[13](2014年12月26日承認:CTD 2. 11)• ボノプラザンの臨床試験成績[1](2014年12月26日承認:CTD 2. 17)• ボノプラザンの臨床試験成績[2](2014年12月26日承認:CTD 2. 18)• ボノプラザンの臨床試験成績[3](2014年12月26日承認:CTD 2. 15)• ボノプラザンの臨床試験成績[4](2014年12月26日承認:CTD 2. 22)• ボノプラザンの臨床試験成績[5](2014年12月26日承認:CTD 2. 16)• ボノプラザンの臨床試験成績[6](2014年12月26日承認:CTD 2. 20)• ボノプラザンの臨床試験成績[7](2014年12月26日承認:CTD 2. 23)• ボノプラザンの臨床試験成績[8](2014年12月26日承認:CTD 2. 21)• ボノプラザンの臨床試験成績[9](2014年12月26日承認:CTD 2. 24)• ボノプラザンの臨床試験成績[10](2014年12月26日承認:CTD 2. 19)• ボノプラザンの薬理試験成績(2014年12月26日承認:CTD 2. 6) 24. 文献請求先及び問い合わせ先.

次の